上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日水曜日のレディース・デイに『さや侍』を観に行ったら、なんと主演の野見さんがいました!!!!
今、渋谷シネパレスでは「7月8日(金)、7月11日(月)~7月14日(木)15:40/17:50の回上映終了後」に「野見さんのお見送り」があるそうです。なんというアットホームな草の根活動! 

このように写真も撮らせてくれて、サインも書いてくださいます。

DSCN9750 - コピー
野見さんの周りのおっさんおばはんは、松本映画友の会の面々。全3作品、いつもこのメンバーで鑑賞。そのひとり、つまんなさそうにしてる男は「働くおっさん人形&劇場」のDVDを100回以上観て、全て暗記してるほど、この中でも最強に野見さんに笑わせてもらってる者。男ってどうしてこう喜びを顔に出さないのかね~~。

一人ひとりに、歓迎の意を怠ることことなく、テンション高くギャグを披露してくれる野見さんに大感激しましたよ。
肩を抱かれた二人曰く「野見さんはとても優しくそっと肩を抱いてくれた」ということで、結構こういうのってガガーーっと痛くやっちゃう人が多いんですが、そのことひとつとっても優しい人なんだなーとわかりました。

そもそも上映後、エンディングロールが終わったときにいきなり野見さん、つかつか現れ、制作裏話トークをしてくれるし(カツゼツ悪くて何言ってたか、わかりませんでしたが)。さっきスクリーンにいた人が3Dとなって現れるこの不思議。14日まで(の上記の回で)毎回ですよ(たぶん)。いまどき自主制作映画だって、プライド高くてこんなことしないですよ(って知らんけど)。どんだけの大サービスなのか。

知らなかったけど、映画封切直後は全国の映画館回って、お客さんの「お見送り」をしてたそうで。
野見さん、働かされすぎ!

いやー、でも野見さん、あんなに汚いのに、まさかのスクリーン映え。スタイルもよく、立ち姿とかすべて決まってました。外人は松本だと思うでしょう。セリフもなぜかカツゼツよくて、うまかった。

内容や感想はネタバレになるので申しませんが、映画の中の人たちに交じって、こっち側の観客たちも一丸となって野見さんを応援する空気になってました。
エンディングロールで野見さんの名前が最初に出たときは、とくにジーンときました。

本当にすんごいことだーー、まさか野見さんが主演の映画が作られるなんて。スーザン・ボイル・レベルの栄光ですよ。本当、人生、何が起こるかわからないもんだ。
こういうフレッシュすぎる「大丈夫か?」くらいのキャスティングが、私としては心つかまれます。
ほかにも知らん人、何人か出てたし、松本のこういうところは、本当にすごい。

日本のテレビや映画って、もういつもいつも同じ人ばかりのヘビー・ローテーションで、もうこっちは飽き飽き、うんざりしてるの! 名前だけで客を呼べる監督は、人気俳優起用という保険をかけないで(つうか、本当にその人たち、人気あるの? こっちは実感してないよ)、どんどん知らん人を起用してほしい。もう、ビッグネーム俳優に気を遣って、見せ場とか作ってるの見えたりして、こっちはたいへんシラけるのだ。でも大人の都合で無理か。

と、それはともかく、野見さん、これを機にバイトの時給が上がったり、なんか仕事増えたり、結婚できればいいのになー。でも全てが悪い方に転んで、野垂れ死にする野見さんも絵になるし……。と、ついつい、野見さんのいろんな人生のあり方を想像してしまう。野見さんってやっぱり、こう、人にいろいろ想起をうながす、すごいキャラクター、コマなんですよねー。

FC2blog テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2011/07/07 22:11】 | 映画
トラックバック(0) |

ヘビロテ
のりちゃん
一時期、映画を観に行くと、香川照之がいる……という事態に、
「香川照之の出てない映画はないのか?!」
と首をかしげたものでした。
いやもちろん、すごく良い俳優さんだと思うし、どの役もまた自然にピタリとはまってはるんですが、頭の中でごっちゃになるんですよね~。
「いい人なんだっけ?悪い人なんだっけ?」って。

まだ実力のある俳優さんがヘビロテするのはいいんだけど、売り出し中のアイドルが、演技もできないのにあちこちに出演してるのは、観客としてキツイものがあります。

その点、「相棒」なんかは、毎回毎回、有名無名とりそろえて、ピタリと役にはまる役者さんを出してくるんで、「すごいな~」って思うのですが……。

それにしても野見さんは大抜擢でした。
なんせ、ハリウッドに認められた監督の映画に主役ですからねぇ~……。

とはいえ、「さや侍」はまだ観てません。

「奇跡」「プリンセス・トヨトミ」と観に行って、自分的にはハズレ二連発だったもんで、次に観る映画は、慎重になってます(^^ゞ

「さや侍」は好みによって評価が分かれそうな映画なんで、どうしようかなぁと。


ポポ手
野見さんて不勉強にして知りませんでした! でもとっても面白そうな人。
写真も素敵ですね~。みんな役者さんと言われても納得してしまうくらい、四人全員オーラを放ってます。

それにしても、私は野見さんの歯抜けが気になります。これはいつからなぜ抜けているのでしょう。歯医者恐怖症なのか、治療代がなかったのか、役作りのためなのか…。食べるのに不自由はないんでしょうかね。
歯並びのいい白い歯が多い芸能界ならずとも、一般世界にあってもこれは目立ちますね。
だけど江戸時代だったら歯なんか抜けっぱなしにしてたでしょうし、細かなことを気にしがちな私からすると、なんか癒されます。


映画館
しろ~
いいですねー、観たいなー。

仙台の109シネマは地震から未だ復活せず、映画が観れません(秋再開って遅くないですか・・・)
小さい映画館はやってる所もあるんですが、109は仕事帰りの最終に観に行くといつも10人ほどしか客が居なく、駐車場も余裕なんで非常に便利な所だったんですよ・・・

とはいえ、着実に復興してきており、一時は陸の孤島と化していた仙台も新幹線が通り空港も再開したので、我慢していた何処かに行きたい病が抑えきれなくなってきました

のりちゃんさんへ
芝崎みゆき
のりちゃんさん、いつもこんなとこ見に来てくれてありがとうございます!!
ほんとだ。そういやー、すべての映画に香川照之が!! ってこれじゃあ飽きられるよ、照之!
あと大森南朋とかもそうですよね。
映画だったらまだいいけど、これがドラマだったら、かつての布施博や渡辺いっけいのようになってしまいますよね。

制作側の怠慢さが透けて見えます。「使いやすい」のを見つけると、もうその人一辺倒。思考停止。ノー工夫。
絶対いい人材、眠ってるはずなのに、未知のものには手を出さない。
まぁ、ショービズ界に限らず、出版界も、なんでもそうですよね。

主役のアイドルもいつも同じメンバー。綾瀬はるかと堀北と北川景子とあと何人かで回してるだけ。内容なし。
もう日本はずっとこうなんでしょう、やるせない……。

のりちゃんさん、邦画界に貢献してますねーーー。立て続けにそんな新作を2つも。
のりちゃんさん、邦画に強そうなんで、ついで話を。あまりにピンポイントで、しかも古い話になるんですが、「瀬戸内少年野球団」っていう映画でバラケツって役やった子わかりますか?
すごいうまくて、太陽のような子。もうその子がいるだけで、みんな、その子しか目に入らないっていうように場を制する子で、映画は面白いとか何も思わなかったんですけど、バラケツを見てるだけで幸せだった。
「青春デンデケデケデケデケ」ってやつでも坊さん役で出てきて、「何、このすごい魅力ある人!」って思って、あとで調べたらバラケツで驚きました。大森嘉之さんっていうそうなんですが、それ以外観たことないし、こんな名優、なんで誰も使わないのか、本当もったいない、と思います。

「さや侍」は、のりちゃんさんにはどうなんだろう。私はあまりにも松本に思い入れが強すぎて、ジャッジなどとてもできません……。

ポポ手さまへ
芝崎みゆき
小鹿の(←まさに!)ポポ手さま♡ 
またもこんなしょうもないところにコメントをありがとうございます。
いやーー、野見さんのことは、知らない人のほうが多いですよーー。実物の野見さんは想像していたのの、1000倍はよかったんですが、とても「素敵な人」の形容が付く人ではありません。見た目は汚い、真のおっさんです。また面白いことを言える人でもありません。でも最高に面白い。
松本は前にテレビで野見さんのことを「世界で一番面白くない奴が、世界で一番面白い」というようなことを言っていました。

歯は映画に出る前からありません。金銭的なこともあるかもしれませんが、そうはいっても保険で安くできるだろうし、やはり何か、普通の人に備わってる基本的な観念とか常識が欠けてるのでしょうね。彼女が欲しいとか言ってるくせに、これでは……。
でもポポ手さんが「なんか癒される」とおっしゃるように、こんな人がいると思うと、多少の歯医者関連の不都合なんか気にしてらんない、と思えてありがたいですよねー。

松っちゃん曰く
「誰でもできることができない野見さんは、誰もができないことができてしまう。そんな人だと思います」
ということだそうです。
しょうもないおっさんの野見さんですが、テレビでは一挙手一投足に目が釘付け。笑わされ、エレジーありで、胸がぎゅっとつかまれるのです。けっこうyoutubeとかで「野見」とやると出てきますよ。

と、しかもまたそんな大褒めを! 他の二人も草葉の陰でニヤニヤしてることでしょーーー!!

しろ~さまへ
芝崎みゆき
しろ~さん、こんにちは。またもありがとうございます~~。
……そうだったのですか。そういう生活の中の娯楽といったようなニュースは、こっちに届いていなかったので存じませんでしたが、大きな映画館などはまだまだだったのですね。
中心部も不具合はまだたくさんあるのですね。映画とか手近な娯楽は、ぜひやってほしいですよね。
ここは、しろ~さんも「どこかに行きたい病」を抑えず、夏休みに各所に飛び出されて、リフレッシュしてほしいです。

「育てる」という気持がないんですよね
のりちゃん
昨日、大阪ローカルの番組に山田花子が出ていて、
「桃井かおりさん直々の声がけで映画(無花果の顔)の主役に抜擢されたけど、ものすごく厳しくて、ちゃんと演技ができるまでフィルムを回してももらえなかった」
と言ってました。

そして、完成した映画は、海外ではかなり評判が良かったらしいですが、日本ではあまり上映されてなかったような(笑)

観客も、「安心して見られるもの」ばかりを求めすぎてるんでしょう。

このままじゃ、いろいろ挑戦できる素人監督の映画以外、「良い映画」はできなくなるんじゃないの?と思います。

松ちゃんの映画もあんまり評判が良くないみたいですが、私は「大日本人」は面白かったです。
なぜあれが不評なのかがよくわからない。
ただ、ハリウッドでリメイクされたら面白くなくなる気はしますね(^^ゞ
あれは、松ちゃんのセンスが伝わってくるからこそ面白いんじゃないのかと。

大森さんは、「ミナミの帝王」のイメージが強くなりすぎちゃってるのかも(大阪だけか?)。

ダウンタウン
しろ~
私も松っちゃん大好きです。
暫く海外に居て戻って来て改めてガキの使いの面白さを再認識しました。
笑いという物をストイックに凝縮していくとこうなるんだと思います。


rin
あれ~…
エキさん1週間前よりやせましたね。

松ちゃんに限らず芸能人監督の映画は、見たことを後悔することが多いので、しばらくご無沙汰しています。
タケシは下町つながりで見ていますが。


のりちゃんさんへ
芝崎みゆき
その、花ちゃんが、主役に抜擢されたっていうの、昔、「すごい!桃井やるなー(上から)」とちょっとテンション上がりました。
花ちゃんは美しいけど、一般的な現代日本男のいう美人とはまったくちがうじゃないですか。そういう一般的美人を主役にしないで花ちゃんを主役にするなんて、本当にうれしかった。

のりちゃんさん、「大日本人」が面白かったら、イケるんじゃないでしょうかねー。
いや、どうなんだろう、「だんだんひどくなる」という人もいるし。
本当に人それぞれだからなー。

ハリウッドリメイクは全くの別物になるでしょうね。
松本の入れる「裏切り」「予定不調和」なシーンなんかはまずないでしょうし。
スペクタクルなとこだけクローズアップするでしょうね。
まぁ、それはそれで面白いかも。

わっ、やっぱりバラケツ知ってらっしゃった!
「ミナミの帝王」にも出てるんですねー。調べたら「トキワ荘」とかも。でも最近はばったりみたいですねー。山本太郎くらい売れてほしいー。

しろ~さまへ
芝崎みゆき
うれしー! しろ~さんも松っちゃん好き。
最近、人と話してて「えっ」と思うことなんですが。
私は人となんかしゃべる機会があるときとか、「世の中の人は全員、松本の面白さを普通にわかってる」を前提にしゃべってるんですが、キョトンとする人にもよく出会って……。えっ、主流じゃないの? ってびっくりすることが増えてきました。世代間ギャップなんですかねー。
「ガキの使い」、ここ何年もトークなしでさびしすぎます。トークこそがガキなのに!! 今は前半部分だけ。男はあれが好きな人多いみたいですけど、女は後半のトークが好きな人が多いと思います。ココリコ遠藤嫌い(唐突に悪口)。
それよりなにより、しろ~さんかっこいい。海外生活って!



rinさんへ
芝崎みゆき
そうですね、特に松本映画は賛否両論だし、万人に「絶対見て―」というおすすめはできませんねぇー。
でも松っちゃんの熱いこころざしを思うと、バカみたいに観客動員数行ってほしいとも思います。


松っちゃん
しろ~
を面白くないって人もいるんですかねー?

オーストラリアに居た時シェアメイトの韓国人にガキを観せたらゲラゲラ笑ってました。
(さすがにトークは無理なんで24時間鬼ごっこを観せました)

個人的には「トカゲのおじさん」も好きですね。

しろ~さまへ
芝崎みゆき
私もトカゲ一番好き!!!! 一番!!! せつない~~~。
会話のズレとか、間の緊張感、ミツコ(板尾)の悪さかげんも、浜田の残酷さも素晴らしすぎますよね―――。あれこそ、映画化希望。 
その次に好きなのはキャシィ塚本です。
そして、だんだん明かされるしろ~さんの歴史。かっこいい、シェアメイトとかオーストラリアとか!(前回も含め、ミーハー)
韓国の方にもわかってもらえるんですね。
そういえば、まっちゃんも韓国では映画の評価も高かったと言っていたし。
海外にまでまっちゃんの面白さを布教するしろ~さんはファンの鑑ですね。私もがんばらねば。



お久しぶりです!
なんりこ
暑中お見舞い申し上げます!!

あー、やっとブログが更新されて嬉しいです。先日伺った際には例のスポンサーサイトってやつが上に貼り付いてまして、主人に「芝崎さんのブログ、全然更新されないんだよぅ、、」とグチったりしておりました。

野見さん、映画デビューなんてびっくりです。働くおっさん劇場で「こ、この人は何者?!」って目が釘付けになったのは何年前だ?ここ2年程、勤務先が変わって朝が早くなってしまい、深夜番組のアホ番組が見れなくなってしまって悲しい、、、。録画して見ればいいんですけどね。あんなに愛してやまなかった「アメトーーク」も最近ごぶさたしてたのですが、先週の絵心ない芸人は久々のヒットでした。芝崎さんの最近のお気に入りのTVは何ですか??

来月、会社のお盆休があるので、お時間ありましたらぜひランチでもしていただけると嬉しいです。
連日ありえない暑さが続きますが、お身体気をつけて下さいね。ではまた。


なんりこさんへ
芝崎みゆき
そーーーーー!!! やったー、うれしーー、やっぱりなんりこさん観てたーーー。
アメトーーク、「絵心ない芸人」、サイコ―におんもしろかったーー。
今年一番笑いました。っていうか、「アメトーーク」視聴史上、一番笑った回かも。
最近はアメトーークも惰性で観てるって感じで、「絵心ない芸人」とか言われても、ハイハイ、こっちはもう浜田画伯によって耐性つけられてるんだから、何をいまさら……と思って観てたら……。もう「桃太郎の紙芝居」ではヒーヒー言って腹筋痛くなるほど笑いましたよ。リード! かわいい犬の顔のおじいさん! あと、密かに絵スチャーでのさんまもスゴすぎ。などの数えきれないツッコみどころ。確実に永久保存版です。イヤー、本当に面白かった。テレビであんなに笑えるなんて。最近、何観ても面白くないから、歳とって感受性鈍くなってんだろうなーと悲しくなってたんで、「なんだ、大丈夫じゃん」と自信すら湧いてきて、とにかくいい回でしたーーー。
こういうとんでもない回があるから、アメトーーク、やめられないですねー。
そのほか、最近のお気に入りテレビナンバー1は、「クイズ☆タレント名鑑」です。深夜では「マツコ&有吉の怒り新党」ですかねー。あとNHK‐BSでやってるアメドラの「glee」とかですかね。なんりこさんはなんでしょう。ぜひぜひランチをば! 楽しみにしてます!

それにしても「ゴルフ」とか「自転車に乗ってるとこ」とかは、難しすぎます。あっ、サイも。


真矢
みゆき先生、こんにちは! 私は毎日溶けています。パソコンのある部屋の温度が35度。なんとかしてくれ。

さや侍、どんなかな~と多少気になっていたけど、笑えなかった時が怖いような気がしてたんですよ…。
それにしても偶然主演さんに会えるなんて、ラッキーですね!! この野見さんのお顔って、今時なかなか見られない顔ですね。首都圏では絶滅寸前間違いなし。以前、東横の中で偶然温水さんを見たのですが、信じられないことに、かっこよかったんですよ! あの温水が実物はかっこよかった! 衝撃でした。でも野見さんは、実物もあのままだったのですね~。

う~ん…。見に行くかどうしよう…。
あ、青春デンデケデケデケは大昔に見ましたよ! 私の中でも友人の坊主が一番残っています。檀家のおばあちゃんに声掛けるシーンとか、ストーリーとは全然関係ないんだけど。あと根岸季衣。
そうそう、この前のに書こうと思っていたのですが、タクシー運転手、読みました! 感動…♡ うんこたれとか書いたこと、反省してます。ポポ手さんのブス論と一緒に買ったので、そちらも読んでみます!


