上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《頸椎椎間板ヘルニアや筋筋膜性疼痛症候群と診断されたり、後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)という疾患に苦しめられるあれこれを書いてます。左脇のカテゴリー「右腕の激痛と神経麻痺」をクリックすると古いもの順に出てきます》

どっちにしても、いくら先生が懇切丁寧でも、効かないものにすがってもしょうがない。別に先生がいいから、薬をもらいに行くために通ってもいいが、交通費、往復700円くらいかけたり、電車で人と腕がぶつかって痛いリスクを抱えてまで来るところではない。あとやっぱり受付にいちいちイラっとくる。
ということでおしゃれタウン、終了――っ。

帰り道、がっくりして駅まで歩く。
駅の入り口近くに小さな書店があって、3階がアートギャラリーだったり、おしゃれ度満点って感じの書店。自分にはまったく関係ないと思って入らなかったけど、この最後の日は、心が沈んでたのでちょっと寄ってしまった。そしたら、思った以上に小さな小さな本屋さんで、で、当然そんなに本は置いてないのに、びっくり、自分の本があるではないか。エジプトとマヤ! もう今ではどんな大きいところにもなくてアマゾンくらいしかないっつうのに、こんな小さなスペースの書店が!! まじ泣きそうになりましたよ。しばらくうれしいショックで動けないくらいで、なんかすぐ帰りたくない、とさえ思って、自分の本を立ち読むというバカみたいな行動もする。それどころか、ときおり笑った感じに背中を震わすなどのサル芝居付きで。
いや、だって少しでも、本に対していい印象持ってもらいたいんだもの。これ、ここにこうして興味を持ってる客がいるのですよ、優秀な本なのですよ、どうか返本しないでください、と。
などなどやっているとどんどん痛みが増してきて、何か買っていこうと思ったがとても選べる状態じゃなくて帰ってしまった。あーもうこれからすべての本をあそこで買いたいくらいだ。って、でも本当縁のないおしゃれタウン。最近は本屋に行くと哀しくなるばかりだけど、久々に楽しい気分になった。本当に素晴らしい本屋さん、永遠に栄え続けますように。


FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2012/09/02 16:53】 | 右腕の激痛と神経麻痺
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。