上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小田急多摩線の栗平駅から徒歩1分のところにある本屋さん、「ブックポート203」の淺井康雄店長という方が、日テレの24時間テレビの時間に合わせて「24時間読書」(とにかく24時間ぶっとおしで本を読みまくり、ツイッターで実況する、というもの)をやるそうです。
上司からは「なんでやるの」と言われてるらしい……。
うーん……、私は『因果鉄道の旅』(by根本敬)のあまりにも有名な名台詞「でもやるんだよ」を思い出しました(ご存じない方はぜひご一読を。世界屈指の名著です)。

店長の行動の詳細はこれ→http://www.webdoku.jp/shinbunka/2010/08/09/213046.html

と、そうなんですよ。私のマヤ・アステカ本も読んで下さるとのことで。
この浅井店長さんという方は、大手出版社よりも、良書を発行し続けてる小出版社を応援したいそうで、草思社(マヤ・アステカ本を出してくれた出版社)にも声をかけ、それで私の本を読んでくれることになったみたいです(って、私のは良書じゃないけど)。
でもあの本らは、ただでさえ読むのに時間がかかるから、一番この催しに不向きなものだと思うのだ。
こういうのは貴志祐介の本のような、もうページをめくるのさえもどかしい、トイレにも行くのもご飯食べるのももったいない、とにかく先をどんどん読みたい!!というのがいいと思うのだ(いや、貴志祐介の本は、このイベントに限らず、すべての状況、あらゆる場にもってこいですが)。

だから、せっかく、私の本の前までいい感じで読み進めても、私の本に入ったとたん、せっかくの読書スピードが何回もブレーキかかってつんのめる、って感じになりそうで、なんかもうすでに申し訳ない気持ち。

それにしても、最近本屋さんに行くと、すでに自分の新刊がきれいさっぱり消え失せてるので力が抜けます。
またしてもダメだったかー。はーあ。やっぱ、こんなの売れるわけがないね~。
手書きがネックなのか。ヘタすぎる絵がいけないのか。構成すべてがダメなのか。詰め込むのがダメなのか。でも内容薄いっ、情報少なっ、て言われることもあるし。どうすりゃーいいんだ。生まれてすみません。
たぶん根本から何からまちがえてるんだよなー。なのに代案を見つけない私。
そして私も「でもやるんだよ」な女。

それにしても、こんなマイナーな本をこうして取り上げてくれる本屋さんは、本当にありがたい。
こんなの応援してくださっても何のメリットもないのにねぇ……。
その、弱者に優しい浅井店長の「24時間読書」実況ツイッターはこれです→http://twitter.com/bookport203krh
どうなるんでしょうか。私のはテキトーにつまみ読みして、どんどん先に進んでくれますように。
浅井店長さんの体力が続きますように。

FC2blog テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

【2010/08/26 01:07】 | 出版
トラックバック(0) |

フォローしました
のりちゃん
しかし、「24時間読書」や「ブックポート203」で検索しても、何もヒットしないですね。
芝崎さんがリンクを貼ってくださってなければ、見つけられなかったと思います(^^ゞありがとうございました。

大手出版社ではなく、良書を発行し続ける小出版社を応援する本屋さんの存在は嬉しい限りです。

今は、ジュンク堂などもありますが、昔、大阪で大きな本屋といえば「紀伊国屋」だったんです。
でも品ぞろえは悪かった。
確か、夢野久作を探してたのだと思いますが、「国書刊行会の本はどこにありますか?」と聞いたら、「は?なんですかそれ?著者名?出版社?は?」と怪訝な顔をされ、「だめだこの本屋は……」と暗澹たる気持ちになったことを思い出します。

芝崎さんの本が売れないのだとしたら、そういう、「ちゃんと本を知らない本屋」と「パワースポット特集みたいなお軽い本しか読まない読者」のせいだと思います(^^ゞ
このツイッター企画で読者が増えればいいですね!