真矢さまへ
芝崎みゆき
ええぇーーーっ!! 温水が!? あの温水が!!

衝撃のルポです。本当に衝撃的です。働くおっさん劇場に居ても違和感ないのに……。
いや、顔は池脇千鶴に似てるし、ブ男とかそんなんじゃないですよね~~。
しかも怖い顔とか真面目な顔とかしてたら確かにカッコいいかも……。
そういやー、温水、松尾スズキの彼女を奪ったんだか、拾ったんだか、とにかくそれが原因で袂を分かったとかいうようなことがあったような。
温水も「男」の部分があるんですよね(そりゃーそうですよねー)。

まぁそれは関係ない話としても、人間、どこでどうかっこよくなるか、わかんないですよねー。
野見さんも温水もやはり、こちらの期待値が低すぎるっていうのも勝因(?)ですよねー。

ほんとう、真矢さん、いつも刺激剤くださいますねーーー。
またこんなにも、今までほとんど考えたことない人のことをあれこれ考察してしまった。

根岸季衣なんて出てましたっけ? っていうか一切映画の内容覚えてない。誰が主役かも。すごい、真矢さんの網羅力&記憶力。そしてうれしー、坊主わかってくださって。
それにしても根岸の不幸顔は、思春期のとき不安をあおられました。
根岸と大谷直子のようにはなりたくない、でもなりそうー、って心から恐怖に思ってました(子供って失礼すぎる)
今考えればお2人ともすごいキャリアの持ち主で、実際はたぶんあんな疲れきってなくて綺麗な方たちだろうに。

って話、それる、それる。すみません、真矢さんがあまりにもおいしい話題を出してくださるもので。

それから、「さや侍」の笑いなんですけど……、やっぱり、いつもの「すごいぜ松本! 天才!」っていうのはないです。テレビではあれほどすごい発想力を発揮してるのに、なんでかベタなんですよねー、映画になると。イヤ、ベタって一言でいうのもまた違う、なんなんだろう、あれは……。
それでも、また次の映画もそのまた次の映画も必ず観に行きます、といった感じです。

って、エキ本もありがとーーごーざーいーまーすーーー!! エキも大喜びでしょう。私の本といい、お金いっぱい使ってもらってすみません。これからもうんこたれとしてよろしくお願いします。

「ブス論」!!ナイスチョイス!! 本当に最高におもしろい宝の本です。これほど知的興奮を味わえて読み応えのある本はありません。っていうか、しかも、これ1冊だけじゃなく、私が読んだ全部の本にエネルギーの出し惜しみがなくて、全部面白いっ! 何回読んでも飽きず、その都度新しい発見があります。 一行一行、じっくりゆっくりご堪能してくださいね(って自分の本ぶってます)。うれしー、のちのち、ぜひあーだこーだ語り合わせてください。

「35度、ずっと」はきつすぎますので、なんとか風を入れたり、氷を食べたりして、乗り切ってくださいね。


ポポ手
真矢さま
なんと、ブス論買ってくださったのですか! あれは残念ながら絶版になってしまったのですが、凄く(最も、といってもいいくらい)愛着のある本なので、こうしてまだ買って下さる方、シバさんのように話題にしてくださる方がいてくれるのは嬉しい限りです。

しかしパソコンのある部屋、35度というのはきついすね。パソコン、ゴーゴー音がしそうですね。

それにしても野見、温水というラインナップ、
崇好きな私の趣味が稚拙に思えるディープな面々です。
ここにくると、私の知らない別の楽しい世界が垣間見えて新鮮です。

すみません、また食い付いていただいて…
真矢
確かに温水かっこよかった実話は、今までだれに言っても信じてもらえませんでした。でも、決して誇張じゃないです。あの人っていつもオドオドしてて、ちょっと触っただけでビク~ッとか過剰反応返されそうな感じ。さんま御殿でもそうですが、あれも実は演技なんですよ。電車の中ではベレー帽被ってて、隣りにいるお兄さん(演劇仲間ですかね)にジェスチャー交えながら何かを語っていたのですが、すごい目力があって、一般人とは全然違うオーラ放ってました、あの温水が。
…しかし松尾スズキの彼女云々の話、実話だとしたら、その彼女もかなりあれですね。

根岸さんは、確かお母さん役で出てました。私も、ふぞろい見てた時、こういう疲れた顔のオバサンだけにはなりたくないなあ、姑受けも悪いし…とか思ってました。でも、当時小林薫のファンだった(一瞬)のですが、なんか似合ってましたよね。いっそあの二人には、業田良家の『自虐の詩』もやってほしかったなあ、阿部寛と中谷美紀じゃ違いすぎる…。ストリッパー物語は、死ぬ迄に一度は見ないと…と思っています。

ブス論、超面白いです!!今、現在進行中ではまってます。読み終わったら、本当に語り合いたいなあ。あ、エキさんの本と抱き合わせで買ったのは、『源氏の男はみんなサイテー』の方でした。本当に、みゆき先生のおかげで、エキさん、ポポ手さんなどすっごい方々の本を知ることができて、改めて感謝しています。


ポポ手さまへ
芝崎みゆき
真矢さん宛てですが、出しゃばりまーす。

そう! ポポ手さんの意外なハンサム好き。
あそこまで完璧な美だと、自分には関係なさ過ぎて、どうも男として見れません。
やはり少しでも可能性がないと……。

ところで、ポポ手ツイッターでやりとりされていた、『おにいさまへby理代子』の唇かんで赤くするなどの話題、なつかしくて興奮しました。
私もやった、やった! みんな、やってたんですねーー。
読書会、参加したかったー。

あと、芥川の「鼻」も試しましたよ、私は。
途中で怖くなってギブしましたが。
あれは危険です。



真矢さまへ
芝崎みゆき
ヤバい! 話聞いてるだけなのに、温水のことがどんどん私の中で大きくなってきてます。
想像つくんですよ、その電車内での温水の真剣なまなざしと熱さが。
なんか、胸がドキドキしてきました。もしやこれは恋? 

そして真矢さん、ウマイ! またいいところに目を向けてくれましたねーー。 ほんとうー、あの二人で『自虐の詩』やればいいのにーーー。
小林薫、あのころ、よかったですよね~(寺尾聡より理解できます)。顔いいのに、生活感がっつり出してくれるので、かっこよすぎず。 再現VTRの俳優って言っても通用する華の無さも、テレビの人じゃない感じで。
でもどんどん華が出てきて、本当のシブくてカッコいい俳優になってしまって。いつの間にかどうでもよくなりました。

あのふぞろいの役がそもそもよかったですよね。 嫁を守る男で。 でも途中で浮気とか確かしてましたよね?
あと途中で入れ替わった、これまた地味な俳優は、今どうしてるのか。小林薫もそういやー見ないような。

そして根岸さん。ぎゃはは! 姑受け悪いって! 
本当、暗いんですよねー。そりゃー、スミ江も意地悪したくなるわ。って本当、あの人こそ実際見たら、温水以上に美女オーラ発してるでしょうね。
テレビでは、せいぜいお母さん役とかやりがいなさげな役を演るしかないんだろうけど、舞台のあの方はあーいう役の人ではないんですよね。「ストリッパー物語」とか「蒲田行進曲」とか想像つかん~~。

そしてーーーー、聞いてください! びっくり! 私、今「源氏の男はみんなサイテー」、読み中ーーー!!! 鳥肌が立ちました。まぁ、本当よくある偶然の一致なんでしょうが。
こっちもおんもしろいですよー。光源氏が年取ると、アポロンのように女から気持ち悪がられるのは、小気味いいような、いや、でも老いのみじめさを笑ってる立場じゃないと思ったり、心忙しくあれこれ自分の身に置き換えて読んでます。
本当にウレシー、感想が言い合える人がいるなんて。



ポポ手
シバさま
芥川の鼻! あの、鼻を蒸して白いにょろにょろを出すっての、私もニキビとか出てくんじゃないかってちょっと試しましたよ~。あれはそそられますよね。鼻を高くするために洗濯ばさみとか、唇赤くするために噛むとか、ああいう体感に訴えるアイテムを一つ投入するってのは、売れる本の秘訣なのかも。
私も何かその手のものを導入すれば、私の古典本も売れるのだろうか~!?

真矢さま
『源氏の男はみんなサイテー』まで! ありがとございます。夕顔、葵の上、紫の上、藤壺、六条御息所といった源氏と関わる美女たちが十代、二十代、三十代でばたばたと死んでいく中(末摘花とか花散里などブスはなぜか死なない)、源氏、52歳まで生かされ、精神的にもボロボロにさせられますからね。
なにか、紫式部の怨念とか感じちゃいますよね。


真矢
なんか私、ただの一読者にもかかわらず、みゆき&ポポ手先生のお二人からこんな暖かいお言葉頂いてて、いいんでしょうか。今、読んでいる本の著者からメールいただくって、ふつうありえない。相当感動してます。しかも、この前お礼言いそびれましたが、お二人からは熱中症のご心配までして頂いて…恐縮しまくり。

ブス論、あの容赦のなさがたまらなくて、かえって自分をニュートラルな位置に置いて読めてます。平安時代に生まれてなくて良かった~! 今でも「ブスは性格も悪い」とか言われていますが(そういうこと言われるから性格も悪くなるんじゃん!)、前世の報いだとか、性悪だからブスになったんだとか(だから逆だっつーに!)言われたら、もう生きていけません。お笑い芸人じゃあるまいし、プライド高いブスの場合、笑ってもらってなんぼというわけにもいかないでしょうしね。って全然ニュートラルじゃないですね。感情入ってます。

そして温水ネタにここまで反応して下さったのは、みゆき先生が初めてです。友達は全員「へ~」で終わってました。テレビの人に会うって、自分の場合ほとんどないので、温水でもけっこう自慢したつもりだったのに。でもこないだ、それこそ代々木でサイン頂いた日の帰りに、NHKの三宅アナウンサー見ました。オーラゼロ。武田アナだったら、体当たりで握手してもらったのに。
あ、小林薫、寺尾聰よりは理解できます?? 一時期、JRの駅員室まで行って、ポスターもらって部屋に貼ってたんですよ。(妹にはがされました。)  

自分はツイッター見られないんですが、そちらも盛り上がっているみたいでいいなあ。


ポポ手さまへ
芝崎みゆき
わっ、ポポ手さんも試してる! でも鼻のニョロニョロ脂肪を取ったところで鼻自体が小さくなるなんてないですよねー。
でも洗濯バサミは効きそうですよね(でも相当痛い!)。シンクロのひとたち、みんな同じ鼻の細さだし。子どものうちにやっておけばよかった。でも形までは整えられないですよねー。
たしかに身体に訴える記述って、いつまでも覚えてるもんですよねー。『おにいさまへ』もけっきょく、一番そこを覚えてるし。
そういやー、ベストセラーって体操の本とか顔マッサージとかの本ばかり! ほんとうに身体知に訴えるもの(?)が売れるのですね(ってそういうことじゃないですよね)。

源氏の女たちでは末摘花とか花散里が一番幸せそうですね。図太い2人。バンザイ、ブスの勝利! ポポ手さんの「わかってないブス」「わかってるブス」にフムーーーと、うなりました。頭のいい花散里のように、私も上手く立ち回って長生きしたい。

真矢さまへ
芝崎みゆき
いやいや、真矢さんこそ、こんなしょぼいブログ見に来てくださって、いつもテンションがグァーッと上がる話題提供していただいて、こっちこそ恐縮しまくりです。
熱中症もそうですけど、パソコンも夏は危ないので気を付けてくださいね。いつもパソコンが壊れるのって夏ですから(私の場合)。

そーーー!!ブスだからこその(←こっちが先)、性悪ですよね。そりゃー性格悪くもなりますよ、常に人に蔑まれて、見くびられてるんですから。
そして、ひどいですよね、当時の仏教思想。ブサイクなのも身体の障害も前世からの罪って。私も美・至上主義に怒りが煮えたぎってたまりません。絶対シャカはそんなこと言ってないはずなのに、思いっきりゆがめられてますよねー。
って今もそう! 自分の体験と照らし合わせても思い当ることがたくさんあります。高校のとき、仏教系宗教団体の会合に誘われた時、「入ったら、私のようにきれいになれるよ」って言った子がいて、びっくりしました。自分がきれい発言にも驚きましたが(別に特別きれいな子でもなかった)、完全にこっちを下に見てることを発表できるその無邪気さに一番驚きましたよ。あと、ネコをかわいがっていたら、「そいつは悪いことを前世でさんざんやってるんだから、かわいそうに、そんな姿になってねー」って最近も勧誘の方に言われました。みんな思い上がってんなー、とあきれ返りました。人間が特別だと思えるなんて。
って、話はいつも通りそれましたが、それにしても、1000年前の人も今と変わらずイジワルだなーとか、親近感も覚えました。ブスの歴史や立ち位置をこんなにもいろんな文献からひも解いてくれるなんて本、初めてで本当に楽しい。

三宅アナってぜんぜんわからなかったので、画像検索しました。メガネのおじさんの方ですか? 確かに見たことある方。ってでもよくわかりましたねー。私だったら、素通りしてました。そしてなんと武田アナって! この方も名前を知っておらず、画像検索しましたら、まさかこの方のことも真矢さん、ファン? さらに真矢さんの好みが読めなくなりました。それともこれも氷川きよし事件のような私の読み間違い?(あれはうっかりにもほどがありましたね。ちゃんと、自分、行間読めよっていう……) 
と、この方、私には河童にしか見えません。イヤっ、まちがいなくハンサムなんですけど(しかも美声)、この方も疲れ果ててるというか、見るたびにどんどんやつれていって、なんか悲しい気持ちになるんですよ。温水と武田アナだったら、10対1で温水のほうがタイプなくらいです。
などと、あんまりほざいてると、真矢さんの恋心(?)にケチをつけた感じになるので、ここでやめます。

それにしても真矢さん、すごい行動力ですね。ポスターいただくとか、それは、とても「一瞬」とは言えない、相当の恋心だと思いますよーー。

真矢さんと友だちの温水への温度差がまたおっかしいです。
おそらく真矢さん、すごい大発見をしたとばかりに興奮して発表したんでしょうね。


真矢
武田アナは7時のニュースの人ですが、この方は、あの3.11の日、あまりの恐怖にテレビつけたら、まだ2時台だったにもかかわらず緊急出演していて「スタジオもかなり揺れています」と言いながらも冷静沈着。あの目を疑うような津波映像生中継の時も、地震専門家のもっと年配のおじさんが「うわぁ~、こ、これは酷い…」と思わず感情を露わにしている傍らで、必死で自分を抑えつつ、時折声を震わせながらも、終始落ち着いた対応をしている姿に救われました。
というわけで、顔じゃないですから。(顔は、一瞬、品川庄司の品川が入ってる時もあります。)

その前に、武田アナと三宅アナ、二人とも画像検索までしていただいたなんて!…恐縮です。

自分は血の巡りも体温もテンションも低いので、みゆき先生のようにぱぁ~っと盛り上がるような明るさも、頭の回転も、行動力も、怒り爆発ってのも割と少なく(だから温水の件も、さらっと言ってさらっと流された)、ブス論もなかば諦めの境地で「そうよね、人間て昔っから差別するの大好きだもんね。この世に平等なんてありえないもんね」という感じで読んでいるのですが、おっしゃる通り、キリストとかシャカの名前さえ出せば、どんなムゴイ仕打ちでも正義になるという大義名分の持ってき方も古今東西変わりませんね。ていうか、ただイジメるんじゃなくて、何かそこに安心感というか、強力な味方というか、やっぱ大義名分が欲しいんでしょうね。(いまだに、愛と平和とかロケンロールとか叫んでりゃ許されると思ってるいるのは、ほぼ同類。)で、そういう風潮にちょっと異を唱えてみたかった(面と向かっては唱えられないけど)、紫式部の真意まで汲み取ってしまうポポ手さん、こういう読み方ができるって、さすがだなあと思いました。まだ全然途中ですけど。

ところで、みゆき先生もポポ手さんも動物大好きですよね♡ うちにもネコが一匹いますが、ネコはネコで十分満足してそうですよ!? 生まれ変わったら人間になりたいにゃ~とか、まず思ってないです。 


真矢さまへ
芝崎みゆき
武田アナ、アナウンサーの鑑ですねー。NHKも多分見たはずなのに気づきませんでした(私が地震のとき覚えてるのは、やはり安藤優子の我が意を得たりとノリに乗ってる感じと、ヘルメット姿。 誰もが気づくベタなものばかり)。
真矢さんは武田さんのプロ意識の部分を見て、好感をもたれたのですね。
本当にいろいろ人が見えないとこにきちんと着目されてますね
武田アナも、正当に評価してくれる真矢さんのような視聴者がいるって、知ってほしいーーー。

ププッ、でも確かに品川。でも品川も自分で言ってるほどのブサイクではぜんぜんなくて、ハンサムっていえばハンサム。よく言われるブラッド・ピットも、私も似てるよなーと思いますし。

そして、本当に人類の一番の敵は「大義名分」ってやつですね。
それこそ、宗教戦争、その他の民族戦争も、民族浄化とやらも、悪はすべて大義名分がやらせることですね。

そうーーーー!! もうロケンロール野郎ヤダ―――。
たとえばあの例の「ロケンロール」は、まったくもって、老醜とか老害という風にしか思えません。
ブス論にも出てくる、源典侍という色キチガイのおばあさんは、年取って、さらに開き直って色を求める姿が清々しいとまで思えるんですが、あのロケンロールは暴力使いだし、平和を脅かしすぎ。
昔取った杵柄使いすぎ。

ネコいるんですね! 私も、ネコいますっ!! ずっと犬人間で、ネコのことは何とも思ってなかったのですが、見れば見るほどネコも面白いですねー。こんな面白い奴らだったなんて。
本当、ネコは幸せそう。犬はいつも気遣いで大変そうですが、ネコは本当唯我独尊で、すべて思いのまま。
犬はきっと気遣いのあまりネコより長生きできないんでしょうね。
ネコは人間より間違いなく幸せだと思います、虐待されたネコは除いて。誤った仏教観の人、ほんとうに大きなお世話。

真矢さんのアイロニカルなところ(私は特にそこのファン)が、温度やテンション低いっていうのにつながるのかもしれませんが、私は勝手にですが、熱さや温かさを感じてます。うわっ、熱さっていうとなんか気持ち悪かったですね。
実際、代々木でお目にかかったときも、ぱーーーっと人好きする明るい笑顔で、こちらもぱーーーっと明るいピンクの気分になりました。


あっ!
ほーりー
噂の!!
僕も働くおっさん大好きで、松本映画に野見さんがキャストされたと知った時は、爆笑でした‼
まだ観てないから早くみたいなぁ…
他のおっさんも出てくるのかなぁ…


噂の!っていうのは写真に対してです。笑

ほーりーさまへ
芝崎みゆき
ほーりーさん、コメントありがとうございます。

わーい、ほーりーさんも働くおっさんファン!
ほかのおっさんは出てません(ネタバレ?)。
青柳さんなんか出てても違和感なさそうですが。
浅見さんは目が行きすぎてだめでしょうね。

おっさんたち、元気なんですかねー。
有名になって、どんな生活を送ってるのやら。


松本映画の話から、ネコになってる…
真矢
みゆき先生、いつも暖かいメール、ありがとうございます。ほんと毎回お忙しいのに、わざわざつき合っていただいて申し訳ないなあと思いつつ、大喜びしてます。

みゆき先生んちにもネコさん、いたんですね! 自分も小学生から柴犬と暮らしていたので、犬がめっちゃ可愛いのは分かってましたが、ネコに来られると、ネコもまた別の意味でかぁわい~い♡ わんこの時は「この子が死んじゃったら、もう絶対、他の犬は飼えないだろう」と思っていたのですが、ネコの場合「もうこの先、ネコのいない人生なんて考えられないわ~」と思わされてしまうところが、犬とネコの違いでしょうかね。

ところで海外とか旅行される時は、ネコちゃん、どうされているのですか? 

