よく芸人がネタにしてることで、「○○さんのファンはクラスで私1人しかいません。ほかの人はみんな△△が好きで、私が○○さんのことを好きだって言うと、『クソも面白くないし、ブサイクなのになんで?』と引かれます」的な要らん情報を言ってくる人がいるって話。

私も毎回、何かと要らん情報を放りこんでくる人が、何人かいます(知り合いに。読者の方ではありませんよ)。
やたら連絡くれるし、人一倍私のことを気にかけてる風なことを言い、なにしろデフォルトはいい人でありたい様子。

善意にあふれるようなメールもくれるんだけど、その文章中に、ふつう、それ省くだろう、っていうような事柄を、ちょいちょい織り込んでくるんですよねー。

「このあいだの飲み会、盛り上がったよ。芝崎さん、来なくて残念。いろいろ話は出たけど、芝崎さんの話は1つも出なかったよ。なんでだろうね」
というような。

たとえば本のことも
「売れてないようですね。やっぱりあーいう形態がダメだったんですかね。この前ネットで悪口見つけちゃいました。URLは~~~です。このように悪く言う人はたくさんいるだろうけど、私は頑張って書いて偉いと思いますし、だれよりも応援してます」

てな具合に、イヤ~~な感じのことをすべり込ませるのだ。

これが悪意なのか天然なのか判別つかぬところもあり、ムカつきを表すわけにもいかず。
しかも、すごいなーと思って、なんだかんだ私も面白がってるところもあり。
で~もっ、やっぱりイラッときて健康にもよろしくないので、徐々に遠のく努力をするのだった。

それにしても、もし天然でやってるなら、「こういうこと言うと人にいやな思いをさせるから嫌われますよ。コミュニケーション、ヘタすぎですよ。誤解されますよ」とかって、今までのこの人の人生中、誰か言ってやる人はいなかったのかねー、と思ってしまう。

――などと、ユーラシア旅行社のパンフレットの1月号で、古代エジプト人の、3000年以上残る「悪意の痕跡」を記事に織り込んでみたので、それにかこつけて、日頃首をかしげてる悪意(?)の愚痴をこぼしてみました。

1月号
とっくに今月前半に配布されてる『EURASIA』1月号
連載はこれを入れてあと1回でーす。


ツアー情報が満載の、充実のパンフレットです。マニアックなツアーもたくさん。
びっくり! 北極点ツアーさえあります。
パンフレットのお申し込みはこちらから。もちろん無料。

◆◆◆◆◆◆◆

話変わって、それにしてもM-1! スリムクラブの出現にテンション上がりまくり。
放送事故ギリギリのあの間(ま)、すんごいつり橋効果。
言葉の選択センスもスバラシーーー。
録画してるの何回も何回も見たけど、まだまだずっと笑える。

それにしても今回で終わりとは……。
第1回目から、必ずリアルタイムで見ていたのは、この番組だけ(どんだけわたしもヒマなのか)。
はー、さびしくなりますね。

【2010/12/27 02:18】 | 日常
トラックバック(0) |

天然としても
のりちゃん
「悪い天然」ですよね(笑)

別によく観察しているわけじゃないので、はずれているかもしれませんが、「天然」にも、
「他人のマイナス部分にばっかり注目してしまう天然」
と、
「他人のすごいところばっかり目について、誰のことも尊敬してしまう天然」
がいてはる気がします。

いくら天然さんでも、前者の場合は、他人を尊敬してない人だから、こちらも尊敬できないですよね。
そして後者は、たとえとんでもなく間抜けな発言を連発している人でも、自然に頭が下がってしまう。

他人に敬意を持てる人は愛され、敬意を持てない人は嫌われる。
それは天然であろうがそうでなかろうが同じかなぁと思います。

別にこじつけるわけではないですが、漫才にも「他人に対して敬意のあるネタ」と、「他人をバカにするネタ」がありますよね(笑)

きっと
mr.goodmusic
その方は、芝崎さんにかまってもらいたいのではないのでしょうか?人の気を引くのってけっこう難しいですよね。誤解されたり、逆効果だったり。テンポがいいだけがいい漫才じゃないように,人の心をひきつけるのにも才能が必要なんですね。 あのスリムクラブの大きい方は「エンタの神様」にフランチェンとして出ていた方ですよね?あの間は癖になりそうで今後がたのしみです。

恐るべし、スリムクラブ
真矢
スリムクラブ~! う~ん、自分には微妙でした。未知数ですね。昔田舎にいた、ああいう紙一重の親戚とか思い出しまして、そのおじちゃんは訛っている上に更に滑舌悪かったので、何言っているか半分以上不明だったんですけど、その場で笑っていいのか泣いていいのか分からなくなった幼児期の戸惑い感覚を思い出させる不思議な二人組でした(今思うと、笑って良かったんだな!)。

今回は、自分の体調などもあったのかもしれませんが、例年ほど腹を抱えて笑えず(特に決勝)、何となく消化不良のM1でした。が、みゆきさんの感想、もっと伺いたいです。

……あとお友達。天然じゃないと思います、それ(怒)。スリムクラブじゃないけれど、それこそ「ちょっと、逆の立場になって考えて」って言いたくなりますね。あ、でも「民主党ですか?」「民主党にもいませんよ?」には確かに力が抜けました。ひょっとして今回他の出場者が今ひとつだった理由は、やつらにテンポを乱されたってのがあるのかも……。


あるある
K
はじめまして、芝崎さんの書籍は全部読ませていただいている読者です。
楽しく考古学を勉強できて、とても助かっています。
これからも応援しています。

あと、要らん情報を放りこんでくる人ですが、います・・・いますよそういう方。
私のところにも、何故だかよくわからないけど私のところにやってきて上から目線で説教して去っていく・・・という方がいます。
なんていうか、こういう人って自分がいかに幸せかを実感したくて人の欠点をあげつらねているのと、あとは話を聞いてくれそうな人が周りにいないかまってちゃんなんだろうなぁ・・と思っています。
本当、そんな方のせいでストレスためたくないですよね。お互い距離おけるようがんばりましょう!

いろいろ考えさせられる…
Johannes
ああ、「なんでわざわざそれを言うか」みたいな……。
私が特に引っかかったのは、「私は…だれよりも応援してます」というくだりです。何と言うか、「悪口を言ったり無視したりする人が多いのに、応援してあげられる私って優しいよね!」みたいな印象を受けました。そして多分、大事なのは「だれよりも応援している私」なので、言われた相手がどう感じるかは実はさほど重要じゃないんじゃないかな、と……本人はその辺の自覚はあまり無いかもしれませんが。
とまぁ、私はこんな風に想像してしまいました。

ところで、スリムクラブってフランチェンの人達でしたか!
あのネタは結構好きだったんですけど、お笑い番組もこのところあまり見てなくてM-1も見られなかったので、「あーなんか惜しいことしたなー」な気分であります。最後と聞くとなおのこと。

のりちゃんさんへ
芝崎みゆき
のりちゃんさん、こんにちはーー。
いつも鋭い考察ありがとうございます。
まさに! のりちゃんがたびたび指摘されてる「敬意」の問題ですよねー。

「敬意」、本当に大事ですよねー。
こののりちゃんの「好かれる天然」は生まれ持っての「愛嬌」ですよね。
今ぱっとウドちゃんのことが思い浮かびました。

と、私も「他人のマイナス部分ばかりに注目してしまう」輩なので、気をつけなきゃ、と思います。

mr. good musicさまへ
芝崎みゆき
いつもわかりやすいたとえで、気持ちを明るい方向に向けてくださって、ありがとうございます。
たしかに人の気を引くのって難しいですよね。礼儀正しくイエスばっかり言ってても、心を響かせられないですね。

「エンタの神さま」に出てたんですね(さすがですね! 情報ありがとうございます)。フランチェン、画像見たら、あぁこんな人いたなーってうっすらと思い出したのですけど、後半の「エンタ」をテキトーに見てたせいか、どういうネタだったのか一切思い出せず。
深夜、テレ東でやってる「板尾ロマン」っていうのにも出てますよね。ちょっと前に初めて見てすごい印象に残ってたんですよね。なんか即興でコントやらされてたけど、即興の割にはすごくうまくって笑いました。でもフランチェンじゃない人は覚えてなかったです。あの人だってあんなに特徴あるわかりやすい顔してるのに。
ネタをいっぱい見たいですね。


真矢さまへ
芝崎みゆき
スリムクラブ! たしかにそう。もし私も体調悪かったり、余裕ないとき見ると、「は~~~~?」かも。 もしくはM-1のあの会場の緊張と高揚が生んだ幻なのでは、とさえ思えます。
それくらいのギリギリ感あふれたものでしたよねーー。私も紳助じゃないけど、たまたま面白かったのか、次も面白いのか確かめたいです。
何年か前のR-1グランプリで芋洗坂係長を初めて観て「サイコ―に面白い」とトリコになり、散々周りの人にも言いまくってたことがあったのですよ。でもその後、何度か見るうちに「あれ?」ってなっちゃって……。だから、まだまだわからないですよねー。

決勝戦は、真矢さんのようになんかモヤモヤした気持ちが残りました。去年のパンクブーブー、いつだかのブラマヨ、サンドイッチマン、アンタッチャブルのときのように、「やった―」って快哉を叫びたくなるような終わり方ではなかったですよね。

今回は、真矢さんもご指摘の「民主党にもいませんよ」というあのイタリア人顔のツッコミ(?)が一番へなへなになって笑いました。
あと「生活」とか「放射能」「説明会」「高い教育」「よくない目」など、語の面白さ(音も含んでの)で、どんどん(今田言うところの)心もってかれる状態に。
あと、記憶に残るのは銀シャリの「ただただ無機質な歌やからな」。
銀シャリは、それまではあのベタベタさ(ワザとにしても)が受け入れられなかったんですけど、今回でちょっと好きになりました。
あとは松本さんの「いろいろ考えてくれはってる」コメントに毎回にやにやしました。
真矢さんは今回、誰がよかったですか?

それにしても真矢さんの、その幼きときの思い出。なんか文学の香りすら漂うし、しかもちょっといい話だーー。

やっぱり天然じゃないですかねー。(怒)マークありがとうございます。
本当文面だけだと悪意ビシビシなんですが、でも天真爛漫な感じでもあるんですよねー。しかも本当にそういう報告がいいことだと思ってるフシで。
逆の立場に立ってくれても「うん、いい報告もらった」とか思いそうでもあり……。

Kさまへ
芝崎みゆき
Kさま、初めまして、ですーー。ヒジョーーーッッにありがたいです。本、すべて読んでくださってるなんて。
それこそ要らんネガティブ情報のおかげで、自信喪失しておりますので、本当一筋の光明です!

