上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ショッッック!!!!!
また一人消えたーーーーー!

前回、自分なんかの本にレビューを入れてくださった方(Κασσανδροσさんという御方)が全部のレビューを下げてしまったーーーー、と悲しみにくれたブログ文を書いたんだけど、そしたら即、次の日くらいに、また一人、跡形もなく消えてしまった――――!!
なんでーーーー!?

今度の方は「しろぼん」さんと言って、私の本ではギリシア本のレビューを書いてくださった方。
とてもわかりやすく本の内容解説をしてくれていて、興味持った人への参考にすんごいなる、まっとうで心のある素晴らしいレビューであったのにぃーーーーー!

しかも、しろぼんさん、アマゾンのベストレビュアー・ランキングというのの、ベスト100位以内の人であった。250を超えるレビューを書かれていた!

その方がイッキにすべてを削除してしまったのだ。もう私には何がなんやら。
自分だったら、やはり積み重ねてきたワークを、一気に取り下げるなんて、断腸の思いというか、とてもとてもできやしない。1個や2個なら、まだわかる。でももう4つ以上当たりから愛着が生まれて、とても消せない。

しろぼんさんも、ほんと、本を愛する人であるのがよくわかる方で、レビューも本の内容紹介(ほどよく詳細なわりに、ネタバレに決してならない、絶妙なさじ加減の)と、その本の特化した部分を言葉を尽くして伝える、という、本当に購入者のための、誠実なものであった。
やはり星は全部4か5であり、よかったと思った本の感想ばかり書いているのか、または書き手への配慮・応援が感じられる。

って、そんないい人がいなくなってーーー。

もう、私、最初の本出してから、何年も、ほとんど毎日アマゾンチェックしてるけど(ハズカシーーーー!)、こんなことが起きたためしがなかった。
それがなんで、こんな近々に2人も!?

そりゃー、何百もレビューある本は、レビューが消えたり増えたりも激しいかもしんなくて、わたしの本は、そもそも存在してないような位置にいるから、その惨劇にめぐりあわなかっただけかもしれないけど、それにしても、今の今まで一度もなかったのに、不思議すぎる。

やはり、(また勝手にドラマ作るけど)嫉妬などによる貶めがどんどん激化していってるのだろうか。
Amazon内のレビューにかんしての口コミフォーラムみたいのを覗くと、とてつもなくニッチで濃いどろどろした世界が展開されていた。レビュアーの人で「もうやめます」って宣言してる人のコメントもあったし。

なんだか、上位者とかVIPになると苦労が増えて、心が強靭じゃないと(それか、そんなもの全く気付かない、見ないとかしないと)、続けられない感じ……。どの世界でも同じだけど。
こうなると、いい人で繊細な人はどんどん消え、タフで、ストレス解消に上から目線で悪口書いて憂さ晴らしする人がますます跋扈(ばっこ)することに。嫌だなーー、そんなことになったら……。

って、しろぼんさんの文章は本当、誰をも傷つけない、誰の嫉妬もあおらない大変うまい書き方であったから、いやなコメントや違反報告も入るわけがないし、単に自分で、もう面倒になったから、取り下げた、とかそんなことかもしれない……。

って、私もなんなんだ! こんなに執着して、そんなフォーラムまで見ちゃって。果ては2ちゃんねるのアマゾン・レビューに関してのスレッドまで色々じっくり読んでしまった。

それにしてもこの間レビュアーが消えたと書いた舌の根も乾かぬうちに、また一人いなくなられたことで、こわいっ、見るたびにまたひとり消えるのでは!?と、トンデモなことを想像し、また何日か見ないようにしたくらい。


FC2blog テーマ:本に関すること - ジャンル:本・雑誌

【2013/05/21 22:12】 | 出版
トラックバック(0) |

困りますね
しろ~
本は近所の本屋(小さいけれど品揃えが自分の好みと合うのでお気に入り)とアマゾンでしか買わないのでレビューはとても参考にしています。
ただ、アマゾンは恐ろしい。
以前に、前から欲しかった「世界の歴史」30冊を購入し、代引きで8万くらい払いました。
(カードにすると際限なく買ってしまいそうで手数料は掛かりますが代引きにしています)
他にも塩野七生さんのローマ人物語15巻を買ってしまったりとアマゾンはホント恐ろしいですね。
それはそうと、今週末はIPPONグランプリがあるんで楽しみです。

こんにちは(^_^)。
呉姫
私は以前図書館で借りたヴードゥー教の本をアマゾンで探したのですが、かなりのプレミア価格になっていたのには仰天しました。
ギフト券をコツコツと買いだめして、いつかは注文したいです。

全く知りませんでした
松本留吉
レビューを書くことでいろんなドラマがあるとは、ただ購入時の参考にパラパラと見る感の私にとっては、驚きです。さすが、先生は違いますね!レビューを250とか書かれている人がいるということもビックリですが、それに注目するということにもビックリです。世の中、いろんな事があるのですね。
いろんな事というと、先日コメントしました、ゴッホ展とインカ帝国展にGWに行ってきました。ゴッホ展は、あまりの人の多さに10分ほどで退場し(初めて模写した「セーヌ湖畔?」だけはきっちり眺めましたけど)、その後インカ帝国展にいって少しはゆっくりと会場内を歩き、ミイラの小ささに驚き、3Dムービーにビックリ(今時手を出しそうになったのは私ぐらいか?)しました。不思議なことに、先生の本は置いてませんでした。マヤとは離れすぎてるからでしょうね。
その2日後、再び京都へ村上春樹の公開インタビューへ出かけました。よく感想を聞かれますが、私にはまとめる力が全くない。覚えてるのは、日刊スポーツの記者から「20~30倍とも言われてます!おめでとうございます!」という台詞と最前列のおじさんが堂々と開催前のステージの写真を撮って注意され、「まだ始まってへんのに、なんであかんねん」という台詞が印象的でした。
先生の次の作品、気長に待ってますよ~






もしかしたら
のりちゃん
他のレビュアーからの嫌がらせではなく、amazonへの不信感というものがあるかもしれませんね。
レビュー掲載・不掲載、削除・放置の基準があいまいで、誠実なレビューが消されることがある反面、不誠実で有害なレビューが放置されているという現状にいらだちを感じておられるレビュアーさんが少なくないようです。
例えば、こんな方とか。
http://www.amazon.co.jp/gp/forum/cd/discussion.html?ie=UTF8&asin=B0046ZSB5G&cdForum=FxZ0X0UJ51MAMS&cdThread=Tx2NSDQUFG6SD2

私も、何度か食べログのレビューを消された後、運営とやりとりをした結果、
「ここは信頼できないな」
と結論し、写真とメニュー表をチェックする以外は使わなくなりました。

しろ~さまへ
芝崎みゆき
ご近所にいい本屋さんがあって、いいですね!!
最近、そういう小ぢんまりとして、ゆっくり本を吟味できるような本屋さんがどんどん減ってしまってさびしい限りです。やっぱり手に取ってパラパラしたいですよね。

世界の歴史30冊!! まさに大人買い。イッキに8万ってなかなかの踏み切り方ですね。
塩野先生の本も!
気持ちわかります。でも私はイッキ買いは2万がせいぜいです。いつかババーンとやってみたい。

そーーー!IPPONグランプリ―。
昨日だか、おとといだか深夜やってたIPPANグランプリももちろん観ましたよ。
なぜか、いつものように存分に楽しめず、めずらしく保存しないで、そのまま消してしまいました。
本選に期待しますっ!



呉姫さまへ
芝崎みゆき
呉姫さま、ありがとうございますっ!
なにやら、とんでもなくマニアックな本なのでしょうね。そのヴードゥーの本は……。
ギフト券が貯まったころには、ちがう出店のところが、値を下げて出してるかもしれませんよ!
ぜひいい値段で入手できるといいですね!



松本留吉さまへ
芝崎みゆき
普通の人ならば、「うわっ、何この人、変に執着して、勝手にドラマとか想像してキモい!」と引くところを、そのように言ってくださって痛み入ります。
本当にどの世界でもいろいろなことがあるのを学びました。大地の下を歩く、その一足ごとに、何万もの微生物がいるように(よう知りませんけど)、空気中を何万もの細菌が漂うように(よう知りませんけど)、ありとあらゆるニッチなところに生物の営みがあるかのごとく。

展覧会のご報告、ありがとうございます!!
ゴッホ展、残念でしたねー。10分て……。
私もいつぞや行ったとき、人垣ごしに5メートルくらい離れて観たので、イライラが募って何にも面白くなかったと記憶してます。
それにくらべてインカのその不人気ぶりは……。東京では大盛況だったらしいのですが、あれは宣伝のためのウソ?
……次本のことが心配になってきます。

3D、楽しまれたみたいで、いいなー、私も観たい!
私の本のことも気にかけてくださってありがとうございます!
次に、アンデス系の展覧会があった時までには置いてもらえるよう、シャッシャカしたいと思います。

「村上春樹の公開インタビュー」なるものも行かれたのですね!
何とアクティブな。すべてのイベント、自転車で回られてるイメージです(っていうか、ぜひそうであってほしい)
そのおじさんのエピソードいいですね。そして、それを覚えてるエピソードBIG2にしてる松本さんの脳もブラボーですね!