昨日なでしこジャパンの決勝を見ながら感じたのは、やっぱここまで落ち込んでいる日本を救ってくれるパワーを持っているのは、こういう娘たちなんだなーって。男子サッカーって、最近特にみんな、かっこ良すぎるような気がしてたんですよ。でも、女子は全然違う。本当にサッカーだけが好きって、泥臭い女の子だけが集まったから、あれだけ最強のチームに育って行ったんだな~。こういう純粋な子たちがいたんだなあ~って、嬉しくなりました。

台風近づいてますね。お陰で多少涼しいのはありがたいです。ようやくまともにパソコンの前に座っていられます。

みゆき先生もお元気で! またお目に掛かれる機会があったらその時は、ブス論とネコについて、あともちろんマヤについていろいろ聞かせて下さい!!


真矢さまへ
芝崎みゆき
真矢さんも柴犬を!! ポポ手さんといっしょですねーーー。
犬全般ですが、とくに柴犬の無表情なところが、バカっぽくて(褒め言葉です)、胸がキューーーってなります。

そうなんだーーー、ネコにはそこまでの力が! ネコとはまだ一度も別れを体験してないのです。こわい! いなくなること考えると。

旅行のときは、ネコは「本当の飼い主」のところに行きます。
と、今家にいるネコは、もともとは私のネコではなく、近所の方のネコでして、その方の家が建て直しするとき、うちに来るようになったのです。
でも、新しい立派な建物にはなじまず、結局うちにそのまま入りびたり、というネコ特有の「家につく」現象で、ふてぶてしく居るのです。

と、ネコは大丈夫なのですが、犬預けは大変でした。
3匹いたのですが、皆、おしっこはおしっこ箱にはできず、外の決まった場所だけでするので、預けるわけもいかず、中途半端な知り合いにお金払って、私の家に寝泊まりしてもらってました。
だから、旅行代とおなじくらいお金がかかって……。
まぁそんな感じなもので、むやみやたらには旅行できませんでしたよーー。
その犬たちもどんどん老いて、ひとり、またひとり、と居なくなっていき、私も、もう2度と犬とは住まん!と思ってた矢先に、今度はこのイバりキャットが。
(と、ちょっと聞いてくださったことを、調子に乗って語ってすみません)

それから、す、すみません。なでしこのことは全く存ぜず。
あまりにもスポーツ界のことは疎く……。

何やら世間が騒いでるのは知ってましたが、バレーボールだと思ってて、やっと、決勝のときに「サッカーなんだ」とわかったくらいです。
でも男子サッカーと違って、おしゃれじゃない子がいっぱいいるのは、とっても好印象です。
お金もキュウキュウでしょうに、好きなことをやり続けて、こんな凄い結果が出たなんて、素晴らしいですよね。と、よくわからないので、予想で言ってます。

何だか楽しくなってきて、、、
なんりこ
芝崎さん、こんばんわ。
アメトーーークの件、すごく嬉しかったです。で、ランチは遠慮なく来月声かけさせて
いただきます。わーい。

で、芝崎さんとポポ手さんと真矢さんのコメント読んでたらあまりに楽しくてお邪魔したくなりました。

「ブス論~」はずいぶん前に読んでいまして、このブログ内で話題になっていたので
久しぶりに読み返したくなって本棚を探してるのですが、見つからず。絶版になってしまってるとのことで、
何とか見つけて再読します!!
といいながら、私の憧れは「朧月夜」なんです。華があってステキ(人間、自分にないものを求めるってヤツです、お恥ずかしい)

そして温水見たなんてうらやましい!いいなぁ。しかも東横のれん街で?私、渋谷への出没率高いので
会えないかな~。キョロキョロしちゃいそうです。タカトシと温水の散歩番組、好きなんですけど
皆様ご存知ですか?
世間の方は三宅アナとか武田(真一)アナとか普通に知ってるもんだと思ってたので、芝崎さんがネット検索したとのことで驚きました。私のごひいきは4月で異動になってしまった野村アナと何だか愛嬌のある、森本アナなのですが、いかがでしょう??

この猛暑の中、皆様の愛犬、愛猫が元気に過ごせますように。
また皆様で楽しいお話を繰り広げて下さいね。宜しくお願いします。

道で猫を見かけると(犬は、柴犬&雑種限定ですが)絶対に話しかけているなんりこでした。




ポポ手
今度は柴犬の話に!
わたしは逆に猫とは小さい頃から親しんでいたけど、犬はシバが初体験で、最初は犬って不潔だし予想以上に馬鹿でやっぱし猫~って思ってたのが、最近は、犬のいじらしさにはまってきてしまってます。
どっちにしても動物のいない暮らしは考えられなくなりつつなっているという……(動物中毒?)

なんりこさんはじめまして。
朧月夜はたしかに憧れますね。美人・お嬢様・奔放ときては最強ですからね。

真矢さんが本の著者とやり取りできるって幸せって書いてらしたけど、著者からすれば、こうして読んで下さった方のじかの声が聞けるってのは幸せです!
芝崎さんのブログ、勝手に私はオアシスとしております。

本当の飼い主!?(←ばかうけ)
真矢
みゆき先生、ネコちゃん、そういう経緯でいらっしゃったんですね。いい方だ~。うちのネコも、なかなか強引な手段でうちに来たのですが、本人は初日から当然のような顔して居ます。
そしてワンちゃんは三匹いらっしゃったのですね(犬に敬語)。そっか、旅行の時は、知り合いにの方に寝泊まりしてもらってたのか~。犬の方が預けるのとか簡単だと思っていたのですが、けっこうかなり大変だったのですね。でも、愛されてて幸せなワンちゃんたちでしたね。

なりんこさん、ありがとうございます。
自分のこと、他人様のブログに勝手に上がり込んで、さんざん盛り上がって、皆さんお帰りになっても最後まで居座ってる迷惑な客みたいなヤツだと思われてたらどうしよう、とか心配していたのですが、つっこんでいただき、ほっとしています。
温水見ちゃったのは、のれん街ではなく、東横線の中ですよ~ん。確か田園調布か多摩川で乗り換えていました。あと、自分も道でネコ&犬に会うと、ほぼ100パーの割合で話し掛けています。(犬が柴&雑種限定というのも分かります! 自分は一応お座敷犬みたいなのにも愛想振りまいてはいますが、本当に愛しているのは中型犬以上の目と鼻の黒いやつ。)嬉しいです、お仲間がいて。(あと野村さんもファンでした。)

ポポ手さん、ブス論、佳境に入ってます! まじ面白い。今日にも読み終えるので(すみません、読むの遅くて)また感想書き込ませて頂きます。


なんりこさんへ
芝崎みゆき
そんな! 温水、なんだかんだ人気者! こんなに温水で盛り上がれるとは。
本当に真矢さん、すごいモノを投下してくださいましたよ。

そして、すごいコアでニッチな感じの番組ですねー。すみません、存じ上げません~~。なんりこさんのメジャーをおさえつつ、誰も知らないもんも網羅してるっていうのがさすがです。
それにしてもぬっくん、仕事に困らないですねー。いいポジションにいるなー。

そして、なぜ皆さん、そんなにアナウンサーに詳しいの!?
世間では、彼らがフリーになるとかでいちいちスゴイ騒ぐじゃないですか。
あれもよくわからず。
羽鳥さえもそのことで初めて名前と顔が一致したくらい、アナウンサー世界をしらないわたくし。
もちろん、この新たなお2人も検索に頼りましたよ。
野村アナ! たしかにハンサム。女にしてもきれいそうな。でも蚊トンボみたいな弱々しさ。ひかる一平系(古すぎ!)。

私はどっちかというと森本さんのほうがタイプですね。おっしゃるとおり愛嬌がありますね。
でも顔はわかったものの原稿読んでるところがいっさい思い浮かびません。
自分はニュース見てないってことがよくわかりました。

ワーイ! うれしー。なんりこさんも「ブス論」持ってたー。
ぜひ見つけてーー。ランチ時などで語り合わせてくださいね。
と、あの本はぜったい絶版になってはいけない本ですよね。
ずっと永続的に読み継がれるべきもの。
どうにか、再販してもらえないものでしょうかねー。
まだあの本を読んだことない人にあまねく、面白さを知ってもらいたいです。
今調べましたら、ブス論のもともとの単行本「太古、ブスは女神だった」は、ちゃんとありました。
こっちはずっと生きててくれないと困る。

朧月夜が好きとは、これまた、なんというか、ヒロインの中でもニッチなとこに行くというか。
ってあの人、実際に居たら派手で目立つ存在でしょうに、なんか源氏では描写が少ない気が私はするんですが、違ったかなー。
なのに憧れを持つとは、ちゃんとなんりこさん、しっかり読んで、かつ。ふくらませておられますねー。
私はその朧月夜の姉さんである辛辣な弘徽殿女御とか、セックス&ザ・シティのサマンサのようなエロオバはん源典侍、あと、後半に出てくる頭中将の粗野な娘、近江の君など、わかりやすいキャラの脇役のほうに肩入れしてしまいます(脇役体質なもので)。
でもってヒロインたちにはあまり肩入れできません(あまりに自分と関係ないから)。
でも玉蔓の流転の物語が好きです(玉蔓より、玉蔓を預かって守る一家がかわいすぎる)。それにあの源氏のセクハラ攻撃を何とか振り切って、ついにヤラれなかった玉蔓はやっぱりエライ。しかもブサイクと結婚して、源氏にほえ面かかせるところも痛快です。
あと、明石の君も好き。父ちゃんが面白すぎ。
六条の御息所も気持ちはわかるよ!って感じで嫌いじゃなくて、なんだかんだ、ヒロインも好きな人多いことに、今気づきました。
と、源氏をともに語れるうれしさで、ついついまた多弁になってしまいましたー。

ポポ手さまへ
芝崎みゆき
毎朝、シバ(犬の方)とポポ手さんがお散歩に出てるかわいらしい姿を想像すると、ほわーーーっと幸せな気持ちになります。
確かにネコは全員、しなやかで、頭もよく(本当は違うけど)、色っぽいファム・ファタール。犬はバフンッとしてバカっぽくてなにしろダサい男って感じですよねー。
でも、そのダサさがいいですよねーー。いつもさびしそうで夕焼けも似合うし。いろいろ背負ってる感じで。
毛のある者たちは本当にかわいいですよねー。4本足がたまりません。寝姿も。
いや、そんなオアシスって……。
というか、ポポ手さんをはじめ、みなさんあまりにも気さくに、キンタマとか温水とか面白い題材挙げてくださるもんで、こちらも本当に癒されます。ありがたすぎます。

真矢さまへ
芝崎みゆき
真矢さんの猫キャットはどうやって真矢家にいらしたのですか。なんだかんだみんなペット屋で買う人は少ないのかなーー。

ネコもそうなのですが、犬も「本当の飼い主」がいるのです。
って、いい人ぶり話その52ですが、1匹は最初から居た犬なのですが、2匹は「本当の飼い主」が、あるとき押し付けて姿をくらましたのです。
おしっこができないし、まぁまぁの年寄りで(当時10歳くらい)、大きく、顔も悪いということで、その人は疎ましく思ってて……(ほかに、その人は若く小っちゃい、顔のかわいい犬も飼ってました)。
だから「そんなにイヤなら、飼ってもいいよ」っていい人ぶって社交辞令のつもりで言ったら、まんまと本当に置いていって、しかも連絡取れずという。
まぁ、見事に飛び切りのブス犬でしたが、ブスゆえに自慢だし、もう面白いし、可愛くって可愛くってたまらなく、ずっといろいろ楽しませてくれたから、結果、本当によかったのですが。
でも、こういう飼い主はいつもこういうことして、犬にも人にもなんの心の咎めもなく、生きていくんだろうなー、ちっ、と苦々しく思い返したりします。
と、また犬語りをしてしまった。真矢さんのリアクションでいつもうれしくなって、このように思い出話を老人のように長々語ってしまうのでした。

失礼しました
なんりこ
芝崎さん、ポポ手さん、真矢さん、こんばんわ。

もー、みなさんの文章をきちんと読まずに一人で舞い上がったコメントをしてしまい、大変失礼しました。

真矢さん、電車の中って書いてありました。私、小田急沿線在住なのですが、勝手に「温水=下北沢にいそう」というイメージをしていたらしく、のれん街でお団子とか買ってる彼を想像して嬉しくなってました。というか、温水さんて電車乗るんですね。俳優さんなのにスゴイ。

そして私が以前読んだのは「ブス論で読む源氏物語」でした。「あさきゆめみし」を熱愛して読んではいるものの、古典としてきちんと読んでいないんです、お恥ずかしいことに、、、。とはいえ少しでも触れたいので、源氏がテーマのエッセイ等を色々読んでいる次第です。

余談ですが、私アナウンサーに詳しいのはNHKだけなんです。子供の頃「ニュースはNHK」で育ってしまって、今でもその習慣が抜けないので、朝に民放のTVつけられたらテンション高くて(そういうイメージなんです)ショック死しちゃうかもしれないです。

動物のいる暮らし、恋しいなぁ。5年前に13年半飼っていた猫(キジトラのメス)が死んでしまって、、。ホントはまたご縁がある子に出会いたいのですが、住んでるマンション(ペット禁止の分譲で、みんなこっそり飼ってた)の管理組合が非常に厳しくなってしまったので、今はあきらめてる状態です。
Eテレの06:55&23:55(→知ってたら嬉しいなぁ)でかかる「オレ、ねこ」とか「わたし、イヌ」で心を和ませています。

明日は金曜日。会社帰りにのんびり本屋さんにでも寄ってきます。では。





真矢
私こそ、なんりこさんのこと「なりんこさん」だとずーっと思い込んでいて、送信した後で確認して気がつきました。ごめんなさい! 

