上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こないだの『太田総理』(録画してたヤツ)をさっき見て、江本孟紀の発言に驚いた!
なんか、タレント議員が叩かれる風潮に憤慨してるらしく、最初からやたらイライラしてて、とつぜんふかわに
「あんた、タレントでしょ? なのになんなの。同じタレントががんばってるんだから、応援するのが当然でしょ。なんであんた応援しないの」(うろ覚えだけど、こんなニュアンス)と、ものすごいエラそーに言い放ったのだ。
(あれ、文字にするとあの理不尽さは出ないや。何しろ、ギャグではもちろんなく、番組内のこの討論でオレ側を応援しろ、ということでもなく、タレントが選挙に出ること自体を暖かく応援しろ、お前もタレントなんだから、ということを半ギレしながら言っていたのだった)

ってどんな理屈?
タレントはタレント議員を応援するものだ、なんて初めて聞いたよ。
同じ仕事をしてる者同士は応援しあうもの、などという理屈はこの世にないと思うよ。

って、それはまだいいとして、さらに驚きなのは、このイカした発言に誰もツッコまないこと。
太田は、こんな広げてほしいときに限って、ただ好々爺然、それどころか機嫌取りに行くくらい。
って、この人はエラそーで強そうなタレントにはいつもこう。この人に溜飲を下げてもらったことは一度もなし。

それにしてもエモやん(死語?)って、ふだん想像がつかないくらいチヤホヤされてるんだろうなー。
そうじゃなきゃ、こんなピントのズレた甘えきった発言、公の場でできないもの。
しかも、ちょっと興奮して、口が滑ったとかじゃないからね。その発言のあとも揺るぎなくイバってたし。

亀田父の「(年端の行かない)子供がけなげにがんばってるんや!何でみんな応援してやろうってならないんやーー」ってキレてたのも思い出したねー(ランダエタとの対戦での興毅の判定勝ちがバッシングされたときの発言)。

佐知代もますますパワーアップ。一度消える前の一番頂点だったときよりもさらに最近エラそーさに磨きがかかってる。
ってか、この人に誰がどんな需要があるのか。どんな政治が働いてるのか。
ツラの皮の厚いエラそーなおばはんキャラは、必ず一人は必要なのか?
いや、うん、もちろんヒールも必要だ。それに一度失脚した人に復活のチャンスを与えるのもスバラシーことだと思う。
でもヒールをただイバらせて、何一つ面白いところのない、ただ進行を妨げるだけのザ・オバさんそのもののズレた発言だけ繰り出させてもねぇ。
ツッコまれたりもするけど、それも甘噛みっていうか、一種のヨイショだし、こっちはシラけまくり。
たまにはきちんとやっつけないと。それで「やっつけられた佐知代、次回もケロっとイバり健在!」って感じにしてくれるとかだったら、佐知代への不快感も減るし、存在意義もあると思うが(道重のように)。

しかし世の中って細木和子を愛する時期がいっときでもあったり、蓮舫が人気があったりとか(ほんとなの?)、もう昔っから訳が分からないや。なぜエラそーな人をありがたがる?
全部マスコミの操作したことで、真の世間はまさかこうじゃないって信じたいけど……。ハー、しょせんマイノリティ、負け犬の遠吠えか。

【2010/06/21 08:36】 | テレビ
トラックバック(0) |


しろしろ
芝崎先生、こんにちは!

私はこの番組は観ていませんでしたが、先生のおっしゃることに凄く同感で、ついまたもやコメントを。。。。

なんなんでしょうか?あの手の方々の中身の感じられないイバリはv-389
本当に不快指数上げてくれちゃいますよね!

世の中の人は理不尽に怒られたりすることに対して飢えているのでしょうか??なんだかそうとしか思えない有難がり様!!
常から理不尽を感じまくっている私にとっては「もうお腹イッパイです・・・」っていう気持ちになってしまうんですけどねぇi-195

こういった方々を反面教師としてせめて自分は理不尽にイバることのないように、戒めたいです。そう言いつつもあの方々が野放しになってて誉めそやされてる・・・って思うだけでイラっとしてしまう私はまだまだ器が小さいのでしょうねv-356




のりちゃん
煽られるのが嫌いなので、あの手の討論番組はみないのですが、細木数子については、ちょっと面白い意見を聞きました。

私が、「細木数子がテレビに出てきたらチャンネルを変える」と言ったのに対して、「僕は嫌いじゃない」って言われたんですよ。
理由を聞くと、
「和田あき子のことをバカだと言いきったから。その後和田あき子は何も言い返せなかったんだよ」だそうです。

つまり、彼らは、彼らが偉そうにする相手を嫌いな人の溜飲を下げさせてくれることもある……ってことでしょうか。

それを聞いたとき、「なんかイジメの構造に似てる」と思ってしまいました(^^ゞ
でもそれだけ、「偉そうにしたいけど、自分は偉そうにできない」という人が多いんじゃないかと思います。

個人的に、どれだけ偉そうな態度でも、相手に対する敬意が見てとれれば不快ではないんですけど、そういうパターンはごくごく少ないですね。

しろしろさまへ
芝崎みゆきより
しろしろさ~ん~。
こんな独り言に、リアクションをありがとうございます!!!
よかったーー!苦々しい思いを抱えてる人がここにもいてーー。
いや、もう本当、自分ってものすごい少数意見側なのかと哀しくなることが多いので、しろしろさんコメントには大いに救われました。
本当、中身のないイバリ、なんなんでしょう。持って生まれた資質なのか。環境がつくった性格なのか。
なぜそんなに横柄でいられるのか、そのときの脳の動きとか知りたいくらいです。
まったくしろしろさんの言うとおり、反面教師にして自戒の道具にしていくしかないですねぇ。
それにしたって、もしこれから自分が誰かに直にイバられたら、何か瞬時にギャフンと言わせるようなことを言って、一矢報いたいという夢もあります。
いつなんどきそういうことがあるかわからないから、備えておかなくては。




のりちゃんさんへ
芝崎みゆきより
のりちゃんさん、ご意見ありがとうございます!
ほう、和田とそんなことがあったのですかー。
なにしろ、細木数子(和子じゃないんですね。でも間違えたとこ修正するほどの「敬意」もないや)が出てる番組をろくすっぽ見ておらず、実はよくわからん状態でモノ言ってます。
たしかにそのお友だちのいうように、勘違いしてる者やバカをやり込めてくれる図というのは、観てて快哉を叫ぶような気持ちよさがありますね。
たとえば有吉はまさにそうだと思うんです。
でも権威、権力のあるものが、それをすると単に権威に胡坐をかいたような行為のように、自分には映ります。
有吉とか、たとえば古代ギリシャの哲学者ディオゲネスって人は、バックを持たず「独り」で吼えてるところに崇高さを感じます(大げさすぎだけど)。
細木某には、都市伝説うんぬんではなく、しろうと目にも背後の黒い権力が見えますし、その上でのあの態度だと思うのです。
まぁ、でもその和田とのやりとりを見たら案外好きになったりしたかも(いや、ないなー)。

そう、そしてのりちゃんの言うように、やはり「敬意」ですよね。ほんとにちょっとでも相手にたいする敬意があれば、「憎めない人」になれるのに。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
芝崎先生、こんにちは!

私はこの番組は観ていませんでしたが、先生のおっしゃることに凄く同感で、ついまたもやコメントを。。。。

なんなんでしょうか?あの手の方々の中身の感じられないイバリはv-389
本当に不快指数上げてくれちゃいますよね!

世の中の人は理不尽に怒られたりすることに対して飢えているのでしょうか??なんだかそうとしか思えない有難がり様!!
常から理不尽を感じまくっている私にとっては「もうお腹イッパイです・・・」っていう気持ちになってしまうんですけどねぇi-195

こういった方々を反面教師としてせめて自分は理不尽にイバることのないように、戒めたいです。そう言いつつもあの方々が野放しになってて誉めそやされてる・・・って思うだけでイラっとしてしまう私はまだまだ器が小さいのでしょうねv-356

2010/06/21(Mon) 13:23 | URL  | しろしろ #r0tW5L2E[ 編集]
煽られるのが嫌いなので、あの手の討論番組はみないのですが、細木数子については、ちょっと面白い意見を聞きました。

私が、「細木数子がテレビに出てきたらチャンネルを変える」と言ったのに対して、「僕は嫌いじゃない」って言われたんですよ。
理由を聞くと、
「和田あき子のことをバカだと言いきったから。その後和田あき子は何も言い返せなかったんだよ」だそうです。

つまり、彼らは、彼らが偉そうにする相手を嫌いな人の溜飲を下げさせてくれることもある……ってことでしょうか。

それを聞いたとき、「なんかイジメの構造に似てる」と思ってしまいました(^^ゞ
でもそれだけ、「偉そうにしたいけど、自分は偉そうにできない」という人が多いんじゃないかと思います。

個人的に、どれだけ偉そうな態度でも、相手に対する敬意が見てとれれば不快ではないんですけど、そういうパターンはごくごく少ないですね。
2010/06/22(Tue) 08:28 | URL  | のりちゃん #-[ 編集]
しろしろさまへ
しろしろさ~ん~。
こんな独り言に、リアクションをありがとうございます!!!
よかったーー!苦々しい思いを抱えてる人がここにもいてーー。
いや、もう本当、自分ってものすごい少数意見側なのかと哀しくなることが多いので、しろしろさんコメントには大いに救われました。
本当、中身のないイバリ、なんなんでしょう。持って生まれた資質なのか。環境がつくった性格なのか。
なぜそんなに横柄でいられるのか、そのときの脳の動きとか知りたいくらいです。
まったくしろしろさんの言うとおり、反面教師にして自戒の道具にしていくしかないですねぇ。
それにしたって、もしこれから自分が誰かに直にイバられたら、何か瞬時にギャフンと言わせるようなことを言って、一矢報いたいという夢もあります。
いつなんどきそういうことがあるかわからないから、備えておかなくては。


2010/06/23(Wed) 01:03 | URL  | 芝崎みゆきより #tV.v9NK6[ 編集]
のりちゃんさんへ
のりちゃんさん、ご意見ありがとうございます!
ほう、和田とそんなことがあったのですかー。
なにしろ、細木数子(和子じゃないんですね。でも間違えたとこ修正するほどの「敬意」もないや)が出てる番組をろくすっぽ見ておらず、実はよくわからん状態でモノ言ってます。
たしかにそのお友だちのいうように、勘違いしてる者やバカをやり込めてくれる図というのは、観てて快哉を叫ぶような気持ちよさがありますね。
たとえば有吉はまさにそうだと思うんです。
でも権威、権力のあるものが、それをすると単に権威に胡坐をかいたような行為のように、自分には映ります。
有吉とか、たとえば古代ギリシャの哲学者ディオゲネスって人は、バックを持たず「独り」で吼えてるところに崇高さを感じます(大げさすぎだけど)。
細木某には、都市伝説うんぬんではなく、しろうと目にも背後の黒い権力が見えますし、その上でのあの態度だと思うのです。
まぁ、でもその和田とのやりとりを見たら案外好きになったりしたかも(いや、ないなー)。

そう、そしてのりちゃんの言うように、やはり「敬意」ですよね。ほんとにちょっとでも相手にたいする敬意があれば、「憎めない人」になれるのに。

2010/06/23(Wed) 01:09 | URL  | 芝崎みゆきより #tV.v9NK6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。