Kさまにもいますか、上から目線野郎が。
心の平安かき乱されますよねー。
たしかにそんな性格だから、どんどん友だちへって、さらにかまってちゃんになるのでしょうか。それでどんどんトンチンカンな言動をするという悪循環が……。

Kさん、ほんとうにお心遣いありがとうございました。 上記のようなことに惑わされず、ストレスをためずにまた新しい本を作っていきたいと思います。これからもぜひよろしくお願いします。



Johannesさまへ
芝崎みゆき
そうなんですよ、まったく「なんでわざわざそれを言うか」ですよ。
Johannesさんの言うとおり、自分の貢献&優しさアピールのためってやつかもしれません。
私は、この人は私を潜在意識で憎んでる、または蔑んでるorなめてるんだけど、(自分はいい人でありたいという理想があり)そういう負の感情を封印して抑え込んでるもんだから、こういう嫌味みたいのがつい出がちなのかなー、と思ったんですよね。
でもそんな複雑なもんじゃなくて、Johannes説のように単純な話だと思えてきましたよ。

えっ、フランチェンってそこまで面白かったのですか。ユーチューブで観てみようっと。



遅くなりました
松本留吉
それです、『ハリガミ考現学』。それから、なんか気になって、アックス78号購入。おじさん達の座談会「ウルトラQ・ペンギンごはん・3DのAV・仮性包茎」楽しそうです。川崎ゆきおの「猟奇王」ならぬ「不審王」も掲載されていました。

先生は、漫才好きなんですね。一緒です(上方落語も好きですけど)。スリムクラブ。あの番組で初めて見たけど、面白かった。私にとっては、新しい漫才でした。数十年前に見た東京ボードビルショーの「日本妄想狂時代」を何故か想い出しました。(それまで吉本新喜劇しか見てなかったので)
M-1は終わりですけど形代えて又はじまると思いますよ。がっかりしなくても良いと思います。視聴率の取れる番組を大阪の放送局(朝日放送)がそうそう手放しはしませんって。

唐突ですが、来年もよろしくお願いします。

松本留吉さまへ
芝崎みゆき
「ハリガミ~~」面白かったです!! 一生見過ごすはずだったものをよくぞ教えてくださいました。南伸坊とか赤瀬川原平の文章や活動が好きです。南伸坊の有名人になりきるヤツ(清水ミチコもやってるやつ)とかも好きでした。ナンシー関との対談で、金太郎の話みたいのになったとき「金太郎! あっ、オレ、なったことある」って通常の会話ではぜったい出ない発言をひょろっとしてたとこは、何度読んでも笑えます。でも、南伸坊氏や赤瀬川氏はちょっと上の世代で、リアルタイムでは存ぜず(とくに赤瀬川さんのおもしろさはここ10年で知ったくらいだし)、今から追っかけるのは、あまりに洩らし気味になります。だもんで、松本さんの情報は本当ありがたいこと、の上ないです。これからも面白いモノを紹介してやってくださいね。アックス最新号情報もありがとうございます。なんと好きな4人の対談。これはぜひ読まなくては。
松本さんはすごいアウトドア派ですよね。寄席やライブや美術館やあらゆるところに足をのばされる。その行動力がうらやましい。東京ボードビルショーのすごさも私知らないんですよ。だから佐藤B作がなぜあんなにモテるのかもわからない。
ねー、きっとM-1に匹敵する番組がなんやかんや始まりますよね。その日を静かに待ち構えたいと思います。
こちらこそ来年もよろしくおねがいします。今年もあと2日ですが、大いに大晦日をお楽しみくださいね。

良いお年を!!
なんりこ
今年もあと1日。

毎年、勝手に「自分十大ニュース」を選んでみたりするのですが「芝崎さんに会えた!」のが
今年の一番です、お世辞ではなくて。
6年前に「エジプト~」を読んで以来、夫婦で「この作者はどんな人なんだろうね~、全然情報ないしなぁ
(その後ギリシャ~も読むものの)」って言ってたのが、こうしてブログも読めるようになったし。
嬉しい限りです。

何かと要らん情報を放りこんでくる人の話、他の方のコメントも含めておもしろかったです。私、非常に腹黒いので「やば、一言多かった、ちとフォローてな具合にいい人に見せないと」なんてやったりしてしまうので、自戒の念も含めて。

寒い日が続きますね。北海道育ちの芝崎さんにはこの位どーってことないのかしら??
来年も宜しくお願いします。良いお年を!!



なんりこさんへ
芝崎みゆき
わたしこそなんりこさんにお会いしたのがナンバー1ニュースです。
なんだか、ずっと小っちゃいころからの友だちと何の遠慮もなくしゃべってるって感じで本当に楽しかった。
いつもなんでそんなに親切なのかっていうくらい(本当に謎)、優しくしてくださってありがとうございます。

いや、私もメールで不愉快なもの送らないよう気を付けようと思います。
私こそは確信犯(誤用)で、憎らしいことをわざとすべり込ませますから。

あと数時間で大晦日も終わりですね。なんりこさんはだんなさまと仲良くお蕎麦を食べながら、楽しく過ごされてるでしょうね。
新年になったらまたガガーーンと走られるのかな。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。



ゆく年くる年
ミキナチ
どもー。2010年も間もなく去ろうとしておりますがいかがお過ごしでしょうか。
多分ネコをひざに乗せて「笑ってはならない」とか見てたんでしょうね。
私もあの番組だけは見たいと思ってたんですが、バニーボーイを描いてる間にうっかり忘れてました。スゲェ残念。

さて、今年は芝崎さんにとって東奔西走の一年でしたね!
マヤ本の出版は6月でしたっけ?
その後、ジュンク堂さんでのトークショーを皮切りに、ミシマ社さんのインタビュー、オルメカ展トークショー、そしてなんとNHKにまで出演しちゃうとは!

思い起こせば「マヤ本のタイトル、どうしよう…すっとこ?前のめり?のんしゃらん?びっくら?ふむふむ?…と侃々諤々だったのは、たったの8ヶ月前だとは。
ああ、月日が経つのって早いもの。そりゃーほうれい線も深くなりますね、お互いに(怖)

ともあれ、来年の干支は辛卯。
なんでも植物が新たに芽吹き大きく成長する様子を表しており、非常に縁起のいい組み合わせだそうで、株価も卯年には「駆け上がる」と言われております。
何やらめでたげなそんな2011年、芝崎さんにとってもワンダホーな一年でありますように!

ほんじゃ年明け早々には愚痴大会in渋谷、よろしくねー。うへへへ。

ミキナチさまへ
芝崎みゆき
年の瀬のお忙しいときに、ありがとうございます。
いやーミキナチさんには本当にお世話になりました。
ユーラシア・パンフレットのネタ提供といい、さまざまな腹立つことへの愚痴を聞いてくださったりと、全方位的に大感謝でございます。
なんだかんだトークものも来てくださってありがとうございます。
毎度のサービス精神には頭が下がります。
たとえオルメカ時では熟睡のあまり首がガクンガクンとなっていても……。

今年は本当に何しろマヤ・アステカ本を出せて、よかったです。
しかもベストな環境で。

まったく去年の今頃はクビになったばかりで、一生この原稿は陽の目を見ないのか、と不安でいっぱいでしたから(くっそー、今思い出して腹が立ってきた)、それにくらべると今はずっとマシな状況にいられて、ありがたいです。「またも売れない」という新たな悲しみは上書きされますが……。
これからは、じっくり新しい本に取り組みたいです。

ミキナチさんにおかれましては、努力してること(っていうか浮かれてること)が実ればいいなーと、とくにその部分を願っております。
ついでに株でもうまいことやって大金を稼いでいただき、私にもおいしいものをごちそうしてくだされば、なおいいです。

それではこれからもよろしくお願いいたしますよ。

明けましておめでとうございます。
レオン
v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275

新年早々、知り合いのテレビのプロデューサーと飲んでいて、芝崎様の話を出してみたら、知っていましたよ。

「その人、有名な人だよ」って。

やはり、知っている人は知っている人なんだなあと思いました。

ということで、本年もよろしくお願い致します。

v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275




レオンさまへ
芝崎みゆき
レオンさまは、本当に優しいーーーー! 
その方は間違いなくちがう人のことを言ってるでしょうし、レオンさまも話を盛ってくださってると思いますが、でもいつもこういううれしい情報を差し出してくれて(サブリミナル善意)、本当にありがとうございます。
私のことなんぞを知ってる人はレオンさまもふくめて本当に希少で、私にとってはたいへん貴重な方々です。その方々にときおり思い出していただけますように、本作りを頑張ろうと思います。

いつも本当にありがとうございます。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。



楽しい一年になりますように!
真矢
芋洗坂係長、確かに初めて見た時は嬉しくなりましたよ。人に勧めたくなる気持ち、わかりますもん。自分もそうやって過去にいろんなものを無防備に友達に勧めてきて(本とか漫画とかテレビ番組とか映画とか)、素直に喜ばれたこともあれば、失笑を買ったこともあれば、もっと空しい思いをしたことも多々ありました。なんか、そうやって友達が淘汰されてって、今に至ります。年賀状、今年もすんごい少ないし……何の話だ?

でも、みゆきさんのセンスは大好きです。ハラ立つ!のポイントも頷けますし、あぁ自分もこの場にいたら、きっとそう感じるんだろうなあ、と色んな場面で感じたりします。笑わせて頂きながらも本当に頭が下がるのは、学術書とか普通に読んだら大して面白いもんでもないと思うのですが、それをいろんな角度から、更に奥深い所まで読みとられて、あんなに楽しく紹介してくださっていること。すばらしい才能だし、ありがたいな~♡と思います。
今年もご活躍を期待しています!! 

P.S. 笑い飯、前の鳥人は良かったけど、サンタウロスは苦しかった。ナイツがイマイチだったのも悲しかったです。やっぱいくら面白くても、同じことを繰り返していると飽きられるんでしょうね。自分も含め、大衆は常にそれまで以上のものを求めますからね。なんか勝手っちゃ勝手ですよね。
(……そんな年末の空しさを吹き飛ばしてくれたのが、紅白の氷川きよしと箱根駅伝でした!)