ネコと犬の話しだしたら止まりませんよ。でもね、本当に一度飼ったら、最後まで責任持って飼うのが当然だと思うのです。新しい、もっと可愛い犬が来たから他人に押しつけるなんて最低。動物に対して無責任な人間って、世の中で一番許せません。そういう人って、ぜったい彼氏とか彼女も簡単に「もう飽きちゃった」とか言って、とっかえひっかえしてますよ。自分も思い切り信頼している相方に、一度捨てらてみるがいい。まあ人間はいいですけど。
だけど、そのワンちゃんは、結果的に芝崎家に来られて本当に幸せだったですよ。良かったな~。うちのネコは、7年ほど前、関西にいる時に知り合った友達が自分の家の近くで拾って、彼女の家には既に黒猫ちゃんがいて、新しいネコとは折り合いが悪かったらしく、ずっと仏間に閉じ込められていたのですが、新しい飼い主が見つかるまでの間ということで引き取りました。うちも当時社宅でペット禁止。旦那も動物ダメだったので、どうかな…と思っていたのですが、もう一回家に来ちゃうとダメですね。特にうちのは甘ネコで、夜になると一緒にベッドに上がって来るのですよ。旦那も最初のうちは「ケダモノと同衾なんてもっての他」「早く新しい飼い主見つけてもらえよ」とか言っていたのですが、一週間後には「さあ寝るよ~♡」と自分からだっこしてベッドに連れて行くほど、この時点で完全に籠絡されていました。友人も「ほなもう、あんたとこでええな」みたいな雰囲気になって(←今思うと最初から探す気なかった)、今に至ります。でもその友人もほんと優しい子で、ネコが来た当初は毎晩会社の帰りにうちに寄って様子見に来てくれたり、『借家で猫をコッソリ飼いする方法』という本までくれたりして、すごく気を遣ってくれてました。今では旦那も私も、ネコのいない人生なんて考えられません。

『ブス論』読み終えました。容姿・生まれ・生い立ちなど、自分ではどうにもならない問題って、だれもが多少なりとも抱えていることだと思うのですが、成長していく過程で一人一人が克服していく以外ないと思っていました。でも、それがなかなか難しいのですよね。時には差別され、また別の時には自分が差別する立場にいたりすることもあるし。そういう、だれにとっても主観的な問題を、ここまで客観的に、古事記の昔からひもといて論じていただくと、かえって何か可笑しくて、楽しく納得しながら読めました。読後感は非常に清々しいものでした。


なんりこさんへ
芝崎みゆき
温水=下北沢、似合う!!
のれん街でおだんごを頬ばる温水も、なんて絵になるかわいらしさ。

けっこう俳優、電車に普通に乗ってますよね。スゲー東京!ってびっくりです。そういえば近所でも信号待ちしてる真横にウィンドブレーカー上下の東国原がいたり、安映画館で隣にベンガルがいて、稲荷食べるたびに睨まれたり、ツタヤで中古DVDを吟味する田口トモロヲなんかを見たりすると、そのなんでもなさ加減、誰もびくともしてなさ加減に、いちいちスゲー東京!って思ってしまいます。
って話ズレましたが、中堅の俳優はきっと皆さん、タクシー券をもらわない限り、堅実に電車を使ってるんでしょうね。

いいなー、「ブス論で読む源氏物語」! わたくしもお恥ずかしいのですが、その本は買いそびれていまして……。ネット書店にはないようですので、街のデカ書店行くたびに探してます。古本はどうしてもいやなので、なんとか見つけたいのです。新装版で出してもらえれば、一番ありがたいのですが。
「源氏~」、漫画もおもしろいけど、文章の完訳版はぜったいぜったいもっと面白いですよ。はしょられてた部分がこんなに笑えるのか、ふくみがあるのか、味わいがあるのか、と目からうろこで、まさか大人になってこんな面白いものに出会えるとは、とエラく興奮しましたよー。

やっぱりなんりこさんの家はきちんとしたおうちだーー。私なんぞ、NHKなんて、大人になるまでおそらく一回も見なかったですよー。
そしてやはり、その「オレ、ねこ」と犬バージョンのやつも存ぜず。きっと今、毛の動物がいることに慢心して、そういうテレビに気が付かないのでしょう。
いない時、人に言えないような恥ずかしい犬番組を見たり、人の犬をジロジロ見たりしてました。
なんりこさんのキジトラちゃん……。どんな個性の持ち主だったか、今度教えてくださいね。
日本のマンションなんかも、あんまりガミガミ言わず、もっとおおらかにやらせてほしいですよね(そこはパリ化してほし―)。これほど高い金を費やしてるのだから。
あっでもそうなるとバカ飼い主もますます増えるか……。どうすればいいのか。



真矢さまへ
芝崎みゆき
旦那さま、スバラシイ変わり身の早さ&情深さ!
いっしょにお布団から顔を出してペアで寝てるところとか想像するとかわいくてたまりません。
殿方のそういう、「しょうがねーなー的優しさ」「やむにやまれぬ受け身の優しさ」みたいなものにグッときます。

そして、すごい細かいところに配慮した本があるものですねー。まさか、ネタだろう、と思って検索すると、本当にあった!
出版業界ってすごいなー、あらゆるニーズに応えて、とびっくりいたしました(その調子でぜひやってほしい)。
マンションなどの高いところに住んでるネコって、日々のパトロール(散歩)はどうしてるんだろうって心配してたんですが、この本の内容からすると、大丈夫なようですね。
あと、真矢さんの様子から猫は引っ越しも平気そうですね(真矢さん、けっこう各地を転々としてらっしゃるのだろうか)。

憎き飼い主のこと、一緒に憤ってくださってありがとうございます。
本当に少しはお前も捨てられたりして気持ちわかれ、ですよね。
でもこういう人って、自分は捨てる一方、加害者の一方で、けっして痛い目に遭わないんですよね。
常に周りを唖然とさせて、逃げ切って、文句言わせずいいとこ取り。本当ちゃっかりしてますよ。

はー、でも犬たちにはぜんぜんいい思いさせなくて、後悔ばかりです。ごはんも厳しく管理してしまってドッグフードしかあげてないし。
友だちの犬なんて、王様のように甘やかされ放題で、脂も揚げ物もお菓子も食べ放題だったのに、結局、寿命もそんなに変わらず、で。
せめて好きなものを好きなだけ食べさればよかったです~~。

『ブス論』終わったのですね! 真矢さんの読後感で、自分のときのも思い出しました。
美醜に関しての本はけっこう読んでいたんですが、わりと絶望的な気持ちになるのが多くて(私見です。でも本当そう感じます、特に殿方が書いたのは)。でもこの本を読み終えたときには、なんかもう、「ブス、大いに結構」、「ブスですけど、それが何か」っていう、いい意味での居直りの心が強くなって、ババ―ンと大らかな気持ち――古来の醜パワーに応援されてるような、虎の威を借りてるような――そんな気分になりました。

それプラスいろんな物語が面白かったですよね。 すごいエピソードがてんこ盛りで、よくもこんなに息をするように、いろんな本のいろんなお話をすいすい挟んでくださるものだと驚嘆しました。
図に乗るブ男の話やら、ブスが怪力と結びついてたことや、美女零落話なんかに、ものすごい興味を持ってしまいました。

『借家で猫…』
真矢
私も友人からネコと一緒に渡された時、「こんな本よく出せたな~!」とびっくりしたのですが、読んでみたら極めて常識的な本でした。そりゃもちろん、自分の家とかペット可マンションで飼えればそれに越したことはないのですが、どうしてもそういう状況じゃなくなった場合、泣く泣くネコを諦めるよりは、掟破りではあるけれど、周りに分からないように(=迷惑を掛けないように)こっそり飼うことは決して悪いことじゃない。という前提で、そのためのお約束がきちんとまとまっていて、実際自分たちも社宅にいる間、この本に守られていた感じがしました。

みゆき先生んちのわんちゃんはドッグフードだけだったんですね。うちの実家の犬は何でも食べてました。でも、虫歯が可愛そうだったな。どっちが幸せとか、難しいですね。ドッグフードしか知らなかったら、それはそれで「あ~、ケーキ食いて~」とか思うこともなかったでしょうし、満足していたんじゃないでしょうか。今のネコは、ご飯食べてるとテーブルに乗ってきます。あじの干物とおさしみが好きらしく、ちょっとむしってあげたりすると、前足で触って転がして狩猟ごっこしてから食べてます。

『源氏の男はみんなサイテー』に突入しました。面白~い!
でも、私もなんりこさんと同じで、源氏は『あさきゆめみし』でしか読んでいないのです。それも受験の時、ストーリーくらいは知っておかないと…と友達の間で回し読みした一度きり。覚えているのは、末摘花のどアップシーンのみでした。その後、現代語訳にトライしたことは何度かあったのですが、その都度挫折。そもそも恋愛モノがダメなのですよ。少女漫画にせよ、トレンディードラマにせよ。顔のいい男と女がスキとかキライとか言い合って、泣いて見せたり怒って見せたり笑って見せたりしているのを見ているほどマヌケなもんはないじゃないですか。
…とか思っていたのですが、ポポ手さんの現代語訳だったら読破できるかもって思いました。



ポポ手
芝崎さんのブログなのに、いつのまにやらコメント欄に私の本のことが幅をきかせてしまっているようで恐縮です。でも光栄&嬉しす、です。

真矢さんの、犬猫とっかえひっかえする人は人間の彼氏彼女も飽きたらポイってのは私も同感です。
というか、犬猫を小さい頃、飼ってて馴染んでた男って、女の人とのスキンシップもうまいというか、どこを撫でれば気持ちいいとか痛いとか分かってるから、もてる気がするんです。

私は残念ながら、小さい頃は、犬猫飼ってたわけじゃなく、ただ猫が庭を通り道にして出入りしてたってだけなんですが、「俺って××うまいよー」と言わないまでも、言動のはしばしから己の男性性をにじませてた男が、深入りすると、口ほどでもなくてがっかりってことがありまして、そいつが聞くと子どもの頃、動物苦手だったという……。


逆に猫に囲まれてたり、犬を何匹も飼ってた男の心地よさに、あらっ! これは!! ってことがあって……。


以上、ちょっとあとから見て、これはみんな引くわ~、人のブログの雰囲気壊してる~と思ったものですから、ちょっぴり編集しました。
きょうも暑そうですが、シバは散歩も絶好調、快食快便でした!


あらっ! これは!?
真矢
そうだったんですか…。考えたこともなかった。すご~い。
…じゃあ、羊飼いの人とか、どうなんだろう??

ポポ手さんちのシバちゃん、ブログでお写真見ました。か~わいい! 美形ですね!


真矢さまへ
芝崎みゆき
真矢さんのご実家の犬もすごいかわいがられていたのが、よーっくわかります~~。あー私も本当いろいろ食べさせればよかった。
ネコも王子さまですね。幸せそう。おさしみまで食べさせてもらえるなんて。

私も恋愛もの、ダメ! まったく興味なし。
真矢さんの言う「顔のいい男と女がスキとかキライとか言い合って、泣いて見せたり怒って見せたり笑って見せたりしているのを見ているほどマヌケなもんはないじゃないですか」に完全に同じ気持ち! ホントそーで
す。
だもんで、「源氏~」もそういう物語と決めつけて、まったく興味もなく、どちらかと言えば嫌悪さえ抱いてました。よく知りもしないで。
なんていうか、半径15センチくらいのもんのすごいせまーい世界のチマチマした話と思ってたし、ストーリー性もとくにないだろうって。
「源氏の男はみんなサイテー」のまえがきを読むとなんと大塚さんも「古典の中では嫌いなほうだった」とか言ってるし、さらに最後の解説で故米原万里さんも「嫌い」と言ってるし、あーよかった、こう思ってたのは自分だけじゃなかったのか、と安心しました。
みんな案外背を向けるものだったのですね。それがまさか、こうもはまるものとは。大塚さんのイジワルともいえる怜悧な読解力で紡ぎだされた訳のおかげであまりにもツボにはいってしまいましたよ。
末摘花のアップ、私もすごーく記憶に残ってます。末摘花、本当イライラする!

ポポ手さまへ
芝崎みゆき
うひゃひゃ~~。ポポ手さんってば、これまたトンデモないところからトンデモない説を!
でも少なくともサンプル2以上の症例(?)から判断されてるってことですね
(またさらっと、すごいことを発表されるし……。
小谷野敦さんが称賛してる大塚さんの美点でもありますが、こんなとこでこんないいネタ発表してもったいないとハラハラします)。

そして、うーん、私の経験と照らし合わせてどうか、を考えようとしましたが、まったく何も思い浮かびやしない。いい思いをしてないし、そもそもすべて記憶がない。動物の話になったこともない。アンケート取っておけばよかったですよ。これからは頑張ってアンケート取ります(でももう無理……)。

でも何となく、私は「それはあてはまらない」ような気がいたしますので、反対意見の立場を取らせてもらおうと思います。
だって、たとえばムツゴロウ先生とか、まさかそんな風には思えません。
っていうか、よしんば本当に上手い男だとしても、ってオエーー、ちょっと思い浮かべるだけで、イヤすぎてこちらの神経がささくれ立ってきます。
(って、絵を浮かべるとどうしても耐えられず、これ以上このサンプルで話を進めるのは無理なのでやめます)

その、ポポ手さんの「これぞ」と思った方は、動物に「気持ちよくなってもらおう」という「尽くし、奉仕」の気持ちが、女性にも(おそらくそれも越えて、すべての生きとし生けるものに)現れる思いやりのあるお方なのではないでしょうか。
その場合は動物と暮らしてたことが、そのようなよい副産物ももたらしたという、ありがたき例ですよね。
でもそうじゃない人のほうがウジャウジャしてそうな……。
って、あくまでもカンで言ってます。今度ムツゴロウ以外でちゃんとした反対例のサンプル思い浮かべてみせます!

それにしても「言動のはしばしから己の男性性をにじませてた男」は嫌ですねーー、すこしでもそんなそぶり見せられると冷めます。

そして、真矢さん、羊飼いって!
彼らは女性への扱いも粗野そうです(あくまでもイメージです)。
家畜だから特にそう思います。

シバさん、かわいいですよねーーーー! タッタッタッタ走ってる姿とか、岸壁にたたずんでる哀愁ある姿とかたまりません。




ムツゴロウですか…
真矢
ポポ手さんの体験談、もっと詳しく知りたいような。今度もしまたお目に掛かるようなことがあったら、その時は編集前のお話、じっくりお願いします。端っこに座ってメモとっとこう。

でも、みゆき先生、ムツゴロウって! この人出しちゃったらねえ…。キモチワルすぎて、かえって何も想像できない。脳が像を結ぶの拒否しています。こういうこともめずらしい。

自分も省みるに、動物に対してもしゃもしゃしてさしあげるテクニックは、相手が何も言わなくても、それこそかゆいところに手が届くようで(まずどんな犬ネコも一分以内に腹を出す、あるいは恍惚の表情を浮かべ喉を鳴らす)、かなりなもんだと自負していますが、人間に対してはよく「ザツ」と言われます。それは多分いろんな意味でそうなので、人間にももっと丁寧に接しないといけないなあと、反省させられる日々です。

そういえば、野見さんは優しく肩を抱く方だったんですよね。野見さんは動物好きそう。というか、動物から好かれそう。動物に好かれる人と、人間から好かれる人って、また全然違うみたいだけど、動物から好かれる人の方が、一緒にいてなんか安心できますね。(でもムツゴロウは別ですよ!!)



真矢さまへ
芝崎みゆき
真矢さんっ! 「キモチワルすぎて」って! 
いやー、私も今一歩勇気がなくて言えなかった言葉を、ぱぱーんっと代弁してくれてありがとうございます。
もう、ムツゴロウの動物への「かわいがり」が映し出されると、上司がかわいい新人の子にセクハラしてるのを見てるような、そして、それを助けられないようなバツの悪さを感じ、苦しくなります。
いや、そんなもんじゃない、変態AVを強制的に見せられてるといってもいい。平和がすべて打ち破られます。
あー恐ろしい、ムツゴロウの破壊力。

真矢さん、動物師ですねーー。動物をなつかせてる絵が難なく浮かびます。
私はとくにネコ界では新人なので、わからんことだらけ。みゃーみゃー、何かせがまれても、心が全く読めません。とりあえずゴハンをあげると、「ちがうっ」と怒って出て行かれます。
真矢さんだったら、この人の欲求もすべて理解してあげられるんだろうな。
ただ、一つだけ技を覚えました。背中(後部)を小刻みにトントントントン叩くと、機械仕掛けの人形のように首を左右に動かし続け、目から生気がなくなってビー玉のようにがらんどうの目になるんですけど、真矢さんキャットもそうなりますか? 最初、あまりの人形さかげんに、やばい、狂ってしまった!と思ったら、どうやら恍惚としてるようで。

野見さん自体、動物な感じの方ですから、なじまれそうですね。でも本人は、動物好きとか嫌いとか考えたこともなさそう。で、女の子に好かれるために「好きですよ、動物」ってテキトーに言いそう。



オソマトリ
なーんということでもないんですが、さっき出てきたNHKの野村アナは高校の同級生でした。同窓会の司会をしてくれたこともありましたよ。
 うち、柴犬系の雑種です。みかけ貧相で、ワイルドなんですが、夕方エサをあげても家族が晩ゴハン食べる時まで待って同時に食べる、しおらしいやつです。おそろしく空気を読むやつで、今まで叱ったことがない。要求がある時はじーっと目で訴える。おかげで私のテレパシー能力が開発されたかも。
 シバ系は緑内障にかかりやすいって本当でしょうか?早めから検査とメンテをって医者にいわれてますが、、、、
 先日、目にとがった種が入り、動物病院通いをしました。3時間おき3種の点眼(夜中も)でこっちがへたりそうでした。
 
 芝崎さん 新作待ってま~す!!

オソマトリさまへ
芝崎みゆき
すごーいっ! 野村アナと同級生だったなんて! って、この前、名前と顔が初めて一致したような、モノ知らずな人間が言うのもなんですが、それは自慢になりますね! 私だったら、3日に1回はまわりの人に言って、煙たがられそう。 

しかもオソマトリさんも、なんとシバ系を! ほんとうになんとしおらしい人。犬の楽しみ第一位であるはずのごはんを、待つだなんて。そんなイヌ、実在するんですね~~。そこまでの立派なイヌはお目にかかったことないですよ。待ってる姿を想像すると涙腺がゆるみます。
とがった種は、お散歩のときに入っちゃったのでしょうか。その箇所を読んだとき、なぜかおとぎ話を読んでる気分になりました。でもけっこう目は傷つくことが多いですね。知り合いの犬もほかの犬とじゃれてるとき爪が入って、爪痕の穴が一生残ってました。
オソマトリさんもシバさんも大変でしたね。

緑内障のことは初めて聞きました。ほんとうだー。ネットでちょっと検索すると、ずらーっと体験談が!
有名なことだったんですね。でも初期に気づくのむずかしいですよね。定期健診をしなくてはいけないなんて、なんともしんどいですね。

初めまして
エミー
芝崎先生初めまして!
先生の著書4冊、楽しく拝見させていただいてます。
私は、2歳6ヶ月と、生後2ヶ月の女の子二人の母です。
私の楽しみは、子供が寝た後、ベッドサイドの明かりで先生の本を読むこと!
下の子は、昼夜かまわず泣いて授乳しているので、授乳中に読ませていただいたりもしています。
今は「へっぴり紀行」を少しずつ読んでいます。
子供が泣くと、読書は中断させられてしまうのですが、先生の本は、ぱっと開いたところから読んでもOKなので、一気に読めない私にはぴったりです!

マヤ文明は、私が小学生の頃に、ファミコンのソフトで「太陽の神殿~アステカ?」というゲームで初めて知りました。
そのゲームがきっかけで、すごくマヤ文明に興味をもっていたのです。
子供心に、よみがえるジャガー像や、翡翠の仮面を被ったミイラ、いけにえの泉…なにか幻想的な雰囲気に惹かれていたような気がします。
あ、子供が泣きだしたので、この辺で失礼します。
これからも、素敵な作品を期待していますね!
次はどこの国かなぁ。

エミーさまへ
芝崎みゆき
エミーさん、こんにちはー。
こんなとこ見つけてくださって、しかもうれしいコメントもありがとうございます!!
うわー、ちっちゃい女の子、二人!
もちもちしてて、かわいくてかわいくてたまらないでしょうね。
でも一番手がかかるときですね。
そんな大変なときにもへっぴりを読んでくださって、光栄です!
4冊読んでくださってるとは、これまた心からありがたいです~~。

そのアドベンチャーゲームのソフトは、アステカを検索すると、上位に出てくるのでなんだろうと思ってました。エミーさんの解説聞いたら、すごく面白そう!トゥームレーダーみたいなイメージですね。すごくやりたくなってきました。そんなゲームがあったなんて。日本にもアステカ受け入れの土壌があったんですね。それにしては浸透してない……。
次はインカとか、あの辺をやろうと準備しております。またエミーさんにもご覧いただくべく、がんばります!