私は、9月になったら、オルメカ展へ行ってきます。
そのとき友人を誘うつもりですが、帰りに「マヤアステカ本」をプレゼントしようかと企画中。
実は、その友人から借りた漫画(諸星大二郎です)を水に濡らしちゃったんで、そのお詫びにしようかと考えてます。

のりちゃんさんへ
芝崎みゆきより
のりちゃんさん、ほんとうに、ほぉおおんとうにっ、いつもいろいろありがとうございます!!
ブックポートさんもフォローしてくださったんですねー。
ありがたい~!
私もフォローというのをしたいんですが、ツイッターのことはなんやらわからず。
ここの店長さんは、本当に本を愛してる方のようで、頼もしい限りです。
たまに、そのツイッターで毒を吐いてるのが、おもしろいです。

ぬぉぅ、す、すみません。またも「のりちゃんの義理人情」をこんなとこでも使ってくださろうとして……。
励ましも……。
本、ご無理なさらないでくださいね。
オルメカ展の感想をぜひお教えください!

のりちゃん、すごい本にくわしいですよね。
夢野久作とかポンポン出てくるし(私はドグラマグラ、途中でギブ)、かと思えば、みんなダイスキ村上春樹の短編も読んでるし。
諸星大二郎も短編は読んだことあるのですが(グリムのやつ)、あまりにも(私の中で)イメージ固定化されて、敷居が高そうできちんと読んだことなかったのです。
でも、のりちゃんさんのブログの中での紹介にも触発されて、今更ながらちゃんと買って読んでみようと思いました。
太宰が好きなとこは共通項です! まぁ、この人こそ「みんなダイスキ」だから、取り立てて言うほどの共通項ではないですが。



そんなことになっていたとは、、
なんりこ
芝崎さん、こんばんは。

最近ブログ更新されてないな~、本屋さん行脚なのかな??って思っていたら、パソコンと格闘されていたのですね。会社で事務やってるとはいえ、パソコン最低限しか使用してない私からみたら、すんごい尊敬!!です。

本に限らず、心がけてることがありまして。
自分の好みは大事にだけど、自分と違う他人の好みを上から目線で見ないってこと。とかく本好きを自認してる人は「良書」っていうけど、どんな本でも「本を読む」楽しみを知ってる人は、すごーく幸せな人だと
思うなー。その上で自分の好きな本や作者を好きな人に出会ったら、
その嬉しい気持ちを共有し合いたい!!です。

てなわけで、芝崎さんは芝崎さんの書きたい物をどんどん書いて(描いて)欲しいです!!

なんだかエラソーに書いてしまいました。ごめんなさい。
我が家もエアコン使用しない一家ですが、今晩はだいぶ涼しいです。秋の虫の音が聞こえてきます。
明日も暑くなりそうですが、身体に気をつけてお仕事がんばって下さいね。では。






Johannes
どうも、こんばんは~。

詰め込み過ぎor情報少な過ぎに関してですが、これはもう、読者それぞれの求める情報の量が違うから1冊で万人を満足させるのはとても難しいっていうかかなり無理っぽいことじゃないかなと思います。
例えば、「アステカ神話ってどんな話なの?」という人と「『フィレンツェ絵文書』がまだ全巻揃わない…しかも買った分もちょっとしか読めてない…ううう……」という人と「『フィレンツェ絵文書』ぐらいとっくに読んでて当然でしょ?」という人とでは、求める情報も違うんじゃないかと。
ちなみに、ウチのサイト・ブログは「とりあえず入門書は読んでみた」ぐらいの人向けのつもりです。っていうか私自身がニワカで初心者なので(苦笑)。

っていうか、あまり卑下されているのを見ると「そんなに自分で駄目だと思われてるの? じゃあ芝崎さんの本が好きだって言ってる人達(含む私)って何なの……?」という疑問が湧き上がってくるので、謙遜はほどほどになさってくださるとありがたいです。

それでは、毎日暑いですが頑張ってくださいませ。

なんりこさんへ
芝崎みゆき
なんりこさん、こんばんはーー!!
そうなのです! すごいでしょーーー。って何が?って話ですが、なんかこのようわからん機械を分解してデータ取ったり!っていうのが、自分的にはもう「はじめてのおつかい」のようで、スゲーーーグッジョブの大自慢なのですよ! って、パソコンに詳しい人から見りゃ―、「なに、そんなフツーのことで」ってレベルなんですが、とにかく私の世界では、すごいすごい偉業なのです! 尊敬して!尊敬して!

いや、まさになんりこさんの言葉、わが身を振り返り、猛省してます。
みんなひとりひとり、好みの本もぜんぜん違いますよね。
上から目線にならないように、常に気を付けようと思います。
本当に自分の好きな本を好きな人に会ったとき、なんと幸せを感じることか!

