上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月28日土曜日、代々木にて中米文明のあれこれをお話してきました。

たまに自分が話してるのを録音するのを聞くと、ガックリします。
いや、もう声質の悪さはもうあきらめてるのですが。それより自分は相当早口のつもりでやってるのに、カタツムリがのたうつようにノメノメとスローモーで……。
これじゃーみんな眠ってしまう、と今回こそはテンポよくしゃべるために、自分が思う以上に数倍高速で話す、を肝に銘じました。

そしたら!
ジョギングしてるかのように息が上がって上がって。
もう、途中で泰葉のように倒れるかと思いました、酸欠で。
だったら、そこからゆっくりしゃべればいいとなるんですが、もう体が形状記憶化しちゃってるからノリが変えられないのです。

それで、皆さんにハァハァ言ってるの完全にバレてると思い、恥ずかしいことこの上なく腰も引けまくり。声も震えてすごいオドオドした人に映ってただろうなーと、恐る恐る録音したのを聞いてみると。

!! 最初から最後まで「怒り狂う人」になってました。
なんで!?

なんというか頭ごなしにみんなをずっと威圧して説教してるような。まるで生徒を罵倒することでハングリー精神を養わせる予備校の鬼講師のようでした。

怖いっ! 
自分とわかってても、新井英樹の絵のような根源的な、何か人間の生理に触れるような怖さ。アステカの恐ろしい姿の女神とか鬼子母神が乗り移ったような。
ヘンに力が入ってるので、カツゼツも悪すぎて、「アゲグガベー、オゲオゲ、ケケーーー」って怪鳥の叫びのようだし。

こんな恐ろしい話しっぷりだったのに、どうしてみんな逃げ出さないのか。というより皆さん、逆に実に温かかった。どういう方たちなんだ。
ずっと笑みを浮かべてうなずいてくださる方がいたり、盛り上げようと、一生懸命質問を捻出して出してくださる方、こっちが言うことド忘れして、わけわかんなくなってムチャぶりしても、ちゃんとスッと対応してくださる方。

いや、でも本当に「なんじゃこりゃー」って、この怪鳥にあきれてた帰った方もたくさんいたと思います。本当に大事なお時間をごめんなさい。

と、自分はこんなひどい有様ではあったんですが、全体的にはすごく楽しかったです。
いろんな人に会えたというコーフンが怪鳥時代の後悔を一瞬で忘れさせてくれました。

何気ない感じで居てくれるカップルがまたも!!(荒ぶる心が幾分リラックス状態に)。
ネット上でいつも笑わせてくれてた人にもついに会えた(切れ者風を想像してたら、フワフワ綿菓子のかわいい人だった)。
ずっとあこがれてた人とそのご家族にもまんまと会えてしまった(大御所作家であられるのに異常な腰の低さ。姉妹の天女といった態)。

会員さんによる旅行報告も皆さん、写真の見せ方や構成を工夫して、すごく面白く語ってくれるもんだから、旅への渇望が高まった(本当に皆さん、話がうまいなー。なんでこんなによどみなくしゃべれるの? 私が低能すぎるのか)。

2次会も知らない人ばかりなのに、ふつうに昔からの知り合いのように会話してくれて。
出不精で人付き合いの苦手な「現代の若者」な私(歳はイってるけどさ)も、会の人たちのフレンドリーさのおかげでワハハワハハと終始大笑いして楽しく過ごせたのでした。本を買って下さった方も、果てしない優しさをありがとうございました。

そしてびっくりしたのが、ブログ見て来てくれた方がいたこと。
まさかそういう人がいるとは。
しかも、ちょっと自慢めいてて、ここから申し訳ないのですが、っていうか、いや、自慢、完全な自慢なんですけど、その方、私の本を持って行って中米を旅してくれたってことなんですよ。
それで、本に出てくるガイドの男に会ったとか、私が恐ろしい目に遭った教会もちゃんとあったとか言ってくれて……。
こんな「書いた者冥利」はありましょうか。
こんな人もいるんだーってもうとにかくびっくりして。

あと研究会の会員さんでもギリシア本を持ってる方がいて、ディテールとかもちゃんと把握してくださってて。
って、本の売り上げから考えて、ここで私の本を持ってる人に会うなんて、風で吹っ飛ばされたコンタクトを渋谷の交差点で見つけるような凄い確率なのですよ。
いや、だから、本当にうれしかった。
というか本当に喜ばせ上手の方たちに会ったというか……。

もしやほかにも来てくださった方がいるのかと思うと、あんな恐ろしい演説をしたことの謝罪を一人ひとりにさせていただきたい気持ちです。
たぶんいないと思いますが、もしそのような方がおられて、ここをご覧いただいたら、とほんの少しの可能性を考え、今日このクドクドと長い文章を書きました。
本当に貴重なお時間をありがとうございました、そしてとにもかくにも申し訳ありませんでした~~。あのあとは、代々木公園の樹々に癒されて、私の吠え声は忘却の彼方へと飛ばされ、おうちに帰るころには気分も良くなっておられることを心より願っております。

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2011/05/30 14:42】 | 日常
トラックバック(0) |


イコン
 きっとシュリーマンは、あんな熱病に震わせられながらトロイの丘に立っていたのだ、、と壇上にいた現代のヘレネを見ながら考えていました。

 しかしヘレネ様 美しさも聡明さも持ち得た貴方様が唯一、お持ちに成られなかったのは 自信、、とか楽観とかではないでしょうか?