エミーさん、本当にテンションの上がるコメントをありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願いします!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ヘビロテ
一時期、映画を観に行くと、香川照之がいる……という事態に、
「香川照之の出てない映画はないのか?!」
と首をかしげたものでした。
いやもちろん、すごく良い俳優さんだと思うし、どの役もまた自然にピタリとはまってはるんですが、頭の中でごっちゃになるんですよね~。
「いい人なんだっけ?悪い人なんだっけ?」って。

まだ実力のある俳優さんがヘビロテするのはいいんだけど、売り出し中のアイドルが、演技もできないのにあちこちに出演してるのは、観客としてキツイものがあります。

その点、「相棒」なんかは、毎回毎回、有名無名とりそろえて、ピタリと役にはまる役者さんを出してくるんで、「すごいな~」って思うのですが……。

それにしても野見さんは大抜擢でした。
なんせ、ハリウッドに認められた監督の映画に主役ですからねぇ~……。

とはいえ、「さや侍」はまだ観てません。

「奇跡」「プリンセス・トヨトミ」と観に行って、自分的にはハズレ二連発だったもんで、次に観る映画は、慎重になってます(^^ゞ

「さや侍」は好みによって評価が分かれそうな映画なんで、どうしようかなぁと。
2011/07/08(Fri) 07:48 | URL  | のりちゃん #fadu0ytA[ 編集]
野見さんて不勉強にして知りませんでした! でもとっても面白そうな人。
写真も素敵ですね~。みんな役者さんと言われても納得してしまうくらい、四人全員オーラを放ってます。

それにしても、私は野見さんの歯抜けが気になります。これはいつからなぜ抜けているのでしょう。歯医者恐怖症なのか、治療代がなかったのか、役作りのためなのか…。食べるのに不自由はないんでしょうかね。
歯並びのいい白い歯が多い芸能界ならずとも、一般世界にあってもこれは目立ちますね。
だけど江戸時代だったら歯なんか抜けっぱなしにしてたでしょうし、細かなことを気にしがちな私からすると、なんか癒されます。
2011/07/08(Fri) 10:26 | URL  | ポポ手 #J7nTh0B2[ 編集]
映画館
いいですねー、観たいなー。

仙台の109シネマは地震から未だ復活せず、映画が観れません(秋再開って遅くないですか・・・)
小さい映画館はやってる所もあるんですが、109は仕事帰りの最終に観に行くといつも10人ほどしか客が居なく、駐車場も余裕なんで非常に便利な所だったんですよ・・・

とはいえ、着実に復興してきており、一時は陸の孤島と化していた仙台も新幹線が通り空港も再開したので、我慢していた何処かに行きたい病が抑えきれなくなってきました
2011/07/08(Fri) 13:55 | URL  | しろ~ #-[ 編集]
のりちゃんさんへ
のりちゃんさん、いつもこんなとこ見に来てくれてありがとうございます!!
ほんとだ。そういやー、すべての映画に香川照之が!! ってこれじゃあ飽きられるよ、照之!
あと大森南朋とかもそうですよね。
映画だったらまだいいけど、これがドラマだったら、かつての布施博や渡辺いっけいのようになってしまいますよね。

制作側の怠慢さが透けて見えます。「使いやすい」のを見つけると、もうその人一辺倒。思考停止。ノー工夫。
絶対いい人材、眠ってるはずなのに、未知のものには手を出さない。
まぁ、ショービズ界に限らず、出版界も、なんでもそうですよね。

主役のアイドルもいつも同じメンバー。綾瀬はるかと堀北と北川景子とあと何人かで回してるだけ。内容なし。
もう日本はずっとこうなんでしょう、やるせない……。

のりちゃんさん、邦画界に貢献してますねーーー。立て続けにそんな新作を2つも。
のりちゃんさん、邦画に強そうなんで、ついで話を。あまりにピンポイントで、しかも古い話になるんですが、「瀬戸内少年野球団」っていう映画でバラケツって役やった子わかりますか?
すごいうまくて、太陽のような子。もうその子がいるだけで、みんな、その子しか目に入らないっていうように場を制する子で、映画は面白いとか何も思わなかったんですけど、バラケツを見てるだけで幸せだった。
「青春デンデケデケデケデケ」ってやつでも坊さん役で出てきて、「何、このすごい魅力ある人!」って思って、あとで調べたらバラケツで驚きました。大森嘉之さんっていうそうなんですが、それ以外観たことないし、こんな名優、なんで誰も使わないのか、本当もったいない、と思います。

「さや侍」は、のりちゃんさんにはどうなんだろう。私はあまりにも松本に思い入れが強すぎて、ジャッジなどとてもできません……。
2011/07/09(Sat) 06:01 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ポポ手さまへ
小鹿の(←まさに!)ポポ手さま♡ 
またもこんなしょうもないところにコメントをありがとうございます。
いやーー、野見さんのことは、知らない人のほうが多いですよーー。実物の野見さんは想像していたのの、1000倍はよかったんですが、とても「素敵な人」の形容が付く人ではありません。見た目は汚い、真のおっさんです。また面白いことを言える人でもありません。でも最高に面白い。
松本は前にテレビで野見さんのことを「世界で一番面白くない奴が、世界で一番面白い」というようなことを言っていました。

歯は映画に出る前からありません。金銭的なこともあるかもしれませんが、そうはいっても保険で安くできるだろうし、やはり何か、普通の人に備わってる基本的な観念とか常識が欠けてるのでしょうね。彼女が欲しいとか言ってるくせに、これでは……。
でもポポ手さんが「なんか癒される」とおっしゃるように、こんな人がいると思うと、多少の歯医者関連の不都合なんか気にしてらんない、と思えてありがたいですよねー。

松っちゃん曰く
「誰でもできることができない野見さんは、誰もができないことができてしまう。そんな人だと思います」
ということだそうです。
しょうもないおっさんの野見さんですが、テレビでは一挙手一投足に目が釘付け。笑わされ、エレジーありで、胸がぎゅっとつかまれるのです。けっこうyoutubeとかで「野見」とやると出てきますよ。

と、しかもまたそんな大褒めを! 他の二人も草葉の陰でニヤニヤしてることでしょーーー!!
2011/07/09(Sat) 06:13 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
しろ~さまへ
しろ~さん、こんにちは。またもありがとうございます~~。
……そうだったのですか。そういう生活の中の娯楽といったようなニュースは、こっちに届いていなかったので存じませんでしたが、大きな映画館などはまだまだだったのですね。
中心部も不具合はまだたくさんあるのですね。映画とか手近な娯楽は、ぜひやってほしいですよね。
ここは、しろ~さんも「どこかに行きたい病」を抑えず、夏休みに各所に飛び出されて、リフレッシュしてほしいです。
2011/07/09(Sat) 06:28 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
「育てる」という気持がないんですよね
昨日、大阪ローカルの番組に山田花子が出ていて、
「桃井かおりさん直々の声がけで映画(無花果の顔)の主役に抜擢されたけど、ものすごく厳しくて、ちゃんと演技ができるまでフィルムを回してももらえなかった」
と言ってました。

そして、完成した映画は、海外ではかなり評判が良かったらしいですが、日本ではあまり上映されてなかったような(笑)

観客も、「安心して見られるもの」ばかりを求めすぎてるんでしょう。

このままじゃ、いろいろ挑戦できる素人監督の映画以外、「良い映画」はできなくなるんじゃないの?と思います。

松ちゃんの映画もあんまり評判が良くないみたいですが、私は「大日本人」は面白かったです。
なぜあれが不評なのかがよくわからない。
ただ、ハリウッドでリメイクされたら面白くなくなる気はしますね(^^ゞ
あれは、松ちゃんのセンスが伝わってくるからこそ面白いんじゃないのかと。

大森さんは、「ミナミの帝王」のイメージが強くなりすぎちゃってるのかも(大阪だけか?)。
2011/07/09(Sat) 07:47 | URL  | のりちゃん #fadu0ytA[ 編集]
ダウンタウン
私も松っちゃん大好きです。
暫く海外に居て戻って来て改めてガキの使いの面白さを再認識しました。
笑いという物をストイックに凝縮していくとこうなるんだと思います。
2011/07/09(Sat) 11:06 | URL  | しろ~ #-[ 編集]
あれ~…
エキさん1週間前よりやせましたね。

松ちゃんに限らず芸能人監督の映画は、見たことを後悔することが多いので、しばらくご無沙汰しています。
タケシは下町つながりで見ていますが。
2011/07/09(Sat) 12:54 | URL  | rin #-[ 編集]
のりちゃんさんへ
その、花ちゃんが、主役に抜擢されたっていうの、昔、「すごい!桃井やるなー(上から)」とちょっとテンション上がりました。
花ちゃんは美しいけど、一般的な現代日本男のいう美人とはまったくちがうじゃないですか。そういう一般的美人を主役にしないで花ちゃんを主役にするなんて、本当にうれしかった。

のりちゃんさん、「大日本人」が面白かったら、イケるんじゃないでしょうかねー。
いや、どうなんだろう、「だんだんひどくなる」という人もいるし。
本当に人それぞれだからなー。

ハリウッドリメイクは全くの別物になるでしょうね。
松本の入れる「裏切り」「予定不調和」なシーンなんかはまずないでしょうし。
スペクタクルなとこだけクローズアップするでしょうね。
まぁ、それはそれで面白いかも。

わっ、やっぱりバラケツ知ってらっしゃった!
「ミナミの帝王」にも出てるんですねー。調べたら「トキワ荘」とかも。でも最近はばったりみたいですねー。山本太郎くらい売れてほしいー。
2011/07/09(Sat) 16:10 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
しろ~さまへ
うれしー! しろ~さんも松っちゃん好き。
最近、人と話してて「えっ」と思うことなんですが。
私は人となんかしゃべる機会があるときとか、「世の中の人は全員、松本の面白さを普通にわかってる」を前提にしゃべってるんですが、キョトンとする人にもよく出会って……。えっ、主流じゃないの? ってびっくりすることが増えてきました。世代間ギャップなんですかねー。
「ガキの使い」、ここ何年もトークなしでさびしすぎます。トークこそがガキなのに!! 今は前半部分だけ。男はあれが好きな人多いみたいですけど、女は後半のトークが好きな人が多いと思います。ココリコ遠藤嫌い(唐突に悪口)。
それよりなにより、しろ~さんかっこいい。海外生活って!

2011/07/09(Sat) 16:18 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
rinさんへ
そうですね、特に松本映画は賛否両論だし、万人に「絶対見て―」というおすすめはできませんねぇー。
でも松っちゃんの熱いこころざしを思うと、バカみたいに観客動員数行ってほしいとも思います。
2011/07/09(Sat) 16:20 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
松っちゃん
を面白くないって人もいるんですかねー?

オーストラリアに居た時シェアメイトの韓国人にガキを観せたらゲラゲラ笑ってました。
(さすがにトークは無理なんで24時間鬼ごっこを観せました)

個人的には「トカゲのおじさん」も好きですね。
2011/07/10(Sun) 00:20 | URL  | しろ~ #-[ 編集]
しろ~さまへ
私もトカゲ一番好き!!!! 一番!!! せつない~~~。
会話のズレとか、間の緊張感、ミツコ(板尾)の悪さかげんも、浜田の残酷さも素晴らしすぎますよね―――。あれこそ、映画化希望。 
その次に好きなのはキャシィ塚本です。
そして、だんだん明かされるしろ~さんの歴史。かっこいい、シェアメイトとかオーストラリアとか!(前回も含め、ミーハー)
韓国の方にもわかってもらえるんですね。
そういえば、まっちゃんも韓国では映画の評価も高かったと言っていたし。
海外にまでまっちゃんの面白さを布教するしろ~さんはファンの鑑ですね。私もがんばらねば。

2011/07/10(Sun) 17:29 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
お久しぶりです!
暑中お見舞い申し上げます!!

あー、やっとブログが更新されて嬉しいです。先日伺った際には例のスポンサーサイトってやつが上に貼り付いてまして、主人に「芝崎さんのブログ、全然更新されないんだよぅ、、」とグチったりしておりました。

野見さん、映画デビューなんてびっくりです。働くおっさん劇場で「こ、この人は何者?!」って目が釘付けになったのは何年前だ?ここ2年程、勤務先が変わって朝が早くなってしまい、深夜番組のアホ番組が見れなくなってしまって悲しい、、、。録画して見ればいいんですけどね。あんなに愛してやまなかった「アメトーーク」も最近ごぶさたしてたのですが、先週の絵心ない芸人は久々のヒットでした。芝崎さんの最近のお気に入りのTVは何ですか??

来月、会社のお盆休があるので、お時間ありましたらぜひランチでもしていただけると嬉しいです。
連日ありえない暑さが続きますが、お身体気をつけて下さいね。ではまた。
2011/07/11(Mon) 21:21 | URL  | なんりこ #-[ 編集]
なんりこさんへ
そーーーーー!!! やったー、うれしーー、やっぱりなんりこさん観てたーーー。
アメトーーク、「絵心ない芸人」、サイコ―におんもしろかったーー。
今年一番笑いました。っていうか、「アメトーーク」視聴史上、一番笑った回かも。
最近はアメトーークも惰性で観てるって感じで、「絵心ない芸人」とか言われても、ハイハイ、こっちはもう浜田画伯によって耐性つけられてるんだから、何をいまさら……と思って観てたら……。もう「桃太郎の紙芝居」ではヒーヒー言って腹筋痛くなるほど笑いましたよ。リード! かわいい犬の顔のおじいさん! あと、密かに絵スチャーでのさんまもスゴすぎ。などの数えきれないツッコみどころ。確実に永久保存版です。イヤー、本当に面白かった。テレビであんなに笑えるなんて。最近、何観ても面白くないから、歳とって感受性鈍くなってんだろうなーと悲しくなってたんで、「なんだ、大丈夫じゃん」と自信すら湧いてきて、とにかくいい回でしたーーー。
こういうとんでもない回があるから、アメトーーク、やめられないですねー。
そのほか、最近のお気に入りテレビナンバー1は、「クイズ☆タレント名鑑」です。深夜では「マツコ&有吉の怒り新党」ですかねー。あとNHK‐BSでやってるアメドラの「glee」とかですかね。なんりこさんはなんでしょう。ぜひぜひランチをば! 楽しみにしてます!

それにしても「ゴルフ」とか「自転車に乗ってるとこ」とかは、難しすぎます。あっ、サイも。
2011/07/12(Tue) 07:06 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
みゆき先生、こんにちは! 私は毎日溶けています。パソコンのある部屋の温度が35度。なんとかしてくれ。

さや侍、どんなかな~と多少気になっていたけど、笑えなかった時が怖いような気がしてたんですよ…。
それにしても偶然主演さんに会えるなんて、ラッキーですね!! この野見さんのお顔って、今時なかなか見られない顔ですね。首都圏では絶滅寸前間違いなし。以前、東横の中で偶然温水さんを見たのですが、信じられないことに、かっこよかったんですよ! あの温水が実物はかっこよかった! 衝撃でした。でも野見さんは、実物もあのままだったのですね~。

う~ん…。見に行くかどうしよう…。
あ、青春デンデケデケデケは大昔に見ましたよ! 私の中でも友人の坊主が一番残っています。檀家のおばあちゃんに声掛けるシーンとか、ストーリーとは全然関係ないんだけど。あと根岸季衣。
そうそう、この前のに書こうと思っていたのですが、タクシー運転手、読みました! 感動…♡ うんこたれとか書いたこと、反省してます。ポポ手さんのブス論と一緒に買ったので、そちらも読んでみます!
2011/07/12(Tue) 11:14 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
真矢さまへ
ええぇーーーっ!! 温水が!? あの温水が!!