なんりこさんもエアコン使わない派! 仲間!
今年はもうエアコン使わないで済みそうですよ。ねー、ついに秋が近づいてきましたね。季節の終わりかけは、人生の終焉が近づいてるようでさみしい気持ちになります。



Johannesさまへ
芝崎みゆき
Johannesさま、こんばんはー。
何やら気弱発言をしてしまい、気を遣わせてすみませんでした~~~。
というのもネットでネガティブ意見を発見したからというのもありました。
どうも、そういうのを見ると、Johannesさんのようなすごい方に良く言ってもらったことも忘れ果て、一瞬で、その意見が万人の意見のように思えてしまうのです、私の弱いハートは。
でもこういう気弱発言は、言っても周りを疲れさせるだけだし、本当、バカじゃないのと言われるくらい、ドーンと自信満々で構えようと思います。

本当にJohannesさんの客観的なご意見どおり、万人を満足させることは不可能ですね。
そもそも本なんてものがニッチなものですしね。
そして、さらにそれよりくわしいことを知りたい人には、Johannesさんのようなサイトがある、ということで、ちゃんと役割分担ができてるのですよね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
フォローしました
しかし、「24時間読書」や「ブックポート203」で検索しても、何もヒットしないですね。
芝崎さんがリンクを貼ってくださってなければ、見つけられなかったと思います(^^ゞありがとうございました。

大手出版社ではなく、良書を発行し続ける小出版社を応援する本屋さんの存在は嬉しい限りです。

今は、ジュンク堂などもありますが、昔、大阪で大きな本屋といえば「紀伊国屋」だったんです。
でも品ぞろえは悪かった。
確か、夢野久作を探してたのだと思いますが、「国書刊行会の本はどこにありますか?」と聞いたら、「は?なんですかそれ?著者名?出版社?は?」と怪訝な顔をされ、「だめだこの本屋は……」と暗澹たる気持ちになったことを思い出します。

芝崎さんの本が売れないのだとしたら、そういう、「ちゃんと本を知らない本屋」と「パワースポット特集みたいなお軽い本しか読まない読者」のせいだと思います(^^ゞ
このツイッター企画で読者が増えればいいですね!

私は、9月になったら、オルメカ展へ行ってきます。
そのとき友人を誘うつもりですが、帰りに「マヤアステカ本」をプレゼントしようかと企画中。
実は、その友人から借りた漫画(諸星大二郎です)を水に濡らしちゃったんで、そのお詫びにしようかと考えてます。
2010/08/27(Fri) 08:01 | URL  | のりちゃん #-[ 編集]
のりちゃんさんへ
のりちゃんさん、ほんとうに、ほぉおおんとうにっ、いつもいろいろありがとうございます!!
ブックポートさんもフォローしてくださったんですねー。
ありがたい~!
私もフォローというのをしたいんですが、ツイッターのことはなんやらわからず。
ここの店長さんは、本当に本を愛してる方のようで、頼もしい限りです。
たまに、そのツイッターで毒を吐いてるのが、おもしろいです。

ぬぉぅ、す、すみません。またも「のりちゃんの義理人情」をこんなとこでも使ってくださろうとして……。
励ましも……。
本、ご無理なさらないでくださいね。
オルメカ展の感想をぜひお教えください!

のりちゃん、すごい本にくわしいですよね。
夢野久作とかポンポン出てくるし(私はドグラマグラ、途中でギブ)、かと思えば、みんなダイスキ村上春樹の短編も読んでるし。
諸星大二郎も短編は読んだことあるのですが(グリムのやつ)、あまりにも(私の中で)イメージ固定化されて、敷居が高そうできちんと読んだことなかったのです。
でも、のりちゃんさんのブログの中での紹介にも触発されて、今更ながらちゃんと買って読んでみようと思いました。
太宰が好きなとこは共通項です! まぁ、この人こそ「みんなダイスキ」だから、取り立てて言うほどの共通項ではないですが。

2010/08/27(Fri) 15:11 | URL  | 芝崎みゆきより #tV.v9NK6[ 編集]
そんなことになっていたとは、、
芝崎さん、こんばんは。