みーーーーんな 「今日の例会は凄い人が来てるな  サイン本にももの凄いイラストを書いて貰えて、雨にも負けず来て良かった、、やっぱり芝崎さんと宮澤賢治は大したもんだ!」

、、、て云ってましたよ。  もう、そんな感じで受け止めていたのは、貴方様の中の悪魔ちゃんだけなのだから、 次回はラテンのノリで、カボチャどもよ、女王様のおでましだぞ!  てマドンナみたいな強気で、好きなようにスロースピードで、お話して下さい。

   貴方様の永久のファンより


イコン
熱病、、でなくて熱情でした! I am sorry!

イコンさまへ
芝崎みゆき
あまりにもすごいもの(ヘレネとかシュリーマンとか宮沢賢治)を、持ち出してくださってまで、また温かいお言葉を。
じわーーーっときましたよ。
本当にありがとうございます。
会の前からの励まし、会のときの「フーム」「ホウッ」「へぇ~~~~」という大きなリアクションと数々の質問(最後の高度すぎる質問の答えは、あとで話し合うということでしたが叶いませんでしたね)などなど、ほんとうに全方位からのバックアップありがとうございました。本も買ってくださって汚させていただいたし。加えてこのように最後の最後までアフターフォローを。

イコンさんと会っていろいろお話できて、本当に楽しかったです。
ギリシア正教の芸術話とかゆっくり伺いたいものです。

今度またイコンさんの報告発表など観に行きますね。

ディエゴ・リベラとかそこらへんの評価が日本では低いというご意見、溜飲が下がりました。




ポポ手
ほんとに楽しい講演でしたね~。
私も二次会、行きたかったです。
イコンさんもそうだと思いますが、芝崎さん目当てに集まっていらした方々がまた初対面とは思えないような雰囲気で、たまたま帰り、傘立てのところで一緒になった真矢さんにも、なにやら昔お目にかかったことのあるような親しみを勝手に覚えてしまいました。

関係ない話で恐縮ですが、私は俳優の山口崇さんのファンでもあるのですが、ネットで知り合った崇ファンと崇の三味線の会に伺ったところ、初対面で世代もまるで違うにもかかわらず、音楽などに関しても妙に趣味が合致して、驚いた記憶があります(そういえばその人も絵が得意で、イラストレーターのお仕事もなさっているのです)。

芝崎さんに吸い寄せられる人たちもそんな感じなのかも。
いつか芝崎さんファンばかりで、芝崎さんを囲んで、集えたらなぁ……そんなことを夢見てしまいます。

横レス失礼いたします
Johannes
ポポ手さん、講演会に参加されたんですね。楽しかったそうでよかったです。
芝崎さんを囲む会、いいですねぇ……芝崎さんご本人はもちろんですが、このブログに集まっている方々もそれぞれに個性的で面白そうな人ばかりですもの(除くJohannes)。ブログには来られていない芝崎さんファンの方もきっと同様でしょう。
……などと、参加できなかった羨ましさもあってついつい夢想にふけってしまいました。
ポポ手さん、いきなり絡んですみませんでした。

楽しそう~♪
しろしろ
ご無沙汰しております!

28日、とても盛り上がって楽しそうなご様子、そしてお元気そうなご様子が伝わって、私は参加できなかったのですが、なんだか嬉しいような気持ちです♪

地元神戸をこよなく愛する私ですが、こういうお話を伺うと「うう・・・やっぱり東京いいな・・・」と思ってしまいますよっe-456

いよいよ梅雨入りですが、どうぞご自愛くださいますように。ますますのご活躍を楽しみにしています!(で、なんかのついででいいので神戸にも講演会きてくださーーーい!!)

感動でした
真矢
ポポ手さま、あの場方でお目に掛かれて光栄でした。かなりドキドキしていたので、いろいろ失礼なことしてしまわなかったか気が気ではありません。そして15分後に傘立てで再会…お嬢様、傘引っこ抜いてらっしゃって、同じく抜けなくなって係員さんを二人も呼んでしまった自分に比べ、やはりお若いだけじゃなくて賢くて逞しくていらっしゃる、さすがだわ…と感心いたしました。
本当に、みゆき先生を囲む会ができたら楽しそう。囲む方も囲まれる方もすばらしい方々ばかりで恐縮至極でしょうが、そうなったら一介の主婦である私もお酒の力を借りてブイブイ話に参加したいなあと思います。
みゆき先生、本当に素敵でした!! 全然怖くなかったですよ? だけど本当にみゆき先生なら、何かが乗り移っても不思議はないかも。羽毛の生えたヘビとか。現実は、アルパカみたいに潤んだ大きな目をなさっていて、女神様みたいだなあと、うっとり見とれていました。全国、いや全世界にファンは大勢いますので、これからも頑張ってくださいね!! 
いつの日か、マヤと旅行とお笑いと昭和のテレビと漫画本について、ますますコアなお話が伺える日が来ることを夢見つつ、私も日々戦って参ります!