衝撃のルポです。本当に衝撃的です。働くおっさん劇場に居ても違和感ないのに……。
いや、顔は池脇千鶴に似てるし、ブ男とかそんなんじゃないですよね~~。
しかも怖い顔とか真面目な顔とかしてたら確かにカッコいいかも……。
そういやー、温水、松尾スズキの彼女を奪ったんだか、拾ったんだか、とにかくそれが原因で袂を分かったとかいうようなことがあったような。
温水も「男」の部分があるんですよね(そりゃーそうですよねー)。

まぁそれは関係ない話としても、人間、どこでどうかっこよくなるか、わかんないですよねー。
野見さんも温水もやはり、こちらの期待値が低すぎるっていうのも勝因(?)ですよねー。

ほんとう、真矢さん、いつも刺激剤くださいますねーーー。
またこんなにも、今までほとんど考えたことない人のことをあれこれ考察してしまった。

根岸季衣なんて出てましたっけ? っていうか一切映画の内容覚えてない。誰が主役かも。すごい、真矢さんの網羅力&記憶力。そしてうれしー、坊主わかってくださって。
それにしても根岸の不幸顔は、思春期のとき不安をあおられました。
根岸と大谷直子のようにはなりたくない、でもなりそうー、って心から恐怖に思ってました(子供って失礼すぎる)
今考えればお2人ともすごいキャリアの持ち主で、実際はたぶんあんな疲れきってなくて綺麗な方たちだろうに。

って話、それる、それる。すみません、真矢さんがあまりにもおいしい話題を出してくださるもので。

それから、「さや侍」の笑いなんですけど……、やっぱり、いつもの「すごいぜ松本! 天才!」っていうのはないです。テレビではあれほどすごい発想力を発揮してるのに、なんでかベタなんですよねー、映画になると。イヤ、ベタって一言でいうのもまた違う、なんなんだろう、あれは……。
それでも、また次の映画もそのまた次の映画も必ず観に行きます、といった感じです。

って、エキ本もありがとーーごーざーいーまーすーーー!! エキも大喜びでしょう。私の本といい、お金いっぱい使ってもらってすみません。これからもうんこたれとしてよろしくお願いします。

「ブス論」!!ナイスチョイス!! 本当に最高におもしろい宝の本です。これほど知的興奮を味わえて読み応えのある本はありません。っていうか、しかも、これ1冊だけじゃなく、私が読んだ全部の本にエネルギーの出し惜しみがなくて、全部面白いっ! 何回読んでも飽きず、その都度新しい発見があります。 一行一行、じっくりゆっくりご堪能してくださいね(って自分の本ぶってます)。うれしー、のちのち、ぜひあーだこーだ語り合わせてください。

「35度、ずっと」はきつすぎますので、なんとか風を入れたり、氷を食べたりして、乗り切ってくださいね。
2011/07/12(Tue) 22:58 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
真矢さま
なんと、ブス論買ってくださったのですか! あれは残念ながら絶版になってしまったのですが、凄く(最も、といってもいいくらい)愛着のある本なので、こうしてまだ買って下さる方、シバさんのように話題にしてくださる方がいてくれるのは嬉しい限りです。

しかしパソコンのある部屋、35度というのはきついすね。パソコン、ゴーゴー音がしそうですね。

それにしても野見、温水というラインナップ、
崇好きな私の趣味が稚拙に思えるディープな面々です。
ここにくると、私の知らない別の楽しい世界が垣間見えて新鮮です。
2011/07/13(Wed) 09:22 | URL  | ポポ手 #J7nTh0B2[ 編集]
すみません、また食い付いていただいて…
確かに温水かっこよかった実話は、今までだれに言っても信じてもらえませんでした。でも、決して誇張じゃないです。あの人っていつもオドオドしてて、ちょっと触っただけでビク~ッとか過剰反応返されそうな感じ。さんま御殿でもそうですが、あれも実は演技なんですよ。電車の中ではベレー帽被ってて、隣りにいるお兄さん(演劇仲間ですかね)にジェスチャー交えながら何かを語っていたのですが、すごい目力があって、一般人とは全然違うオーラ放ってました、あの温水が。
…しかし松尾スズキの彼女云々の話、実話だとしたら、その彼女もかなりあれですね。

根岸さんは、確かお母さん役で出てました。私も、ふぞろい見てた時、こういう疲れた顔のオバサンだけにはなりたくないなあ、姑受けも悪いし…とか思ってました。でも、当時小林薫のファンだった(一瞬)のですが、なんか似合ってましたよね。いっそあの二人には、業田良家の『自虐の詩』もやってほしかったなあ、阿部寛と中谷美紀じゃ違いすぎる…。ストリッパー物語は、死ぬ迄に一度は見ないと…と思っています。

ブス論、超面白いです!!今、現在進行中ではまってます。読み終わったら、本当に語り合いたいなあ。あ、エキさんの本と抱き合わせで買ったのは、『源氏の男はみんなサイテー』の方でした。本当に、みゆき先生のおかげで、エキさん、ポポ手さんなどすっごい方々の本を知ることができて、改めて感謝しています。
2011/07/13(Wed) 13:08 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
ポポ手さまへ
真矢さん宛てですが、出しゃばりまーす。

そう! ポポ手さんの意外なハンサム好き。
あそこまで完璧な美だと、自分には関係なさ過ぎて、どうも男として見れません。
やはり少しでも可能性がないと……。

ところで、ポポ手ツイッターでやりとりされていた、『おにいさまへby理代子』の唇かんで赤くするなどの話題、なつかしくて興奮しました。
私もやった、やった! みんな、やってたんですねーー。
読書会、参加したかったー。

あと、芥川の「鼻」も試しましたよ、私は。
途中で怖くなってギブしましたが。
あれは危険です。

2011/07/14(Thu) 08:37 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
真矢さまへ
ヤバい! 話聞いてるだけなのに、温水のことがどんどん私の中で大きくなってきてます。
想像つくんですよ、その電車内での温水の真剣なまなざしと熱さが。
なんか、胸がドキドキしてきました。もしやこれは恋? 

そして真矢さん、ウマイ! またいいところに目を向けてくれましたねーー。 ほんとうー、あの二人で『自虐の詩』やればいいのにーーー。
小林薫、あのころ、よかったですよね~(寺尾聡より理解できます)。顔いいのに、生活感がっつり出してくれるので、かっこよすぎず。 再現VTRの俳優って言っても通用する華の無さも、テレビの人じゃない感じで。
でもどんどん華が出てきて、本当のシブくてカッコいい俳優になってしまって。いつの間にかどうでもよくなりました。

あのふぞろいの役がそもそもよかったですよね。 嫁を守る男で。 でも途中で浮気とか確かしてましたよね?
あと途中で入れ替わった、これまた地味な俳優は、今どうしてるのか。小林薫もそういやー見ないような。

そして根岸さん。ぎゃはは! 姑受け悪いって! 
本当、暗いんですよねー。そりゃー、スミ江も意地悪したくなるわ。って本当、あの人こそ実際見たら、温水以上に美女オーラ発してるでしょうね。
テレビでは、せいぜいお母さん役とかやりがいなさげな役を演るしかないんだろうけど、舞台のあの方はあーいう役の人ではないんですよね。「ストリッパー物語」とか「蒲田行進曲」とか想像つかん~~。

そしてーーーー、聞いてください! びっくり! 私、今「源氏の男はみんなサイテー」、読み中ーーー!!! 鳥肌が立ちました。まぁ、本当よくある偶然の一致なんでしょうが。
こっちもおんもしろいですよー。光源氏が年取ると、アポロンのように女から気持ち悪がられるのは、小気味いいような、いや、でも老いのみじめさを笑ってる立場じゃないと思ったり、心忙しくあれこれ自分の身に置き換えて読んでます。
本当にウレシー、感想が言い合える人がいるなんて。
2011/07/14(Thu) 08:56 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
シバさま
芥川の鼻! あの、鼻を蒸して白いにょろにょろを出すっての、私もニキビとか出てくんじゃないかってちょっと試しましたよ~。あれはそそられますよね。鼻を高くするために洗濯ばさみとか、唇赤くするために噛むとか、ああいう体感に訴えるアイテムを一つ投入するってのは、売れる本の秘訣なのかも。
私も何かその手のものを導入すれば、私の古典本も売れるのだろうか~!?

真矢さま
『源氏の男はみんなサイテー』まで! ありがとございます。夕顔、葵の上、紫の上、藤壺、六条御息所といった源氏と関わる美女たちが十代、二十代、三十代でばたばたと死んでいく中(末摘花とか花散里などブスはなぜか死なない)、源氏、52歳まで生かされ、精神的にもボロボロにさせられますからね。
なにか、紫式部の怨念とか感じちゃいますよね。
2011/07/14(Thu) 10:28 | URL  | ポポ手 #J7nTh0B2[ 編集]
なんか私、ただの一読者にもかかわらず、みゆき&ポポ手先生のお二人からこんな暖かいお言葉頂いてて、いいんでしょうか。今、読んでいる本の著者からメールいただくって、ふつうありえない。相当感動してます。しかも、この前お礼言いそびれましたが、お二人からは熱中症のご心配までして頂いて…恐縮しまくり。

ブス論、あの容赦のなさがたまらなくて、かえって自分をニュートラルな位置に置いて読めてます。平安時代に生まれてなくて良かった~! 今でも「ブスは性格も悪い」とか言われていますが(そういうこと言われるから性格も悪くなるんじゃん!)、前世の報いだとか、性悪だからブスになったんだとか(だから逆だっつーに!)言われたら、もう生きていけません。お笑い芸人じゃあるまいし、プライド高いブスの場合、笑ってもらってなんぼというわけにもいかないでしょうしね。って全然ニュートラルじゃないですね。感情入ってます。

そして温水ネタにここまで反応して下さったのは、みゆき先生が初めてです。友達は全員「へ~」で終わってました。テレビの人に会うって、自分の場合ほとんどないので、温水でもけっこう自慢したつもりだったのに。でもこないだ、それこそ代々木でサイン頂いた日の帰りに、NHKの三宅アナウンサー見ました。オーラゼロ。武田アナだったら、体当たりで握手してもらったのに。
あ、小林薫、寺尾聰よりは理解できます?? 一時期、JRの駅員室まで行って、ポスターもらって部屋に貼ってたんですよ。(妹にはがされました。)  

自分はツイッター見られないんですが、そちらも盛り上がっているみたいでいいなあ。
2011/07/14(Thu) 15:19 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
ポポ手さまへ
わっ、ポポ手さんも試してる! でも鼻のニョロニョロ脂肪を取ったところで鼻自体が小さくなるなんてないですよねー。
でも洗濯バサミは効きそうですよね(でも相当痛い!)。シンクロのひとたち、みんな同じ鼻の細さだし。子どものうちにやっておけばよかった。でも形までは整えられないですよねー。
たしかに身体に訴える記述って、いつまでも覚えてるもんですよねー。『おにいさまへ』もけっきょく、一番そこを覚えてるし。
そういやー、ベストセラーって体操の本とか顔マッサージとかの本ばかり! ほんとうに身体知に訴えるもの(?)が売れるのですね(ってそういうことじゃないですよね)。

源氏の女たちでは末摘花とか花散里が一番幸せそうですね。図太い2人。バンザイ、ブスの勝利! ポポ手さんの「わかってないブス」「わかってるブス」にフムーーーと、うなりました。頭のいい花散里のように、私も上手く立ち回って長生きしたい。
2011/07/14(Thu) 23:37 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
真矢さまへ
いやいや、真矢さんこそ、こんなしょぼいブログ見に来てくださって、いつもテンションがグァーッと上がる話題提供していただいて、こっちこそ恐縮しまくりです。
熱中症もそうですけど、パソコンも夏は危ないので気を付けてくださいね。いつもパソコンが壊れるのって夏ですから(私の場合)。

そーーー!!ブスだからこその(←こっちが先)、性悪ですよね。そりゃー性格悪くもなりますよ、常に人に蔑まれて、見くびられてるんですから。
そして、ひどいですよね、当時の仏教思想。ブサイクなのも身体の障害も前世からの罪って。私も美・至上主義に怒りが煮えたぎってたまりません。絶対シャカはそんなこと言ってないはずなのに、思いっきりゆがめられてますよねー。
って今もそう! 自分の体験と照らし合わせても思い当ることがたくさんあります。高校のとき、仏教系宗教団体の会合に誘われた時、「入ったら、私のようにきれいになれるよ」って言った子がいて、びっくりしました。自分がきれい発言にも驚きましたが(別に特別きれいな子でもなかった)、完全にこっちを下に見てることを発表できるその無邪気さに一番驚きましたよ。あと、ネコをかわいがっていたら、「そいつは悪いことを前世でさんざんやってるんだから、かわいそうに、そんな姿になってねー」って最近も勧誘の方に言われました。みんな思い上がってんなー、とあきれ返りました。人間が特別だと思えるなんて。
って、話はいつも通りそれましたが、それにしても、1000年前の人も今と変わらずイジワルだなーとか、親近感も覚えました。ブスの歴史や立ち位置をこんなにもいろんな文献からひも解いてくれるなんて本、初めてで本当に楽しい。

三宅アナってぜんぜんわからなかったので、画像検索しました。メガネのおじさんの方ですか? 確かに見たことある方。ってでもよくわかりましたねー。私だったら、素通りしてました。そしてなんと武田アナって! この方も名前を知っておらず、画像検索しましたら、まさかこの方のことも真矢さん、ファン? さらに真矢さんの好みが読めなくなりました。それともこれも氷川きよし事件のような私の読み間違い?(あれはうっかりにもほどがありましたね。ちゃんと、自分、行間読めよっていう……) 
と、この方、私には河童にしか見えません。イヤっ、まちがいなくハンサムなんですけど(しかも美声)、この方も疲れ果ててるというか、見るたびにどんどんやつれていって、なんか悲しい気持ちになるんですよ。温水と武田アナだったら、10対1で温水のほうがタイプなくらいです。
などと、あんまりほざいてると、真矢さんの恋心(?)にケチをつけた感じになるので、ここでやめます。

それにしても真矢さん、すごい行動力ですね。ポスターいただくとか、それは、とても「一瞬」とは言えない、相当の恋心だと思いますよーー。

真矢さんと友だちの温水への温度差がまたおっかしいです。
おそらく真矢さん、すごい大発見をしたとばかりに興奮して発表したんでしょうね。
2011/07/14(Thu) 23:56 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
武田アナは7時のニュースの人ですが、この方は、あの3.11の日、あまりの恐怖にテレビつけたら、まだ2時台だったにもかかわらず緊急出演していて「スタジオもかなり揺れています」と言いながらも冷静沈着。あの目を疑うような津波映像生中継の時も、地震専門家のもっと年配のおじさんが「うわぁ~、こ、これは酷い…」と思わず感情を露わにしている傍らで、必死で自分を抑えつつ、時折声を震わせながらも、終始落ち着いた対応をしている姿に救われました。
というわけで、顔じゃないですから。(顔は、一瞬、品川庄司の品川が入ってる時もあります。)

その前に、武田アナと三宅アナ、二人とも画像検索までしていただいたなんて!…恐縮です。

自分は血の巡りも体温もテンションも低いので、みゆき先生のようにぱぁ~っと盛り上がるような明るさも、頭の回転も、行動力も、怒り爆発ってのも割と少なく(だから温水の件も、さらっと言ってさらっと流された)、ブス論もなかば諦めの境地で「そうよね、人間て昔っから差別するの大好きだもんね。この世に平等なんてありえないもんね」という感じで読んでいるのですが、おっしゃる通り、キリストとかシャカの名前さえ出せば、どんなムゴイ仕打ちでも正義になるという大義名分の持ってき方も古今東西変わりませんね。ていうか、ただイジメるんじゃなくて、何かそこに安心感というか、強力な味方というか、やっぱ大義名分が欲しいんでしょうね。(いまだに、愛と平和とかロケンロールとか叫んでりゃ許されると思ってるいるのは、ほぼ同類。)で、そういう風潮にちょっと異を唱えてみたかった(面と向かっては唱えられないけど)、紫式部の真意まで汲み取ってしまうポポ手さん、こういう読み方ができるって、さすがだなあと思いました。まだ全然途中ですけど。

ところで、みゆき先生もポポ手さんも動物大好きですよね♡ うちにもネコが一匹いますが、ネコはネコで十分満足してそうですよ!? 生まれ変わったら人間になりたいにゃ~とか、まず思ってないです。 
2011/07/15(Fri) 12:56 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
真矢さまへ
武田アナ、アナウンサーの鑑ですねー。NHKも多分見たはずなのに気づきませんでした(私が地震のとき覚えてるのは、やはり安藤優子の我が意を得たりとノリに乗ってる感じと、ヘルメット姿。 誰もが気づくベタなものばかり)。
真矢さんは武田さんのプロ意識の部分を見て、好感をもたれたのですね。
本当にいろいろ人が見えないとこにきちんと着目されてますね
武田アナも、正当に評価してくれる真矢さんのような視聴者がいるって、知ってほしいーーー。

ププッ、でも確かに品川。でも品川も自分で言ってるほどのブサイクではぜんぜんなくて、ハンサムっていえばハンサム。よく言われるブラッド・ピットも、私も似てるよなーと思いますし。

そして、本当に人類の一番の敵は「大義名分」ってやつですね。
それこそ、宗教戦争、その他の民族戦争も、民族浄化とやらも、悪はすべて大義名分がやらせることですね。

そうーーーー!! もうロケンロール野郎ヤダ―――。
たとえばあの例の「ロケンロール」は、まったくもって、老醜とか老害という風にしか思えません。
ブス論にも出てくる、源典侍という色キチガイのおばあさんは、年取って、さらに開き直って色を求める姿が清々しいとまで思えるんですが、あのロケンロールは暴力使いだし、平和を脅かしすぎ。
昔取った杵柄使いすぎ。

ネコいるんですね! 私も、ネコいますっ!! ずっと犬人間で、ネコのことは何とも思ってなかったのですが、見れば見るほどネコも面白いですねー。こんな面白い奴らだったなんて。
本当、ネコは幸せそう。犬はいつも気遣いで大変そうですが、ネコは本当唯我独尊で、すべて思いのまま。
犬はきっと気遣いのあまりネコより長生きできないんでしょうね。
ネコは人間より間違いなく幸せだと思います、虐待されたネコは除いて。誤った仏教観の人、ほんとうに大きなお世話。

真矢さんのアイロニカルなところ(私は特にそこのファン)が、温度やテンション低いっていうのにつながるのかもしれませんが、私は勝手にですが、熱さや温かさを感じてます。うわっ、熱さっていうとなんか気持ち悪かったですね。
実際、代々木でお目にかかったときも、ぱーーーっと人好きする明るい笑顔で、こちらもぱーーーっと明るいピンクの気分になりました。
2011/07/16(Sat) 10:00 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
あっ!
噂の!!
僕も働くおっさん大好きで、松本映画に野見さんがキャストされたと知った時は、爆笑でした‼
まだ観てないから早くみたいなぁ…
他のおっさんも出てくるのかなぁ…


噂の!っていうのは写真に対してです。笑
2011/07/17(Sun) 09:49 | URL  | ほーりー #-[ 編集]
ほーりーさまへ
ほーりーさん、コメントありがとうございます。

わーい、ほーりーさんも働くおっさんファン!
ほかのおっさんは出てません(ネタバレ?)。
青柳さんなんか出てても違和感なさそうですが。
浅見さんは目が行きすぎてだめでしょうね。

おっさんたち、元気なんですかねー。
有名になって、どんな生活を送ってるのやら。
2011/07/18(Mon) 07:31 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
松本映画の話から、ネコになってる…
みゆき先生、いつも暖かいメール、ありがとうございます。ほんと毎回お忙しいのに、わざわざつき合っていただいて申し訳ないなあと思いつつ、大喜びしてます。

みゆき先生んちにもネコさん、いたんですね! 自分も小学生から柴犬と暮らしていたので、犬がめっちゃ可愛いのは分かってましたが、ネコに来られると、ネコもまた別の意味でかぁわい~い♡ わんこの時は「この子が死んじゃったら、もう絶対、他の犬は飼えないだろう」と思っていたのですが、ネコの場合「もうこの先、ネコのいない人生なんて考えられないわ~」と思わされてしまうところが、犬とネコの違いでしょうかね。

ところで海外とか旅行される時は、ネコちゃん、どうされているのですか? 