最近ブログ更新されてないな~、本屋さん行脚なのかな??って思っていたら、パソコンと格闘されていたのですね。会社で事務やってるとはいえ、パソコン最低限しか使用してない私からみたら、すんごい尊敬!!です。

本に限らず、心がけてることがありまして。
自分の好みは大事にだけど、自分と違う他人の好みを上から目線で見ないってこと。とかく本好きを自認してる人は「良書」っていうけど、どんな本でも「本を読む」楽しみを知ってる人は、すごーく幸せな人だと
思うなー。その上で自分の好きな本や作者を好きな人に出会ったら、
その嬉しい気持ちを共有し合いたい!!です。

てなわけで、芝崎さんは芝崎さんの書きたい物をどんどん書いて(描いて)欲しいです!!

なんだかエラソーに書いてしまいました。ごめんなさい。
我が家もエアコン使用しない一家ですが、今晩はだいぶ涼しいです。秋の虫の音が聞こえてきます。
明日も暑くなりそうですが、身体に気をつけてお仕事がんばって下さいね。では。



2010/08/29(Sun) 00:00 | URL  | なんりこ #-[ 編集]
どうも、こんばんは~。

詰め込み過ぎor情報少な過ぎに関してですが、これはもう、読者それぞれの求める情報の量が違うから1冊で万人を満足させるのはとても難しいっていうかかなり無理っぽいことじゃないかなと思います。
例えば、「アステカ神話ってどんな話なの?」という人と「『フィレンツェ絵文書』がまだ全巻揃わない…しかも買った分もちょっとしか読めてない…ううう……」という人と「『フィレンツェ絵文書』ぐらいとっくに読んでて当然でしょ?」という人とでは、求める情報も違うんじゃないかと。
ちなみに、ウチのサイト・ブログは「とりあえず入門書は読んでみた」ぐらいの人向けのつもりです。っていうか私自身がニワカで初心者なので(苦笑)。

っていうか、あまり卑下されているのを見ると「そんなに自分で駄目だと思われてるの? じゃあ芝崎さんの本が好きだって言ってる人達(含む私)って何なの……?」という疑問が湧き上がってくるので、謙遜はほどほどになさってくださるとありがたいです。

それでは、毎日暑いですが頑張ってくださいませ。
2010/08/29(Sun) 01:54 | URL  | Johannes #DLViBhOI[ 編集]
なんりこさんへ
なんりこさん、こんばんはーー!!
そうなのです! すごいでしょーーー。って何が?って話ですが、なんかこのようわからん機械を分解してデータ取ったり!っていうのが、自分的にはもう「はじめてのおつかい」のようで、スゲーーーグッジョブの大自慢なのですよ! って、パソコンに詳しい人から見りゃ―、「なに、そんなフツーのことで」ってレベルなんですが、とにかく私の世界では、すごいすごい偉業なのです! 尊敬して!尊敬して!

いや、まさになんりこさんの言葉、わが身を振り返り、猛省してます。
みんなひとりひとり、好みの本もぜんぜん違いますよね。
上から目線にならないように、常に気を付けようと思います。
本当に自分の好きな本を好きな人に会ったとき、なんと幸せを感じることか!

なんりこさんもエアコン使わない派! 仲間!
今年はもうエアコン使わないで済みそうですよ。ねー、ついに秋が近づいてきましたね。季節の終わりかけは、人生の終焉が近づいてるようでさみしい気持ちになります。

2010/08/29(Sun) 03:32 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
Johannesさまへ
Johannesさま、こんばんはー。
何やら気弱発言をしてしまい、気を遣わせてすみませんでした~~~。
というのもネットでネガティブ意見を発見したからというのもありました。
どうも、そういうのを見ると、Johannesさんのようなすごい方に良く言ってもらったことも忘れ果て、一瞬で、その意見が万人の意見のように思えてしまうのです、私の弱いハートは。
でもこういう気弱発言は、言っても周りを疲れさせるだけだし、本当、バカじゃないのと言われるくらい、ドーンと自信満々で構えようと思います。

本当にJohannesさんの客観的なご意見どおり、万人を満足させることは不可能ですね。
そもそも本なんてものがニッチなものですしね。
そして、さらにそれよりくわしいことを知りたい人には、Johannesさんのようなサイトがある、ということで、ちゃんと役割分担ができてるのですよね。
2010/08/29(Sun) 03:37 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。