上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今まで出させていただいた本を紹介させてください。

初めて出した本の『古代エジプトうんちく図鑑』ですけど、これもどういうわけで本なんか作ろうと思い立ったのか、あっ、そうそう現実逃避でした、とにかく何もかもうまくいかないし、自分のやりたいことにはとても立ち向かう勇気もないし、とにかくウダウダしてて、それで現実から目をそむけるために始めたのでした。

まぁ、そんなことはいいとして、本出すなんて簡単なことだろうと思ってましたが(わたくし、全般ではネガティブ思考なんですが、根本的なことになるとどうも楽天家というか世間を甘くみてるところがありまして)、なかなか日々バトルって感じで……。
いろんな妥協をしましたが、本の体裁だけは守り抜こうと思って、粘りまくりました。
でもタイトルだけはダメでしたよ。
ほんとう、「うんちく」って音がすごくイヤで、その意味することもイヤで。
そもそも「うんちく」を書いたつもりもなかったし。
これは最後まで抵抗しました。
でも『お笑い』ってカンムリつけようと言われて、そんなハードルのあがるものだけは止めて――――!って懇願して、それは呑んでもらえたけど、うんちくは残されて。


まぁとにかく毎日実際印刷されるまでは心臓が爆発しそうなくらい緊張していて、出たら出たで、しゃにむにはりきって営業にも出たけど、まぁそれでも制作に費やした時間計算すると時給10円になるくらいしか売れなくて(経費入れたらマイナス……)、うわーーっ、本って食えないじゃん、って思い知らされた第一作です。
私が考えてたタイトルは「古代エジプトぴょろーん大全」ってやつだったのですが、それにしてたらますます売れなかったでしょうかねー。

FC2blog テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2010/05/08 22:47】 | 自著の紹介
トラックバック(0) |

まいった!
Otsuka Iwao(大塚 岩男)
ここんとこず~と憧れ♡♡♡だったみゆき様のHPにたどりつきました!一言お礼を申しあげたくて、約半年もんもんしてたんですよ。
 昨年9月に何の予習もなくエジプト行っちゃったんだけど、ガ~ン。帰ってきてからヨシムラさんやコンドーさんや、果ては大英博物館監修などという万巻(うそ、20冊くらい)の書物にかぶりついて約2カ月猛勉強しました。でもそのうち何か満たされないものを感じて、気まぐれでAmazonをクリックして出会ったのがこの「うんちく図鑑」。ガ~ン・ガ~ン!
 クフ王やラムセス2世の偉業もみゆき様の渾身の大作には影が薄い。すごいですねぇ、この内容の充実度、正確さ、表現とイラストと文字のの軽妙さ。オジサン、みゆき様にイカレてます。
何部売れたのか知らないけど、ほんとうは時給1,2円のご苦心の結果ではないかと思います。こちらおかげ様でたった1600円で6か月、いまも毎夜ZZZ前30分、至福のひとときに浸らせていただいております。
語彙が貧弱で意を得ませんが、生涯に出会った屈指の愛蔵書になりました。すばらしいご本を作っていただきまして、ほんとうにありがとうございました。


Otsuka Iwaoさまへ
芝崎みゆきより
何かもう本当すみませんです。もうあまりのお褒めの言葉に、くらくらしております。
こんなにも言葉を尽くして、身のよじれるほどうれしくなることを書いてくださった大塚さんのサービス精神には平伏したい気持ちです。


まずご購入いただいたこともありがとうございました。
何しろ、あまりにも知られてない本ですので、大塚さんのお手元に行ったことは本当にうれしいことです。
大塚さんは去年エジプトに行かれたのですね。
私も、行く前は、一番行きたい国ではありましたが、実際行ってこんなにもテンションが上がるとは思いませんでした。
帰国して、大塚さんのように本を読み漁り、異常なエジプト熱に浮かされました。
本当に、あれほど胸がかきたてられるようなところはないですね。

大塚さんのおかげで本日は幸福になりました。
私のほうこそ、感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

優しすぎる大塚さんが、宝くじで3億円当たったり、毎日大笑いしてお暮らしくださいますことを願っております。
本当にありがとうございます。



最後の2行、アタリです
Otsuka Iwao(大塚 岩男)
水曜日の午後2時にパソコンいじってるヒトだから、どんなオジサンか察しがつこうというものですが、宝くじ当ててやらないといけない身の上までサッチされちゃうと、またまたぎゃふん。そうなんです、もう一度エジプト見に帰りたいし、インカもぴょろ~んしたいんですが、先立つものがないんだす。
古代エジプトのファラオとお友達のみゆき様から3億円あててやってとそちらのカーさんとかバーさんとかに頼んでみてくれませか。
 ご返信うれしくて、天にも昇ってる今朝です。さあ、今日一日がんばるどー。みゆき様もね~。


さやか
はじめまして 台湾に長く住んでいる日本人です。 今日夕食後ぶらーーっと近くの本屋(大型チェーン店)に寄って小学3年生の子供の大好きな古代エジプトの本を子供と捜していたら・・・なにやら詳しい解説付きのエジプトの本を発見! もちろん全て中国語ですが、作者を見ると日本人の名前、しっかり覚えて帰ってきました。

今それで日本で買えるか調べていてこちらにたどり着きました。
みゆき様の本中国語になってましたよ!