昨日なでしこジャパンの決勝を見ながら感じたのは、やっぱここまで落ち込んでいる日本を救ってくれるパワーを持っているのは、こういう娘たちなんだなーって。男子サッカーって、最近特にみんな、かっこ良すぎるような気がしてたんですよ。でも、女子は全然違う。本当にサッカーだけが好きって、泥臭い女の子だけが集まったから、あれだけ最強のチームに育って行ったんだな~。こういう純粋な子たちがいたんだなあ~って、嬉しくなりました。

台風近づいてますね。お陰で多少涼しいのはありがたいです。ようやくまともにパソコンの前に座っていられます。

みゆき先生もお元気で! またお目に掛かれる機会があったらその時は、ブス論とネコについて、あともちろんマヤについていろいろ聞かせて下さい!!
2011/07/19(Tue) 16:45 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
真矢さまへ
真矢さんも柴犬を!! ポポ手さんといっしょですねーーー。
犬全般ですが、とくに柴犬の無表情なところが、バカっぽくて(褒め言葉です)、胸がキューーーってなります。

そうなんだーーー、ネコにはそこまでの力が! ネコとはまだ一度も別れを体験してないのです。こわい! いなくなること考えると。

旅行のときは、ネコは「本当の飼い主」のところに行きます。
と、今家にいるネコは、もともとは私のネコではなく、近所の方のネコでして、その方の家が建て直しするとき、うちに来るようになったのです。
でも、新しい立派な建物にはなじまず、結局うちにそのまま入りびたり、というネコ特有の「家につく」現象で、ふてぶてしく居るのです。

と、ネコは大丈夫なのですが、犬預けは大変でした。
3匹いたのですが、皆、おしっこはおしっこ箱にはできず、外の決まった場所だけでするので、預けるわけもいかず、中途半端な知り合いにお金払って、私の家に寝泊まりしてもらってました。
だから、旅行代とおなじくらいお金がかかって……。
まぁそんな感じなもので、むやみやたらには旅行できませんでしたよーー。
その犬たちもどんどん老いて、ひとり、またひとり、と居なくなっていき、私も、もう2度と犬とは住まん!と思ってた矢先に、今度はこのイバりキャットが。
(と、ちょっと聞いてくださったことを、調子に乗って語ってすみません)

それから、す、すみません。なでしこのことは全く存ぜず。
あまりにもスポーツ界のことは疎く……。

何やら世間が騒いでるのは知ってましたが、バレーボールだと思ってて、やっと、決勝のときに「サッカーなんだ」とわかったくらいです。
でも男子サッカーと違って、おしゃれじゃない子がいっぱいいるのは、とっても好印象です。
お金もキュウキュウでしょうに、好きなことをやり続けて、こんな凄い結果が出たなんて、素晴らしいですよね。と、よくわからないので、予想で言ってます。
2011/07/20(Wed) 10:10 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
何だか楽しくなってきて、、、
芝崎さん、こんばんわ。
アメトーーークの件、すごく嬉しかったです。で、ランチは遠慮なく来月声かけさせて
いただきます。わーい。

で、芝崎さんとポポ手さんと真矢さんのコメント読んでたらあまりに楽しくてお邪魔したくなりました。

「ブス論~」はずいぶん前に読んでいまして、このブログ内で話題になっていたので
久しぶりに読み返したくなって本棚を探してるのですが、見つからず。絶版になってしまってるとのことで、
何とか見つけて再読します!!
といいながら、私の憧れは「朧月夜」なんです。華があってステキ(人間、自分にないものを求めるってヤツです、お恥ずかしい)

そして温水見たなんてうらやましい!いいなぁ。しかも東横のれん街で?私、渋谷への出没率高いので
会えないかな~。キョロキョロしちゃいそうです。タカトシと温水の散歩番組、好きなんですけど
皆様ご存知ですか?
世間の方は三宅アナとか武田(真一)アナとか普通に知ってるもんだと思ってたので、芝崎さんがネット検索したとのことで驚きました。私のごひいきは4月で異動になってしまった野村アナと何だか愛嬌のある、森本アナなのですが、いかがでしょう??

この猛暑の中、皆様の愛犬、愛猫が元気に過ごせますように。
また皆様で楽しいお話を繰り広げて下さいね。宜しくお願いします。

道で猫を見かけると(犬は、柴犬&雑種限定ですが)絶対に話しかけているなんりこでした。

2011/07/20(Wed) 20:55 | URL  | なんりこ #-[ 編集]
今度は柴犬の話に!
わたしは逆に猫とは小さい頃から親しんでいたけど、犬はシバが初体験で、最初は犬って不潔だし予想以上に馬鹿でやっぱし猫~って思ってたのが、最近は、犬のいじらしさにはまってきてしまってます。
どっちにしても動物のいない暮らしは考えられなくなりつつなっているという……(動物中毒?)

なんりこさんはじめまして。
朧月夜はたしかに憧れますね。美人・お嬢様・奔放ときては最強ですからね。

真矢さんが本の著者とやり取りできるって幸せって書いてらしたけど、著者からすれば、こうして読んで下さった方のじかの声が聞けるってのは幸せです!
芝崎さんのブログ、勝手に私はオアシスとしております。
2011/07/21(Thu) 10:22 | URL  | ポポ手 #J7nTh0B2[ 編集]
本当の飼い主!?(←ばかうけ)
みゆき先生、ネコちゃん、そういう経緯でいらっしゃったんですね。いい方だ~。うちのネコも、なかなか強引な手段でうちに来たのですが、本人は初日から当然のような顔して居ます。
そしてワンちゃんは三匹いらっしゃったのですね(犬に敬語)。そっか、旅行の時は、知り合いにの方に寝泊まりしてもらってたのか~。犬の方が預けるのとか簡単だと思っていたのですが、けっこうかなり大変だったのですね。でも、愛されてて幸せなワンちゃんたちでしたね。

なりんこさん、ありがとうございます。
自分のこと、他人様のブログに勝手に上がり込んで、さんざん盛り上がって、皆さんお帰りになっても最後まで居座ってる迷惑な客みたいなヤツだと思われてたらどうしよう、とか心配していたのですが、つっこんでいただき、ほっとしています。
温水見ちゃったのは、のれん街ではなく、東横線の中ですよ~ん。確か田園調布か多摩川で乗り換えていました。あと、自分も道でネコ&犬に会うと、ほぼ100パーの割合で話し掛けています。(犬が柴&雑種限定というのも分かります! 自分は一応お座敷犬みたいなのにも愛想振りまいてはいますが、本当に愛しているのは中型犬以上の目と鼻の黒いやつ。)嬉しいです、お仲間がいて。(あと野村さんもファンでした。)

ポポ手さん、ブス論、佳境に入ってます! まじ面白い。今日にも読み終えるので(すみません、読むの遅くて)また感想書き込ませて頂きます。
2011/07/21(Thu) 11:20 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
なんりこさんへ
そんな! 温水、なんだかんだ人気者! こんなに温水で盛り上がれるとは。
本当に真矢さん、すごいモノを投下してくださいましたよ。

そして、すごいコアでニッチな感じの番組ですねー。すみません、存じ上げません~~。なんりこさんのメジャーをおさえつつ、誰も知らないもんも網羅してるっていうのがさすがです。
それにしてもぬっくん、仕事に困らないですねー。いいポジションにいるなー。

そして、なぜ皆さん、そんなにアナウンサーに詳しいの!?
世間では、彼らがフリーになるとかでいちいちスゴイ騒ぐじゃないですか。
あれもよくわからず。
羽鳥さえもそのことで初めて名前と顔が一致したくらい、アナウンサー世界をしらないわたくし。
もちろん、この新たなお2人も検索に頼りましたよ。
野村アナ! たしかにハンサム。女にしてもきれいそうな。でも蚊トンボみたいな弱々しさ。ひかる一平系(古すぎ!)。

私はどっちかというと森本さんのほうがタイプですね。おっしゃるとおり愛嬌がありますね。
でも顔はわかったものの原稿読んでるところがいっさい思い浮かびません。
自分はニュース見てないってことがよくわかりました。

ワーイ! うれしー。なんりこさんも「ブス論」持ってたー。
ぜひ見つけてーー。ランチ時などで語り合わせてくださいね。
と、あの本はぜったい絶版になってはいけない本ですよね。
ずっと永続的に読み継がれるべきもの。
どうにか、再販してもらえないものでしょうかねー。
まだあの本を読んだことない人にあまねく、面白さを知ってもらいたいです。
今調べましたら、ブス論のもともとの単行本「太古、ブスは女神だった」は、ちゃんとありました。
こっちはずっと生きててくれないと困る。

朧月夜が好きとは、これまた、なんというか、ヒロインの中でもニッチなとこに行くというか。
ってあの人、実際に居たら派手で目立つ存在でしょうに、なんか源氏では描写が少ない気が私はするんですが、違ったかなー。
なのに憧れを持つとは、ちゃんとなんりこさん、しっかり読んで、かつ。ふくらませておられますねー。
私はその朧月夜の姉さんである辛辣な弘徽殿女御とか、セックス&ザ・シティのサマンサのようなエロオバはん源典侍、あと、後半に出てくる頭中将の粗野な娘、近江の君など、わかりやすいキャラの脇役のほうに肩入れしてしまいます(脇役体質なもので)。
でもってヒロインたちにはあまり肩入れできません(あまりに自分と関係ないから)。
でも玉蔓の流転の物語が好きです(玉蔓より、玉蔓を預かって守る一家がかわいすぎる)。それにあの源氏のセクハラ攻撃を何とか振り切って、ついにヤラれなかった玉蔓はやっぱりエライ。しかもブサイクと結婚して、源氏にほえ面かかせるところも痛快です。
あと、明石の君も好き。父ちゃんが面白すぎ。
六条の御息所も気持ちはわかるよ!って感じで嫌いじゃなくて、なんだかんだ、ヒロインも好きな人多いことに、今気づきました。
と、源氏をともに語れるうれしさで、ついついまた多弁になってしまいましたー。
2011/07/21(Thu) 13:08 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ポポ手さまへ
毎朝、シバ(犬の方)とポポ手さんがお散歩に出てるかわいらしい姿を想像すると、ほわーーーっと幸せな気持ちになります。
確かにネコは全員、しなやかで、頭もよく(本当は違うけど)、色っぽいファム・ファタール。犬はバフンッとしてバカっぽくてなにしろダサい男って感じですよねー。
でも、そのダサさがいいですよねーー。いつもさびしそうで夕焼けも似合うし。いろいろ背負ってる感じで。
毛のある者たちは本当にかわいいですよねー。4本足がたまりません。寝姿も。
いや、そんなオアシスって……。
というか、ポポ手さんをはじめ、みなさんあまりにも気さくに、キンタマとか温水とか面白い題材挙げてくださるもんで、こちらも本当に癒されます。ありがたすぎます。
2011/07/21(Thu) 13:37 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
真矢さまへ
真矢さんの猫キャットはどうやって真矢家にいらしたのですか。なんだかんだみんなペット屋で買う人は少ないのかなーー。

ネコもそうなのですが、犬も「本当の飼い主」がいるのです。
って、いい人ぶり話その52ですが、1匹は最初から居た犬なのですが、2匹は「本当の飼い主」が、あるとき押し付けて姿をくらましたのです。
おしっこができないし、まぁまぁの年寄りで(当時10歳くらい)、大きく、顔も悪いということで、その人は疎ましく思ってて……(ほかに、その人は若く小っちゃい、顔のかわいい犬も飼ってました)。
だから「そんなにイヤなら、飼ってもいいよ」っていい人ぶって社交辞令のつもりで言ったら、まんまと本当に置いていって、しかも連絡取れずという。
まぁ、見事に飛び切りのブス犬でしたが、ブスゆえに自慢だし、もう面白いし、可愛くって可愛くってたまらなく、ずっといろいろ楽しませてくれたから、結果、本当によかったのですが。
でも、こういう飼い主はいつもこういうことして、犬にも人にもなんの心の咎めもなく、生きていくんだろうなー、ちっ、と苦々しく思い返したりします。
と、また犬語りをしてしまった。真矢さんのリアクションでいつもうれしくなって、このように思い出話を老人のように長々語ってしまうのでした。
2011/07/21(Thu) 13:46 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
失礼しました
芝崎さん、ポポ手さん、真矢さん、こんばんわ。

もー、みなさんの文章をきちんと読まずに一人で舞い上がったコメントをしてしまい、大変失礼しました。

真矢さん、電車の中って書いてありました。私、小田急沿線在住なのですが、勝手に「温水=下北沢にいそう」というイメージをしていたらしく、のれん街でお団子とか買ってる彼を想像して嬉しくなってました。というか、温水さんて電車乗るんですね。俳優さんなのにスゴイ。

そして私が以前読んだのは「ブス論で読む源氏物語」でした。「あさきゆめみし」を熱愛して読んではいるものの、古典としてきちんと読んでいないんです、お恥ずかしいことに、、、。とはいえ少しでも触れたいので、源氏がテーマのエッセイ等を色々読んでいる次第です。

余談ですが、私アナウンサーに詳しいのはNHKだけなんです。子供の頃「ニュースはNHK」で育ってしまって、今でもその習慣が抜けないので、朝に民放のTVつけられたらテンション高くて(そういうイメージなんです)ショック死しちゃうかもしれないです。

動物のいる暮らし、恋しいなぁ。5年前に13年半飼っていた猫(キジトラのメス)が死んでしまって、、。ホントはまたご縁がある子に出会いたいのですが、住んでるマンション(ペット禁止の分譲で、みんなこっそり飼ってた)の管理組合が非常に厳しくなってしまったので、今はあきらめてる状態です。
Eテレの06:55&23:55(→知ってたら嬉しいなぁ)でかかる「オレ、ねこ」とか「わたし、イヌ」で心を和ませています。

明日は金曜日。会社帰りにのんびり本屋さんにでも寄ってきます。では。


2011/07/22(Fri) 01:50 | URL  | なんりこ #-[ 編集]
私こそ、なんりこさんのこと「なりんこさん」だとずーっと思い込んでいて、送信した後で確認して気がつきました。ごめんなさい! 

ネコと犬の話しだしたら止まりませんよ。でもね、本当に一度飼ったら、最後まで責任持って飼うのが当然だと思うのです。新しい、もっと可愛い犬が来たから他人に押しつけるなんて最低。動物に対して無責任な人間って、世の中で一番許せません。そういう人って、ぜったい彼氏とか彼女も簡単に「もう飽きちゃった」とか言って、とっかえひっかえしてますよ。自分も思い切り信頼している相方に、一度捨てらてみるがいい。まあ人間はいいですけど。
だけど、そのワンちゃんは、結果的に芝崎家に来られて本当に幸せだったですよ。良かったな~。うちのネコは、7年ほど前、関西にいる時に知り合った友達が自分の家の近くで拾って、彼女の家には既に黒猫ちゃんがいて、新しいネコとは折り合いが悪かったらしく、ずっと仏間に閉じ込められていたのですが、新しい飼い主が見つかるまでの間ということで引き取りました。うちも当時社宅でペット禁止。旦那も動物ダメだったので、どうかな…と思っていたのですが、もう一回家に来ちゃうとダメですね。特にうちのは甘ネコで、夜になると一緒にベッドに上がって来るのですよ。旦那も最初のうちは「ケダモノと同衾なんてもっての他」「早く新しい飼い主見つけてもらえよ」とか言っていたのですが、一週間後には「さあ寝るよ~♡」と自分からだっこしてベッドに連れて行くほど、この時点で完全に籠絡されていました。友人も「ほなもう、あんたとこでええな」みたいな雰囲気になって(←今思うと最初から探す気なかった)、今に至ります。でもその友人もほんと優しい子で、ネコが来た当初は毎晩会社の帰りにうちに寄って様子見に来てくれたり、『借家で猫をコッソリ飼いする方法』という本までくれたりして、すごく気を遣ってくれてました。今では旦那も私も、ネコのいない人生なんて考えられません。

『ブス論』読み終えました。容姿・生まれ・生い立ちなど、自分ではどうにもならない問題って、だれもが多少なりとも抱えていることだと思うのですが、成長していく過程で一人一人が克服していく以外ないと思っていました。でも、それがなかなか難しいのですよね。時には差別され、また別の時には自分が差別する立場にいたりすることもあるし。そういう、だれにとっても主観的な問題を、ここまで客観的に、古事記の昔からひもといて論じていただくと、かえって何か可笑しくて、楽しく納得しながら読めました。読後感は非常に清々しいものでした。
2011/07/22(Fri) 12:48 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
なんりこさんへ
温水=下北沢、似合う!!
のれん街でおだんごを頬ばる温水も、なんて絵になるかわいらしさ。

けっこう俳優、電車に普通に乗ってますよね。スゲー東京!ってびっくりです。そういえば近所でも信号待ちしてる真横にウィンドブレーカー上下の東国原がいたり、安映画館で隣にベンガルがいて、稲荷食べるたびに睨まれたり、ツタヤで中古DVDを吟味する田口トモロヲなんかを見たりすると、そのなんでもなさ加減、誰もびくともしてなさ加減に、いちいちスゲー東京!って思ってしまいます。
って話ズレましたが、中堅の俳優はきっと皆さん、タクシー券をもらわない限り、堅実に電車を使ってるんでしょうね。

いいなー、「ブス論で読む源氏物語」! わたくしもお恥ずかしいのですが、その本は買いそびれていまして……。ネット書店にはないようですので、街のデカ書店行くたびに探してます。古本はどうしてもいやなので、なんとか見つけたいのです。新装版で出してもらえれば、一番ありがたいのですが。
「源氏~」、漫画もおもしろいけど、文章の完訳版はぜったいぜったいもっと面白いですよ。はしょられてた部分がこんなに笑えるのか、ふくみがあるのか、味わいがあるのか、と目からうろこで、まさか大人になってこんな面白いものに出会えるとは、とエラく興奮しましたよー。