やっぱり羨ましい
しろ~
仙台駅前の風景は芝崎さんの記憶とさほど変わらないかと思います。
前々から地震が来ると言われてましたので耐震補強されているビルが多く、倒壊なんかはほとんどありませんでした(津波は想定外でした)

2次会にはエキさんも居らしたとの事でますます羨ましいです。

来年こそはメキシコに行きたいです。
ただ、芝崎さんが「あれー」と言っていたティオティワカンがちょっと心配です、だってエジプトのハトシェプスト神殿を見た時の感想は芝崎さんと同じでしたから・・・。

ポポ手さまへ
芝崎みゆき
ポポ手さま……(またそんな普通に……)、そうですよ~、現場でも「2次会行きたいのですが~~」ととても申し訳なさそうに言ってくださって、どこまで気遣いをする方なのかと驚きました。
ほんとうにまさかのご来場、ありがとうございました。本当に胸がつまりました。

知っておりますよーー!! 山口崇ファンであられることは。
ポポ手さんによって、いつの間にか私の中にも崇情報がどんどん蓄積されてきました。長唄とか三味線が達者であられるなんてことも、おそらくポポ手日記を読まなきゃ永遠に知らない情報だったでしょう。タイムショックの悪人風ハンサムの顔からいろんな崇の顔がぐるぐる思い浮かぶようになって困ってます。
ポポ手さんの山口崇さんへの思い、ポーッとなったり、冷静になって分析したり、とかそういう心の動きがかわいすぎます。今、ポポ手日記で、すみません、崇さんにかんするとこだけ検索して、ガガーッと見てたら、さらに面白かった。って、失礼なことばかり申してすみません。

真矢さんにも以前、大昔、寺尾聡が好きだったと教えていただき、大いに盛り上がったことがあります。私もそうやって心揺さぶられる芸能の人が欲しいです。あっ、タカシつながりですが、ヤフーとかのトップ画面に出るセサミンとかいうサプリの広告の、齋藤孝さんの何やら思索する姿にはけっこうドキドキします。ドキドキはそれくらいです。ポポ手さんのように「ドキドキ」の活動家になりたいです。
っていうか、「源氏物語by大塚ひかり訳」の女子読書会とかやりたーいっ!みんな本をちゃんと前日までに読んできて、その日にあーだこーだ、いうヤツです。ミーハーなキャラ話がいっぱいできそうで、考えただけで武者震いが出ます。

Johannesさんへ
芝崎みゆき
いやいや、Johannesさん、ご自身もすんごい個性的でオモシロいですよ! 
ところで、Johannesさんがアステカの神がみのお話をされれば、どれほどみんなもっと興味をもってもらえたか、などとお話が終わった後、ずっともやもやと妄想してました。

しろしろさまへ
芝崎みゆき
ぎょぎょっ!! しろしろさま、お久しぶりです!
お元気そうでよかった。
ここも見てくださってありがとうございますー。
そちらのじめじめはどうですか? まだかな。
だいぶ前、そう、ちょうど6月に神戸行ったときは滝のように汗をダラダラダラダラ流しました。
もあ~~~っとして、関西で一番暑く湿度も高かったように感じました。

またぜひ神戸に行ってマドレーヌとかパンとか食べ散らかしたいです。
しろしろさまもじめじめやカビなどに負けず、楽しく梅雨を乗り切ってくださいね。

真矢さまへ
芝崎みゆき
傘のところで、そんなことがあったのですね。
いいな~~。
ワーイ! アルパカ! すみません~~、いろいろいたわっていただいて、私たちの好きな動物までも!(真矢さんはラクダでしたよね)
本当に飲み会やりたいですねーー。特に昭和のテレビと漫画本がいいですね!! あと、好きな本持ち寄りの会とか。 
絶対いつかやりましょうよぅーー。

しろ~さまへ
芝崎みゆき
地震の直接的な被害はそんなにひどくなかったのですね。中心部が変わらなくてよかったです。海岸沿いの映像は本当に恐ろしく、思い出すと恐怖で吐き気がします……。

うわっ! エキさんを知ってるなんて、本、読み込んでくださってる!
ありがとうございますーーー。エキも草葉の陰で喜んでることでしょう。

しろ~さんはメキシコはまだ行かれてないのですね。はは~ん(先輩面)。
というか、メキシコ旅行本のほうもしっかり読んでくださってありがとうございます!

うーん、テオティワカンはいいのですけどね~、私、一番感動の少ない入口(ケツァルコアトル神殿に近い入口①)から入ったせいのような気もします。その入り口から行くと、なんか風景がしんみりしてる上に、そのくせ人口は異常に集中してるのです。それでイライラも募り……。
月の神殿に近い入口③あたりから行ったほうがいきなりドドーンとした風景が迫ってきていいのかもしれません(そっちも人口密度はより高いですが)。
ハトシェプスト、やったー。同じ意見!!
私は本当に「別に」って感じだったのですけど、エキは異常に感動して、ルクソールで一番よかったとまで言ってました。そういってる人に何人にも会いました。
人の好みって本当にそれぞれですよねー.