古代エジプトうんちく
hirofukuan
読み終わりました!!
元々オルメカ展に行き芝崎さんの本を知ったのですが、先に読んだのはエジプト。
じーーーーーーっくり読みました!本当にすごいです!!

5年前に行って以来最近は写真も見ることがなかったのですが
久しぶりに当時の行程表やチケットの半券など引っ張り出して思い出に浸ってみました(笑)。

あーーーーぜひまたこの本の知識を活かしてエジプトに行きたいです!
本当に素晴らしい本を出してくださってありがとうございます!!

こんな素晴らしい方なのですから、そのオーラでどんな悪意も蹴散らかしてしまいますよ^^

真矢さまへ
芝崎みゆき
真矢さんも「お勧めマン」! もう激しく共感しますよーーー。
私もとにかく映画でもマンガでも、自分が感動したものをあまりにも褒め称えすぎて、それがゆえに、かえってそのハードルをあげてしまい、結果「言うほど、たいしたことなかったよ」っとなってしまうのでした。邪魔してんだか、応援してんだか……。
でもこれからも、おもしろかったものは、ひとの期待値を上げすぎない程度に、声を小さく褒めていきたいと思います。

と、それから、すみません。気を遣っていただいて、お褒めくださって。
というか私こそが真矢さんには楽しませていただいてます。
たとえば今回も、寺尾聡に続く、スバラシーー情報「氷川きよし」をさりげなく書いてくださって!!!
真矢さんの、男芸能人への、そのちょっと隙ありなところが大好きです。

勇気を持って言いますが、笑い飯はWボケがどうも、私ダメなんですよ。フリートークは笑うんですが。
なんか小学生のお楽しみ会的なものに思えてしまって乗り切れないのです。
瞬間的に笑うのもいっぱいあるんですが(やはり鳥人とか。「ウロス」とかいうところも面白かった)、心持ってかれたことはないです。
ナイツはすごい好きで、それこそ初めて見たときに、さんざん知り合いにメールしたり、布教活動したこともあったのですが、やはり慣れてしまって、「普通に好き」レベルに落ち着きました。
(人間の心とはなんとうつろいやすいものでしょうか。自分もそうされると哀しいのに……)
ほんとう今でも相当おもしろいのに……。
私の今年の正月番組ベストは「IPPONグランプリ」と「ホンマでっか!?TV」の正月スペシャルでした。

今年も真矢さんにとって楽しく、笑い転げる一年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願いします。

hirofukuanさまへ
芝崎みゆき
エジプト本読了を、ありがとうございましたーーーー!!!
なかなか読み切ってくださる方はいないので(哀しみ)、ヒジョーにうれしいです。
また、hirofukuanさまの思い出の再燃につながったと思いますと、本当幸せを感じます。
お気遣いのお言葉もありがとうございます!


私もエジプトまた行きたいです。
もっとゆっくりじっくり見たいし、写真もいっぱい撮りたいです。
(ただ、今はもう墓内部や博物館では写真は禁止になったそうですね。それが非常に残念です)
ぜひ、hirofukuanさま、またエジプトに行ってきて、どうだったかお教えくださいね。


きよしは違います!
真矢
大きな声では言えませんが、私も前から笑い飯苦手なんですよ。Wボケって、多分どっちもボケやりたかったんでしょうね。小学生のお楽しみ会って、すごいわかる。俺ボケやる! 俺も俺も! じゃあ順番に、みたいなね。今回優勝したのも、功労賞かなぁって思いました。
ちなみに、私にとっての芋洗坂係長は天津向でした。

氷川きよしは間違ってもファンじゃありませんからね! きよしは自分にとってはあくまでも、東洋大学の柏原くんと同列で、年末年始に一度だけ拝める顔なわけで、毎回毎回期待を上回るものを見せてくれるっていう点でも一緒なんですけど。今回のバイヨンも、風呂上がりにたまたま見てしまったのですが、ずんどこ節を上回るこってこて加減に目眩がしました。彼のファンクラブって一体どういう人たちがいるんだろう? 地球の裏側の世界も面白いけど、日本国内にも自分の知らない文化がまだこんな所に存続していたんだなあ……って、そういう何でしょうね、ぶらっと行った温泉地で、村の凄い陰祭りを見ちゃった時の感動がこんな感じなのかな、って思いました。そういう意味ですから!

真矢さまへ
芝崎みゆき
いやー、勘違いして大変失礼いたしました。私だったら、もっと1000行くらい使って、大否定するところです。
昨今の紅白事情をついぞ知らないものですので、その「紅白のきよし」の共通認識がわかっておらず……。
察するに「紅白の幸子」ほどのものではなくても、紅白のきよしも毎年なかなかすごいぞ、ということになってるのですね(これも違うのかも。すみません。永遠に学習しない年寄りになってましたら)。
きよしって人は単体で見ると、か細い、ちょっと白痴っぽい男の子、って感じですけど、うっかりステージ中継とかを見ると、そのファンの異常な熱狂のうねりとコラボして、神の子みたいに見えます。その「村の凄い陰祭りを見たような」というの、なにかわかる気がいたします。
あと、なんかきよしの追っかけをしてるご婦人たちのドキュメンタリーみたいのがあって、それもうっかり見ちゃったんですけど、皆さん、70代とかで、でも本当に日本全国追っかけて大金を費やしていて。そして本当に幸せそうで、若やいてでて健康そのものって感じで。そしてきよしがまたその人たちに本当に優しくて礼儀正しくて、まったく隙や陰のようなものを見せず、ヨンさま同様、24時間、完全ファンサービスという態で。本当にプロのエンターテイナーだなーと思いました。私も今年の暮れは、紅白のきよしに注目しようと思います。
それにしても、きよしについて、こんなに考えたことも文字を書いたこともなかった。いつも真矢さんの発言によって、脳の眠っていた領域が目覚めさせられます。いい刺激をありがとうございます。

おっ、天津向!天津向は私もきらいじゃありません(ってなんかエラソーな言い方)。キモオタ系でいうならガリガリガリクソンも好きですよー。


エジプト&ギリシア本買いました
ゆうきち
以前、古代マヤ本を2冊買ってから忘れてたのですが、先週の日曜日に大阪梅田のマルゼン&ジュンク堂本店に行ったらまたも著書が山積みしてあったので、古代エジプト&ギリシアを2冊買いました。相変わらず面白かったのでまたも書き込みしてみました(^-^)/

ただ以前ブログを拝見した時も思ったのですが、更新頻度があまりないので見に来る間が空いてしまって、そのうち見に来るのも忘れてて、ハッと気が付くとTVとかトークイベントとか終わってしまったりして悔しい思いをするので、なんかその辺りもう少しまめな情報発信もお願いできたらなーと思いました。

でもなんか本の内容とか見てたらすごい時間かかりそうな作り方されてるので、そういうまめな情報発信は難しい方なのかなぁと思ってみたり。そこんとこが芝崎本の味のあるところなので、いい所は無くさないように今後もマイペースでの創作活動をお待ちしております!

ゆうきちさまへ
芝崎みゆき
ゆうきちさま、お久しぶりです。思い出してくださってありがとうございます。
おおおおっ!! エジプト&ギリシアも読んでくださって!! 本当に助かります。心から嬉しいです。

プラス、スバラシき情報もありがとうございます。
大阪!なんと慈悲深い街でしょう。ちゃんと置いててくれていて、しかも積んでくださってるとは! ここ東京砂漠ときたら、どこもかしこも置いておらず……(果てしなき哀しみ)。

うっ…………、更新頻度、まさにおっしゃる通りです。
というのも本を出すとか、なんかに載るとか、そういうお伝えすることが、まったくありませんでして……。いや、もう本当に……。
でも、ゆうきちさまのようにここの存在を脳の片隅に置いてくださる方がいらっしゃると思うと、ありがたいです。

現在は新本のためにいろいろ仕込み中です。寿命を考えますと、悠長なことはやってられないので、ガシガシがんばって、早く「新本できましたー」とお知らせしたく、野望をぎらつかせております。
これからも、また思い出したときに、よろしくお願いいたします。


安心しました
松本留吉
フリーダ・カーロについて少し調べてみようとしている今日この頃、更新無く1ヶ月経過して、トップに広告があったりして、どうしたのかと心配してましたが、新本の仕込み中とは、よかった。よかった。エジプトは大変そうですが、私は先生の著作物を楽しみに余生を送りまする。

松本留吉さまへ
芝崎みゆき
松本さま、お気にしてくださってありがとうございます! なんか、このブログサービス会社のブログは、1か月更新しないと広告がトップについたり、コメントも承認があったり、となんか失礼な感じになるようでして。まことにすみませんです~~。
腰を据えてガシガシ、本づくりを頑張ろうと思いますので、これまた先の先の話ですが、よろしくお願いいたします。
エジプト…………。あれよあれよという間に、すごいことになっちゃって……。早く収束してほしいです。
まったく、なにがどうひっくり返るのか、一寸先はほんとうわからないですね。こういうのを見ると、うかうかしてられないと切に思います。

フリーダ・カーロの絵は、あの自画像の顔がそんなに好きではなく、だんぜんリベラ派だったのですが、実際、ナマを見ると、感情を揺り動かされたのは、フリーダの絵のほうでした。痛みがダイレクトにわかりやすく心に入ってきて……。私は常に体がどっかかしら痛いのですが(ってみんな、そうですよね)、フリーダの痛みを思うと、これくらいどうってことない、甘えるな、となるのでした。

心配してましたよぅ。
なんりこ
こんばんわ!!