やっぱりなんりこさんの家はきちんとしたおうちだーー。私なんぞ、NHKなんて、大人になるまでおそらく一回も見なかったですよー。
そしてやはり、その「オレ、ねこ」と犬バージョンのやつも存ぜず。きっと今、毛の動物がいることに慢心して、そういうテレビに気が付かないのでしょう。
いない時、人に言えないような恥ずかしい犬番組を見たり、人の犬をジロジロ見たりしてました。
なんりこさんのキジトラちゃん……。どんな個性の持ち主だったか、今度教えてくださいね。
日本のマンションなんかも、あんまりガミガミ言わず、もっとおおらかにやらせてほしいですよね(そこはパリ化してほし―)。これほど高い金を費やしてるのだから。
あっでもそうなるとバカ飼い主もますます増えるか……。どうすればいいのか。

2011/07/23(Sat) 07:31 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
真矢さまへ
旦那さま、スバラシイ変わり身の早さ&情深さ!
いっしょにお布団から顔を出してペアで寝てるところとか想像するとかわいくてたまりません。
殿方のそういう、「しょうがねーなー的優しさ」「やむにやまれぬ受け身の優しさ」みたいなものにグッときます。

そして、すごい細かいところに配慮した本があるものですねー。まさか、ネタだろう、と思って検索すると、本当にあった!
出版業界ってすごいなー、あらゆるニーズに応えて、とびっくりいたしました(その調子でぜひやってほしい)。
マンションなどの高いところに住んでるネコって、日々のパトロール(散歩)はどうしてるんだろうって心配してたんですが、この本の内容からすると、大丈夫なようですね。
あと、真矢さんの様子から猫は引っ越しも平気そうですね(真矢さん、けっこう各地を転々としてらっしゃるのだろうか)。

憎き飼い主のこと、一緒に憤ってくださってありがとうございます。
本当に少しはお前も捨てられたりして気持ちわかれ、ですよね。
でもこういう人って、自分は捨てる一方、加害者の一方で、けっして痛い目に遭わないんですよね。
常に周りを唖然とさせて、逃げ切って、文句言わせずいいとこ取り。本当ちゃっかりしてますよ。

はー、でも犬たちにはぜんぜんいい思いさせなくて、後悔ばかりです。ごはんも厳しく管理してしまってドッグフードしかあげてないし。
友だちの犬なんて、王様のように甘やかされ放題で、脂も揚げ物もお菓子も食べ放題だったのに、結局、寿命もそんなに変わらず、で。
せめて好きなものを好きなだけ食べさればよかったです~~。

『ブス論』終わったのですね! 真矢さんの読後感で、自分のときのも思い出しました。
美醜に関しての本はけっこう読んでいたんですが、わりと絶望的な気持ちになるのが多くて(私見です。でも本当そう感じます、特に殿方が書いたのは)。でもこの本を読み終えたときには、なんかもう、「ブス、大いに結構」、「ブスですけど、それが何か」っていう、いい意味での居直りの心が強くなって、ババ―ンと大らかな気持ち――古来の醜パワーに応援されてるような、虎の威を借りてるような――そんな気分になりました。

それプラスいろんな物語が面白かったですよね。 すごいエピソードがてんこ盛りで、よくもこんなに息をするように、いろんな本のいろんなお話をすいすい挟んでくださるものだと驚嘆しました。
図に乗るブ男の話やら、ブスが怪力と結びついてたことや、美女零落話なんかに、ものすごい興味を持ってしまいました。
2011/07/23(Sat) 08:02 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
『借家で猫…』
私も友人からネコと一緒に渡された時、「こんな本よく出せたな~!」とびっくりしたのですが、読んでみたら極めて常識的な本でした。そりゃもちろん、自分の家とかペット可マンションで飼えればそれに越したことはないのですが、どうしてもそういう状況じゃなくなった場合、泣く泣くネコを諦めるよりは、掟破りではあるけれど、周りに分からないように(=迷惑を掛けないように)こっそり飼うことは決して悪いことじゃない。という前提で、そのためのお約束がきちんとまとまっていて、実際自分たちも社宅にいる間、この本に守られていた感じがしました。

みゆき先生んちのわんちゃんはドッグフードだけだったんですね。うちの実家の犬は何でも食べてました。でも、虫歯が可愛そうだったな。どっちが幸せとか、難しいですね。ドッグフードしか知らなかったら、それはそれで「あ~、ケーキ食いて~」とか思うこともなかったでしょうし、満足していたんじゃないでしょうか。今のネコは、ご飯食べてるとテーブルに乗ってきます。あじの干物とおさしみが好きらしく、ちょっとむしってあげたりすると、前足で触って転がして狩猟ごっこしてから食べてます。

『源氏の男はみんなサイテー』に突入しました。面白~い!
でも、私もなんりこさんと同じで、源氏は『あさきゆめみし』でしか読んでいないのです。それも受験の時、ストーリーくらいは知っておかないと…と友達の間で回し読みした一度きり。覚えているのは、末摘花のどアップシーンのみでした。その後、現代語訳にトライしたことは何度かあったのですが、その都度挫折。そもそも恋愛モノがダメなのですよ。少女漫画にせよ、トレンディードラマにせよ。顔のいい男と女がスキとかキライとか言い合って、泣いて見せたり怒って見せたり笑って見せたりしているのを見ているほどマヌケなもんはないじゃないですか。
…とか思っていたのですが、ポポ手さんの現代語訳だったら読破できるかもって思いました。
2011/07/25(Mon) 13:49 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
芝崎さんのブログなのに、いつのまにやらコメント欄に私の本のことが幅をきかせてしまっているようで恐縮です。でも光栄&嬉しす、です。

真矢さんの、犬猫とっかえひっかえする人は人間の彼氏彼女も飽きたらポイってのは私も同感です。
というか、犬猫を小さい頃、飼ってて馴染んでた男って、女の人とのスキンシップもうまいというか、どこを撫でれば気持ちいいとか痛いとか分かってるから、もてる気がするんです。

私は残念ながら、小さい頃は、犬猫飼ってたわけじゃなく、ただ猫が庭を通り道にして出入りしてたってだけなんですが、「俺って××うまいよー」と言わないまでも、言動のはしばしから己の男性性をにじませてた男が、深入りすると、口ほどでもなくてがっかりってことがありまして、そいつが聞くと子どもの頃、動物苦手だったという……。


逆に猫に囲まれてたり、犬を何匹も飼ってた男の心地よさに、あらっ! これは!! ってことがあって……。


以上、ちょっとあとから見て、これはみんな引くわ~、人のブログの雰囲気壊してる~と思ったものですから、ちょっぴり編集しました。
きょうも暑そうですが、シバは散歩も絶好調、快食快便でした!
2011/07/25(Mon) 16:37 | URL  | ポポ手 #J7nTh0B2[ 編集]
あらっ! これは!?
そうだったんですか…。考えたこともなかった。すご~い。
…じゃあ、羊飼いの人とか、どうなんだろう??

ポポ手さんちのシバちゃん、ブログでお写真見ました。か~わいい! 美形ですね!
2011/07/26(Tue) 14:43 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
真矢さまへ
真矢さんのご実家の犬もすごいかわいがられていたのが、よーっくわかります~~。あー私も本当いろいろ食べさせればよかった。
ネコも王子さまですね。幸せそう。おさしみまで食べさせてもらえるなんて。

私も恋愛もの、ダメ! まったく興味なし。
真矢さんの言う「顔のいい男と女がスキとかキライとか言い合って、泣いて見せたり怒って見せたり笑って見せたりしているのを見ているほどマヌケなもんはないじゃないですか」に完全に同じ気持ち! ホントそーで
す。
だもんで、「源氏~」もそういう物語と決めつけて、まったく興味もなく、どちらかと言えば嫌悪さえ抱いてました。よく知りもしないで。
なんていうか、半径15センチくらいのもんのすごいせまーい世界のチマチマした話と思ってたし、ストーリー性もとくにないだろうって。
「源氏の男はみんなサイテー」のまえがきを読むとなんと大塚さんも「古典の中では嫌いなほうだった」とか言ってるし、さらに最後の解説で故米原万里さんも「嫌い」と言ってるし、あーよかった、こう思ってたのは自分だけじゃなかったのか、と安心しました。
みんな案外背を向けるものだったのですね。それがまさか、こうもはまるものとは。大塚さんのイジワルともいえる怜悧な読解力で紡ぎだされた訳のおかげであまりにもツボにはいってしまいましたよ。
末摘花のアップ、私もすごーく記憶に残ってます。末摘花、本当イライラする!
2011/07/27(Wed) 06:32 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ポポ手さまへ
うひゃひゃ~~。ポポ手さんってば、これまたトンデモないところからトンデモない説を!
でも少なくともサンプル2以上の症例(?)から判断されてるってことですね
(またさらっと、すごいことを発表されるし……。
小谷野敦さんが称賛してる大塚さんの美点でもありますが、こんなとこでこんないいネタ発表してもったいないとハラハラします)。

そして、うーん、私の経験と照らし合わせてどうか、を考えようとしましたが、まったく何も思い浮かびやしない。いい思いをしてないし、そもそもすべて記憶がない。動物の話になったこともない。アンケート取っておけばよかったですよ。これからは頑張ってアンケート取ります(でももう無理……)。

でも何となく、私は「それはあてはまらない」ような気がいたしますので、反対意見の立場を取らせてもらおうと思います。
だって、たとえばムツゴロウ先生とか、まさかそんな風には思えません。
っていうか、よしんば本当に上手い男だとしても、ってオエーー、ちょっと思い浮かべるだけで、イヤすぎてこちらの神経がささくれ立ってきます。
(って、絵を浮かべるとどうしても耐えられず、これ以上このサンプルで話を進めるのは無理なのでやめます)

その、ポポ手さんの「これぞ」と思った方は、動物に「気持ちよくなってもらおう」という「尽くし、奉仕」の気持ちが、女性にも(おそらくそれも越えて、すべての生きとし生けるものに)現れる思いやりのあるお方なのではないでしょうか。
その場合は動物と暮らしてたことが、そのようなよい副産物ももたらしたという、ありがたき例ですよね。
でもそうじゃない人のほうがウジャウジャしてそうな……。
って、あくまでもカンで言ってます。今度ムツゴロウ以外でちゃんとした反対例のサンプル思い浮かべてみせます!

それにしても「言動のはしばしから己の男性性をにじませてた男」は嫌ですねーー、すこしでもそんなそぶり見せられると冷めます。

そして、真矢さん、羊飼いって!
彼らは女性への扱いも粗野そうです(あくまでもイメージです)。
家畜だから特にそう思います。

シバさん、かわいいですよねーーーー! タッタッタッタ走ってる姿とか、岸壁にたたずんでる哀愁ある姿とかたまりません。


2011/07/27(Wed) 06:38 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ムツゴロウですか…
ポポ手さんの体験談、もっと詳しく知りたいような。今度もしまたお目に掛かるようなことがあったら、その時は編集前のお話、じっくりお願いします。端っこに座ってメモとっとこう。

でも、みゆき先生、ムツゴロウって! この人出しちゃったらねえ…。キモチワルすぎて、かえって何も想像できない。脳が像を結ぶの拒否しています。こういうこともめずらしい。

自分も省みるに、動物に対してもしゃもしゃしてさしあげるテクニックは、相手が何も言わなくても、それこそかゆいところに手が届くようで(まずどんな犬ネコも一分以内に腹を出す、あるいは恍惚の表情を浮かべ喉を鳴らす)、かなりなもんだと自負していますが、人間に対してはよく「ザツ」と言われます。それは多分いろんな意味でそうなので、人間にももっと丁寧に接しないといけないなあと、反省させられる日々です。

そういえば、野見さんは優しく肩を抱く方だったんですよね。野見さんは動物好きそう。というか、動物から好かれそう。動物に好かれる人と、人間から好かれる人って、また全然違うみたいだけど、動物から好かれる人の方が、一緒にいてなんか安心できますね。(でもムツゴロウは別ですよ!!)

2011/07/27(Wed) 12:17 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
真矢さまへ
真矢さんっ! 「キモチワルすぎて」って! 
いやー、私も今一歩勇気がなくて言えなかった言葉を、ぱぱーんっと代弁してくれてありがとうございます。
もう、ムツゴロウの動物への「かわいがり」が映し出されると、上司がかわいい新人の子にセクハラしてるのを見てるような、そして、それを助けられないようなバツの悪さを感じ、苦しくなります。
いや、そんなもんじゃない、変態AVを強制的に見せられてるといってもいい。平和がすべて打ち破られます。
あー恐ろしい、ムツゴロウの破壊力。

真矢さん、動物師ですねーー。動物をなつかせてる絵が難なく浮かびます。
私はとくにネコ界では新人なので、わからんことだらけ。みゃーみゃー、何かせがまれても、心が全く読めません。とりあえずゴハンをあげると、「ちがうっ」と怒って出て行かれます。
真矢さんだったら、この人の欲求もすべて理解してあげられるんだろうな。
ただ、一つだけ技を覚えました。背中(後部)を小刻みにトントントントン叩くと、機械仕掛けの人形のように首を左右に動かし続け、目から生気がなくなってビー玉のようにがらんどうの目になるんですけど、真矢さんキャットもそうなりますか? 最初、あまりの人形さかげんに、やばい、狂ってしまった!と思ったら、どうやら恍惚としてるようで。

野見さん自体、動物な感じの方ですから、なじまれそうですね。でも本人は、動物好きとか嫌いとか考えたこともなさそう。で、女の子に好かれるために「好きですよ、動物」ってテキトーに言いそう。
2011/07/28(Thu) 07:23 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
なーんということでもないんですが、さっき出てきたNHKの野村アナは高校の同級生でした。同窓会の司会をしてくれたこともありましたよ。
 うち、柴犬系の雑種です。みかけ貧相で、ワイルドなんですが、夕方エサをあげても家族が晩ゴハン食べる時まで待って同時に食べる、しおらしいやつです。おそろしく空気を読むやつで、今まで叱ったことがない。要求がある時はじーっと目で訴える。おかげで私のテレパシー能力が開発されたかも。
 シバ系は緑内障にかかりやすいって本当でしょうか?早めから検査とメンテをって医者にいわれてますが、、、、
 先日、目にとがった種が入り、動物病院通いをしました。3時間おき3種の点眼(夜中も)でこっちがへたりそうでした。
 
 芝崎さん 新作待ってま~す!!
2011/07/31(Sun) 13:08 | URL  | オソマトリ #58doTjc6[ 編集]
オソマトリさまへ
すごーいっ! 野村アナと同級生だったなんて! って、この前、名前と顔が初めて一致したような、モノ知らずな人間が言うのもなんですが、それは自慢になりますね! 私だったら、3日に1回はまわりの人に言って、煙たがられそう。 

しかもオソマトリさんも、なんとシバ系を! ほんとうになんとしおらしい人。犬の楽しみ第一位であるはずのごはんを、待つだなんて。そんなイヌ、実在するんですね~~。そこまでの立派なイヌはお目にかかったことないですよ。待ってる姿を想像すると涙腺がゆるみます。
とがった種は、お散歩のときに入っちゃったのでしょうか。その箇所を読んだとき、なぜかおとぎ話を読んでる気分になりました。でもけっこう目は傷つくことが多いですね。知り合いの犬もほかの犬とじゃれてるとき爪が入って、爪痕の穴が一生残ってました。
オソマトリさんもシバさんも大変でしたね。

緑内障のことは初めて聞きました。ほんとうだー。ネットでちょっと検索すると、ずらーっと体験談が!
有名なことだったんですね。でも初期に気づくのむずかしいですよね。定期健診をしなくてはいけないなんて、なんともしんどいですね。
2011/08/01(Mon) 09:30 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
初めまして
芝崎先生初めまして!
先生の著書4冊、楽しく拝見させていただいてます。
私は、2歳6ヶ月と、生後2ヶ月の女の子二人の母です。
私の楽しみは、子供が寝た後、ベッドサイドの明かりで先生の本を読むこと!
下の子は、昼夜かまわず泣いて授乳しているので、授乳中に読ませていただいたりもしています。
今は「へっぴり紀行」を少しずつ読んでいます。
子供が泣くと、読書は中断させられてしまうのですが、先生の本は、ぱっと開いたところから読んでもOKなので、一気に読めない私にはぴったりです!

マヤ文明は、私が小学生の頃に、ファミコンのソフトで「太陽の神殿~アステカ?」というゲームで初めて知りました。
そのゲームがきっかけで、すごくマヤ文明に興味をもっていたのです。
子供心に、よみがえるジャガー像や、翡翠の仮面を被ったミイラ、いけにえの泉…なにか幻想的な雰囲気に惹かれていたような気がします。
あ、子供が泣きだしたので、この辺で失礼します。
これからも、素敵な作品を期待していますね!
次はどこの国かなぁ。
2011/08/04(Thu) 12:41 | URL  | エミー #-[ 編集]
エミーさまへ
エミーさん、こんにちはー。
こんなとこ見つけてくださって、しかもうれしいコメントもありがとうございます!!
うわー、ちっちゃい女の子、二人!
もちもちしてて、かわいくてかわいくてたまらないでしょうね。
でも一番手がかかるときですね。
そんな大変なときにもへっぴりを読んでくださって、光栄です!
4冊読んでくださってるとは、これまた心からありがたいです~~。

そのアドベンチャーゲームのソフトは、アステカを検索すると、上位に出てくるのでなんだろうと思ってました。エミーさんの解説聞いたら、すごく面白そう!トゥームレーダーみたいなイメージですね。すごくやりたくなってきました。そんなゲームがあったなんて。日本にもアステカ受け入れの土壌があったんですね。それにしては浸透してない……。
次はインカとか、あの辺をやろうと準備しております。またエミーさんにもご覧いただくべく、がんばります!

エミーさん、本当にテンションの上がるコメントをありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願いします!
2011/08/05(Fri) 11:34 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。