聞けば聞くほど
のりちゃん
羨ましいです!
旅行にしてもなんにしても、
「あそこはこうだった。ここはどうだった」
「わかる、それにあのポイントは……」
「そうそう!」
と、感動を分かち合えると楽しさが倍増しますもんね。

誰かが自分と同じものを見、同じことを感じたと知ると、その人もその場所も愛おしくなります。

この集まりなら、そういう体験がしまくれそうです(#^.^#)

ルクソールといえば
しろ~
王家の谷でしょう~
芝崎さんはツタンカーメンの王墓でうるさい外野に囲まれて大変だったようですが、私は幸運にも1人で満喫できました。

というのも、現地ツアーに参加したんですが、ガイドさんからツタンカーメンは別料金だよと言われると、同行していたヨーロッパ人達は「高い」だの「たかがミイラだろ」などとほざきおって結局私1人だけで見てきました。

いったいこの人達は何しに此処まで来たんだろうと思いましたが、おかげでゆっくりと旅情に浸ることが出来ました。

次の講演では是非エジプトの事なんかもお話してください。

ありがとうございました。
ほーりー
講演会に参加させいただきました。
漠然と「中南米に行きたい!」という思いだけを抱いていたのですが、芝崎さんのお話を聴いて更にメキシコに興味を持てたし、楽しみが増えました。おじさん探しとか!

講演も楽しかったです。
語尾に「ねっ!」がつくのがかわいくて、途中からツボにはまってしまい笑ってました。

あと、芝崎さんとご一緒していた綺麗な女性に喫煙所を教えていただきました。ありがとうございます。

のりちゃんさんへ
芝崎みゆき
のりちゃんこんにちは。そうなんですよ。楽しいのはわかっていたのですが、それでも思ったのの100倍くらい楽しかったのです。
旅行行くと、やっぱりその中の面白かったことを言いたかったり、共感しあったりしたいですよね。でも全く興味ない人に言っても温度差感じてむなしくなるだけ……。
だから、行ったとこの細かい話が通じたり、いろんなとこに行きたいと思えて本当テンション上がりました。
大阪でもたまにやってるみたいなんで、のりちゃんも時間合えば覗いてみてください

しろ~さまへ
芝崎みゆき
そうですよ! ぜったい王家の谷ですよねーーー。
わーい、しろ~さんとは好みがかなり一致するようです。
ほんとうにあの漠とした荒涼な風景。
それに加え、一つ一つ入っていくあの冒険気分。
本当に全部の墓、見たかったですよ~~(特にセティ1世)
しかもなんですか、ヨーロッパの方々は!
ツタンカーメン見ずして、ハワード・カーターの奮闘の結果を見ずして、帰るなんて!
まぁたしかに小さいし、壁画もざっと見て終わるシンプルなものですが、それでももう本当にじ~~~んとしてしますよね。
いろいろ思い出しますねー。

ほーりーさまへ
芝崎みゆき
ひーー、あんな無様な姿をお見せしまして、いやはや初対面であれとは、本当にお恥ずかしいです。
そうなんですよ、「ねっ」問題!!
その「綺麗な」(?)友だちにも「『ねっ』て何――!? ぎゃははは」って笑われ、何度も真似されてゲゲっと思って、自分でも録音を聞いて「なんだよ、この『ねっ』は! これじゃーマギー司郎じゃないかぁあああ!!」って、顔から火が吹き出ました。でも友だちと自分だけしかわからないと思いきや……、こりゃあ―全員に気づかれてますね。はーもうはずかしい。
とそんな自意識過剰話はさておいて、ほーりーさんは旅行研究会の方なのですか? お気遣いくださってコメントまでありがとうございます。おそらく、とてもお若い、窓際のほうの方ではないでしょうか。
「綺麗」(しつこいが「?」)な友人も、「大学生くらいのイケメンに喫煙所のありかを教えた」とその日に浮かれて言ってたから、おそらくそうかと。友人もほーりーさんのお気遣いコメントに、草葉の陰で喜んでることでしょう(3分前に、このコメント欄を見ろ、とメールしてやりました)
ほーりーさんの中南米の旅が素晴らしいモノになるのを祈ってます。何かちょっとした旅の疑問とか出てきましたら、お気軽にお尋ねくださいね(先輩ぶりたいのです)。


ほーりー
「ねっ!」はね、直さなくてもね、いいとね、思います♪
旅行研究会ではないです。
mixiで興味を惹く講演会があったので、逃すまいと参加させていただきました。
そうです!窓際でひっそり聴いてました。

本を購入して、イラストやサインを頂きたかったのですが手持ちが足りず、泣く泣く帰りました。

何かありましたらまたコメントさせて頂きます。ありがとうございます。
お二人とも「綺麗」です‼

ほーりーさまへ
芝崎みゆき
ほーりーさんのね、全方面へのご配慮にね、すっかりね、テンションあがってね、綺麗なね、友だちとね、飲みに行ってしまいましたよー♪

イヤー、本当、ほーりーさん、メキシコ人以上のサービス精神です。

今日一日、いい日でしたー。
綺麗な友人も身をよじらせて喜んでましたーー。

「ねっ」とか使ってくれるところもすばらしすぎ!  謎かげんも絶妙――!

こんなに気分良くしていただいて、ほんとうにほんとうにありがとうございまーすっ!



こちらでまとめてしまいました
Johannes
王家の谷! そうそう、私が行った時は~……って、ああやっぱり皆さんと直接お会いしてお話ししたい飲み会したい~!
ところで、私がアステカの神様の話をしたらそれこそグダグダになってしまいますよ、お題は違ったけど卒論発表会もひどかったし。いやそれより、私の語りじゃ人の興味を引けないのはウチの独り言ブログの惨状をご覧になれば一目瞭然じゃないですか。
話は変わりますが、大塚美術館には礼拝堂とかの原寸大レプリカがありますよ。美術館全体はかなり広いので、じっくり見たら1日掛かりそうです。私たちは辿り着くまでに時間が掛かってしまったからあまり見られなくて、だからもう一度行きたいけど、高いのが……。

Johannesさんへ
芝崎みゆき
本当! 王家の谷の話とか延々したいですねー! あと神がみのバカさ加減やら、かわいらしさ加減などなどを……。永遠に終わらなさそう。
いやいや、Johannesブログ、多くのアステカファンに本当に役立ってますよ。私には難しすぎるマニアックな質問にもきちんと対応しておられて。原文を訳したり、検証してくれたり、本当に我々少ないですけどメソアメリカファンには、堤防を守ったオランダの少年のようにありがたい存在です。卒論のテーマは何だったんだろう、おそらくそれも完璧主義で丹念に調べ上げたものなのでしょうね。

大塚美術館そんなに広いんですねー。レプリカなのに、そんな値段とは……、と思ってましたが、東武ワールドスクウェアみたいなテーマパークと思って行くと、そんなに高く感じないのかも。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 きっとシュリーマンは、あんな熱病に震わせられながらトロイの丘に立っていたのだ、、と壇上にいた現代のヘレネを見ながら考えていました。

 しかしヘレネ様 美しさも聡明さも持ち得た貴方様が唯一、お持ちに成られなかったのは 自信、、とか楽観とかではないでしょうか?

みーーーーんな 「今日の例会は凄い人が来てるな  サイン本にももの凄いイラストを書いて貰えて、雨にも負けず来て良かった、、やっぱり芝崎さんと宮澤賢治は大したもんだ!」

、、、て云ってましたよ。  もう、そんな感じで受け止めていたのは、貴方様の中の悪魔ちゃんだけなのだから、 次回はラテンのノリで、カボチャどもよ、女王様のおでましだぞ!  てマドンナみたいな強気で、好きなようにスロースピードで、お話して下さい。

   貴方様の永久のファンより
2011/05/30(Mon) 17:58 | URL  | イコン #-[ 編集]
熱病、、でなくて熱情でした! I am sorry!
2011/05/30(Mon) 18:22 | URL  | イコン #-[ 編集]
イコンさまへ
あまりにもすごいもの(ヘレネとかシュリーマンとか宮沢賢治)を、持ち出してくださってまで、また温かいお言葉を。
じわーーーっときましたよ。
本当にありがとうございます。
会の前からの励まし、会のときの「フーム」「ホウッ」「へぇ~~~~」という大きなリアクションと数々の質問(最後の高度すぎる質問の答えは、あとで話し合うということでしたが叶いませんでしたね)などなど、ほんとうに全方位からのバックアップありがとうございました。本も買ってくださって汚させていただいたし。加えてこのように最後の最後までアフターフォローを。

イコンさんと会っていろいろお話できて、本当に楽しかったです。
ギリシア正教の芸術話とかゆっくり伺いたいものです。

今度またイコンさんの報告発表など観に行きますね。

ディエゴ・リベラとかそこらへんの評価が日本では低いというご意見、溜飲が下がりました。

2011/05/31(Tue) 01:26 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ほんとに楽しい講演でしたね~。
私も二次会、行きたかったです。
イコンさんもそうだと思いますが、芝崎さん目当てに集まっていらした方々がまた初対面とは思えないような雰囲気で、たまたま帰り、傘立てのところで一緒になった真矢さんにも、なにやら昔お目にかかったことのあるような親しみを勝手に覚えてしまいました。

関係ない話で恐縮ですが、私は俳優の山口崇さんのファンでもあるのですが、ネットで知り合った崇ファンと崇の三味線の会に伺ったところ、初対面で世代もまるで違うにもかかわらず、音楽などに関しても妙に趣味が合致して、驚いた記憶があります(そういえばその人も絵が得意で、イラストレーターのお仕事もなさっているのです)。

芝崎さんに吸い寄せられる人たちもそんな感じなのかも。
いつか芝崎さんファンばかりで、芝崎さんを囲んで、集えたらなぁ……そんなことを夢見てしまいます。
2011/05/31(Tue) 12:05 | URL  | ポポ手 #J7nTh0B2[ 編集]
横レス失礼いたします
ポポ手さん、講演会に参加されたんですね。楽しかったそうでよかったです。
芝崎さんを囲む会、いいですねぇ……芝崎さんご本人はもちろんですが、このブログに集まっている方々もそれぞれに個性的で面白そうな人ばかりですもの(除くJohannes)。ブログには来られていない芝崎さんファンの方もきっと同様でしょう。
……などと、参加できなかった羨ましさもあってついつい夢想にふけってしまいました。
ポポ手さん、いきなり絡んですみませんでした。
2011/05/31(Tue) 14:03 | URL  | Johannes #QjzkEOgs[ 編集]
楽しそう~♪
ご無沙汰しております!