今年に入ってから、ブログも更新されておらず、取材旅行で長期不在?え、もしや体調でも崩しているのでは?と一人でドキドキしてました。

仕込み中なんですね。それは楽しみです。「お知らせすることがない」なんて言わず
芝崎さんの日々の面白バナシなどお聞かせいただけると嬉しいです。

明日から2月、早いですね。身体が丈夫なのが唯一の取り柄の私の悩みが花粉症。今年はとにかくひどい
ようなので、早めに病院で薬をもらってきました。芝崎さんは大丈夫ですか?
ではでは。

なんりこさんへ
芝崎みゆき
いや、もう、すみません。気にしてくださって、本当ありがたいです。
書かないと書かなグセがつきますねー。

たぶんひとたび、日常よもやま話を書いてしまうと、何もかも、どうでもいいことも自制心なしに書き連ねそうで、それも怖かったりします。
一瞬ツイッターとかいうのでもやろうかなー、わりと皆さん、ブログは告知の場、ツイッターは心情吐露の場と使い分けてるっぽいし、投げっぱなしっぽいし、とも思ったのですが、それこそエンドレスでつぶやきそうだし、と思ってやはり自制してます。
たまにブログ書くときもあると思いますので、よろしくお願いします。

なんりこさん、花粉症なのですねーーー。
私は、いろんなアレルギー持ちですが、花粉症はまだないのです。何やら、頭までふらんふらんして、集中力無くなったり、大変らしいですね。あっ、もしかして、アウトドア派の人のほうがなりやすいのではないでしょうか。いつか自分もなって、こんなにみんな苦労してたのか―と思い知る日が来ると思います。
なんりこさん、お薬が効いて、健やかにすごせますように。

ブログのこととか
Johannes
お久し振りです。
日常ネタもいいんじゃないでしょうか? このブログの読者には、古代文明や紀行だけでなく、芝崎さんの物の見方や考え方に興味があったり共感したりしている人が多そうですし。
初期の記事の、ドーナツとか100円ショップのこととか、そういうのも楽しく読ませていただきましたよ。

それはそうと、新刊に向けて動かれているんですね。
そちらにも期待しております。

はじめまして
ちい
ギリシャ好きだったので、数年前に偶然書店でみかけた「古代ギリシアうんちく図鑑」。読み出したら止まらなくてすっかりハマって表紙がボロボロになるくらい何度も読みました~。芝崎さんの本は情報量が多すぎて何回読んでもどこから読んでも楽しめるのが最高です。
その後エジプトも読みつくしました。こちらも体調崩して病院にしばらく軟禁されたときに持参して毎日読んでました~。いつかまた新しいの出してくれないかしらと楽しみしていましたら、なんと去年出ていたなんて!しかも二本だて!嬉しくて早速注文しました!毎晩寝不足ですが、それも嬉しい私です。
気が早いですが、次回作も待ってます!

Johannesさまへ
芝崎みゆき
Johannesさん、うわっ、そんなドーナツのこととかスッと書いてくださってありがとうございます。
いつもながら優しいことを。
いやー、今に煮詰まり期間が間違いなく来ると思いますので、そしたら、ここで気分転換をはかったり、鬱憤を晴らそうと思います。

いやー新刊への動きというのも、本をガシガシ読んでるということで、これぞ、という動的なことは何もしてないのですが。
ある種、一番平和であり、退屈であり、モヤモヤ期間です。
ときにとんでもなく面白いと思えることを初めて知ったり、これはどういうことかようわからん、と頭悩ませてるものの回答を、別の本で見つけるなどのパズルがはまる感じを味わったり……、とグッとテンション上がるときもありますが。
ってJohannesさんもこういうことを毎回味わってますよね。
Johannesさんのテスカトリポカならびにアステカ研究はどんどんディープに面白くなってますね。これからもお願いしますよ。
私もその感受性と集中力を分けていただきたいです……。



ちいさまへ
芝崎みゆき
ウレシーーーーーー!!うれしすぎます! ちいさんのありがたいお言葉に飛び上がってます。
ギリシア本を読んでからだったなんて、とくに本当に本当にありがたいです。
こんなところも見つけてくださって、労を取って、コメントまでくださいまして、それもありがとうございます。

しかもこのたびのマヤ本までも! 2冊というのを怒らず、いい風に考えてくださって、なんと太っ腹な。
疲れて死にそうになったら、申し訳ないので、テキトーに流して読んでくださいね。
とくに旅行本のほうは、最初に旅行記めいたところを読んでいただき、遺跡の細かい解説などは、あとで時間が余ったときや、また旅行に行くときに活用してくださるとゲンナリしないかと思われます。

入院されてたということですが、今はもう大丈夫ですか? そんな時にエジプト本をお供にしてくださったなんて光栄です。寒いし乾燥してるし、通勤(通学?)も大変だと思いますが、無理なさらないようにしてくださいね。

ちいさんにマヤ本、喜んでいただけますことを震える気持ちで祈ってます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


実は私も
mr.goodmusic
エジプト本とギリシャ本、手に入れました。久しぶりに神保町に行った時、shosenでgetいたしました。芝崎さんの女性にしては正確な方向感覚に驚き、ドジな金銭感覚に笑い、そして何より「歴史を作った人たちと歴史を掘り返す人たちand現代のその歴史で食べている人たち」に対する深い愛情になんだかいい気持ちにさせられました。ps エジプト本の時はアランパーソンズプロジェクトの「eye in the sky」を 
ギリシャ本の時はデミスルソスの「rain and tears」をBGMにしてました。

mr. good musicさまへ
芝崎みゆき
うわーーー、またも!! この短期間に全部買ってくださいまして、多大な出費を…………、いやーもう、本当に本当にありがとうございます。
そして、方向感覚とは!! そのようなことを言われたのは初めてです。そんなことを思ってくださるような箇所あったのか、思い出せません。
でも、なんか能力的なものを褒められたようで(それも天から授かったような能力を)、鼻高々、天狗になってます。
また、目先の金勘定を優先して大局を見ない、この金銭感覚、どうしたら直るでしょうか。

「eye in the sky」と「rain and tears」を知らなかったので、you tubeで聴いてみました(今ってすごいですね。曲もすぐ調べて聴けるのですから)
二つともいい曲で、買おうと思いました。エジプトの眼やアフロディーテがジャケットにもなってるんですね。とくに「eye in the sky」はアルバム全体を聴いてみたくなりました。
私も音楽を聴きながら、本を読んだときは、のちのち、その曲を聞くと、本のこともセットで思い出したりします。
この曲が流れたとき、mr.good music さまも、本を思い出してくれればうれしいです。

日々のこと
なんりこ
バレンタインですねぇ。
幸いなことに勤務先に義理チョコの習慣もないので、主人がもらってくるお返し(→これがバカにならない金額になるので、彼の会社でもぜひ、廃止になって欲しい、、)だけ考えりゃいいやって行事なのですが。

本をガシガシ読んでるんですね。すごいな~。どんだけ集中してるんだろ。新刊、何がテーマですかね。う~ん、楽しみ!!

私は相変わらず日々淡々と家と会社を往復しています。ちなみに今通勤時に読んでる本は「吉原手引き草:松井今朝子」です。遅ればせながら、昨年12月にやっと地デジデビューしたので「あれ?民放のBSって結構旅番組多くて楽しい!!やっぱNHKのハイビジョン番組もいいぞ!」とか、地デジを満喫してます。

この冬は雪が多いですね。今日も帰宅時には結構積もってたし。愛車のチャリでの移動の際には気をつけて下さいね~。日々のよもやま話、お待ちしてます。ではまた。




なんりこさんへ
芝崎みゆき
本当にバレンタインは、法律で規制して、義理チョコ禁止令を出してほしいと思います。女子の負担も大変だし、もらうほうだって、欲しくもないチョコレートもらって お礼を言わなくてはならないから面倒です。双方に金と気を遣わせて、いいこと一つもなし!

なんりこさんの旦那さん、素晴らしい人格者!
昨今はもらう一方で、とくにお返しなんかくれる人はいない、とOL友達なんかから聞いておりますが、どうなんでしょう。
そうだ! それで思い出したんですけど、大昔にバイトしてたところで(夜のバイト)、ひとりの従業員男子が1週間前からやたら「チョコくれ、チョコくれ」うるさくて、あげないと面倒なことになりそうだし、と、あげたんですよ。バレンタインデーはなるべくやり過ごす主義だったのに。
で、そうなると、そのバイト先の男子全員にあげなくてはならず、かなりの出費になり……。
そして、その頑張る男のせいで、女子が全員、チョコを出すことになって、結局男どもはみんな、30個くらいずつもらえたんですよ。
そうして、さんざっぱらもらったあと、そう、ホワイトデイの前日に、
「この店はバレンタインとかホワイトデイのやりとり一切禁止」
ってなったんですよ。
って、社長もさんざんもらっといて、どんだけセコイのかって、びっくりですよ。って、夜の店ですよ。大金をお客さんからせしめるラグジュアリーな場所がそんなことでどうする! せめてホワイトデーでワンセット終わってから、中止にしろ、と暴動起こしそうになりましたよ。
……と、すみません。なんりこさんのコメントでバレンタインのはらわた煮えくり返るエピソードを思い出してしまいました。

「吉原手引き草」!
なんりこさん、相変わらずシブいものを!(よくわからんで言ってます)
 読み終わってすごく面白かったら教えてくださいね。
小説といえば、こないだ、『カラマーゾフの兄弟』を読んだんですよ(この歳になって今ごろ)。そしたら、なんで今まで読まなかったのだー、と後悔するほど、あまりにも面白くて面白くて。小説ってスゲーーって大興奮いたしまして。
で、その勢いで、日本の最近のも読んでみたんですよ。ここ何年か前の芥川賞のやつとか、その候補作とか。
そしたら…………、わざと面白くなくさせてるのかっていうほど、面白くなかった……(私には)。そうだった、芥川賞って、ストーリーの面白さじゃなくて、やっぱり「表現」の技巧のお披露目会、「芸術」とかいうものの世界だったんだ、と思い出しました。まぁ自分が感受性が鈍いのと読解力がないせいかもしれませんが、それでまた小説苦手、もとい文学苦手となりました。あっ、でも前に読んだ芥川賞の「ハリガネムシ」とか「蛇にピアス」とかは面白かった。いや、面白いのいっぱいあるんでしょうが、面白くないのを2、3冊、たて続けに読むと、色眼鏡で見てしまって、二の足を踏んでしまいます。でも今回の人、西村賢太って人のは読んでみたいなー。
はっ、なんか、さっきからなんりこさんがちょっと書いてくれたことに、こんなに要らんことダラダラ書いて!
なんかすみません、何でも自分話に持っていく奴になってます。
あともう一つ要らんことついでに、映画は『第9地区』というのを先ほど、これまた今頃見て、スゲー面白いと大喜びしてました。なんりこさん観た?
あと、幸せついでにもう一つ要らんこと。Rー1グランプリの佐久間一行の1つ目と2つ目のネタのあまりの楽しさと、でもってちゃんと優勝したことにこの上ない幸せを感じました。なんりこさん、観た?

えっ、なんりこさんの家、今頃地デジ!? ふふーーん、そうですか(相当上から目線)。なーんて、私も地上デジタル歴4か月の新人です。
そうなんですよ!BSデジタルいいですよねーーー。私はBS朝日が毎日8時にやってる「BBC地球伝説」という番組が好きです。あと、BS日テレの毎週木曜日「古代をめぐる冒険」もうれしいー。こんなに古代関係やってくれるなんて、民放ではありえないことです。そのほかガウディなどの芸術ものからアメリカンアイドルなどの俗まで、いろいろやってて楽しいですよ。

てな感じで、つらつら生きておりますよ。なんりこさんの花粉症は大丈夫ですか? 最近雪が降ってウレシー。って雪は大好きなんですが、チャリが使えないので、それだけ困ります。





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
天然としても
「悪い天然」ですよね(笑)

別によく観察しているわけじゃないので、はずれているかもしれませんが、「天然」にも、
「他人のマイナス部分にばっかり注目してしまう天然」
と、
「他人のすごいところばっかり目について、誰のことも尊敬してしまう天然」
がいてはる気がします。

いくら天然さんでも、前者の場合は、他人を尊敬してない人だから、こちらも尊敬できないですよね。
そして後者は、たとえとんでもなく間抜けな発言を連発している人でも、自然に頭が下がってしまう。

他人に敬意を持てる人は愛され、敬意を持てない人は嫌われる。
それは天然であろうがそうでなかろうが同じかなぁと思います。

別にこじつけるわけではないですが、漫才にも「他人に対して敬意のあるネタ」と、「他人をバカにするネタ」がありますよね(笑)
2010/12/28(Tue) 08:21 | URL  | のりちゃん #-[ 編集]
きっと
その方は、芝崎さんにかまってもらいたいのではないのでしょうか?人の気を引くのってけっこう難しいですよね。誤解されたり、逆効果だったり。テンポがいいだけがいい漫才じゃないように,人の心をひきつけるのにも才能が必要なんですね。 あのスリムクラブの大きい方は「エンタの神様」にフランチェンとして出ていた方ですよね?あの間は癖になりそうで今後がたのしみです。
2010/12/28(Tue) 21:15 | URL  | mr.goodmusic #-[ 編集]
恐るべし、スリムクラブ
スリムクラブ~! う~ん、自分には微妙でした。未知数ですね。昔田舎にいた、ああいう紙一重の親戚とか思い出しまして、そのおじちゃんは訛っている上に更に滑舌悪かったので、何言っているか半分以上不明だったんですけど、その場で笑っていいのか泣いていいのか分からなくなった幼児期の戸惑い感覚を思い出させる不思議な二人組でした(今思うと、笑って良かったんだな!)。

今回は、自分の体調などもあったのかもしれませんが、例年ほど腹を抱えて笑えず(特に決勝)、何となく消化不良のM1でした。が、みゆきさんの感想、もっと伺いたいです。

……あとお友達。天然じゃないと思います、それ(怒)。スリムクラブじゃないけれど、それこそ「ちょっと、逆の立場になって考えて」って言いたくなりますね。あ、でも「民主党ですか?」「民主党にもいませんよ?」には確かに力が抜けました。ひょっとして今回他の出場者が今ひとつだった理由は、やつらにテンポを乱されたってのがあるのかも……。
2010/12/29(Wed) 00:30 | URL  | 真矢 #-[ 編集]
あるある
はじめまして、芝崎さんの書籍は全部読ませていただいている読者です。
楽しく考古学を勉強できて、とても助かっています。
これからも応援しています。

あと、要らん情報を放りこんでくる人ですが、います・・・いますよそういう方。
私のところにも、何故だかよくわからないけど私のところにやってきて上から目線で説教して去っていく・・・という方がいます。
なんていうか、こういう人って自分がいかに幸せかを実感したくて人の欠点をあげつらねているのと、あとは話を聞いてくれそうな人が周りにいないかまってちゃんなんだろうなぁ・・と思っています。
本当、そんな方のせいでストレスためたくないですよね。お互い距離おけるようがんばりましょう!
2010/12/29(Wed) 03:47 | URL  | K #-[ 編集]
いろいろ考えさせられる…
ああ、「なんでわざわざそれを言うか」みたいな……。
私が特に引っかかったのは、「私は…だれよりも応援してます」というくだりです。何と言うか、「悪口を言ったり無視したりする人が多いのに、応援してあげられる私って優しいよね!」みたいな印象を受けました。そして多分、大事なのは「だれよりも応援している私」なので、言われた相手がどう感じるかは実はさほど重要じゃないんじゃないかな、と……本人はその辺の自覚はあまり無いかもしれませんが。
とまぁ、私はこんな風に想像してしまいました。

ところで、スリムクラブってフランチェンの人達でしたか!
あのネタは結構好きだったんですけど、お笑い番組もこのところあまり見てなくてM-1も見られなかったので、「あーなんか惜しいことしたなー」な気分であります。最後と聞くとなおのこと。
2010/12/29(Wed) 07:02 | URL  | Johannes #DLViBhOI[ 編集]
のりちゃんさんへ
のりちゃんさん、こんにちはーー。
いつも鋭い考察ありがとうございます。
まさに! のりちゃんがたびたび指摘されてる「敬意」の問題ですよねー。

「敬意」、本当に大事ですよねー。
こののりちゃんの「好かれる天然」は生まれ持っての「愛嬌」ですよね。
今ぱっとウドちゃんのことが思い浮かびました。

と、私も「他人のマイナス部分ばかりに注目してしまう」輩なので、気をつけなきゃ、と思います。
2010/12/29(Wed) 08:22 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
mr. good musicさまへ
いつもわかりやすいたとえで、気持ちを明るい方向に向けてくださって、ありがとうございます。
たしかに人の気を引くのって難しいですよね。礼儀正しくイエスばっかり言ってても、心を響かせられないですね。

「エンタの神さま」に出てたんですね(さすがですね! 情報ありがとうございます)。フランチェン、画像見たら、あぁこんな人いたなーってうっすらと思い出したのですけど、後半の「エンタ」をテキトーに見てたせいか、どういうネタだったのか一切思い出せず。
深夜、テレ東でやってる「板尾ロマン」っていうのにも出てますよね。ちょっと前に初めて見てすごい印象に残ってたんですよね。なんか即興でコントやらされてたけど、即興の割にはすごくうまくって笑いました。でもフランチェンじゃない人は覚えてなかったです。あの人だってあんなに特徴あるわかりやすい顔してるのに。
ネタをいっぱい見たいですね。
2010/12/29(Wed) 08:31 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
真矢さまへ
スリムクラブ! たしかにそう。もし私も体調悪かったり、余裕ないとき見ると、「は~~~~?」かも。 もしくはM-1のあの会場の緊張と高揚が生んだ幻なのでは、とさえ思えます。
それくらいのギリギリ感あふれたものでしたよねーー。私も紳助じゃないけど、たまたま面白かったのか、次も面白いのか確かめたいです。
何年か前のR-1グランプリで芋洗坂係長を初めて観て「サイコ―に面白い」とトリコになり、散々周りの人にも言いまくってたことがあったのですよ。でもその後、何度か見るうちに「あれ?」ってなっちゃって……。だから、まだまだわからないですよねー。

決勝戦は、真矢さんのようになんかモヤモヤした気持ちが残りました。去年のパンクブーブー、いつだかのブラマヨ、サンドイッチマン、アンタッチャブルのときのように、「やった―」って快哉を叫びたくなるような終わり方ではなかったですよね。

今回は、真矢さんもご指摘の「民主党にもいませんよ」というあのイタリア人顔のツッコミ(?)が一番へなへなになって笑いました。
あと「生活」とか「放射能」「説明会」「高い教育」「よくない目」など、語の面白さ(音も含んでの)で、どんどん(今田言うところの)心もってかれる状態に。
あと、記憶に残るのは銀シャリの「ただただ無機質な歌やからな」。
銀シャリは、それまではあのベタベタさ(ワザとにしても)が受け入れられなかったんですけど、今回でちょっと好きになりました。
あとは松本さんの「いろいろ考えてくれはってる」コメントに毎回にやにやしました。
真矢さんは今回、誰がよかったですか?

それにしても真矢さんの、その幼きときの思い出。なんか文学の香りすら漂うし、しかもちょっといい話だーー。

やっぱり天然じゃないですかねー。(怒)マークありがとうございます。
本当文面だけだと悪意ビシビシなんですが、でも天真爛漫な感じでもあるんですよねー。しかも本当にそういう報告がいいことだと思ってるフシで。
逆の立場に立ってくれても「うん、いい報告もらった」とか思いそうでもあり……。
2010/12/29(Wed) 08:59 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
Kさまへ
Kさま、初めまして、ですーー。ヒジョーーーッッにありがたいです。本、すべて読んでくださってるなんて。
それこそ要らんネガティブ情報のおかげで、自信喪失しておりますので、本当一筋の光明です!

Kさまにもいますか、上から目線野郎が。
心の平安かき乱されますよねー。
たしかにそんな性格だから、どんどん友だちへって、さらにかまってちゃんになるのでしょうか。それでどんどんトンチンカンな言動をするという悪循環が……。

Kさん、ほんとうにお心遣いありがとうございました。 上記のようなことに惑わされず、ストレスをためずにまた新しい本を作っていきたいと思います。これからもぜひよろしくお願いします。

2010/12/29(Wed) 09:12 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
Johannesさまへ
そうなんですよ、まったく「なんでわざわざそれを言うか」ですよ。
Johannesさんの言うとおり、自分の貢献&優しさアピールのためってやつかもしれません。
私は、この人は私を潜在意識で憎んでる、または蔑んでるorなめてるんだけど、(自分はいい人でありたいという理想があり)そういう負の感情を封印して抑え込んでるもんだから、こういう嫌味みたいのがつい出がちなのかなー、と思ったんですよね。
でもそんな複雑なもんじゃなくて、Johannes説のように単純な話だと思えてきましたよ。

えっ、フランチェンってそこまで面白かったのですか。ユーチューブで観てみようっと。

2010/12/29(Wed) 09:22 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
遅くなりました
それです、『ハリガミ考現学』。それから、なんか気になって、アックス78号購入。おじさん達の座談会「ウルトラQ・ペンギンごはん・3DのAV・仮性包茎」楽しそうです。川崎ゆきおの「猟奇王」ならぬ「不審王」も掲載されていました。

先生は、漫才好きなんですね。一緒です(上方落語も好きですけど)。スリムクラブ。あの番組で初めて見たけど、面白かった。私にとっては、新しい漫才でした。数十年前に見た東京ボードビルショーの「日本妄想狂時代」を何故か想い出しました。(それまで吉本新喜劇しか見てなかったので)
M-1は終わりですけど形代えて又はじまると思いますよ。がっかりしなくても良いと思います。視聴率の取れる番組を大阪の放送局(朝日放送)がそうそう手放しはしませんって。

唐突ですが、来年もよろしくお願いします。
2010/12/29(Wed) 20:19 | URL  | 松本留吉 #-[ 編集]
松本留吉さまへ
「ハリガミ~~」面白かったです!! 一生見過ごすはずだったものをよくぞ教えてくださいました。南伸坊とか赤瀬川原平の文章や活動が好きです。南伸坊の有名人になりきるヤツ(清水ミチコもやってるやつ)とかも好きでした。ナンシー関との対談で、金太郎の話みたいのになったとき「金太郎! あっ、オレ、なったことある」って通常の会話ではぜったい出ない発言をひょろっとしてたとこは、何度読んでも笑えます。でも、南伸坊氏や赤瀬川氏はちょっと上の世代で、リアルタイムでは存ぜず(とくに赤瀬川さんのおもしろさはここ10年で知ったくらいだし)、今から追っかけるのは、あまりに洩らし気味になります。だもんで、松本さんの情報は本当ありがたいこと、の上ないです。これからも面白いモノを紹介してやってくださいね。アックス最新号情報もありがとうございます。なんと好きな4人の対談。これはぜひ読まなくては。
松本さんはすごいアウトドア派ですよね。寄席やライブや美術館やあらゆるところに足をのばされる。その行動力がうらやましい。東京ボードビルショーのすごさも私知らないんですよ。だから佐藤B作がなぜあんなにモテるのかもわからない。
ねー、きっとM-1に匹敵する番組がなんやかんや始まりますよね。その日を静かに待ち構えたいと思います。
こちらこそ来年もよろしくおねがいします。今年もあと2日ですが、大いに大晦日をお楽しみくださいね。
2010/12/30(Thu) 21:00 | URL  | 芝崎みゆき #MCpihcSI[ 編集]
良いお年を!!
今年もあと1日。

毎年、勝手に「自分十大ニュース」を選んでみたりするのですが「芝崎さんに会えた!」のが
今年の一番です、お世辞ではなくて。
6年前に「エジプト~」を読んで以来、夫婦で「この作者はどんな人なんだろうね~、全然情報ないしなぁ
(その後ギリシャ~も読むものの)」って言ってたのが、こうしてブログも読めるようになったし。
嬉しい限りです。

何かと要らん情報を放りこんでくる人の話、他の方のコメントも含めておもしろかったです。私、非常に腹黒いので「やば、一言多かった、ちとフォローてな具合にいい人に見せないと」なんてやったりしてしまうので、自戒の念も含めて。

寒い日が続きますね。北海道育ちの芝崎さんにはこの位どーってことないのかしら??
来年も宜しくお願いします。良いお年を!!

2010/12/30(Thu) 22:23 | URL  | なんりこ #-[ 編集]
なんりこさんへ
わたしこそなんりこさんにお会いしたのがナンバー1ニュースです。
なんだか、ずっと小っちゃいころからの友だちと何の遠慮もなくしゃべってるって感じで本当に楽しかった。
いつもなんでそんなに親切なのかっていうくらい(本当に謎)、優しくしてくださってありがとうございます。

いや、私もメールで不愉快なもの送らないよう気を付けようと思います。
私こそは確信犯(誤用)で、憎らしいことをわざとすべり込ませますから。

あと数時間で大晦日も終わりですね。なんりこさんはだんなさまと仲良くお蕎麦を食べながら、楽しく過ごされてるでしょうね。
新年になったらまたガガーーンと走られるのかな。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

2010/12/31(Fri) 19:25 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ゆく年くる年
どもー。2010年も間もなく去ろうとしておりますがいかがお過ごしでしょうか。
多分ネコをひざに乗せて「笑ってはならない」とか見てたんでしょうね。
私もあの番組だけは見たいと思ってたんですが、バニーボーイを描いてる間にうっかり忘れてました。スゲェ残念。

さて、今年は芝崎さんにとって東奔西走の一年でしたね!
マヤ本の出版は6月でしたっけ?
その後、ジュンク堂さんでのトークショーを皮切りに、ミシマ社さんのインタビュー、オルメカ展トークショー、そしてなんとNHKにまで出演しちゃうとは!

思い起こせば「マヤ本のタイトル、どうしよう…すっとこ?前のめり?のんしゃらん?びっくら?ふむふむ?…と侃々諤々だったのは、たったの8ヶ月前だとは。
ああ、月日が経つのって早いもの。そりゃーほうれい線も深くなりますね、お互いに(怖)

ともあれ、来年の干支は辛卯。
なんでも植物が新たに芽吹き大きく成長する様子を表しており、非常に縁起のいい組み合わせだそうで、株価も卯年には「駆け上がる」と言われております。
何やらめでたげなそんな2011年、芝崎さんにとってもワンダホーな一年でありますように!

ほんじゃ年明け早々には愚痴大会in渋谷、よろしくねー。うへへへ。
2010/12/31(Fri) 23:04 | URL  | ミキナチ #i8Jzlnps[ 編集]
ミキナチさまへ
年の瀬のお忙しいときに、ありがとうございます。
いやーミキナチさんには本当にお世話になりました。
ユーラシア・パンフレットのネタ提供といい、さまざまな腹立つことへの愚痴を聞いてくださったりと、全方位的に大感謝でございます。
なんだかんだトークものも来てくださってありがとうございます。
毎度のサービス精神には頭が下がります。
たとえオルメカ時では熟睡のあまり首がガクンガクンとなっていても……。

今年は本当に何しろマヤ・アステカ本を出せて、よかったです。
しかもベストな環境で。

まったく去年の今頃はクビになったばかりで、一生この原稿は陽の目を見ないのか、と不安でいっぱいでしたから(くっそー、今思い出して腹が立ってきた)、それにくらべると今はずっとマシな状況にいられて、ありがたいです。「またも売れない」という新たな悲しみは上書きされますが……。
これからは、じっくり新しい本に取り組みたいです。

ミキナチさんにおかれましては、努力してること(っていうか浮かれてること)が実ればいいなーと、とくにその部分を願っております。
ついでに株でもうまいことやって大金を稼いでいただき、私にもおいしいものをごちそうしてくだされば、なおいいです。

それではこれからもよろしくお願いいたしますよ。
2011/01/03(Mon) 03:02 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
明けましておめでとうございます。
v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275

新年早々、知り合いのテレビのプロデューサーと飲んでいて、芝崎様の話を出してみたら、知っていましたよ。

「その人、有名な人だよ」って。

やはり、知っている人は知っている人なんだなあと思いました。

ということで、本年もよろしくお願い致します。

v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275v-275


2011/01/04(Tue) 16:58 | URL  | レオン #tHX44QXM[ 編集]
レオンさまへ
レオンさまは、本当に優しいーーーー! 
その方は間違いなくちがう人のことを言ってるでしょうし、レオンさまも話を盛ってくださってると思いますが、でもいつもこういううれしい情報を差し出してくれて(サブリミナル善意)、本当にありがとうございます。
私のことなんぞを知ってる人はレオンさまもふくめて本当に希少で、私にとってはたいへん貴重な方々です。その方々にときおり思い出していただけますように、本作りを頑張ろうと思います。

いつも本当にありがとうございます。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

2011/01/05(Wed) 22:14 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
楽しい一年になりますように!
芋洗坂係長、確かに初めて見た時は嬉しくなりましたよ。人に勧めたくなる気持ち、わかりますもん。自分もそうやって過去にいろんなものを無防備に友達に勧めてきて(本とか漫画とかテレビ番組とか映画とか)、素直に喜ばれたこともあれば、失笑を買ったこともあれば、もっと空しい思いをしたことも多々ありました。なんか、そうやって友達が淘汰されてって、今に至ります。年賀状、今年もすんごい少ないし……何の話だ?

でも、みゆきさんのセンスは大好きです。ハラ立つ!のポイントも頷けますし、あぁ自分もこの場にいたら、きっとそう感じるんだろうなあ、と色んな場面で感じたりします。笑わせて頂きながらも本当に頭が下がるのは、学術書とか普通に読んだら大して面白いもんでもないと思うのですが、それをいろんな角度から、更に奥深い所まで読みとられて、あんなに楽しく紹介してくださっていること。すばらしい才能だし、ありがたいな~♡と思います。
今年もご活躍を期待しています!! 

P.S. 笑い飯、前の鳥人は良かったけど、サンタウロスは苦しかった。ナイツがイマイチだったのも悲しかったです。やっぱいくら面白くても、同じことを繰り返していると飽きられるんでしょうね。自分も含め、大衆は常にそれまで以上のものを求めますからね。なんか勝手っちゃ勝手ですよね。
(……そんな年末の空しさを吹き飛ばしてくれたのが、紅白の氷川きよしと箱根駅伝でした!)
2011/01/06(Thu) 19:54 | URL  | 真矢 #w.MV3EZ2[ 編集]
古代エジプトうんちく
読み終わりました!!
元々オルメカ展に行き芝崎さんの本を知ったのですが、先に読んだのはエジプト。
じーーーーーーっくり読みました!本当にすごいです!!

5年前に行って以来最近は写真も見ることがなかったのですが
久しぶりに当時の行程表やチケットの半券など引っ張り出して思い出に浸ってみました(笑)。

あーーーーぜひまたこの本の知識を活かしてエジプトに行きたいです!
本当に素晴らしい本を出してくださってありがとうございます!!

こんな素晴らしい方なのですから、そのオーラでどんな悪意も蹴散らかしてしまいますよ^^
2011/01/07(Fri) 16:27 | URL  | hirofukuan #8XhlqaRc[ 編集]
真矢さまへ
真矢さんも「お勧めマン」! もう激しく共感しますよーーー。
私もとにかく映画でもマンガでも、自分が感動したものをあまりにも褒め称えすぎて、それがゆえに、かえってそのハードルをあげてしまい、結果「言うほど、たいしたことなかったよ」っとなってしまうのでした。邪魔してんだか、応援してんだか……。
でもこれからも、おもしろかったものは、ひとの期待値を上げすぎない程度に、声を小さく褒めていきたいと思います。

と、それから、すみません。気を遣っていただいて、お褒めくださって。
というか私こそが真矢さんには楽しませていただいてます。
たとえば今回も、寺尾聡に続く、スバラシーー情報「氷川きよし」をさりげなく書いてくださって!!!
真矢さんの、男芸能人への、そのちょっと隙ありなところが大好きです。

勇気を持って言いますが、笑い飯はWボケがどうも、私ダメなんですよ。フリートークは笑うんですが。
なんか小学生のお楽しみ会的なものに思えてしまって乗り切れないのです。
瞬間的に笑うのもいっぱいあるんですが(やはり鳥人とか。「ウロス」とかいうところも面白かった)、心持ってかれたことはないです。
ナイツはすごい好きで、それこそ初めて見たときに、さんざん知り合いにメールしたり、布教活動したこともあったのですが、やはり慣れてしまって、「普通に好き」レベルに落ち着きました。
(人間の心とはなんとうつろいやすいものでしょうか。自分もそうされると哀しいのに……)
ほんとう今でも相当おもしろいのに……。
私の今年の正月番組ベストは「IPPONグランプリ」と「ホンマでっか!?TV」の正月スペシャルでした。

今年も真矢さんにとって楽しく、笑い転げる一年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願いします。
2011/01/08(Sat) 09:47 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
hirofukuanさまへ
エジプト本読了を、ありがとうございましたーーーー!!!
なかなか読み切ってくださる方はいないので(哀しみ)、ヒジョーにうれしいです。
また、hirofukuanさまの思い出の再燃につながったと思いますと、本当幸せを感じます。
お気遣いのお言葉もありがとうございます!


私もエジプトまた行きたいです。
もっとゆっくりじっくり見たいし、写真もいっぱい撮りたいです。
(ただ、今はもう墓内部や博物館では写真は禁止になったそうですね。それが非常に残念です)
ぜひ、hirofukuanさま、またエジプトに行ってきて、どうだったかお教えくださいね。
2011/01/08(Sat) 09:50 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
きよしは違います!
大きな声では言えませんが、私も前から笑い飯苦手なんですよ。Wボケって、多分どっちもボケやりたかったんでしょうね。小学生のお楽しみ会って、すごいわかる。俺ボケやる! 俺も俺も! じゃあ順番に、みたいなね。今回優勝したのも、功労賞かなぁって思いました。
ちなみに、私にとっての芋洗坂係長は天津向でした。

氷川きよしは間違ってもファンじゃありませんからね! きよしは自分にとってはあくまでも、東洋大学の柏原くんと同列で、年末年始に一度だけ拝める顔なわけで、毎回毎回期待を上回るものを見せてくれるっていう点でも一緒なんですけど。今回のバイヨンも、風呂上がりにたまたま見てしまったのですが、ずんどこ節を上回るこってこて加減に目眩がしました。彼のファンクラブって一体どういう人たちがいるんだろう? 地球の裏側の世界も面白いけど、日本国内にも自分の知らない文化がまだこんな所に存続していたんだなあ……って、そういう何でしょうね、ぶらっと行った温泉地で、村の凄い陰祭りを見ちゃった時の感動がこんな感じなのかな、って思いました。そういう意味ですから!
2011/01/08(Sat) 17:47 | URL  | 真矢 #w.MV3EZ2[ 編集]
真矢さまへ
いやー、勘違いして大変失礼いたしました。私だったら、もっと1000行くらい使って、大否定するところです。
昨今の紅白事情をついぞ知らないものですので、その「紅白のきよし」の共通認識がわかっておらず……。
察するに「紅白の幸子」ほどのものではなくても、紅白のきよしも毎年なかなかすごいぞ、ということになってるのですね(これも違うのかも。すみません。永遠に学習しない年寄りになってましたら)。
きよしって人は単体で見ると、か細い、ちょっと白痴っぽい男の子、って感じですけど、うっかりステージ中継とかを見ると、そのファンの異常な熱狂のうねりとコラボして、神の子みたいに見えます。その「村の凄い陰祭りを見たような」というの、なにかわかる気がいたします。
あと、なんかきよしの追っかけをしてるご婦人たちのドキュメンタリーみたいのがあって、それもうっかり見ちゃったんですけど、皆さん、70代とかで、でも本当に日本全国追っかけて大金を費やしていて。そして本当に幸せそうで、若やいてでて健康そのものって感じで。そしてきよしがまたその人たちに本当に優しくて礼儀正しくて、まったく隙や陰のようなものを見せず、ヨンさま同様、24時間、完全ファンサービスという態で。本当にプロのエンターテイナーだなーと思いました。私も今年の暮れは、紅白のきよしに注目しようと思います。
それにしても、きよしについて、こんなに考えたことも文字を書いたこともなかった。いつも真矢さんの発言によって、脳の眠っていた領域が目覚めさせられます。いい刺激をありがとうございます。

おっ、天津向!天津向は私もきらいじゃありません(ってなんかエラソーな言い方)。キモオタ系でいうならガリガリガリクソンも好きですよー。
2011/01/09(Sun) 19:35 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
エジプト&ギリシア本買いました
以前、古代マヤ本を2冊買ってから忘れてたのですが、先週の日曜日に大阪梅田のマルゼン&ジュンク堂本店に行ったらまたも著書が山積みしてあったので、古代エジプト&ギリシアを2冊買いました。相変わらず面白かったのでまたも書き込みしてみました(^-^)/

ただ以前ブログを拝見した時も思ったのですが、更新頻度があまりないので見に来る間が空いてしまって、そのうち見に来るのも忘れてて、ハッと気が付くとTVとかトークイベントとか終わってしまったりして悔しい思いをするので、なんかその辺りもう少しまめな情報発信もお願いできたらなーと思いました。

でもなんか本の内容とか見てたらすごい時間かかりそうな作り方されてるので、そういうまめな情報発信は難しい方なのかなぁと思ってみたり。そこんとこが芝崎本の味のあるところなので、いい所は無くさないように今後もマイペースでの創作活動をお待ちしております!
2011/01/28(Fri) 08:52 | URL  | ゆうきち #-[ 編集]
ゆうきちさまへ
ゆうきちさま、お久しぶりです。思い出してくださってありがとうございます。
おおおおっ!! エジプト&ギリシアも読んでくださって!! 本当に助かります。心から嬉しいです。

プラス、スバラシき情報もありがとうございます。
大阪!なんと慈悲深い街でしょう。ちゃんと置いててくれていて、しかも積んでくださってるとは! ここ東京砂漠ときたら、どこもかしこも置いておらず……(果てしなき哀しみ)。

うっ…………、更新頻度、まさにおっしゃる通りです。
というのも本を出すとか、なんかに載るとか、そういうお伝えすることが、まったくありませんでして……。いや、もう本当に……。
でも、ゆうきちさまのようにここの存在を脳の片隅に置いてくださる方がいらっしゃると思うと、ありがたいです。

現在は新本のためにいろいろ仕込み中です。寿命を考えますと、悠長なことはやってられないので、ガシガシがんばって、早く「新本できましたー」とお知らせしたく、野望をぎらつかせております。
これからも、また思い出したときに、よろしくお願いいたします。
2011/01/29(Sat) 08:13 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
安心しました
フリーダ・カーロについて少し調べてみようとしている今日この頃、更新無く1ヶ月経過して、トップに広告があったりして、どうしたのかと心配してましたが、新本の仕込み中とは、よかった。よかった。エジプトは大変そうですが、私は先生の著作物を楽しみに余生を送りまする。
2011/01/30(Sun) 21:18 | URL  | 松本留吉 #-[ 編集]
松本留吉さまへ
松本さま、お気にしてくださってありがとうございます! なんか、このブログサービス会社のブログは、1か月更新しないと広告がトップについたり、コメントも承認があったり、となんか失礼な感じになるようでして。まことにすみませんです~~。
腰を据えてガシガシ、本づくりを頑張ろうと思いますので、これまた先の先の話ですが、よろしくお願いいたします。
エジプト…………。あれよあれよという間に、すごいことになっちゃって……。早く収束してほしいです。
まったく、なにがどうひっくり返るのか、一寸先はほんとうわからないですね。こういうのを見ると、うかうかしてられないと切に思います。

フリーダ・カーロの絵は、あの自画像の顔がそんなに好きではなく、だんぜんリベラ派だったのですが、実際、ナマを見ると、感情を揺り動かされたのは、フリーダの絵のほうでした。痛みがダイレクトにわかりやすく心に入ってきて……。私は常に体がどっかかしら痛いのですが(ってみんな、そうですよね)、フリーダの痛みを思うと、これくらいどうってことない、甘えるな、となるのでした。
2011/01/31(Mon) 09:10 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
心配してましたよぅ。
こんばんわ!!

今年に入ってから、ブログも更新されておらず、取材旅行で長期不在?え、もしや体調でも崩しているのでは?と一人でドキドキしてました。

仕込み中なんですね。それは楽しみです。「お知らせすることがない」なんて言わず
芝崎さんの日々の面白バナシなどお聞かせいただけると嬉しいです。

明日から2月、早いですね。身体が丈夫なのが唯一の取り柄の私の悩みが花粉症。今年はとにかくひどい
ようなので、早めに病院で薬をもらってきました。芝崎さんは大丈夫ですか?
ではでは。
2011/01/31(Mon) 23:25 | URL  | なんりこ #-[ 編集]
なんりこさんへ
いや、もう、すみません。気にしてくださって、本当ありがたいです。
書かないと書かなグセがつきますねー。

たぶんひとたび、日常よもやま話を書いてしまうと、何もかも、どうでもいいことも自制心なしに書き連ねそうで、それも怖かったりします。
一瞬ツイッターとかいうのでもやろうかなー、わりと皆さん、ブログは告知の場、ツイッターは心情吐露の場と使い分けてるっぽいし、投げっぱなしっぽいし、とも思ったのですが、それこそエンドレスでつぶやきそうだし、と思ってやはり自制してます。
たまにブログ書くときもあると思いますので、よろしくお願いします。

なんりこさん、花粉症なのですねーーー。
私は、いろんなアレルギー持ちですが、花粉症はまだないのです。何やら、頭までふらんふらんして、集中力無くなったり、大変らしいですね。あっ、もしかして、アウトドア派の人のほうがなりやすいのではないでしょうか。いつか自分もなって、こんなにみんな苦労してたのか―と思い知る日が来ると思います。
なんりこさん、お薬が効いて、健やかにすごせますように。
2011/02/01(Tue) 08:23 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ブログのこととか
お久し振りです。
日常ネタもいいんじゃないでしょうか? このブログの読者には、古代文明や紀行だけでなく、芝崎さんの物の見方や考え方に興味があったり共感したりしている人が多そうですし。
初期の記事の、ドーナツとか100円ショップのこととか、そういうのも楽しく読ませていただきましたよ。

それはそうと、新刊に向けて動かれているんですね。
そちらにも期待しております。
2011/02/03(Thu) 18:41 | URL  | Johannes #DLViBhOI[ 編集]
はじめまして
ギリシャ好きだったので、数年前に偶然書店でみかけた「古代ギリシアうんちく図鑑」。読み出したら止まらなくてすっかりハマって表紙がボロボロになるくらい何度も読みました~。芝崎さんの本は情報量が多すぎて何回読んでもどこから読んでも楽しめるのが最高です。
その後エジプトも読みつくしました。こちらも体調崩して病院にしばらく軟禁されたときに持参して毎日読んでました~。いつかまた新しいの出してくれないかしらと楽しみしていましたら、なんと去年出ていたなんて!しかも二本だて!嬉しくて早速注文しました!毎晩寝不足ですが、それも嬉しい私です。
気が早いですが、次回作も待ってます!
2011/02/03(Thu) 22:26 | URL  | ちい #2TJsDgzE[ 編集]
Johannesさまへ
Johannesさん、うわっ、そんなドーナツのこととかスッと書いてくださってありがとうございます。
いつもながら優しいことを。
いやー、今に煮詰まり期間が間違いなく来ると思いますので、そしたら、ここで気分転換をはかったり、鬱憤を晴らそうと思います。

いやー新刊への動きというのも、本をガシガシ読んでるということで、これぞ、という動的なことは何もしてないのですが。
ある種、一番平和であり、退屈であり、モヤモヤ期間です。
ときにとんでもなく面白いと思えることを初めて知ったり、これはどういうことかようわからん、と頭悩ませてるものの回答を、別の本で見つけるなどのパズルがはまる感じを味わったり……、とグッとテンション上がるときもありますが。
ってJohannesさんもこういうことを毎回味わってますよね。
Johannesさんのテスカトリポカならびにアステカ研究はどんどんディープに面白くなってますね。これからもお願いしますよ。
私もその感受性と集中力を分けていただきたいです……。

2011/02/04(Fri) 07:41 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ちいさまへ
ウレシーーーーーー!!うれしすぎます! ちいさんのありがたいお言葉に飛び上がってます。
ギリシア本を読んでからだったなんて、とくに本当に本当にありがたいです。
こんなところも見つけてくださって、労を取って、コメントまでくださいまして、それもありがとうございます。

しかもこのたびのマヤ本までも! 2冊というのを怒らず、いい風に考えてくださって、なんと太っ腹な。
疲れて死にそうになったら、申し訳ないので、テキトーに流して読んでくださいね。
とくに旅行本のほうは、最初に旅行記めいたところを読んでいただき、遺跡の細かい解説などは、あとで時間が余ったときや、また旅行に行くときに活用してくださるとゲンナリしないかと思われます。

入院されてたということですが、今はもう大丈夫ですか? そんな時にエジプト本をお供にしてくださったなんて光栄です。寒いし乾燥してるし、通勤(通学?)も大変だと思いますが、無理なさらないようにしてくださいね。

ちいさんにマヤ本、喜んでいただけますことを震える気持ちで祈ってます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2011/02/04(Fri) 07:47 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
実は私も
エジプト本とギリシャ本、手に入れました。久しぶりに神保町に行った時、shosenでgetいたしました。芝崎さんの女性にしては正確な方向感覚に驚き、ドジな金銭感覚に笑い、そして何より「歴史を作った人たちと歴史を掘り返す人たちand現代のその歴史で食べている人たち」に対する深い愛情になんだかいい気持ちにさせられました。ps エジプト本の時はアランパーソンズプロジェクトの「eye in the sky」を 
ギリシャ本の時はデミスルソスの「rain and tears」をBGMにしてました。
2011/02/05(Sat) 18:08 | URL  | mr.goodmusic #-[ 編集]
mr. good musicさまへ
うわーーー、またも!! この短期間に全部買ってくださいまして、多大な出費を…………、いやーもう、本当に本当にありがとうございます。
そして、方向感覚とは!! そのようなことを言われたのは初めてです。そんなことを思ってくださるような箇所あったのか、思い出せません。
でも、なんか能力的なものを褒められたようで(それも天から授かったような能力を)、鼻高々、天狗になってます。
また、目先の金勘定を優先して大局を見ない、この金銭感覚、どうしたら直るでしょうか。

「eye in the sky」と「rain and tears」を知らなかったので、you tubeで聴いてみました(今ってすごいですね。曲もすぐ調べて聴けるのですから)
二つともいい曲で、買おうと思いました。エジプトの眼やアフロディーテがジャケットにもなってるんですね。とくに「eye in the sky」はアルバム全体を聴いてみたくなりました。
私も音楽を聴きながら、本を読んだときは、のちのち、その曲を聞くと、本のこともセットで思い出したりします。
この曲が流れたとき、mr.good music さまも、本を思い出してくれればうれしいです。
2011/02/06(Sun) 09:09 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
日々のこと
バレンタインですねぇ。
幸いなことに勤務先に義理チョコの習慣もないので、主人がもらってくるお返し(→これがバカにならない金額になるので、彼の会社でもぜひ、廃止になって欲しい、、)だけ考えりゃいいやって行事なのですが。

本をガシガシ読んでるんですね。すごいな~。どんだけ集中してるんだろ。新刊、何がテーマですかね。う~ん、楽しみ!!

私は相変わらず日々淡々と家と会社を往復しています。ちなみに今通勤時に読んでる本は「吉原手引き草:松井今朝子」です。遅ればせながら、昨年12月にやっと地デジデビューしたので「あれ?民放のBSって結構旅番組多くて楽しい!!やっぱNHKのハイビジョン番組もいいぞ!」とか、地デジを満喫してます。

この冬は雪が多いですね。今日も帰宅時には結構積もってたし。愛車のチャリでの移動の際には気をつけて下さいね~。日々のよもやま話、お待ちしてます。ではまた。


2011/02/14(Mon) 23:21 | URL  | なんりこ #-[ 編集]
なんりこさんへ
本当にバレンタインは、法律で規制して、義理チョコ禁止令を出してほしいと思います。女子の負担も大変だし、もらうほうだって、欲しくもないチョコレートもらって お礼を言わなくてはならないから面倒です。双方に金と気を遣わせて、いいこと一つもなし!

なんりこさんの旦那さん、素晴らしい人格者!
昨今はもらう一方で、とくにお返しなんかくれる人はいない、とOL友達なんかから聞いておりますが、どうなんでしょう。
そうだ! それで思い出したんですけど、大昔にバイトしてたところで(夜のバイト)、ひとりの従業員男子が1週間前からやたら「チョコくれ、チョコくれ」うるさくて、あげないと面倒なことになりそうだし、と、あげたんですよ。バレンタインデーはなるべくやり過ごす主義だったのに。
で、そうなると、そのバイト先の男子全員にあげなくてはならず、かなりの出費になり……。
そして、その頑張る男のせいで、女子が全員、チョコを出すことになって、結局男どもはみんな、30個くらいずつもらえたんですよ。
そうして、さんざっぱらもらったあと、そう、ホワイトデイの前日に、
「この店はバレンタインとかホワイトデイのやりとり一切禁止」
ってなったんですよ。
って、社長もさんざんもらっといて、どんだけセコイのかって、びっくりですよ。って、夜の店ですよ。大金をお客さんからせしめるラグジュアリーな場所がそんなことでどうする! せめてホワイトデーでワンセット終わってから、中止にしろ、と暴動起こしそうになりましたよ。
……と、すみません。なんりこさんのコメントでバレンタインのはらわた煮えくり返るエピソードを思い出してしまいました。

「吉原手引き草」!
なんりこさん、相変わらずシブいものを!(よくわからんで言ってます)
 読み終わってすごく面白かったら教えてくださいね。
小説といえば、こないだ、『カラマーゾフの兄弟』を読んだんですよ(この歳になって今ごろ)。そしたら、なんで今まで読まなかったのだー、と後悔するほど、あまりにも面白くて面白くて。小説ってスゲーーって大興奮いたしまして。
で、その勢いで、日本の最近のも読んでみたんですよ。ここ何年か前の芥川賞のやつとか、その候補作とか。
そしたら…………、わざと面白くなくさせてるのかっていうほど、面白くなかった……(私には)。そうだった、芥川賞って、ストーリーの面白さじゃなくて、やっぱり「表現」の技巧のお披露目会、「芸術」とかいうものの世界だったんだ、と思い出しました。まぁ自分が感受性が鈍いのと読解力がないせいかもしれませんが、それでまた小説苦手、もとい文学苦手となりました。あっ、でも前に読んだ芥川賞の「ハリガネムシ」とか「蛇にピアス」とかは面白かった。いや、面白いのいっぱいあるんでしょうが、面白くないのを2、3冊、たて続けに読むと、色眼鏡で見てしまって、二の足を踏んでしまいます。でも今回の人、西村賢太って人のは読んでみたいなー。
はっ、なんか、さっきからなんりこさんがちょっと書いてくれたことに、こんなに要らんことダラダラ書いて!
なんかすみません、何でも自分話に持っていく奴になってます。
あともう一つ要らんことついでに、映画は『第9地区』というのを先ほど、これまた今頃見て、スゲー面白いと大喜びしてました。なんりこさん観た?
あと、幸せついでにもう一つ要らんこと。Rー1グランプリの佐久間一行の1つ目と2つ目のネタのあまりの楽しさと、でもってちゃんと優勝したことにこの上ない幸せを感じました。なんりこさん、観た?

えっ、なんりこさんの家、今頃地デジ!? ふふーーん、そうですか(相当上から目線)。なーんて、私も地上デジタル歴4か月の新人です。
そうなんですよ!BSデジタルいいですよねーーー。私はBS朝日が毎日8時にやってる「BBC地球伝説」という番組が好きです。あと、BS日テレの毎週木曜日「古代をめぐる冒険」もうれしいー。こんなに古代関係やってくれるなんて、民放ではありえないことです。そのほかガウディなどの芸術ものからアメリカンアイドルなどの俗まで、いろいろやってて楽しいですよ。

てな感じで、つらつら生きておりますよ。なんりこさんの花粉症は大丈夫ですか? 最近雪が降ってウレシー。って雪は大好きなんですが、チャリが使えないので、それだけ困ります。



2011/02/16(Wed) 01:05 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック