《頸椎椎間板ヘルニアや筋筋膜性疼痛症候群と診断されたり、後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)という疾患に苦しめられるあれこれを書いてます。左脇のカテゴリー「右腕の激痛と神経麻痺」をクリックすると古いもの順に出てきます》

謎の肩関節事件のあと、パソコンでネットを見ようとしたら、肩関節がグアングアン痛くなり、これまでも音声認識や左手を駆使して日記を記すくらいしか使ってなかったが、またまた完全に見られなくなる。
というか、背もたれなしでキチッと座ってることが、だめみたい。よって、日記はiPod touchに記す。

今まで読書は右手が使えないので文庫を読んでた。でも左手も怪しくなってきたので、ブックスタンドを買った

B0001CQAAQELECOM EDH-004 ブックスタンド
エレコム

by G-Tools
〈これ、すごい便利! これで、どんな重い本も読める!〉

で、本も読めるようになったのだが、やはり姿勢をよくして読んでると肩がやばくなる。ずっと背もたれてないとダメだ。
10年前の左手の痛みのときは、ずっと姿勢を正してないとだめで、背もたれると痛みが増した。微妙にちがうのはなんなのか。

パソコンは開けないけど、背もたれてまたiPod touchを駆使して、痛みで悩んでる人のブログを読みふける。
アメリカには、アルコール依存症の会をはじめ、ガンになった人の会とか、夫をガンで亡くした妻の会とか、いろいろ細かく、痛みを分かち合うような集まりがあるけど、あーいうの日本にもあればいいのに。苦しみは当事者しかわからないし、友だちにネガティブな話はしたくない。
でもそんな会はないので、ネットで同じ苦しみを持っている人の体験を読むことで、あー独りじゃないんだ、と思うくらいが関の山。

そしたら、腕に関する痛みのブログは見つけることはできなかったが、足に関する方は相当数いた。私とまったく同じような痛みで、腰の椎間板ヘルニアによるものという診断を受けている。そうか、頸椎ヘルニアなんて、本とかもあんまりないけど(肩こりは別)、腰の本は無尽蔵にあるもんね。最初から足の痛みにまで広げて探したら、こんなに孤独ではなかったのに。

いやー、足の痛いのも大変だなぁ。いや、そっちの方が手よりつらいかも。歩けないし。

そうやって閲覧していくうちに『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』という本があるのを知る。いちおうメインは腰痛であるが、腕の痛みのことも書いてるようだし、痛みの構造を説明してくれて、それよりなにより、読んだだけで痛みが消えてしまう、というふれこみに惹かれる。ってそんなことあるの? 

4393713281サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療
ジョン・E. サーノ 長谷川淳史
春秋社 1999-04-20

by G-Tools


アマゾンを見たらば50個以上もレビューがついてて、ほとんど星5個の絶賛コメントばかり。本当だ、みんなのすごい痛みが読んだだけで消えてる!! 本家アメリカのアマゾンも見てみるが、そっちのレビューはさらに桁違い、なんと500以上! 400以上が星5個をつけている。

あー―、でも気をつけなくてはいけない。その昔、星状神経節ブロック療法の本を読んで、あっという間に洗脳され、「別によくならない」と思いながらも、信じて、60回も受け、金をドブに捨てたではないか。
まぁとにかく、とりあえず、読んでみようとさっそくこれと続編『心はなぜ腰痛を選ぶのか』も取り寄せた。

4393713532心はなぜ腰痛を選ぶのか―サーノ博士の心身症治療プログラム
ジョン E.サーノ 浅田 仁子 長谷川 淳史
春秋社 2003-10-20

by G-Tools



期待しちゃダメ、と思いつつ、本が来るのが本当に待ち遠しく、すでに治った気にさえなっていた。

それにしても、アマゾンのレビューはけっこう参考になる。参考どころか、それにかなり左右されて買ったりしてる。と、私の本にもレビューが入っていて、もうこれには本当に感謝しても言い尽くせないくらいに感謝してるのだ。本書いてる人はみんなそうだと思う。こんなありがたいことはない。別にお金がもらえるわけでもなく誰かに直接感謝されるわけでもないのに、時間と労力をかけてくれているなんて。匿名で無償の行為。名前とか住所とかわかっていたら、ちゃんとお礼状を書きたいくらいだ。私の本なんて、雑誌などの書評にひっかかるわけもない、何の力もない本だから、これだけが広告なのだ。もしネットがなければ、本屋さんで買った人以外、誰に知られることもなく、とっくに絶版になってたと思う。
アマゾンだけじゃなくて、楽天とか、それぞれのブログ、読書サイトなどで感想を書いてくださる方々にも同様に、本当に感謝してやまないのだ。って、こんなとこ、絶対読んでくれてないと思うけど、どれだけ助けられてるか、どれだけ人を幸せにしてるか、本当知ってもらいたいです。
まぁ、酷評されてたり、とくにセンス的なことをけなされると、1年くらい落ち込むわけですが……。


FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2012/09/02 22:01】 | 右腕の激痛と神経麻痺
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック