上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《頸椎椎間板ヘルニアや筋筋膜性疼痛症候群と診断されたり、後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)という疾患に苦しめられるあれこれを書いてます。左脇のカテゴリー「右腕の激痛と神経麻痺」をクリックすると古いもの順に出てきます》

入院2週間前。
最後に、橈骨神経の周りにガングリオンとか腫瘍などがないかを見るためにMRI検査。
なかなか終わらない前の人が出てきたら、はっ、これは完全にバリバリのバイオレンス職の方では!? ひっさびさに見た、一瞬緊張!
……そうだよなー。いろんな人がいるんだよね。

やっと自分の番。
と、MRIってだいたい15~20分くらいのはずなのに、丁寧なのか、なんなのか、いつまでも終わらない。
腕におもしを載せられ、四十肩であり、腕の筋肉萎え萎えの身にはワリとキツい体勢。
「絶対動かないで下さい」って言われると、うぎゃーーって暴れてすべて台無しにしたくもなってくる。気をそらすために、無理やり別のことに思いをめぐらす。小林幸子の進退、的場浩司の意味、高城剛の無念、セミの一生………………。
ふ~~っ、40分以上かかって、やっと無事に終わった。

このあとはワレガラス先生の2回目の診察予約が入ってるのだが、時間を大幅にオーバーしていて、すでに閉院5分前。
それなのに看護師さんに「今、先生から司令入りまして、血液検査と尿検査、胸のレントゲン検査、心電図をやってくれ、とのことです」と言われる。
たぶん術前検査なんだろうと思い、指令に従い、小走り移動でひとつひとつこなしていくが、この病院、すでに5時でぜんぜん人いない。
私の検査終わって、それぞれの係りの人は帰れる状態。「すみません」といちいち謝る。

やっとワレガラス先生のとこにたどり着くと、
「はいはい、MRIでもこれらの筋肉が完全に麻痺してるのが見て取れましたーー」と、やけに大あわてで画像をシャッシャッと見せる。
MRIでは筋肉の麻痺してるところが白くなってて、私のは黒と白が顕著に分かれてるそうだけど(黒は健康)、そんなフラッシュでサブリミナルな見せ方、残像も残りませんて。

「じゃあ、入院のことは入院コーディネーターに説明してもらいます。
手術のことは入院時に説明するね。それではまたねーー」
って帰ろうとするから、
「えっ、それだけ!? いや、手術の内容とか聞きたいことあるんですけど」と言うと
「いや、だって、ずっとコーディネーターの人、待たせてて悪いでしょう」とちょい怪訝。
って、私が待たせたの? しかもそんな待ってる人がいる、とか知らんし。

「いや、まさか終業時間まぎわに、こんなたくさん検査あるとか知りませんでしたしー」
とぶつくさ言うと、ちょっと
「ごめんごめん。いやー、ボクも『そうだ、検査入れなきゃ』って思い出して」
ってなってくれて
「でも、とにかくボクは用事があって、もう出なきゃならないから、話聞きたいなら、また来てくれればちゃんと答えるから」
と、まぁ、人の好さを見せてくれてホッとしたけど、時間がないというのだから、もう仕方ない。
また来て、と言われても、この日聞けたはずの、手術のちょっとした質問のために、また遠出をするのもめんどくさい。もういいや、手術前日にいろいろ聞くしかない。
って、まぁそんなレベルの、たいしたことない手術なのであろう。

入院説明の女性はすごく人間味のある親切な人で、ずっと待たせてしまったことを詫びると
「あなたは全然悪くないわ。悪いのは先生よ」
と笑って言ってくれ(はー、溜飲が下がったーー。わかってくれるってことは本当にありがたい)、
「私たちなんて、仕事だから時間なんていいのよ。それより、あなたこそがこれから大変なんだから」
と本当に親身な感じで言ってくれる。
これ、毎日やってる業務なんだろうけど、ぜんぜんルーティンに聞こえない声音。
っていうか、ここ、看護師さんから技師さんから、今まで接した人全員、すごく感じよくて、それは本当にすばらしい。

ひと通り、入院について細かく説明してもらって、質問ある?と聞かれたので、テレビのことばかり質問する私。
なんと、一番感動したのが、今って、大部屋でも一人一台テレビがついてることですよっ。
昔のイメージだと、談話室とかに1台、よくて部屋に1台だけあって、「笑点」とか「ためしてガッテン」とかを見させられるイメージ。
それが一人一台なんてすごい。テレビカード(1000円)を買って、それでテレビも冷蔵庫も洗濯もできるという。

「そのカードを使えば、永久にテレビが見れるのですか? それとも時間制?」
鼻息荒い私に、詳しいことはわからない、という返事だったが、あとでネットで調べると、ちゃんとそういう「重大」なことを記してくれる人がいて、1時間40円ということがわかった。
それにしても入院の質問といえばテレビのことしか浮かばず。真剣味のない患者と映ってしまったかもしれない。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2012/11/04 18:59】 | 右腕の激痛と神経麻痺
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。