子供は中国語完璧なので、中国語のが欲しいか日本語のが欲しいか聞いたところママが読めるから日本語のを買って(ママの中国語が怪しいので)と言ってくれたので、残念ながら中国語に訳された本は、今日買ってきませんでした。

とても詳しく書かれていたので、あの中国語を読む自信はないですが、日本語で是非読みたいと思います。 

毎年6月末から2ヶ月間日本に帰国するので、買いますね。

ちなみにご存知だと思いますが、今静岡県立美術館でトリノエジプト展をやってるので、それを見るためだけに成田で飛行機降りて、エジプト展見てから羽田から札幌の実家に戻る予定です。(そのくらいエジプトにはまってますが、なかなかエジプトまでは行けなくて・・・)

また来ますね。

さやかさまへ
芝崎みゆきより
さやかさま。海を越えてのうれしいコメントをありがとうございます!
台湾で本が出てるのは聞いていたのですが、本当に店頭に売ってるのか、なにも分からない状態でしたので、この情報は本当に貴重です。
しかも台湾に住んでる方から、直にこうして教えていただけるなんて、まさにネット社会の恩恵を感じました。

それにしてもトリノエジプト展のために、そこまでの情熱を!
トリノエジプト展もすごく面白いと思いますが、ぜひさやかさんが現地のブツたちを見に行く日が来ますように。

わたくしなんかは、実際エジプトに行くまでは特にものすごくハマったということもありませんでした。ただ発掘者の話は好きで、遺跡にも胸焦がれるほうなので、「一生に一度は行かなきゃ」レベルにはあこがれていました。でもやっぱりナマはすごい。もう何もかもがあまりにも想像を超えていましたので、かなりのめりこんでしまいました。
さやかさんが行けば、もっとすごいことになるのではないかと思います。

私のエジプト本も、どうにもシロウトのはりきりで作った荒々しいものでありますが、どうかさやかさんとバイリンガルな頭脳明晰なお子さんとを、楽しませてくれるように、エジプトの神々に祈りを捧げます。

ご無事に帰国されますように。



今拝読してます。
永田誠一
すごい!
今拝読してます。
とても興味が湧いてきます。
うんちくなのですが、
エジプトのテーマパークみたいでとても面白いです。
まだシャンポリオンの処ですが、次はギリシャに向かいます。
できましたらローマも書いて下さい。



永田誠一さま
芝崎みゆき
永田さまっ!なんともうれしすぎる形容をしてくださって!
書いたもん冥利につきますです。
パッと明るい気持ちになりました!

だんだん後半、しちめんどくさくなってきますが、永田さまが最後までお読みいただけますよう、ギリシャまで余力が残ることを、ビクビクしながら祈っております。
ローマはいつの日か、なんとしてでも書きたく思っております。どうぞこれからもよろしくお願いします。
いい気分にさせてくださって本当にありがとうございます!!




有難い
riri
こんにちは。30代女です。

先日『ツタンカーメン展』に行って以来、何だかエジプトが頭から離れません。

母に誘われて、ほぼ知識0&ミーハー気分で行ったのに、まさか自分がハマるとは思いませんでした。
3300年?のスケールの大きさに圧倒されました。感動&すごい。

書店でエジプト関連の本を探していたら、みゆきさんの本に出会いました。絵が可愛く、何だか読み応えがあって、情熱が伝わってきて、今日購入してきました。

私は勿論エジプトに行った事もないド素人です。でも、いつか行きたいな・・

私、基本、一生懸命&情熱的&濃い本が好きです。

みゆきさんの他の本も読んでみますね。
応援してます!!





ririさまへ
芝崎みゆき
ririさま、こんなところ探してくださって、ありがたすぎるコメント、本当にありがとうございます!!!!

私もririさまとまったく同じですよ、同じく30代のとき「ほぼ知識0&ミーハー気分」でしかなく、脳の片隅の端の端っこに引っかかってたくらいのエジプトに、まさかのドハマり。人間、いつ何をどういう風に興味持つか、本当にわからないですよね~~。
ririさんがエジプト行ったらますますとんでもなくハマると思います。ぜひとも行っていただきたいです。

たくさんの本の中から私の本を見つけご購入下さったことも本当に本当にありがとうございますーーーっ!!!!! 心からっ!心から感謝しております!
小汚く読みにくいと思いますが、少しでもririさんのお役に立てますよう、震える気持ちで祈っております。
少しでも楽しんでいただけますように


Lさん
このブログって本物?
柴崎さんのエジプトうんちくは偶然出会ったお気に入りで、その後はギリシア・マヤ・アステカと愛読させていただきましたが、このブログ変じゃないですか?
遭遇して即で違和感感じたので書きます。
これからブログを読んでみますが・・・

全部持ってますが人に勧めるのはやっぱりエジプトからですね。
マヤ・アステカはちょっと個人的には微妙だけども
エジプトなんか勧めた人でダメだった人は1人も居ないんだよね~
騙されないぞー

Lさまへ
芝崎みゆき
Lさん、コメントありがとうございます!!
すみません、ちょっと事情があって、ずっとパソコンを開いてなかったのでぜんぜんコメントに気づきませんで少々遅くなりました。
あやしんでくださってうれしい感じです。
できればそのまま疑惑を持っていただいて、ミステリアスにしたいところですが、残念ながら一応本人が書いてます。
私自身も違和感ありまくりです。
あまりにも売れないので、やけっぱちでやってみました。そしたらどんどん思惑とちがうことになっちゃって・・・・・・。

そして、全部持っててくださるとは、ありがて――――っ!! Lさんはなんという素晴らしいお方なのでしょう!!!! しかもご布教くださってるなんて命の恩人です。
マヤ・アステカはどの辺が微妙だったのでしょうか。あんまりフザケが足りなかったのか。守りに入っていたのか。センスがそもそもダメなのか。
これからも忌憚なき意見を頂けると幸いです。
次に本書けるかどうかわかりませんが、そのときも読んでいただけますように。

こんにちは
ねーしゃ
みゆきさま!
今度、高齢母の介護がてら希望のエジプト旅行に連れて行く予定です。
ユーラシア旅行者の冊子でみゆきさまのお名前は存じておりました。
このたび、母の手前、むりやりエジプトに興味を持たないとならなくなり、ご本に頼ろうかと思っているところです。
母は心身弱いにもかかわらず、ツアーを好みませんで、あの暑いエジプトでどうやって動こうか、無理難題すぎます。
みゆきさまのご本、期待していますーー!

ねーしゃさまへ
芝崎みゆき
ねーしゃさま!
コメントありがとうございます。
ユーラシアさんのパンフを見てるなんて、マニアックかつお目が高いですね~~。
しかも私なんぞのことを記憶の片隅に置いてくださって光栄です。
ねーしゃさん、すごい親孝行。お母さま、いい娘さん居て、幸せですね。
ツアー好きじゃないなんて、お母様、剛の者!
でも自分たちのタイミングで回れますものね。
エジプト、暑いわ、人が寄ってくるわで大変かと思いますが、ふんだんに楽しんでくださいね。
何かお聞きになりたいことがあったらどうぞご遠慮なく。(とはいえ、旅行に関してはだいぶ前のことしか知りません……)
ねーしゃさんも行ったら、おそらく興味湧きますよ。

私の本は、バカにしながら読むと、案外いいじゃん、と思えるかもしれません。思ってほしい……。

ゲットしましたーーーーっ
ねーしゃ
みゆきさま!
うんちく図鑑、入手しましたっっ!
えへへ。うれしい。
これからゆっくり堪能します^^

貧乏母娘、10月末のエジプト旅行がせまってまいりました。
私、みゆきさまと同い年でした。
体に自信のない母娘、英語もできないぜ・・・
母はついこの間、熱中症で倒れましたし・・・
それでも人間嫌いの母は医者にも行かず、エジプト個人旅行の希望は取り下げません。
ムチャや・・・

情けない母娘にエールをください・・・。

ねーしゃさまへ
芝崎みゆき
ねーしゃさま!
わーい、ありがとうございますっ!!
適当な気持ちでぜひ読んでやってください。

10月ですか。
日本語できるエジプト人もまぁまぁいるし、適当英語でぜんぜん大丈夫ですよ。
熱中症だけ心配ですね。
首とか守って、塩などなめながら、水分がっちり取ってくださいね。

同じ歳なんてうれしいですね。
人口少ない歳だから、感動します。


本当、がっちりじっくりエジプトを見まくってくださいね。



感激
はにぃp8
はじめまして
エジプトうんちく じーーーくっり読ませていただきました。

子供のころからのあこがれの地エジプト、
そして20歳ごろ、栗本薫さんの「ネフェルティティの微笑」を読んでから 彼女の生きざまが妙にかっこよくて「ネフェルティティ」のファンになりました。

本屋さんで「うんちく」を見つけたのは かれこれ1年以上前。
もちろん エジプト全般興味がありましたが
一番に探したのが「ネフェルティティ」の部分でした。うんうん彼女ってそうよねーうなづきながら読んでました。

あと1週間で 念願のエジプトに行ってまいります。(ツアーでね)
今回勉強も兼ねて 再読しました。

エジプトの神々の逸話
歴代の王様 神殿のあれこれ
もう このまままるまる一冊丸暗記したーいって気分です。
すっごい すっごい面白いです。
わかりやすいです。
興味引きます。
旅行に行っても「どの神殿見ても違いがわからない」って感想を見たことがあるので
わたしは 絶対そうならない!!
みゆきさんのおかげで
神殿も楽しみになってます。

出発の日まであとどれくらい中身を覚えられるか。。1ページでも多く再再読していきます。
エジプトばんざーい!
ちょっと興奮しすぎて支離滅裂コメントですみません。






はにぃp8さまへ
芝崎みゆき
はにぃp8さま! うれしいコメントに血流アップしてますーー。

エジプト旅行が押し迫っていて、お忙しいでしょうにありがとうございます。
いいな---、来週にはエジプトなんて。
今、どんなにわくわくされてることでしょうか。

神殿は本当「どれも同じって言えば同じ」だし、「ひとつひとつ、まったく違う個性を放ってる」ものでもあります。
きっとはにぃp8さんなら、どの神殿もいちいち狂喜乱舞して楽しめると思います。
ぜひともじっくりゆっくり、巨大建築物の妙や、レリーフの遊び心、かわいさ、美しさ、奇妙さなどを味わってくださいね。

お墓も本当に面白いですよ。変なものを不意に見つけたときの幸せったらありません。

はにぃp8さんは読書家ですよね。

普通、ネフェルティテイなんて、ほとんどの人が知らないのに。

ネフェルティテイさん、どんな方だったんですかねーー。
いろんな側面を感じさせる本当にミステリアスな方ですよね。

たぶんご存知かと思われますが、あの有名なネフェルティティ像をちょっと前に調べたら、表面のちょっと下にシワやたるみがつけられていたのが見つかったそうですね。
そんなイヤな写実をされて、ネフェルティティが怒って直させたんだが、彫刻師が自主的に直したんだか、そーいうちょっとしたものにもドラマを感じて、面白いな―と思いました。

はにぃp8さんのエジプト旅行が、最高に充実した素晴らしい旅になることを、願ってます。
ぜひぜひ、気をつけて、興奮してきてくださいね。

感動!
はにぃp8
柴崎様
お返事ありがとうございました。
感激です!!
「巨大建築物の妙や、レリーフの遊び心、かわいさ、美しさ、奇妙さなどを味わってくださいね。」
この一文 めちゃ気に入りました。
この一文 絶対実感してきたいと思います。
お忙しい中 一読者の書き込みにありがとうございました。

さーて これから パッキングでもしよっかな。エヘヘ


雷おかん
芝崎様、はじめまして、こんにちは
「雷おかんの旅日記」と言うブログを書いているものです



私は2009年にエジプトに行ってきたのですが、その時に「古代エジプトうんちく図鑑を持参した記憶があります
エジプトに行くよと言う友人知人にはこの本をおススメしていました
とても分かりやすくて面白い本だと思います

先日「メトロポリタン美術館 女王と女神展」に行ってきました

懐かしさに駆られ、読み直し
なんとなくネット検索したらこのブログがHitしました。

病気との闘い、大変でしたね。お疲れ様でした。
病気に負けずこれからも素晴らしい本を書いてください。

ギリシャ版、マヤ版などが出ているとは知りませんでした。
これから順次入手して読んでみようと思っています。



雷おかんさまへ
芝崎みゆき
うわー、ありがとうございます!
こんな本知っててくださって本当ありがたいですーー。おともだちにも宣伝くださって、それも本当光栄のいたりです!

雷おかんさんのブログ、ペルー編、熟読させていただきましたーー。すごく楽しーー。完全に旅気分にさせていただきました。ありがとうございます。

雷おかんさん、すごい! 息子さんとあちこち行かれて。息子さん、なんて恵まれてるのでしょう。

いいなーー、フマナ高原の地上絵、見られて――。
私もローカルバスで、そこに行きつこうと企んで、しつこくバスの小僧に言ったのに、「大丈夫!知ってる」って威張ってたくせに、全然違うところで降ろされて、しかも、あとで調べると、その街から、本当はちょっとの距離にあったのに、街の人々も親身になってくれるものの、誰も存在を知らず。結局ぜんぜん違うところに連れてってもらいまして、見ることはかないませんでした――。
もうそのことを考えると、後悔の気持ちとしくじった感で、冗談抜きでいまだに泣きそうになります。

そして、なぜ雷おかんさんのツアーのガイドさんは、そんなにいちいちキレるんでしょう。それがやけに私には面白く、ものすごい興味をひかれました。

いたわりのお言葉もありがとうございます。
次は雷おかんさまも行かれたペルーと、あとイースター島を書こうと、モソモソやってます。
早くできればいいのですが、どうにも遅く……。

それはともかく、今度は雷おかんさんのエジプト編を熟読しにお邪魔しようと思います。
楽しみが増えました、本当にありがとうございます!!


芝崎様
雷おかん
こんなに早いお返事ありがとうございます

ペルー編全部読まれたんですか!?
結構な量があると思うので大変だったのではないですか?
私は書くペースが遅く、一回の旅行を一年かけてちんたら書いてます

良かったらまた見に来てください
コメントもいつでも大歓迎ですヽ(^o^)丿

フマナの地上絵は地元でも知名度が低いんですね。驚きです!
どおりでフマナグッズが何も無いわけです

私たちはツアー旅行が多いのですが、ガイドさんのアタリ・ハズレは歴然の差です
たぶん日頃は何の質問もしないで付いてくるだけの客しか相手にしていないんではないでしょうか?
それに対して私たちは質問するわ、突っ込みいれるわで、ちょっとめんどくさい客なのかもしれません・・・

それも含めて思い出なんですけどね

改めて、返信コメントありがとうございました

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
まいった!
ここんとこず~と憧れ♡♡♡だったみゆき様のHPにたどりつきました!一言お礼を申しあげたくて、約半年もんもんしてたんですよ。
 昨年9月に何の予習もなくエジプト行っちゃったんだけど、ガ~ン。帰ってきてからヨシムラさんやコンドーさんや、果ては大英博物館監修などという万巻(うそ、20冊くらい)の書物にかぶりついて約2カ月猛勉強しました。でもそのうち何か満たされないものを感じて、気まぐれでAmazonをクリックして出会ったのがこの「うんちく図鑑」。ガ~ン・ガ~ン!
 クフ王やラムセス2世の偉業もみゆき様の渾身の大作には影が薄い。すごいですねぇ、この内容の充実度、正確さ、表現とイラストと文字のの軽妙さ。オジサン、みゆき様にイカレてます。
何部売れたのか知らないけど、ほんとうは時給1,2円のご苦心の結果ではないかと思います。こちらおかげ様でたった1600円で6か月、いまも毎夜ZZZ前30分、至福のひとときに浸らせていただいております。
語彙が貧弱で意を得ませんが、生涯に出会った屈指の愛蔵書になりました。すばらしいご本を作っていただきまして、ほんとうにありがとうございました。
2010/05/19(Wed) 14:59 | URL  | Otsuka Iwao(大塚 岩男) #OpaU15Bw[ 編集]
Otsuka Iwaoさまへ
何かもう本当すみませんです。もうあまりのお褒めの言葉に、くらくらしております。
こんなにも言葉を尽くして、身のよじれるほどうれしくなることを書いてくださった大塚さんのサービス精神には平伏したい気持ちです。


まずご購入いただいたこともありがとうございました。
何しろ、あまりにも知られてない本ですので、大塚さんのお手元に行ったことは本当にうれしいことです。
大塚さんは去年エジプトに行かれたのですね。
私も、行く前は、一番行きたい国ではありましたが、実際行ってこんなにもテンションが上がるとは思いませんでした。
帰国して、大塚さんのように本を読み漁り、異常なエジプト熱に浮かされました。
本当に、あれほど胸がかきたてられるようなところはないですね。

大塚さんのおかげで本日は幸福になりました。
私のほうこそ、感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

優しすぎる大塚さんが、宝くじで3億円当たったり、毎日大笑いしてお暮らしくださいますことを願っております。
本当にありがとうございます。

2010/05/19(Wed) 22:18 | URL  | 芝崎みゆきより #-[ 編集]
最後の2行、アタリです
水曜日の午後2時にパソコンいじってるヒトだから、どんなオジサンか察しがつこうというものですが、宝くじ当ててやらないといけない身の上までサッチされちゃうと、またまたぎゃふん。そうなんです、もう一度エジプト見に帰りたいし、インカもぴょろ~んしたいんですが、先立つものがないんだす。
古代エジプトのファラオとお友達のみゆき様から3億円あててやってとそちらのカーさんとかバーさんとかに頼んでみてくれませか。
 ご返信うれしくて、天にも昇ってる今朝です。さあ、今日一日がんばるどー。みゆき様もね~。
2010/05/20(Thu) 09:49 | URL  | Otsuka Iwao(大塚 岩男) #OpaU15Bw[ 編集]
はじめまして 台湾に長く住んでいる日本人です。 今日夕食後ぶらーーっと近くの本屋(大型チェーン店)に寄って小学3年生の子供の大好きな古代エジプトの本を子供と捜していたら・・・なにやら詳しい解説付きのエジプトの本を発見! もちろん全て中国語ですが、作者を見ると日本人の名前、しっかり覚えて帰ってきました。

今それで日本で買えるか調べていてこちらにたどり着きました。
みゆき様の本中国語になってましたよ!

子供は中国語完璧なので、中国語のが欲しいか日本語のが欲しいか聞いたところママが読めるから日本語のを買って(ママの中国語が怪しいので)と言ってくれたので、残念ながら中国語に訳された本は、今日買ってきませんでした。

とても詳しく書かれていたので、あの中国語を読む自信はないですが、日本語で是非読みたいと思います。 

毎年6月末から2ヶ月間日本に帰国するので、買いますね。

ちなみにご存知だと思いますが、今静岡県立美術館でトリノエジプト展をやってるので、それを見るためだけに成田で飛行機降りて、エジプト展見てから羽田から札幌の実家に戻る予定です。(そのくらいエジプトにはまってますが、なかなかエジプトまでは行けなくて・・・)

また来ますね。
2010/06/07(Mon) 01:54 | URL  | さやか #42Bx5PJs[ 編集]
さやかさまへ
さやかさま。海を越えてのうれしいコメントをありがとうございます!
台湾で本が出てるのは聞いていたのですが、本当に店頭に売ってるのか、なにも分からない状態でしたので、この情報は本当に貴重です。
しかも台湾に住んでる方から、直にこうして教えていただけるなんて、まさにネット社会の恩恵を感じました。

それにしてもトリノエジプト展のために、そこまでの情熱を!
トリノエジプト展もすごく面白いと思いますが、ぜひさやかさんが現地のブツたちを見に行く日が来ますように。

わたくしなんかは、実際エジプトに行くまでは特にものすごくハマったということもありませんでした。ただ発掘者の話は好きで、遺跡にも胸焦がれるほうなので、「一生に一度は行かなきゃ」レベルにはあこがれていました。でもやっぱりナマはすごい。もう何もかもがあまりにも想像を超えていましたので、かなりのめりこんでしまいました。
さやかさんが行けば、もっとすごいことになるのではないかと思います。

私のエジプト本も、どうにもシロウトのはりきりで作った荒々しいものでありますが、どうかさやかさんとバイリンガルな頭脳明晰なお子さんとを、楽しませてくれるように、エジプトの神々に祈りを捧げます。

ご無事に帰国されますように。

2010/06/09(Wed) 00:19 | URL  | 芝崎みゆきより #-[ 編集]
今拝読してます。
すごい!
今拝読してます。
とても興味が湧いてきます。
うんちくなのですが、
エジプトのテーマパークみたいでとても面白いです。
まだシャンポリオンの処ですが、次はギリシャに向かいます。
できましたらローマも書いて下さい。

2012/03/19(Mon) 13:13 | URL  | 永田誠一 #FGX4caPQ[ 編集]
永田誠一さま
永田さまっ!なんともうれしすぎる形容をしてくださって!
書いたもん冥利につきますです。
パッと明るい気持ちになりました!

だんだん後半、しちめんどくさくなってきますが、永田さまが最後までお読みいただけますよう、ギリシャまで余力が残ることを、ビクビクしながら祈っております。
ローマはいつの日か、なんとしてでも書きたく思っております。どうぞこれからもよろしくお願いします。
いい気分にさせてくださって本当にありがとうございます!!


2012/03/20(Tue) 08:24 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
有難い
こんにちは。30代女です。

先日『ツタンカーメン展』に行って以来、何だかエジプトが頭から離れません。

母に誘われて、ほぼ知識0&ミーハー気分で行ったのに、まさか自分がハマるとは思いませんでした。
3300年?のスケールの大きさに圧倒されました。感動&すごい。

書店でエジプト関連の本を探していたら、みゆきさんの本に出会いました。絵が可愛く、何だか読み応えがあって、情熱が伝わってきて、今日購入してきました。

私は勿論エジプトに行った事もないド素人です。でも、いつか行きたいな・・

私、基本、一生懸命&情熱的&濃い本が好きです。

みゆきさんの他の本も読んでみますね。
応援してます!!



2012/05/21(Mon) 23:08 | URL  | riri #-[ 編集]
ririさまへ
ririさま、こんなところ探してくださって、ありがたすぎるコメント、本当にありがとうございます!!!!

私もririさまとまったく同じですよ、同じく30代のとき「ほぼ知識0&ミーハー気分」でしかなく、脳の片隅の端の端っこに引っかかってたくらいのエジプトに、まさかのドハマり。人間、いつ何をどういう風に興味持つか、本当にわからないですよね~~。
ririさんがエジプト行ったらますますとんでもなくハマると思います。ぜひとも行っていただきたいです。

たくさんの本の中から私の本を見つけご購入下さったことも本当に本当にありがとうございますーーーっ!!!!! 心からっ!心から感謝しております!
小汚く読みにくいと思いますが、少しでもririさんのお役に立てますよう、震える気持ちで祈っております。
少しでも楽しんでいただけますように
2012/05/22(Tue) 23:44 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
このブログって本物?
柴崎さんのエジプトうんちくは偶然出会ったお気に入りで、その後はギリシア・マヤ・アステカと愛読させていただきましたが、このブログ変じゃないですか?
遭遇して即で違和感感じたので書きます。
これからブログを読んでみますが・・・

全部持ってますが人に勧めるのはやっぱりエジプトからですね。
マヤ・アステカはちょっと個人的には微妙だけども
エジプトなんか勧めた人でダメだった人は1人も居ないんだよね~
騙されないぞー
2012/06/19(Tue) 03:14 | URL  | Lさん #8Y4d93Uo[ 編集]
Lさまへ
Lさん、コメントありがとうございます!!
すみません、ちょっと事情があって、ずっとパソコンを開いてなかったのでぜんぜんコメントに気づきませんで少々遅くなりました。
あやしんでくださってうれしい感じです。
できればそのまま疑惑を持っていただいて、ミステリアスにしたいところですが、残念ながら一応本人が書いてます。
私自身も違和感ありまくりです。
あまりにも売れないので、やけっぱちでやってみました。そしたらどんどん思惑とちがうことになっちゃって・・・・・・。

そして、全部持っててくださるとは、ありがて――――っ!! Lさんはなんという素晴らしいお方なのでしょう!!!! しかもご布教くださってるなんて命の恩人です。
マヤ・アステカはどの辺が微妙だったのでしょうか。あんまりフザケが足りなかったのか。守りに入っていたのか。センスがそもそもダメなのか。
これからも忌憚なき意見を頂けると幸いです。
次に本書けるかどうかわかりませんが、そのときも読んでいただけますように。
2012/06/24(Sun) 21:22 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
こんにちは
みゆきさま!
今度、高齢母の介護がてら希望のエジプト旅行に連れて行く予定です。
ユーラシア旅行者の冊子でみゆきさまのお名前は存じておりました。
このたび、母の手前、むりやりエジプトに興味を持たないとならなくなり、ご本に頼ろうかと思っているところです。
母は心身弱いにもかかわらず、ツアーを好みませんで、あの暑いエジプトでどうやって動こうか、無理難題すぎます。
みゆきさまのご本、期待していますーー!
2012/06/29(Fri) 09:46 | URL  | ねーしゃ #-[ 編集]
ねーしゃさまへ
ねーしゃさま!
コメントありがとうございます。
ユーラシアさんのパンフを見てるなんて、マニアックかつお目が高いですね~~。
しかも私なんぞのことを記憶の片隅に置いてくださって光栄です。
ねーしゃさん、すごい親孝行。お母さま、いい娘さん居て、幸せですね。
ツアー好きじゃないなんて、お母様、剛の者!
でも自分たちのタイミングで回れますものね。
エジプト、暑いわ、人が寄ってくるわで大変かと思いますが、ふんだんに楽しんでくださいね。
何かお聞きになりたいことがあったらどうぞご遠慮なく。(とはいえ、旅行に関してはだいぶ前のことしか知りません……)
ねーしゃさんも行ったら、おそらく興味湧きますよ。

私の本は、バカにしながら読むと、案外いいじゃん、と思えるかもしれません。思ってほしい……。
2012/06/30(Sat) 18:01 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ゲットしましたーーーーっ
みゆきさま!
うんちく図鑑、入手しましたっっ!
えへへ。うれしい。
これからゆっくり堪能します^^

貧乏母娘、10月末のエジプト旅行がせまってまいりました。
私、みゆきさまと同い年でした。
体に自信のない母娘、英語もできないぜ・・・
母はついこの間、熱中症で倒れましたし・・・
それでも人間嫌いの母は医者にも行かず、エジプト個人旅行の希望は取り下げません。
ムチャや・・・

情けない母娘にエールをください・・・。
2012/08/06(Mon) 15:22 | URL  | ねーしゃ #Yiaed2yY[ 編集]
ねーしゃさまへ
ねーしゃさま!
わーい、ありがとうございますっ!!
適当な気持ちでぜひ読んでやってください。

10月ですか。
日本語できるエジプト人もまぁまぁいるし、適当英語でぜんぜん大丈夫ですよ。
熱中症だけ心配ですね。
首とか守って、塩などなめながら、水分がっちり取ってくださいね。

同じ歳なんてうれしいですね。
人口少ない歳だから、感動します。


本当、がっちりじっくりエジプトを見まくってくださいね。

2012/08/07(Tue) 14:53 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
感激
はじめまして
エジプトうんちく じーーーくっり読ませていただきました。

子供のころからのあこがれの地エジプト、
そして20歳ごろ、栗本薫さんの「ネフェルティティの微笑」を読んでから 彼女の生きざまが妙にかっこよくて「ネフェルティティ」のファンになりました。

本屋さんで「うんちく」を見つけたのは かれこれ1年以上前。
もちろん エジプト全般興味がありましたが
一番に探したのが「ネフェルティティ」の部分でした。うんうん彼女ってそうよねーうなづきながら読んでました。

あと1週間で 念願のエジプトに行ってまいります。(ツアーでね)
今回勉強も兼ねて 再読しました。

エジプトの神々の逸話
歴代の王様 神殿のあれこれ
もう このまままるまる一冊丸暗記したーいって気分です。
すっごい すっごい面白いです。
わかりやすいです。
興味引きます。
旅行に行っても「どの神殿見ても違いがわからない」って感想を見たことがあるので
わたしは 絶対そうならない!!
みゆきさんのおかげで
神殿も楽しみになってます。

出発の日まであとどれくらい中身を覚えられるか。。1ページでも多く再再読していきます。
エジプトばんざーい!
ちょっと興奮しすぎて支離滅裂コメントですみません。




2012/08/30(Thu) 20:41 | URL  | はにぃp8 #xYl2iXZk[ 編集]
はにぃp8さまへ
はにぃp8さま! うれしいコメントに血流アップしてますーー。

エジプト旅行が押し迫っていて、お忙しいでしょうにありがとうございます。
いいな---、来週にはエジプトなんて。
今、どんなにわくわくされてることでしょうか。

神殿は本当「どれも同じって言えば同じ」だし、「ひとつひとつ、まったく違う個性を放ってる」ものでもあります。
きっとはにぃp8さんなら、どの神殿もいちいち狂喜乱舞して楽しめると思います。
ぜひともじっくりゆっくり、巨大建築物の妙や、レリーフの遊び心、かわいさ、美しさ、奇妙さなどを味わってくださいね。

お墓も本当に面白いですよ。変なものを不意に見つけたときの幸せったらありません。

はにぃp8さんは読書家ですよね。

普通、ネフェルティテイなんて、ほとんどの人が知らないのに。

ネフェルティテイさん、どんな方だったんですかねーー。
いろんな側面を感じさせる本当にミステリアスな方ですよね。

たぶんご存知かと思われますが、あの有名なネフェルティティ像をちょっと前に調べたら、表面のちょっと下にシワやたるみがつけられていたのが見つかったそうですね。
そんなイヤな写実をされて、ネフェルティティが怒って直させたんだが、彫刻師が自主的に直したんだか、そーいうちょっとしたものにもドラマを感じて、面白いな―と思いました。

はにぃp8さんのエジプト旅行が、最高に充実した素晴らしい旅になることを、願ってます。
ぜひぜひ、気をつけて、興奮してきてくださいね。
2012/08/31(Fri) 16:45 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
感動!
柴崎様
お返事ありがとうございました。
感激です!!
「巨大建築物の妙や、レリーフの遊び心、かわいさ、美しさ、奇妙さなどを味わってくださいね。」
この一文 めちゃ気に入りました。
この一文 絶対実感してきたいと思います。
お忙しい中 一読者の書き込みにありがとうございました。

さーて これから パッキングでもしよっかな。エヘヘ
2012/09/01(Sat) 14:29 | URL  | はにぃp8 #xYl2iXZk[ 編集]
芝崎様、はじめまして、こんにちは
「雷おかんの旅日記」と言うブログを書いているものです



私は2009年にエジプトに行ってきたのですが、その時に「古代エジプトうんちく図鑑を持参した記憶があります
エジプトに行くよと言う友人知人にはこの本をおススメしていました
とても分かりやすくて面白い本だと思います

先日「メトロポリタン美術館 女王と女神展」に行ってきました

懐かしさに駆られ、読み直し
なんとなくネット検索したらこのブログがHitしました。

病気との闘い、大変でしたね。お疲れ様でした。
病気に負けずこれからも素晴らしい本を書いてください。

ギリシャ版、マヤ版などが出ているとは知りませんでした。
これから順次入手して読んでみようと思っています。

2014/08/15(Fri) 12:41 | URL  | 雷おかん #-[ 編集]
雷おかんさまへ
うわー、ありがとうございます!
こんな本知っててくださって本当ありがたいですーー。おともだちにも宣伝くださって、それも本当光栄のいたりです!

雷おかんさんのブログ、ペルー編、熟読させていただきましたーー。すごく楽しーー。完全に旅気分にさせていただきました。ありがとうございます。

雷おかんさん、すごい! 息子さんとあちこち行かれて。息子さん、なんて恵まれてるのでしょう。

いいなーー、フマナ高原の地上絵、見られて――。
私もローカルバスで、そこに行きつこうと企んで、しつこくバスの小僧に言ったのに、「大丈夫!知ってる」って威張ってたくせに、全然違うところで降ろされて、しかも、あとで調べると、その街から、本当はちょっとの距離にあったのに、街の人々も親身になってくれるものの、誰も存在を知らず。結局ぜんぜん違うところに連れてってもらいまして、見ることはかないませんでした――。
もうそのことを考えると、後悔の気持ちとしくじった感で、冗談抜きでいまだに泣きそうになります。

そして、なぜ雷おかんさんのツアーのガイドさんは、そんなにいちいちキレるんでしょう。それがやけに私には面白く、ものすごい興味をひかれました。

いたわりのお言葉もありがとうございます。
次は雷おかんさまも行かれたペルーと、あとイースター島を書こうと、モソモソやってます。
早くできればいいのですが、どうにも遅く……。

それはともかく、今度は雷おかんさんのエジプト編を熟読しにお邪魔しようと思います。
楽しみが増えました、本当にありがとうございます!!
2014/08/15(Fri) 21:45 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
芝崎様
こんなに早いお返事ありがとうございます

ペルー編全部読まれたんですか!?
結構な量があると思うので大変だったのではないですか?
私は書くペースが遅く、一回の旅行を一年かけてちんたら書いてます

良かったらまた見に来てください
コメントもいつでも大歓迎ですヽ(^o^)丿

フマナの地上絵は地元でも知名度が低いんですね。驚きです!
どおりでフマナグッズが何も無いわけです

私たちはツアー旅行が多いのですが、ガイドさんのアタリ・ハズレは歴然の差です
たぶん日頃は何の質問もしないで付いてくるだけの客しか相手にしていないんではないでしょうか?
それに対して私たちは質問するわ、突っ込みいれるわで、ちょっとめんどくさい客なのかもしれません・・・

それも含めて思い出なんですけどね

改めて、返信コメントありがとうございました
2014/08/16(Sat) 19:36 | URL  | 雷おかん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。