28日、とても盛り上がって楽しそうなご様子、そしてお元気そうなご様子が伝わって、私は参加できなかったのですが、なんだか嬉しいような気持ちです♪

地元神戸をこよなく愛する私ですが、こういうお話を伺うと「うう・・・やっぱり東京いいな・・・」と思ってしまいますよっe-456

いよいよ梅雨入りですが、どうぞご自愛くださいますように。ますますのご活躍を楽しみにしています!(で、なんかのついででいいので神戸にも講演会きてくださーーーい!!)
2011/05/31(Tue) 14:31 | URL  | しろしろ #r0tW5L2E[ 編集]
感動でした
ポポ手さま、あの場方でお目に掛かれて光栄でした。かなりドキドキしていたので、いろいろ失礼なことしてしまわなかったか気が気ではありません。そして15分後に傘立てで再会…お嬢様、傘引っこ抜いてらっしゃって、同じく抜けなくなって係員さんを二人も呼んでしまった自分に比べ、やはりお若いだけじゃなくて賢くて逞しくていらっしゃる、さすがだわ…と感心いたしました。
本当に、みゆき先生を囲む会ができたら楽しそう。囲む方も囲まれる方もすばらしい方々ばかりで恐縮至極でしょうが、そうなったら一介の主婦である私もお酒の力を借りてブイブイ話に参加したいなあと思います。
みゆき先生、本当に素敵でした!! 全然怖くなかったですよ? だけど本当にみゆき先生なら、何かが乗り移っても不思議はないかも。羽毛の生えたヘビとか。現実は、アルパカみたいに潤んだ大きな目をなさっていて、女神様みたいだなあと、うっとり見とれていました。全国、いや全世界にファンは大勢いますので、これからも頑張ってくださいね!! 
いつの日か、マヤと旅行とお笑いと昭和のテレビと漫画本について、ますますコアなお話が伺える日が来ることを夢見つつ、私も日々戦って参ります!
2011/05/31(Tue) 14:37 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
やっぱり羨ましい
仙台駅前の風景は芝崎さんの記憶とさほど変わらないかと思います。
前々から地震が来ると言われてましたので耐震補強されているビルが多く、倒壊なんかはほとんどありませんでした(津波は想定外でした)

2次会にはエキさんも居らしたとの事でますます羨ましいです。

来年こそはメキシコに行きたいです。
ただ、芝崎さんが「あれー」と言っていたティオティワカンがちょっと心配です、だってエジプトのハトシェプスト神殿を見た時の感想は芝崎さんと同じでしたから・・・。
2011/05/31(Tue) 16:01 | URL  | しろ~ #-[ 編集]
ポポ手さまへ
ポポ手さま……(またそんな普通に……)、そうですよ~、現場でも「2次会行きたいのですが~~」ととても申し訳なさそうに言ってくださって、どこまで気遣いをする方なのかと驚きました。
ほんとうにまさかのご来場、ありがとうございました。本当に胸がつまりました。

知っておりますよーー!! 山口崇ファンであられることは。
ポポ手さんによって、いつの間にか私の中にも崇情報がどんどん蓄積されてきました。長唄とか三味線が達者であられるなんてことも、おそらくポポ手日記を読まなきゃ永遠に知らない情報だったでしょう。タイムショックの悪人風ハンサムの顔からいろんな崇の顔がぐるぐる思い浮かぶようになって困ってます。
ポポ手さんの山口崇さんへの思い、ポーッとなったり、冷静になって分析したり、とかそういう心の動きがかわいすぎます。今、ポポ手日記で、すみません、崇さんにかんするとこだけ検索して、ガガーッと見てたら、さらに面白かった。って、失礼なことばかり申してすみません。

真矢さんにも以前、大昔、寺尾聡が好きだったと教えていただき、大いに盛り上がったことがあります。私もそうやって心揺さぶられる芸能の人が欲しいです。あっ、タカシつながりですが、ヤフーとかのトップ画面に出るセサミンとかいうサプリの広告の、齋藤孝さんの何やら思索する姿にはけっこうドキドキします。ドキドキはそれくらいです。ポポ手さんのように「ドキドキ」の活動家になりたいです。
っていうか、「源氏物語by大塚ひかり訳」の女子読書会とかやりたーいっ!みんな本をちゃんと前日までに読んできて、その日にあーだこーだ、いうヤツです。ミーハーなキャラ話がいっぱいできそうで、考えただけで武者震いが出ます。
2011/06/01(Wed) 01:36 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
Johannesさんへ
いやいや、Johannesさん、ご自身もすんごい個性的でオモシロいですよ! 
ところで、Johannesさんがアステカの神がみのお話をされれば、どれほどみんなもっと興味をもってもらえたか、などとお話が終わった後、ずっともやもやと妄想してました。
2011/06/01(Wed) 01:41 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
しろしろさまへ
ぎょぎょっ!! しろしろさま、お久しぶりです!
お元気そうでよかった。
ここも見てくださってありがとうございますー。
そちらのじめじめはどうですか? まだかな。
だいぶ前、そう、ちょうど6月に神戸行ったときは滝のように汗をダラダラダラダラ流しました。
もあ~~~っとして、関西で一番暑く湿度も高かったように感じました。

またぜひ神戸に行ってマドレーヌとかパンとか食べ散らかしたいです。
しろしろさまもじめじめやカビなどに負けず、楽しく梅雨を乗り切ってくださいね。
2011/06/01(Wed) 01:53 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
真矢さまへ
傘のところで、そんなことがあったのですね。
いいな~~。
ワーイ! アルパカ! すみません~~、いろいろいたわっていただいて、私たちの好きな動物までも!(真矢さんはラクダでしたよね)
本当に飲み会やりたいですねーー。特に昭和のテレビと漫画本がいいですね!! あと、好きな本持ち寄りの会とか。 
絶対いつかやりましょうよぅーー。
2011/06/01(Wed) 01:57 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
しろ~さまへ
地震の直接的な被害はそんなにひどくなかったのですね。中心部が変わらなくてよかったです。海岸沿いの映像は本当に恐ろしく、思い出すと恐怖で吐き気がします……。

うわっ! エキさんを知ってるなんて、本、読み込んでくださってる!
ありがとうございますーーー。エキも草葉の陰で喜んでることでしょう。

しろ~さんはメキシコはまだ行かれてないのですね。はは~ん(先輩面)。
というか、メキシコ旅行本のほうもしっかり読んでくださってありがとうございます!

うーん、テオティワカンはいいのですけどね~、私、一番感動の少ない入口(ケツァルコアトル神殿に近い入口①)から入ったせいのような気もします。その入り口から行くと、なんか風景がしんみりしてる上に、そのくせ人口は異常に集中してるのです。それでイライラも募り……。
月の神殿に近い入口③あたりから行ったほうがいきなりドドーンとした風景が迫ってきていいのかもしれません(そっちも人口密度はより高いですが)。
ハトシェプスト、やったー。同じ意見!!
私は本当に「別に」って感じだったのですけど、エキは異常に感動して、ルクソールで一番よかったとまで言ってました。そういってる人に何人にも会いました。
人の好みって本当にそれぞれですよねー.
2011/06/01(Wed) 02:05 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
聞けば聞くほど
羨ましいです!
旅行にしてもなんにしても、
「あそこはこうだった。ここはどうだった」
「わかる、それにあのポイントは……」
「そうそう!」
と、感動を分かち合えると楽しさが倍増しますもんね。

誰かが自分と同じものを見、同じことを感じたと知ると、その人もその場所も愛おしくなります。

この集まりなら、そういう体験がしまくれそうです(#^.^#)
2011/06/01(Wed) 07:55 | URL  | のりちゃん #fadu0ytA[ 編集]
ルクソールといえば
王家の谷でしょう~
芝崎さんはツタンカーメンの王墓でうるさい外野に囲まれて大変だったようですが、私は幸運にも1人で満喫できました。

というのも、現地ツアーに参加したんですが、ガイドさんからツタンカーメンは別料金だよと言われると、同行していたヨーロッパ人達は「高い」だの「たかがミイラだろ」などとほざきおって結局私1人だけで見てきました。

いったいこの人達は何しに此処まで来たんだろうと思いましたが、おかげでゆっくりと旅情に浸ることが出来ました。

次の講演では是非エジプトの事なんかもお話してください。
2011/06/01(Wed) 14:09 | URL  | しろ~ #-[ 編集]
ありがとうございました。
講演会に参加させいただきました。
漠然と「中南米に行きたい!」という思いだけを抱いていたのですが、芝崎さんのお話を聴いて更にメキシコに興味を持てたし、楽しみが増えました。おじさん探しとか!

講演も楽しかったです。
語尾に「ねっ!」がつくのがかわいくて、途中からツボにはまってしまい笑ってました。

あと、芝崎さんとご一緒していた綺麗な女性に喫煙所を教えていただきました。ありがとうございます。
2011/06/01(Wed) 14:26 | URL  | ほーりー #-[ 編集]
のりちゃんさんへ
のりちゃんこんにちは。そうなんですよ。楽しいのはわかっていたのですが、それでも思ったのの100倍くらい楽しかったのです。
旅行行くと、やっぱりその中の面白かったことを言いたかったり、共感しあったりしたいですよね。でも全く興味ない人に言っても温度差感じてむなしくなるだけ……。
だから、行ったとこの細かい話が通じたり、いろんなとこに行きたいと思えて本当テンション上がりました。
大阪でもたまにやってるみたいなんで、のりちゃんも時間合えば覗いてみてください
2011/06/01(Wed) 16:50 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
しろ~さまへ
そうですよ! ぜったい王家の谷ですよねーーー。
わーい、しろ~さんとは好みがかなり一致するようです。
ほんとうにあの漠とした荒涼な風景。
それに加え、一つ一つ入っていくあの冒険気分。
本当に全部の墓、見たかったですよ~~(特にセティ1世)
しかもなんですか、ヨーロッパの方々は!
ツタンカーメン見ずして、ハワード・カーターの奮闘の結果を見ずして、帰るなんて!
まぁたしかに小さいし、壁画もざっと見て終わるシンプルなものですが、それでももう本当にじ~~~んとしてしますよね。
いろいろ思い出しますねー。
2011/06/01(Wed) 16:54 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ほーりーさまへ
ひーー、あんな無様な姿をお見せしまして、いやはや初対面であれとは、本当にお恥ずかしいです。
そうなんですよ、「ねっ」問題!!
その「綺麗な」(?)友だちにも「『ねっ』て何――!? ぎゃははは」って笑われ、何度も真似されてゲゲっと思って、自分でも録音を聞いて「なんだよ、この『ねっ』は! これじゃーマギー司郎じゃないかぁあああ!!」って、顔から火が吹き出ました。でも友だちと自分だけしかわからないと思いきや……、こりゃあ―全員に気づかれてますね。はーもうはずかしい。
とそんな自意識過剰話はさておいて、ほーりーさんは旅行研究会の方なのですか? お気遣いくださってコメントまでありがとうございます。おそらく、とてもお若い、窓際のほうの方ではないでしょうか。
「綺麗」(しつこいが「?」)な友人も、「大学生くらいのイケメンに喫煙所のありかを教えた」とその日に浮かれて言ってたから、おそらくそうかと。友人もほーりーさんのお気遣いコメントに、草葉の陰で喜んでることでしょう(3分前に、このコメント欄を見ろ、とメールしてやりました)
ほーりーさんの中南米の旅が素晴らしいモノになるのを祈ってます。何かちょっとした旅の疑問とか出てきましたら、お気軽にお尋ねくださいね(先輩ぶりたいのです)。
2011/06/01(Wed) 17:00 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
「ねっ!」はね、直さなくてもね、いいとね、思います♪
旅行研究会ではないです。
mixiで興味を惹く講演会があったので、逃すまいと参加させていただきました。
そうです!窓際でひっそり聴いてました。

本を購入して、イラストやサインを頂きたかったのですが手持ちが足りず、泣く泣く帰りました。

何かありましたらまたコメントさせて頂きます。ありがとうございます。
お二人とも「綺麗」です‼
2011/06/01(Wed) 17:49 | URL  | ほーりー #-[ 編集]
ほーりーさまへ
ほーりーさんのね、全方面へのご配慮にね、すっかりね、テンションあがってね、綺麗なね、友だちとね、飲みに行ってしまいましたよー♪

イヤー、本当、ほーりーさん、メキシコ人以上のサービス精神です。

今日一日、いい日でしたー。
綺麗な友人も身をよじらせて喜んでましたーー。

「ねっ」とか使ってくれるところもすばらしすぎ!  謎かげんも絶妙――!

こんなに気分良くしていただいて、ほんとうにほんとうにありがとうございまーすっ!

2011/06/02(Thu) 01:52 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
こちらでまとめてしまいました
王家の谷! そうそう、私が行った時は~……って、ああやっぱり皆さんと直接お会いしてお話ししたい飲み会したい~!
ところで、私がアステカの神様の話をしたらそれこそグダグダになってしまいますよ、お題は違ったけど卒論発表会もひどかったし。いやそれより、私の語りじゃ人の興味を引けないのはウチの独り言ブログの惨状をご覧になれば一目瞭然じゃないですか。
話は変わりますが、大塚美術館には礼拝堂とかの原寸大レプリカがありますよ。美術館全体はかなり広いので、じっくり見たら1日掛かりそうです。私たちは辿り着くまでに時間が掛かってしまったからあまり見られなくて、だからもう一度行きたいけど、高いのが……。
2011/06/03(Fri) 18:03 | URL  | Johannes #QjzkEOgs[ 編集]
Johannesさんへ
本当! 王家の谷の話とか延々したいですねー! あと神がみのバカさ加減やら、かわいらしさ加減などなどを……。永遠に終わらなさそう。
いやいや、Johannesブログ、多くのアステカファンに本当に役立ってますよ。私には難しすぎるマニアックな質問にもきちんと対応しておられて。原文を訳したり、検証してくれたり、本当に我々少ないですけどメソアメリカファンには、堤防を守ったオランダの少年のようにありがたい存在です。卒論のテーマは何だったんだろう、おそらくそれも完璧主義で丹念に調べ上げたものなのでしょうね。

大塚美術館そんなに広いんですねー。レプリカなのに、そんな値段とは……、と思ってましたが、東武ワールドスクウェアみたいなテーマパークと思って行くと、そんなに高く感じないのかも。
2011/06/04(Sat) 19:26 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。