のりちゃんさんへ
芝崎みゆき
何という読み応えのあるトピック!
のりちゃんさん、お調べくださってありがとうございます!
いやー、なんかまたまたじっくり読みこんじゃいましたよ。
このトピック一つとってみてもなんかすごいドラマ展開ですね!
ついにアマゾンがロボット回答をやめて、少しは血の通った言葉で回答してきたときは、なかなかなクライマックス気分を味わいました。

この方の「納得いかないことはちゃんと回答もらうまでがんばる」精神は見上げたものですね。
まぁたしかにメーカーに問い合わせてください、っていうアマゾンの回答もそうだよなーと思います。

でも、このレビューは確かに盗作であることを前提に書いてますが、なぜそう思うかの理由を明記したちゃんとした文章ですよね。
で、結局これはボツになり、新たな、それこそ1行で書かれたとても感想とは言えない、同じ方のレビューが今現在は載せられてるこの矛盾。

でもこのような自分たちにとって都合の悪いトピックを削除しないのは、まぁリベラルですね。

そんでもって、もう「盗作問題」自体に変に興味持っちゃって、人生で一度も聞いたことがないカトゥーンの曲なんて聞いちゃいましたよ。
しかも「すげーいいじゃん」と思ってしまった。ホストのような歌い方はともかく。
問題となってる音自体はたしかによかった。

ってそこじゃないですよね! のりちゃんさんが教えてくださったポイントは。
そうなんですよね。ちょっとした質問にもアマゾンさん、こういうマニュアルコピー定型文送ってくれて、会話になんなくて、本当それで私も毎回はーあ、と思ってあきらめます。
そうやってあきらめさせることもマニュアルなんでしょうね、あの定型返しは。
で、一瞬、もう買い物せん!って思うんですけど、電化小物とか最安値だったりするから、また使うんですよね。

食べログでそんなことが?
のりちゃんさんもある程度ちゃんと言ったのですね。えらいっ!
何でも最初はきっといいと思うのです。
だんだん、やっぱり長くやってくうちに、おかしなことになるのですよねーーー。


しろしろ
芝崎先生、こんばんは!お元気そうで本当にうれしいです♪

しかし、そんな熱心なレビュアーさんがお二人も立て続けに・・・って、「何があったの??」って思ってしまいますよね。
本当に先生の想像が取り越し苦労でありますように~、っと思ってしまいます。

それにしても先生の探究心というか、やっぱりこれぐらい調べるのが好きじゃないと作家にはなれないのね~、って思います。本当に心からスゴイ!と思います。
闘病日記の時も、文献からネット情報までのすごく調べつくされてるし、先生のこれまでの作品もこうやって緻密に調べあげて積み上げた知識のなせる業なんだなぁって、思いながら読んでます。

急に暑くなりましたが、お体にお気をつけてお過ごしくださいね~。

定型通りと常識外
のりちゃん
とはいえ、食べログの方は、このレビュアーさんと同じように、
・○○という会員登録されていないと思われる店について、同じように「事実確認がとれない」マイナス評価が投稿されているがなぜ削除されないのか。
・もし金銭の授受により評価を意図的に変えているのなら公平なレビューサイトとは言えないがどうか。
などと質問をしたら、うんともすんとも返事が返ってこなくなりましたから(^^ゞamazonはまだまともな気もしますけれど。
利用者からのレビューで商売を成り立たせているサイトの運営は難しいのでしょうね。
そして、レビュアーは、納得いかない思いを抱えることが多かろうと思います。

しろしろさまへ
芝崎みゆき
しろしろさん、ありがとうございます!
そうなのです! うそのようにかなり良くなってきました!
一番ひどいときに優しいお言葉をかけていただき、その節も、その前も、いえ、いつも!、ありがとうございます!!

そして、本当、普通の人なら引くところを、そんな褒めていただいてすみません。
なんか、こう、神経症というかノイローゼ体質というか、なにか「えーーーっ」と思うことがあったら、そればっかりをいつまでも考え、あれこれ調べ倒すとか、もう、そういうのが止められなくて……。
もうちょっとおおらかになんでも受け止める人間になりたいです。

神戸はもうモンワ~~リと暑いでしょうね!
今日もしろしろさんが楽しくはりきってお仕事されますように!!


のりちゃんさんへ
芝崎みゆき
無視って!
その、「ちゃんとした企業」らしからぬやり方を思うと、本当アマゾン、ぜんぜんまともですね。
絶対「無視」はないですからね。

そしてなんだか、すごいお話ですね。
どこかのお店が不当に貶められてたのでしょうか。
あれ!? 食べログでしたっけ。なんかレビューに関しての事件があったのは。
って調べたら、そうだった。
もうだめだ。すべては腐敗する。
ネットの口コミって、企業の「力関係」とか「金」とか「タイアップ」とか、そんなのに関係ないところで成立してたからよかったのに(まぁ、思考停止して、マスコミにの受け売り意見の人も多いけど)、もうこれではだめだ……。
のりちゃんさん、がんばりましたねぇ。そして、むなしかったでしょうね……。
真摯に誠実にやってきたレビュアーさんたちは、もうばかばかしくてやってられんわ、こりゃあ。


ご無沙汰しております。
小巻まい
お久しぶりです。二年前にメールさせていただいていた小巻です。
今、アリゾナにいます。今週またメキシコへ行こうと思っています。旅してるのですが、最終目的地がメキシコの遺跡なので、今回も前回同様に芝崎さんの遺跡へっぴり紀行と不可思議大全を汚れないようにジップロックに入れて持参しております( ´∀`)

色々マヤ・アステカの本を集めては読み漁っているのですが、いざじゃあ旅に出るというときにわかりやすくて参考になるのが芝崎さんの本です。
これからも応援しています。

小巻まいさまへ
芝崎みゆき
まいさま! お久しぶりです!
かっこいい! アリゾナにいるってサラッと~~。
ギョギョ――! チェックさせていただくと、なんと会社お辞めになって、いつの間にやらLAに住んでーーーー!
まいさん、クールすぎる! わたしもあのLAの空気が大好きで住みてーって真剣に思ったことあるので、うらやましすぎます。
加えてまたもメキシコ旅行!いいなーいいなーー!
そんでもってわたくしの本なんて持って行ってくださって、本当すみません……。
何か暴漢に遭った際の武器的なもんに役立ってくれればいいのですが……(飛び道具的に)。
ところで携帯はくやしいですね! 私もクレジットカードをLAでパクられましたよ~~。
何しろ、お気をつけて! んでもってまいさまの美貌と人懐っこさで諸外国の人々を魅了し、プラス、あくなき好奇心で大いに楽しんできてくださいね!
レポート日記、ちょくちょくチェックさせていただき、私も旅のバーチャルリアリティを楽しみたく思います!

ありがとうございます!
小巻まい
大変うれしいです!クレジットカード大変でしたね。・゚・(ノД‘)・゚・。
手のほうも心配です。。。!
お大事になさってくださいm(__)m

あ、今、メキシコのドミトリーにいますw
書き込みをさせていただいてすぐテキサス経由でメヒコにきました。私なんてへっぴりどころか対人恐怖症紀行なんですが、ががが、、、頑張りますwww
いつかお会いしたいです(゚∀゚)

小巻まいさまへ
芝崎みゆき
ひーーーっ、なんたる素早さっ! アリゾナにいると思ったらテキサス、でもって、もはやメキシコ・インとはっ。

まいさん、対人恐怖症とは対極なイメージ。 でももしかして本当に人見知りだったりするとギャップがあって、それもいいですね!
お土産話をお聞かせ願える日を待ちかまえております!



2525
お久しぶりです!
芝崎さん神経麻痺の方の具合は
いかがですか??
私は5月くらいにほぼ完治しました(;_;)!
もう生活に支障なく暮らしていますが
たまに手を使いすぎたりして
痛くなるときがあります…
あと手は開くのですが
ピースの形をつくると中指が突っ張って
痛くて伸ばせないのが
気になるところです。
後遺症なんでしょうか…
でもピースしない限り
気にならないので大丈夫そうです(笑)

バイトも無事復帰しまして
改めて自由に腕が使えることの
ありがたさや自分でお金が
稼げることのありがたさが
身にしみました。

芝崎さんの様子も気になったので
ひさびさにコメントしてみました!

2525さまへ
芝崎みゆき
わっ! 2525さん、こんにちはーー!
うれしーー、お元気なご様子!
2525さん、どうしてるかなーって思ってました。ご報告ありがたいです。
ほんとよかった! もうだんぜん治ってますね!

私の方はまだ重いもの(1.5リットルのドリンク類)を片手で持てなかったり、あとそのペットボトルを開ける力もまだありませんが、少しずつでもよくなってるのを実感してます。
2525さんと違って、麻痺期間が長かったのと、オールドなので、のろのろ遅~~い歩みですが。
あといろいろ腱同士がくっついてて痛かったり、筋肉もまだまだ萎えて常に筋肉痛です。

でもとにかく「無」だったころに比べると、あらゆることがスムーズにできて、本当半年前とは雲泥の差です。
毎日1回は「本当に助かったー」と安堵の気持ちと、あとたまらなく不思議な感覚になります。

2525さんの自由に腕が使えることのありがたさが身に沁みる、っていうの本当にすごーくわかりますよ!!

わたしもそのピースの形の中指のつっぱり、すごいですよ。
(というか全部の指まわり、手首回りのつっぱり感がすごいのですが)
キツネのポーズはできるようになりましたが、ピースはまだまだむずかしいです。
でも先生は気づいたら自然にできるようになってるよ、って言ってくれてます。
とはいえ、人差し指もまだ単体では完全にビシッと垂直には上がらないレベルです。

2525さん、ピースできるようになったら、そのほか何かあったらぜひとも教えてくださいね。
そして、学校やバイトいろいろな活動を楽しみまくってくださいね!

わたしも、また経過レポートなど書いていきますです~~。


お大事に
Gee
こんにちは。石膏像職人の脇本です

もうずいぶん前に一度コメントさせていただいたきりになっていたんですけど、今日たまたま”エジプトうんちく~”を自分のブログを書く資料にとパラパラ眺めていて、そういえば・・・と思ってこちらに伺いました

2012年の初頭に拝見していたので、もうあまり更新されないのかと思っていたのに、その年の9月から怒涛のように更新が!
これは???と思って、そこから読み始めてしまいました・・・大闘病記!

たいへんなことになっていたんですね
ず~~~っと最近のところまで読み続けてしまい(今日の午前中、ず~~~っと)、今年の4月の良い方向へ向かい始めたところでは、ちょっとウルっとしてしまいました
手術からの回復が良い方向へ向かっているようで、本当に良かったです
どうぞ、どうぞお大事になさってください

僕の稚拙な文章でお恥ずかしいのですが、きょうの僕のブログで、柴崎さんの著作を紹介させていただきましたhttp://ameblo.jp/sekkouya/entry-11586127168.html
古代ギリシアの本は、何か疑問点があるたびに開く愛読書になっています

ではでは




Geeさまへ
芝崎みゆき
ひぃいいぃいいいいい!!!!
怒涛の大絶賛!!!!!!!!!!

いや、もう、どうも、お久しぶりです、脇本さま《=世界一の大ハンサム本部長!!》!
びっくりです! こんな褒めまくられていいのでしょうか。なんかとてつもないバチが当たる気がします。
こんな褒められたいあれこれをどんぴしゃりで大量に書いてくださったなんて、わたしのヤラシイ心をぜんぶ読み取られたようです。超能力の使い手としか思えません。
ほんとうもう幸せの絶頂です。
こんなに言葉つくしてくださって、労力だって、お時間だって、ありがとうございます!! もう本当もったいないです。
絶対読みたくなる、あまりにもすごい紹介をしてくださってて、本の実力を300倍飛び越えてます。

もう、ひっさしぶりにテンションが上がりました。バッファローのようにやみくもに走りまくりたい気分です。

そもそも、ご記憶にとどめていただいてありがたいです。
こんなネバーエンディングな右腕ものがたりにも目を通してくださって…………。
スクロールだけで、腱鞘炎になられてしまいそうです。

さんざんブログではあれやこれやと狼狽していましたが、現在は、手は大丈夫です
今はインカとイースターの本を出そうとあれこれやってます。
まだまだまとまりきれず、毎日、時間だけが異常に過ぎていく、という塩梅なのですが……。

脇本さまの手は長年鍛え上げられてると思いますが、なにとぞ大事にして、すばらしき石膏像を世に送り出してくださいね。
「きょうの石膏像」ブログも相変わらず面白くて、へーーーって思うことだらけです! 知らない本もたくさんありました。
これからも続けて楽しませていただきますね!

なんだか、もう本当にすみません&100万回のありがとうございます、です。
やる気なくなってましたが、本当、こういう仏心に満ちたありがたい方がいると思うと、ちゃんとやろう、と気がひきしまります。
今から気合入れてがんばりますです!



エジプト
しろ~
先生ニュース見ましたか?
エジプトの暴動で博物館がやられてましたね。
ホント悲しい事です。
早く収まって、せめて他の博物館なんかが無事であって欲しいものです。


サトシ
こんばんは。お久しぶりです。
手の回復は順調のようで安心しました。
前のコメント拝見しましたが、次はインカなんですね、とても楽しみです。
今日、福岡市博物館のインカ帝国展に行って来たんですが、物足りなさを感じつつ帰ってきました。
インカ版芝崎ワールドを早く覗きたいです。頑張ってください!

しろ~さまへ
芝崎みゆき
ねーーーーーーーーーー!!!!!

もう、いちばん最初に、そのニュース&写真を見たときは、体から内臓が全部なくなったような、あまりの虚脱感に襲われて、倒れそうになりましたよー!
「国立博物館」ってあったから、完全にカイロの、あの人類の至宝がつまった、あの我々みんなの博物館だ!と思って頬を濡らしていましたら、マラウィというのがわかり、一瞬ものすごく「助かったー」とホッとしました。

ってマラウィには申し訳なさすぎですが(っていうかマラウィだって宝たくさん)、もうあまりにも間違いなく、カイロのあそこがやられたと思って、生きる希望を失ってましたので、つい。

って、でもほんとう、あれだけはやっちゃいかんですよね。
自分で自分の首絞めすぎ。ほんとう悲しすぎますよね。
こっからは本当に死ぬほど厳重に警備してほしーです。

サトシさまへ
芝崎みゆき
サトシさま、こんにちはーー!

手のことなど、ありがとうございます! 順調に正常化していってます。
おっ、今インカ展は福岡なんですね。
インカ展に足を運ぶとは、サトシさん、アクティブ!

その展覧会は私は行けなかったんですが、インカの遺物って、サトシさんのおっしゃるとおりで、どうも物足りないというか、面白みがないのですよね。
インカ以前の遺物は面白いんですけどねぇー。
そんなこともお伝えするべく、しゃっしゃか、スピードアップで頑張りますです!(モチベーション上がりました。ありがとうございます!)

そうそう
しろ~
私もカイロのかと思って一瞬呆然としました。
あそこはエジプトの全てが詰まった人類の至宝ですからね。
ただ、相変わらずエジプトは滅茶苦茶なんで他の博物館や遺跡なんかに飛び火しないか心配です。
(博物館の中で大きくて運べない物は破壊していったという底意地の悪さですから)

しろ~さまへ
芝崎みゆき
やっぱりしろ~さんもそう思った?(カイロのこと)

そんでもって、このお話!
「博物館の中で大きくて運べない物は破壊していったという底意地の悪さですから」

悪すぎる!!! こんなん、何の主張もない! 本当に意味のない、そして自分たちが大損するバカげた行為!

しかも、そうだったーーー。博物館だけじゃなかったーー。遺跡というむきだしのものがあったーーーーー。
もう本当に頼むからどうにかおさまって、いい方向にいかないものか。
やはり人間はダメなのか。


お久し振りです
Johannes
エジプト、大変なことになってますね…旅行中色々便宜を図ってくれたあのガイドさんはどうしているだろうかと心配です。

インカ展は京都の最終日に駆け込んできました。
あれはあれで面白かったですが、確かにプレインカの方が個性的で味わい深いかも。モチェとかナスカとかの土器が好きです。

芝崎さんのマヤ・アステカ本、ウチのサイトでもいずれ紹介したいと思ってますが、なかなか気の聞いた文が浮かばず…どうすればこの面白さを表現できるのかと……。
好きな本だけに悩んでしまいます。

腕の方はもうだいぶよろしいでしょうか?
暑い日が続きますが、どうぞお大事に。

Johannesさまへ
芝崎みゆき
ほんとうに嫌な気持ちにさせられますよね。道中出会った人々とか、「もしやもう……」などと、つい悪い方向に考えたりしちゃいます。

インカ展、行かれたのですね。
しかも京都とは。こちらからすると相当な遠出のように思えます。お疲れ様でございましたねー。

なんか若干、ブツらは、アステカの無機質な感じに似たところがある気がします。
あと、エクアドル方面のブツなどは、メキシコの上の方の文化のとおんなじような顔のがけっこうあって、やはり少しは通じ合ってたのかなーと思いました。

ほんとうナスカはかわいいですよねーーー!!  モチェも!(でもモチェの、ジョー・ペシ顔のおっさんがコップになってるシリーズは、生々しくてイヤ!)

って、いやいやいや、マヤ・アステカ本、発売直後にすんごいうれしいことたくさん書いてくださって、大宣伝してくださったじゃないですかーーーー!
ほんとう、もう、西には足を向けて寝られませんよ!

腕の方は、完全に元通りとはいきませんが、たぶん原稿書きには支障がないくらいにはなってると思います。
もういろいろその節もあの節もありがとうございます~~~。


良くなられたのですね。
レオン
良かった~~v-81一時はどうなるかと本当に心配しました。

ぼくの足首の方も、なぜか全く問題なく治ってしまいました。関節リウマチという診断は一体何だったのでしょう。

ということで、新しい本にも期待していますよ。早く読みたいなあv-221

レオンさまへ
芝崎みゆき
レオンさん、その節は本当にいろいろありがとうございました。
レオンさんのお言葉や情報にどれだけ励まされたことでしょうか。
不安要素はまだまだありますが、なんとかやっていけそうです。

レオンさんの足首こそ、よかったーーーー!!!!
ずっと気にしておりまして、今回書かれた感じですと、完治ということでいいのですよね。
よかったよかった。
レオンさんの先生の診断は本当に不思議ですね。
何か、別個のものだったのか、それとも、レオンさんの超人なみの免疫機能がうまいこと働いて、病気を凌駕したのかもしれませんね。

なんにせよ、本当によかったです。よいお知らせをありがとうございます。
本もなるべく早く送り出せるように楽しみながら張り切ります!


こんにちわ。
にゃんた
初めてコメントします。
みゆきさんの本4冊全て持っています^_^
始めて先生の本に出会ったのは図書館にエジプトうんちく図鑑がおいてあり、借りて読んだのが最初です。(*^^*)
もう私のつぼにばっちりはまってすぐ4冊揃えました( ^ω^ )
仕事と育児で毎日忙しく過ごしてますが寝る前に布団の中で先生の本を読むのがひそかや楽しみです(^。^)もう何回も繰り返し読んでいるんですよ〜(^ν^)
手の具合だいぶよくなりましたか?
新作書く予定はあるのでしょうか?
楽しみにしてます。


にゃんたさまへ
芝崎みゆき
ぎゃーーーっ! にゃんたさま! うれしいお言葉ばかりを!
全部持ってくださってるなんて!!!
こんなブログまで行き着いてくださって、それもありがとうございます。

にゃんたさま、仕事と育児の2本柱とは、ハードな日々を送られてますね。
そんなたいへんなさなかにくりかえし読んでいただけるなんて、ホント書いたモン冥利に尽きますですーー。

手は「描く」ことにおいては、ほとんど支障がなくなってきたので、またはりきって新しいののあれやこれや作業をしております。
次はインカとイースターです。
またにゃんたさまに読んでいただけるよう、投げないでちゃんとやろうと思います。

本当に励みになります、とっても幸せな気分にしていただきありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。




にゃんた
そうですか!新作はインカとイースターなんですねっ(^。^)
出版されるの楽しみにしてます!
ブログチェックしてれば出版日はわかりますか?
予約して買っちゃいます( ^ω^ )
お体大事になさって頑張って下さいね。
ちなみに今回もエキさんは登場するのでしょうか?(≧∇≦)


にゃんたさまへ
芝崎みゆき
にゃんたさま、それが、すみません、まだまだ先のことでして……。
1年半から2年はかかると思うのです……。
もう忘れ去られるような、そんな先の話なのです。
なので、しばらくして、「あっっ、そういえば」と思い出していただけたら幸いです。(思い出してくださいますよーに!!)
エキさんもまた出ます。
そんなキャラクターのこともスッと出してくださって、ディテールを読んでいただいて、本当ありがたいです~~。

承認待ちコメント
-



あみたやん
はじめまして。
ブログ興味深く見させていただきました

実は私も橈骨神経麻痺を患っています。
骨折した上腕部にプレートを入れた際にプレートが神経を圧迫したせいです。
プレートを入れてから3ヶ月経過した頃にプレートを抜き、神経剥離手術をしました。
今、術後三週ですが、手首がほんの2センチくらい上がるようになっただけで今後どうなるのかとても不安です・・・。
芝崎さんは、術後明らかに動きが良くなるまでに何週間くらいかかりましたか?
いまでも回復傾向は続いていますか?

もしよかったら教えてください。

あみたやんさま
芝崎みゆき
はじめまして、あみたやんさま。
いやはや、それは大変でしたね。
骨折も大変なことなのに、さらにその処置で神経麻痺まで患われるなんて……。

でも3週で2cm上がったなんて、すっごいことだと思います。
私は手術によっての「目に見えるわかりやすい変化」といえば、3カ月経つまで何もなかったので(実際は目立たないところが治っていたのですが)、それは画期的すぎる兆候だと思いました。
そこからは時間はちょっとかかるかもしれませんが、確実にとんとんと行くのではないでしょうか。

私の場合ですと、
①術後 自然治癒で治ったようなところ(患部を通り越して親指という末端にきたので、そう診断されました)がまずあって、それは関係ないとして、

②手首の3本あるうちの1本の神経が、たしか2か月目くらいで来て

③一番わかりやすい4本指が上がるようになったのが3カ月目入らないくらいでした。

それからだいたい3週から1か月ごとに1つずつ、さらに細かい神経が「到達したな(親指を上げる神経や回す神経、小指、人差し指を単独で上げる神経)」というのを実感しました。

麻痺期間が約10か月あったせいか、あと年齢のせいか(わたしは46歳です)、神経到達後の筋肉の戻りは相当遅いです。
現在、術後10カ月(発症後17か月)になりますが、ここ1か月でドリンク1.5Lは確実に持てるようになりましたが、キャップを開けられるとこまでは行ってません。

動き的には、手首をガバッと上げたり、4本の指を同時に上げるのはまったく難なくできますが、1本ずつやろうとすると、きれいに上まであがりません。45度くらいのとこまで行く程度です。ピースをやろうとすると中指がまったく上がりません。
精緻な動きをともなうようなことはまだできず、でも字や絵はまったく以前と変わらず書けます。

また動かすたびに、腱や皮膚や肉がいちいち引っ張られるような、剥がれるような痛みをともないます。
ずっと腕に筋肉痛のような鈍い痛みもデフォルトであります。
でもそれらはぜんぜん我慢できる類のものです。

こういうのがすべて治ってくれて、完全に通常になったと言えるのでしょうが、ここまででも日常生活に全く支障はありません。
4本指が、まだ力がないなりに上がってくれた時点で、がらりと「無の世界」ではなくなりました。

それで、私はこんな具合ですが(←新陳代謝も悪いしダメな人の例)、麻痺期間が短かったり、若いと、まったく何事もなかったかのように治る人がたくさんいる、とのことです。あみたやんさまは、麻痺期間も短いし、ぜんぜん私より回復が早いのではないでしょうか。

あみたやんさんの不安な気持ち、本当に心からわかります~~。
私なんて、本当に死ぬほど落ち込んでて、治った例とかを見たり聞いたりしても、自分に限っては悪いクジを引き当ててしまうだろう、もう完全に自分は治らない、と思って、暗黒の世界にどっぷり浸かりこんでおりました。そのときのネガティブさは世界ランク・ベスト3に入ろうかと思います。
と、こんな異常なマイナス思考の人間でも、ちゃんと治ったのです。

だからあみたやんさん、すでに兆候が見えてますし、きっときっと大丈夫だと思うのです。
「時間」というか「待つこと」が本当に苦しいと思いますが、あれっ、という日が突然来ると思いますので、それまでなんとか気を紛らわしたり、楽しいことをしてくださいね。(ということを私も神経麻痺先輩《この方ですhttp://ameblo.jp/heavycat/》に言われても、そのときは眉唾でした)

本当に心から、ばびっと治ってくださることを祈っております。
また何か聞きたいこと、ご不安なことがあったら、気軽に使ってやってください。
のちに訪れるであろううれしいご報告もしてくださると、大変ありがたいです。




あみたやん
お返事ありがとうございます!

>でも3週で2cm上がったなんて、すっごいことだと思います。


そうなのですか・・・・!?
なんだかものすごく励まされました!!
希望がわいてきました。



>私なんて、本当に死ぬほど落ち込んでて、治った例とかを見たり聞いたりしても、自分に限っては悪いクジを引き当ててしまうだろう、もう完全に自分は治らない、と思って、



本当に不安です。骨折から麻痺発症まで、悪い方へばかり転んできたので、この先もきっとそうなのだという思考が身についてしまいました。医者不信にもなりました。


>「時間」というか「待つこと」が本当に苦しいと思いますが、


はい。本当にこれが苦しいです。
医者は何もしてくれないし、これといった効果のある薬やリハビリがあるわけでもない。
ただ待つだけと言うのが本当に嫌です。
ある日急に動きが戻ってくるものなのですね・・。その日を夢見て地道に頑張っていこうと思います。




柴崎さんのブログは、麻痺発症直後から隅々まで読ませていただいていました!本当に参考になりました。共感できるところが多すぎてちょっと笑えるくらいでした^^

また大きな進展があったら報告させてください。柴崎さんの回復報告も楽しみにしています。本当に、心から!!

あみたやんさまへ
芝崎みゆき
お話聞いてるだけで私も腹が立ってきます!!
骨折の処置の圧迫で神経麻痺起こす例はよくあるのだから、よくあるからこそ!医者はそれを肝に銘じて、十二分に気をつけなきゃならんと思います。
ほぼ確実に治るし命に別状はないと、医者側はタカをくくってるかもしれませんが、医者たちは時間を失わないけど、患者側の失う時間は取り戻せないのだから。

何か腹に据えかねる思いが大きくなったり、不安で恐ろしくなったら、メールでもなんでもいつでも吐きだしてくださいね。
ずっとプレートで押し込められていた、あみたやんさまの神経が「やったぜ、解放された――」と勢いづいてすさまじく再生してくれることを、本当に願ってます。ほんとにほんとに……。


あみたやん
ありがとうございます。

>医者たちは時間を失わないけど、患者側の失う時間は取り戻せないのだから


本当にそう思います!
医者に対して『お前もこうなってみろ!』といつも思っていました。


>ずっとプレートで押し込められていた、あみたやんさまの神経が「やったぜ、解放された――」と勢いづいてすさまじく再生してくれることを、本当に願ってます


この言葉でまた希望が湧いていました!
やっぱり作家さんは言葉の力が違いますね!^^

またそのうちコメントさせてください。

明けましておめでとうございます!
レオン
本年もどうぞよろしく。


ということで、いきなり話変わりますが、この事件、南米旅行の専門家でいらっしゃる先生はどう思われますか?
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG04029_U4A100C1CC1000/

流しのタクシーに乗るのは普通なのか、絶対ダメなのか、お考えをお聞きしたいです。

レオンさまへ
芝崎みゆき
こちらこそよろしくお願いいたします!

これは、痛ましいつらい、あまりにも悲しい話です。他人事ではまったくありません。いつ自分もこうなるかわかりませんし、常にこういうことをよく考えます。
それでもって私は。ベテラン・バックパッカーには鼻で笑われるような失敗多き下手な旅しか打ってません。なので、何にもいえる立場にないのですが、ちょっと思うのは、こういうのは気を付けても気を付けなくても、だれもが被害者になりえることだということでして。気を付けようのない、たまたまのめぐり合わせなのだと思うのです。
たとえば逆に、お前それヤバいだろうっていう、とんでもない冒険的なことしてても、何も怖いことが起こらない人もたんまりいます。
私はエクアドルに行ってないので、どんなところかわかりませんが、ペルーとかボリビアでは流しのタクシーにけっこう乗りまして、その印象としては真面目な方たちばかり、というものでした。これもたまたまのことで、何かのはずみで怖い思いをしてた可能性だってあります。
本当むずかしいです。
と、本当にまったく参考にならない意見で申し訳ないです。


結局は運の強さなんでしょうね。
レオン
日本でも歩道を歩いていたのにトラックが突っ込んできて死んだ友人がいました。

先生は長生きされて、これからも立派な業績を挙げてください。

レオン様へ
芝崎みゆき
ほんとう、一寸先は闇というか、誰もがいつ死んでもおかしくないですよねーー。
今生きのびてることが奇跡というか。

本当なるべくせめて病気にならないように、健康管理だけは考えたく思います。
レオン様こそ、健康第一で、素晴らしい仕事をばんばんやり倒してくださいね。

ありがとうございます。
レオン
お蔭さまで、問題なく普通に歩けています。当たり前のことが出来なくなって初めて健康の大切さに気づきました。

以後、食事や睡眠等に気を遣って生活しています。

先生の新作本、楽しみにしていますよ。

新しいレビューにつきまして
Κασσανδροσ
 大変ご無沙汰しております。
 もう何ヵ月もブログを更新なさっていないことに些かの責任を感じておりますので連絡させていただきました。きっと新しい本のご準備にお忙しいためだろうと思います。しかし一方で、ネットという疑似世界の空気がもうイヤになられたのかもしれない、とも想像しております。
 すでにお気づきと思いますが、私のレビューは名前を変えて続いております。相変わらず的外れな嘲弄もみられますし(「コメント」は読みません。例の痰壷のようなサイトで偶然見つけました)一部の人からは目の敵にされているようです。この先も不愉快な思いが続くならいずれ再び、そして永久に退場しようと思っております。しかし昨年、芝崎様から身に余るお言葉をいただきました。モノを書いていて、こんなに嬉しいことはありませんでした。だからもしまだお気づきでなく、私の新しいレビューをご覧いただいていないのでしたら、永久にネット世界から去る前に、連絡だけでもさせていただきたいと思いました。私のサイトをご存知でないなら、別メールでヒントをお教えします。おわかりの場合でも公開しないで下さい。
 熱心な読者になってくれている友人・家族も少数ながら居ます。しかしこれだけ世の中が悪くなり、一生懸命考えて書いた文章を愚弄される経験が続くと、嫌になります。はっきり申し上げて、そんな日本なら、もうどうでもいい。私はもう年ですから、戦争にだって(たぶん)行かなくていいし、どっちみち遠からず居なくなるのです。私の文章が世論形成に些かでも寄与するなどと思い上がった気持ちは毛頭ございません。これは個人的な満足感の問題です。
 昨年のお誕生日に書かれた関順一様のブログは素敵でした。9月に書かれた文章には深く共感しました。こういう連中が世界をどんどん劣化させている。しかしもう止める術はなさそうです。

Κασσανδροσさまへ
芝崎みゆき
Κασσανδροσさま!! お久しぶりでございます。ご記憶に留めていただいて、大変にありがたいです。Κασσανδροσさんの新たなペンネームによるレビューはもちろん拝見しておりました。復活を初めて知った時は、変わらず内容の深い心に沁みる名文章で、こうでなくっちゃっ!とやたらはつらつとしたエネルギーみなぎるような感覚になりました。
頭がしんどくなった時など、チェックして新しいレビュー入ってないかなーと、以前のように楽しみにさせていただいておりました。
それ以前には、こんなしょうもない場で、Κασσανδροσさんレビュー消滅の悲しみを記してしまい、あのことがますますΚασσανδροσさんの気分を害させたのかも、などと、変に自意識過剰になり、あんなもん書かなきゃよかった、と非常にクヨクヨしてまして……。
ですので、レビューの復活は楽しみがまた増えたってことと、上記のことでますます嫌気がさしたとかはないかも、とネガティブ感情も薄れ何百倍もうれしかったのです。
と、それでもまたヒマでヒマでしょうがない人間がくだらぬことを言ってきたのですね……。
私が知ってる限りでは、新しくされてからは、そのようなものが見受けられず、平和に映ってましたが、違ったのですね。
でも私のわがままな気持ちでは、永久には退場してほしくないです。Κασσανδροσさんのレビューに不愉快なことを言ってくる人がいるとしても、絶対1人とか2人のやたら時間が有り余って活動するヤツなだけで、最高でも4人はいないと思います。その人らがヒマでヒマでしょうがないから特に何も考えず、軽くちょっと自分と違う意見だと、上澄みをさらっただけで碌に読みもせず、悪態をついてるだけだと思うのです。
でも私だっていくら頭でそう思っても、実際そういう悪態を見てしまったら、怒りで体から体が出そうになり、動揺し、骨もグダグダになって倒れそうになってしまうので、Κασσανδροσさんのお気持ちもよくわかるのです。

でも、前も申しましたが、レビューで名文に遭うと、心からすごい、と思って、その人の書いたほかの本のレビューを追っかけたりしますし、そういった読み物の楽しみを与えてくれたり、本を読む気にさせてくれたり、などなどの恩恵を授かってる人間のほうが何百倍もいるので、永久にはやめないでほしいです。
そして、びっくりしたのが、あんな、誰に向けて書いてるのかようわからん意味不明な戯言ブログまで見ていただいて、何か本当にすみません。
奴も草葉の陰で喜んでることでしょう。
ここと同様、誰一人訪れることのない読者不在の文章に、Κασσανδροσさんたる、心もある名文家の方に目を通していただいたとは!
とにかくそれを伝えると、ぱーっと顔が明るくなって(本当に人の顔が漫画のように分かりやすくパーッと明るくなるのを見ました)、パソコンにダイブする勢いでガリガリやりだしました。
(しかも! そのほかのことも今知って、それにも飛び上がるほどにびっくりしました)

ところでΚασσανδροσさんがここでおっしゃる「サイト」というのはアマゾン内以外のことでしょうか。文脈からはアマゾン内のレビューのところかと思ったのですが、何か別口で持ってらっしゃるのでしょうか。もしそうでしたら、メールでヒントをお教えいただければありがたく存じます。
ヒマな輩はほっておいて、Κασσανδροσさんは思うままに、誰はばかることなく書きたいことを書いていただきたいです。
『ウェブはバカと暇人のもの』の中川淳一郎氏が言ってるように、ネットでは時間のある人間が声が大きく、繰り返し書きこむことで、あたかもマスのような印象になってるだけだ、と思うのです。



お返事に感謝致します
Κασσανδροσ
 お忙しい中早速お返事をいただきましたこと、またしても身に余るお言葉をいただきましたこと、両方に厚く御礼申し上げます。
 「サイト」というのはアマゾンの私のページ、という意味で、ご存知のとおり名前をクリックすると出てくる一覧表のことです。
 「例の痰壷のようなサイト」は、何かを検索していて年に1回くらい、偶然開いてしまうことがあります。今回は非常に不幸なことに、自分のことが書かれているのを見つけてしまいました。レビュー自体は(あれでも)かなり慎重に書いていますので直接攻撃こそ少ないのですが、少し時事的な話題に触れるとたいてい数日後に反対票が入ります。同じ(または少数の)人がずっと追いかけているのだろうと思っています。
 反対票自体は気にしていません。賛成率が極端に低いものもありますが、おおむね想定どおりの結果です。私は、全体として賛成票が6〜7割、という状態が一番健全だろうと思っています。専門書は別として、全員が賛成するようなレビューには、むしろ存在意義に疑問を持ってしまいます。
 一点だけ、書いている本人が言わなければまずわからない特徴をお知らせしますね。私のレビューは、初期に「敵の目を欺く」目的で例外を作りましたが、通常はすべて同一の文字数です。字数制限のある文章を書く機会が多いので、練習をしているのです。できるだけ自然にみえるよう努力していますが、体言止めがあったり、ときどき寸詰まりの文章があったりするのは、字数調整のためとはいえ、修行不足です。
 芝崎様のせっかくのお言葉ですので、もう少しめげずに続けてみます。新著を心待ちにしておりますが、同時に、大切な手を酷使なさらないように、どうぞいたわりながらお仕事をお進め下さい。また、関順一様にどうぞよろしくお伝え下さい。上京するのはせいぜい年10回くらいですし、大崎へ行く機会は少ないと思いますが、もし偶然乗せていただいたら、必ず声をおかけします。

Κασσανδροσさまへ
芝崎みゆき
こちらこそが、ご多忙中のご返事にひたすら感謝しております。
やはりアマゾン内のことだったんですね。こちらの頭の悪い疑問もなおざりにしないでくださって、ありがとうございます。
えぇっ! 字数、同じなのですか!? それこそ心から驚きました。
まったく気づきませんでした。あまりに自然ですから。
自由な筆運びに見せながら、実は足枷がついていたとは……。
すごいっ! 皆を楽しませながら、ご自身の技術向上も兼ねそなえてるだなんて! 理想です!
そしてΚασσανδροσさんのレビューを追っかけてわざわざ反対票を投じてる人間には、なかなかの熱量を感じます。逆にそれだけΚασσανδροσレビューに感情を揺さぶられてるということなんでしょうね。
続けてくださるということで、安堵いたしました。こちらの勝手な希望で申し訳ないのですが、あまり娯楽が少ない生活なので、これ以上、楽しみが減るのは本当さびしいのです。
これからは、(字数の)裏話でまた違った面白さも噛みしめられます。
そしてまさか乗車されるなんて偶然があったら、どんなに面白いでしょうか。偶然、地方の同じ人に何度も乗車いただいたことがあるそうですし、10回もいらっしゃるなら有り得ることで、何かこうワクワクいたします。
それにしても、Κασσανδροσさまの理知的で鋭敏な文章とは真逆の、何が言いたいのかよくわからない、ただただ間延びした長い文章を読んでくださって、(申し訳なさが先に立ちます)本当にありがとうございます。

お久し振りです
Johannes
ウチのサイトのアステカコーナー内「読書案内」にて『古代マヤ・アステカ不可思議大全』紹介させていただきました。
「他の本の紹介とテンションが違いすぎるとおかしいだろうか」と思い抑え目な感じになってしまいましたが、本当は「んもう大好き!」ぐらいは言いたかったです。
……更新分を夜が明けてから読み返すと、「なんでこんなに荒ぶってるんだ、私」とツッコみたくなりましたが、そのままにしてあります。
お暇なときにでもお読みいただければ幸いです。

腕のお加減はいかがですか?
お体に気をつけてください、新刊も楽しみにしております。

Johannesさまへ
芝崎みゆき
ぬぉっーーーー!!
おありがとうございますっ!!
ありがてーです、ありがてーです。
ラインナップに加えてもらって光栄です。っていうかほかの本に申し訳ないです。
そんでもっていつの間にあのようなページをお作りに?
なんたる充実。Johannesさんったら、なんて恐ろしい子。
驚天動地なことがいっぱい書いてあって驚きました。って、本当、学会のことは知らんけど、こんなにアステカ神話について微細に研究してるのってJohannesさんただ一人じゃないですか? ってこんな人があちこちにポコポコいるとしたら、それこそ恐ろしい。
つーかJohannesさんを敵にすると、もう終わりだ。絶対敵にならないでーーー。

私の誤り記述って、あれかな。青とか白のテスカトリポカとか、タタとネネを人類のはじまりとか書いたところかな。って自分でもどう書いたか忘れてて、自分本を探そうにもどこにもない!!

って、それどころじゃない、ですよね、きっと。知り合いのよしみとして、手心加えて緩めに記述してくださったのでしょうね、すみません……。つーか、Johannesさんほどの人がこんな本お勧めにしてくださって本当、それが一番心苦しい。

それにしてもありとあらゆることを忘れてました。サアグンとかチチメカとか、遥か何万光年も彼方へ逝ってしまった単語たち、きっとJohannesさんのホームページを見なければ永遠に思い出すこともなく、生涯を終えてましたよ。
今とりあえず、すごすぎるところ(「神話紹介」や「コラム」)をざざっと読ませていただきましたら、あまりの知識のるつぼに脳がグルングルンひっくり返りまして、これはのちのちじっくり腰をすえて読ませていただき学習させていただこうと思いました。

それから「参照に当たって注意を要する本」の数々のツッコミにはうひゃひゃと笑いました。
johannesさんのクールではあるものの怒り心頭具合がひしひしと伝わってきて。って、笑ってる場合ではないのでした。私の本こそがこっちに上がる本ですよね~~。やはり知り合いだから手心を加えていただいてると反省すべき。
って、まぁ、そもそもそんなステージにも、どのステージにも上がることのない本だった。

とまれ本当、いろいろ反省しきりではあるものの、私は誰かの本の記述の間違いとかを見ると「あっ、間違うのってぜんぜん大丈夫なんだー」と逆に都合良く考えちゃって、間違うことを恐れずにやろう、とかの方向に行っちゃいまして。まぁ、だからあーいう感じになっちゃうんですが……。

とにかくいろいろ目や頭がバシッと起きました!
これからもどうぞ、いろいろ教えてやってくださいね。本当にありがとーーーーございます!!!!


(ココロが) お元気そうで何よりです。
八島秀二
芝崎みゆき 様  メリークリスマス、それから謹賀新年、そして祝春節等々 大変にご無沙汰しておりました。 、、というのも、何度も、ここには来ていたのですが 「またまた消えた、、」という看板に、どうしたのかなあ~と引き返していたのです。 たぶん、そんな人、他にもいるのでは? 何でも良いので「雪が降った」「春風が吹いた」 だけでも芝崎さん いるじゃん、、もう、、遊ぼうよ! って思ってる遠おりすがりが大勢いると思います。 まだ全部をコメントに追いついていないのですが、Κασσανδροσさんのレスも拝読して、あー 良かったと思いました。 アマゾンのレビュー Κασσανδροσさんの文章に感心する者です。 そんな声なきの賛同者 大勢います。 私の最近のお気に入り画人が山口晃さんですが、氏の言葉に 「面白きなき世を面白く」というのがあり、安倍暴走内閣の治世にて、これを念仏しながら、毎日 面白きものを捜しています。 好奇心こそが第二の心臓 これが枯れないように、あちこち出没してますが、まだまだ面白いもんが、私のの知らないとこに隠れています。 どうぞ痰壺のムジナなどに、「アホ!」の一言でバッサリと切って、どんどんΚασσανδροσさんの「タノシイーーー!」を発してください。 芝崎さんへのHelloのついでに言っちゃいました。  ではでは 寒い週末の次には春がやってきます。 芝崎さんの心身にもその光をたくさん降りかからんことを祈っております。

八島秀二さまへ
芝崎みゆき
八島さま、いやはや、記憶に留めてくださって、しかもこのようなところをチェックしてくださってるようで恐れ入ります。
変わらず、太陽のプロミネンスのようなエネルギーの塊で、圧されました。
その崇高なエネルギーをここでも使ってくださって申し訳ないです。

東京中を、日本中を、世界中にあちこち出没されるだけでは飽き足らず、サイバー空間にも縦横無尽に行きかってるお姿が想像されます。

Κασσανδροσさんも八島さんのこのエネルギーあふれるコメント見てくださって、賛同者がいる、ということをぜひ知ってくださればいいのですが。

あまりにもの知らずの身ゆえ、山口晃さんの画、初めて知りまして……。今知ったばかりで、何を言っても空々しいのですが、面白いですねーーー。
すごい世界を教えてくださってありがとうございます。

安倍政権も何もかも、道理が通らないことこの上なく、茶番に見えてバカバカしい思いです〈まぁすべての政治の世界が、そうなんですが)。
最近とみに思うのは、「人間、だいたい全員小学生」ってことです。ころもだけは老人のぬいぐるみを纏ってるけど。

八島さまに限ってはこれからも、ぜひその並外れた好奇心を保たれつつ、お体も大事にしてくださいね。
いや、その気概、好奇心で、きっとものすごい免疫力と体力があると想像しておりますが。


八島様へのお詫びと御礼
Κασσανδροσ
 芝崎様のブログをお借りして八島秀二様にお詫びと御礼とを申し上げます。八島様が私の再出発にいち早くお気付きになり、そしてそれを暗示に留め公開なさらなかったこと(たぶん、芝崎様に極秘でお伝え下さったこと)に深く感謝申し上げます。お心遣いをいただき、まことにありがとうございました。また、当時私が八島様から頂戴したご連絡について「知らないふり」をせざるを得ませんでしたことを、心からお詫び申し上げます。
 唯我独尊、と言われかねないのですが、当時私のレビューへ続けざまに入ったコメントの腐臭が余りに強かったため、それ以後私は現在まで、コメント欄を「臭いモノ」と考えてひたすら蓋をしています。それでしばらく八島様の信号に気付きませんでした。一方で芝崎様のブログを時々開いて拝見しておりました。たまたま両方を同じ日に見つけ、びっくりしてしまったのでした。芝崎様が八島様のお言葉を全否定されていたので、どうしたものかと、当時悩みました。いずれお詫びする機会もあろうかと思っておりましたら、本日ようやくその日が訪れ、うれしく存じております。
 この場をお借りして八島様に深い感謝とお詫びとを申し上げます。また芝崎様にはいつも元気の出るお返事をいただき、とても感謝しております。それから当時の力一杯の全否定は、私にとってはとてもありがたいご対応でした。
 芝崎様。ここへ来るととても明るい気持ちになれます。これからもときどき書き込ませていただきたいと思います。きっとお忙しいでしょうから、お返事はご無理のないときだけで結構ですよ。どうぞお手をいたわりながら、大切なお仕事を、ごゆっくりお続けください。新しいご著書を一日も早く拝見したいのですが、気長にお待ちしております。

Κασσανδροσさま、八島さまへ
芝崎みゆき
八島さんっ! 申し訳ありませんでした――。すみません。本当に申し訳ありませんっ。
本当に固定観念はだめですね! 身に沁みました。私は最悪のトンチンカン野郎です。
もう完全消去されてしまったのだから、一生わかりようがない、と完全に決めつけてしまってました。
ネット界のこともデジタル世界のことも、ろくに知らない私が、よくもそう思い込めたものか!
八島さまの電脳世界への比類なきご能力(本当にすごすぎます。実はその世界では超有名なハッカーでは?とさえ想像してしまいます。って電脳世界だけの才能じゃないですけど)には、もう本当頭を垂れるしかありません。
本当にすみません。本当にすみません。
Κασσανδροσさんにも本当申し訳ありません。私が、森羅万象を知り尽くした者のごとくあんな自信満々に否定するもんだから、そのことに触れるわけにもいかず……。いろんな部分で、ミリ単位でご配慮してくださったことが想像できて、深く感じ入ります。
自分の思い込みや早とちり癖は、もはやこの歳になると直しようがないかもしれませんが、自分に都合よく言えば、私はいつも失敗からしか学びませんゆえに、このことを肝に銘じて、あらゆることに慎重に、いろんな可能性を常に考えていこうと思っております。
八島さんには、このことに気づかせてくださったことに本当に頭を上げられない気持ちと同時に感謝でございます。
Κασσανδροσさんには、張り巡らされたご配慮にやはり申し訳ないのと同時に、このような方がいてくださって、まだ人類は大丈夫かも、という安堵の心です。
本当にお二方にはあらゆる角度から「ごめんなさい」です! あまりに未熟者ですが、これからも「しょうがないなー」というお気持ちで、どうぞよろしくお願いいたしますっ!!!!


あっ、なんかすごく褒めてくださってる!
Johannes
いやいや、私なんて所詮ただの好事家ですから。研究者の方々のようには行きませんよ。
しょっちゅう間違いますしね。「しまった、名前間違えてた!」とか「ギャーッ誤訳!」とか、何度も何度もやらかしては悶絶してます……っていうか、今日も書きかけの文章内に間違いを見つけて慌てて直したところです。発表前でよかった。

そんな奴のくせに、いやそんな奴だからこそ、間違った情報が訂正されない状況に腹が立つんです。素人でもちょっと調べれば分かるようなことをちゃんとしてない研究者とかおかしいだろ、と。
考古学関係はともかく、神話とかの話題はなかなか新しい本も出ませんし……研究者の皆さん、いくら素人でもちょっと調べれば分かるとはいえ、わざわざ調べない人の方が多いんですから、その辺のフォローをですね……などと思いつつ資料を漁っています。

そんなことより、私はもう本当に芝崎さんの本が好きなんですよ。
「あ、このたとえは解りやすい」「その発想はなかった!」などと感心しきりで、「こんな風に興味を引く本なんて私には無理だ……」と勝手に挫折していたり。
専門家ではない人間が一から調べることの大変さも分かりますし。その上でちゃんと自分の表現がされているので素晴らしいです。
私はマリオ関係以外はあまりやらないので詳しくはないんですが、ゲームとかでアステカ神話に興味を持つ人も多いようだし、そういう人たちが神話・歴史その他を一通り知るのにもいい本だろうとも思います。堅苦しくなくて楽しく読めるので。
なので、全然卑下される必要なんてありませんよ。もっと堂々となさってください。

Johannesさまへ
芝崎みゆき
フォローをありがとうございます~~。
たしかにちょっとしたひと手間(=ちょっと確かめたり調べること)を横着する人って「ちっ」って思いますよね。あと全然関係ないけど、ちょっとも本を読んだり、ネットですら調べることなしに、すぐ人に聞いて済ませようとする人を、うっかり目にしてしまうと(知恵袋とかに普通にいますけど)、なんか「いいなー、このメンタル」の思いが。(そして親切な人いっぱい。なんで? あっ、でも自分も道とかすぐ人に聞いちゃうし、そういう感覚なのか)

自分も不安神経症のように、異常に何度も些細なことを確かめる反面、投げやりなとこが多分にあって、横着もやらかしまくるので、本当気を付けようと思います。
JohannesさんのHP(ブログ含め)、本当いろいろ気づかせていただき、かつ笑えるので、本当楽しいです。神経すり減りそうな調査力で、はたから見ても大変なのは重々察せられますが、これからもアステカファンのためにJohannesファンのために、文献取材&そのアウトプットをどうぞよろしくお願いいたします。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
困りますね
本は近所の本屋(小さいけれど品揃えが自分の好みと合うのでお気に入り)とアマゾンでしか買わないのでレビューはとても参考にしています。
ただ、アマゾンは恐ろしい。
以前に、前から欲しかった「世界の歴史」30冊を購入し、代引きで8万くらい払いました。
(カードにすると際限なく買ってしまいそうで手数料は掛かりますが代引きにしています)
他にも塩野七生さんのローマ人物語15巻を買ってしまったりとアマゾンはホント恐ろしいですね。
それはそうと、今週末はIPPONグランプリがあるんで楽しみです。
2013/05/22(Wed) 10:23 | URL  | しろ~ #-[ 編集]
こんにちは(^_^)。
私は以前図書館で借りたヴードゥー教の本をアマゾンで探したのですが、かなりのプレミア価格になっていたのには仰天しました。
ギフト券をコツコツと買いだめして、いつかは注文したいです。
2013/05/22(Wed) 15:35 | URL  | 呉姫 #TFu74x46[ 編集]
全く知りませんでした
レビューを書くことでいろんなドラマがあるとは、ただ購入時の参考にパラパラと見る感の私にとっては、驚きです。さすが、先生は違いますね!レビューを250とか書かれている人がいるということもビックリですが、それに注目するということにもビックリです。世の中、いろんな事があるのですね。
いろんな事というと、先日コメントしました、ゴッホ展とインカ帝国展にGWに行ってきました。ゴッホ展は、あまりの人の多さに10分ほどで退場し(初めて模写した「セーヌ湖畔?」だけはきっちり眺めましたけど)、その後インカ帝国展にいって少しはゆっくりと会場内を歩き、ミイラの小ささに驚き、3Dムービーにビックリ(今時手を出しそうになったのは私ぐらいか?)しました。不思議なことに、先生の本は置いてませんでした。マヤとは離れすぎてるからでしょうね。
その2日後、再び京都へ村上春樹の公開インタビューへ出かけました。よく感想を聞かれますが、私にはまとめる力が全くない。覚えてるのは、日刊スポーツの記者から「20~30倍とも言われてます!おめでとうございます!」という台詞と最前列のおじさんが堂々と開催前のステージの写真を撮って注意され、「まだ始まってへんのに、なんであかんねん」という台詞が印象的でした。
先生の次の作品、気長に待ってますよ~




2013/05/22(Wed) 20:57 | URL  | 松本留吉 #-[ 編集]
もしかしたら
他のレビュアーからの嫌がらせではなく、amazonへの不信感というものがあるかもしれませんね。
レビュー掲載・不掲載、削除・放置の基準があいまいで、誠実なレビューが消されることがある反面、不誠実で有害なレビューが放置されているという現状にいらだちを感じておられるレビュアーさんが少なくないようです。
例えば、こんな方とか。
http://www.amazon.co.jp/gp/forum/cd/discussion.html?ie=UTF8&asin=B0046ZSB5G&cdForum=FxZ0X0UJ51MAMS&cdThread=Tx2NSDQUFG6SD2

私も、何度か食べログのレビューを消された後、運営とやりとりをした結果、
「ここは信頼できないな」
と結論し、写真とメニュー表をチェックする以外は使わなくなりました。
2013/05/23(Thu) 08:03 | URL  | のりちゃん #-[ 編集]
しろ~さまへ
ご近所にいい本屋さんがあって、いいですね!!
最近、そういう小ぢんまりとして、ゆっくり本を吟味できるような本屋さんがどんどん減ってしまってさびしい限りです。やっぱり手に取ってパラパラしたいですよね。

世界の歴史30冊!! まさに大人買い。イッキに8万ってなかなかの踏み切り方ですね。
塩野先生の本も!
気持ちわかります。でも私はイッキ買いは2万がせいぜいです。いつかババーンとやってみたい。

そーーー!IPPONグランプリ―。
昨日だか、おとといだか深夜やってたIPPANグランプリももちろん観ましたよ。
なぜか、いつものように存分に楽しめず、めずらしく保存しないで、そのまま消してしまいました。
本選に期待しますっ!

2013/05/23(Thu) 08:56 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
呉姫さまへ
呉姫さま、ありがとうございますっ!
なにやら、とんでもなくマニアックな本なのでしょうね。そのヴードゥーの本は……。
ギフト券が貯まったころには、ちがう出店のところが、値を下げて出してるかもしれませんよ!
ぜひいい値段で入手できるといいですね!

2013/05/23(Thu) 08:58 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
松本留吉さまへ
普通の人ならば、「うわっ、何この人、変に執着して、勝手にドラマとか想像してキモい!」と引くところを、そのように言ってくださって痛み入ります。
本当にどの世界でもいろいろなことがあるのを学びました。大地の下を歩く、その一足ごとに、何万もの微生物がいるように(よう知りませんけど)、空気中を何万もの細菌が漂うように(よう知りませんけど)、ありとあらゆるニッチなところに生物の営みがあるかのごとく。

展覧会のご報告、ありがとうございます!!
ゴッホ展、残念でしたねー。10分て……。
私もいつぞや行ったとき、人垣ごしに5メートルくらい離れて観たので、イライラが募って何にも面白くなかったと記憶してます。
それにくらべてインカのその不人気ぶりは……。東京では大盛況だったらしいのですが、あれは宣伝のためのウソ?
……次本のことが心配になってきます。

3D、楽しまれたみたいで、いいなー、私も観たい!
私の本のことも気にかけてくださってありがとうございます!
次に、アンデス系の展覧会があった時までには置いてもらえるよう、シャッシャカしたいと思います。

「村上春樹の公開インタビュー」なるものも行かれたのですね!
何とアクティブな。すべてのイベント、自転車で回られてるイメージです(っていうか、ぜひそうであってほしい)
そのおじさんのエピソードいいですね。そして、それを覚えてるエピソードBIG2にしてる松本さんの脳もブラボーですね!
2013/05/23(Thu) 09:44 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
のりちゃんさんへ
何という読み応えのあるトピック!
のりちゃんさん、お調べくださってありがとうございます!
いやー、なんかまたまたじっくり読みこんじゃいましたよ。
このトピック一つとってみてもなんかすごいドラマ展開ですね!
ついにアマゾンがロボット回答をやめて、少しは血の通った言葉で回答してきたときは、なかなかなクライマックス気分を味わいました。

この方の「納得いかないことはちゃんと回答もらうまでがんばる」精神は見上げたものですね。
まぁたしかにメーカーに問い合わせてください、っていうアマゾンの回答もそうだよなーと思います。

でも、このレビューは確かに盗作であることを前提に書いてますが、なぜそう思うかの理由を明記したちゃんとした文章ですよね。
で、結局これはボツになり、新たな、それこそ1行で書かれたとても感想とは言えない、同じ方のレビューが今現在は載せられてるこの矛盾。

でもこのような自分たちにとって都合の悪いトピックを削除しないのは、まぁリベラルですね。

そんでもって、もう「盗作問題」自体に変に興味持っちゃって、人生で一度も聞いたことがないカトゥーンの曲なんて聞いちゃいましたよ。
しかも「すげーいいじゃん」と思ってしまった。ホストのような歌い方はともかく。
問題となってる音自体はたしかによかった。

ってそこじゃないですよね! のりちゃんさんが教えてくださったポイントは。
そうなんですよね。ちょっとした質問にもアマゾンさん、こういうマニュアルコピー定型文送ってくれて、会話になんなくて、本当それで私も毎回はーあ、と思ってあきらめます。
そうやってあきらめさせることもマニュアルなんでしょうね、あの定型返しは。
で、一瞬、もう買い物せん!って思うんですけど、電化小物とか最安値だったりするから、また使うんですよね。

食べログでそんなことが?
のりちゃんさんもある程度ちゃんと言ったのですね。えらいっ!
何でも最初はきっといいと思うのです。
だんだん、やっぱり長くやってくうちに、おかしなことになるのですよねーーー。
2013/05/23(Thu) 11:04 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
芝崎先生、こんばんは!お元気そうで本当にうれしいです♪

しかし、そんな熱心なレビュアーさんがお二人も立て続けに・・・って、「何があったの??」って思ってしまいますよね。
本当に先生の想像が取り越し苦労でありますように~、っと思ってしまいます。

それにしても先生の探究心というか、やっぱりこれぐらい調べるのが好きじゃないと作家にはなれないのね~、って思います。本当に心からスゴイ!と思います。
闘病日記の時も、文献からネット情報までのすごく調べつくされてるし、先生のこれまでの作品もこうやって緻密に調べあげて積み上げた知識のなせる業なんだなぁって、思いながら読んでます。

急に暑くなりましたが、お体にお気をつけてお過ごしくださいね~。
2013/05/23(Thu) 20:52 | URL  | しろしろ #B5cae6Gw[ 編集]
定型通りと常識外
とはいえ、食べログの方は、このレビュアーさんと同じように、
・○○という会員登録されていないと思われる店について、同じように「事実確認がとれない」マイナス評価が投稿されているがなぜ削除されないのか。
・もし金銭の授受により評価を意図的に変えているのなら公平なレビューサイトとは言えないがどうか。
などと質問をしたら、うんともすんとも返事が返ってこなくなりましたから(^^ゞamazonはまだまともな気もしますけれど。
利用者からのレビューで商売を成り立たせているサイトの運営は難しいのでしょうね。
そして、レビュアーは、納得いかない思いを抱えることが多かろうと思います。
2013/05/24(Fri) 06:44 | URL  | のりちゃん #-[ 編集]
しろしろさまへ
しろしろさん、ありがとうございます!
そうなのです! うそのようにかなり良くなってきました!
一番ひどいときに優しいお言葉をかけていただき、その節も、その前も、いえ、いつも!、ありがとうございます!!

そして、本当、普通の人なら引くところを、そんな褒めていただいてすみません。
なんか、こう、神経症というかノイローゼ体質というか、なにか「えーーーっ」と思うことがあったら、そればっかりをいつまでも考え、あれこれ調べ倒すとか、もう、そういうのが止められなくて……。
もうちょっとおおらかになんでも受け止める人間になりたいです。

神戸はもうモンワ~~リと暑いでしょうね!
今日もしろしろさんが楽しくはりきってお仕事されますように!!
2013/05/24(Fri) 07:43 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
のりちゃんさんへ
無視って!
その、「ちゃんとした企業」らしからぬやり方を思うと、本当アマゾン、ぜんぜんまともですね。
絶対「無視」はないですからね。

そしてなんだか、すごいお話ですね。
どこかのお店が不当に貶められてたのでしょうか。
あれ!? 食べログでしたっけ。なんかレビューに関しての事件があったのは。
って調べたら、そうだった。
もうだめだ。すべては腐敗する。
ネットの口コミって、企業の「力関係」とか「金」とか「タイアップ」とか、そんなのに関係ないところで成立してたからよかったのに(まぁ、思考停止して、マスコミにの受け売り意見の人も多いけど)、もうこれではだめだ……。
のりちゃんさん、がんばりましたねぇ。そして、むなしかったでしょうね……。
真摯に誠実にやってきたレビュアーさんたちは、もうばかばかしくてやってられんわ、こりゃあ。
2013/05/24(Fri) 07:48 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ご無沙汰しております。
お久しぶりです。二年前にメールさせていただいていた小巻です。
今、アリゾナにいます。今週またメキシコへ行こうと思っています。旅してるのですが、最終目的地がメキシコの遺跡なので、今回も前回同様に芝崎さんの遺跡へっぴり紀行と不可思議大全を汚れないようにジップロックに入れて持参しております( ´∀`)

色々マヤ・アステカの本を集めては読み漁っているのですが、いざじゃあ旅に出るというときにわかりやすくて参考になるのが芝崎さんの本です。
これからも応援しています。
2013/06/16(Sun) 06:49 | URL  | 小巻まい #Og9QlhnU[ 編集]
小巻まいさまへ
まいさま! お久しぶりです!
かっこいい! アリゾナにいるってサラッと~~。
ギョギョ――! チェックさせていただくと、なんと会社お辞めになって、いつの間にやらLAに住んでーーーー!
まいさん、クールすぎる! わたしもあのLAの空気が大好きで住みてーって真剣に思ったことあるので、うらやましすぎます。
加えてまたもメキシコ旅行!いいなーいいなーー!
そんでもってわたくしの本なんて持って行ってくださって、本当すみません……。
何か暴漢に遭った際の武器的なもんに役立ってくれればいいのですが……(飛び道具的に)。
ところで携帯はくやしいですね! 私もクレジットカードをLAでパクられましたよ~~。
何しろ、お気をつけて! んでもってまいさまの美貌と人懐っこさで諸外国の人々を魅了し、プラス、あくなき好奇心で大いに楽しんできてくださいね!
レポート日記、ちょくちょくチェックさせていただき、私も旅のバーチャルリアリティを楽しみたく思います!
2013/06/17(Mon) 10:15 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ありがとうございます!
大変うれしいです!クレジットカード大変でしたね。・゚・(ノД‘)・゚・。
手のほうも心配です。。。!
お大事になさってくださいm(__)m

あ、今、メキシコのドミトリーにいますw
書き込みをさせていただいてすぐテキサス経由でメヒコにきました。私なんてへっぴりどころか対人恐怖症紀行なんですが、ががが、、、頑張りますwww
いつかお会いしたいです(゚∀゚)
2013/06/18(Tue) 14:52 | URL  | 小巻まい #-[ 編集]
小巻まいさまへ
ひーーーっ、なんたる素早さっ! アリゾナにいると思ったらテキサス、でもって、もはやメキシコ・インとはっ。

まいさん、対人恐怖症とは対極なイメージ。 でももしかして本当に人見知りだったりするとギャップがあって、それもいいですね!
お土産話をお聞かせ願える日を待ちかまえております!
2013/06/19(Wed) 08:42 | URL  | 芝崎みゆき #8BYMWxlw[ 編集]
お久しぶりです!
芝崎さん神経麻痺の方の具合は
いかがですか??
私は5月くらいにほぼ完治しました(;_;)!
もう生活に支障なく暮らしていますが
たまに手を使いすぎたりして
痛くなるときがあります…
あと手は開くのですが
ピースの形をつくると中指が突っ張って
痛くて伸ばせないのが
気になるところです。
後遺症なんでしょうか…
でもピースしない限り
気にならないので大丈夫そうです(笑)

バイトも無事復帰しまして
改めて自由に腕が使えることの
ありがたさや自分でお金が
稼げることのありがたさが
身にしみました。

芝崎さんの様子も気になったので
ひさびさにコメントしてみました!
2013/07/26(Fri) 22:36 | URL  | 2525 #-[ 編集]
2525さまへ
わっ! 2525さん、こんにちはーー!
うれしーー、お元気なご様子!
2525さん、どうしてるかなーって思ってました。ご報告ありがたいです。
ほんとよかった! もうだんぜん治ってますね!

私の方はまだ重いもの(1.5リットルのドリンク類)を片手で持てなかったり、あとそのペットボトルを開ける力もまだありませんが、少しずつでもよくなってるのを実感してます。
2525さんと違って、麻痺期間が長かったのと、オールドなので、のろのろ遅~~い歩みですが。
あといろいろ腱同士がくっついてて痛かったり、筋肉もまだまだ萎えて常に筋肉痛です。

でもとにかく「無」だったころに比べると、あらゆることがスムーズにできて、本当半年前とは雲泥の差です。
毎日1回は「本当に助かったー」と安堵の気持ちと、あとたまらなく不思議な感覚になります。

2525さんの自由に腕が使えることのありがたさが身に沁みる、っていうの本当にすごーくわかりますよ!!

わたしもそのピースの形の中指のつっぱり、すごいですよ。
(というか全部の指まわり、手首回りのつっぱり感がすごいのですが)
キツネのポーズはできるようになりましたが、ピースはまだまだむずかしいです。
でも先生は気づいたら自然にできるようになってるよ、って言ってくれてます。
とはいえ、人差し指もまだ単体では完全にビシッと垂直には上がらないレベルです。

2525さん、ピースできるようになったら、そのほか何かあったらぜひとも教えてくださいね。
そして、学校やバイトいろいろな活動を楽しみまくってくださいね!

わたしも、また経過レポートなど書いていきますです~~。
2013/07/27(Sat) 11:02 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
お大事に
こんにちは。石膏像職人の脇本です

もうずいぶん前に一度コメントさせていただいたきりになっていたんですけど、今日たまたま”エジプトうんちく~”を自分のブログを書く資料にとパラパラ眺めていて、そういえば・・・と思ってこちらに伺いました

2012年の初頭に拝見していたので、もうあまり更新されないのかと思っていたのに、その年の9月から怒涛のように更新が!
これは???と思って、そこから読み始めてしまいました・・・大闘病記!

たいへんなことになっていたんですね
ず~~~っと最近のところまで読み続けてしまい(今日の午前中、ず~~~っと)、今年の4月の良い方向へ向かい始めたところでは、ちょっとウルっとしてしまいました
手術からの回復が良い方向へ向かっているようで、本当に良かったです
どうぞ、どうぞお大事になさってください

僕の稚拙な文章でお恥ずかしいのですが、きょうの僕のブログで、柴崎さんの著作を紹介させていただきましたhttp://ameblo.jp/sekkouya/entry-11586127168.html
古代ギリシアの本は、何か疑問点があるたびに開く愛読書になっています

ではでは


2013/08/04(Sun) 14:50 | URL  | Gee #-[ 編集]
Geeさまへ
ひぃいいぃいいいいい!!!!
怒涛の大絶賛!!!!!!!!!!

いや、もう、どうも、お久しぶりです、脇本さま《=世界一の大ハンサム本部長!!》!
びっくりです! こんな褒めまくられていいのでしょうか。なんかとてつもないバチが当たる気がします。
こんな褒められたいあれこれをどんぴしゃりで大量に書いてくださったなんて、わたしのヤラシイ心をぜんぶ読み取られたようです。超能力の使い手としか思えません。
ほんとうもう幸せの絶頂です。
こんなに言葉つくしてくださって、労力だって、お時間だって、ありがとうございます!! もう本当もったいないです。
絶対読みたくなる、あまりにもすごい紹介をしてくださってて、本の実力を300倍飛び越えてます。

もう、ひっさしぶりにテンションが上がりました。バッファローのようにやみくもに走りまくりたい気分です。

そもそも、ご記憶にとどめていただいてありがたいです。
こんなネバーエンディングな右腕ものがたりにも目を通してくださって…………。
スクロールだけで、腱鞘炎になられてしまいそうです。

さんざんブログではあれやこれやと狼狽していましたが、現在は、手は大丈夫です
今はインカとイースターの本を出そうとあれこれやってます。
まだまだまとまりきれず、毎日、時間だけが異常に過ぎていく、という塩梅なのですが……。

脇本さまの手は長年鍛え上げられてると思いますが、なにとぞ大事にして、すばらしき石膏像を世に送り出してくださいね。
「きょうの石膏像」ブログも相変わらず面白くて、へーーーって思うことだらけです! 知らない本もたくさんありました。
これからも続けて楽しませていただきますね!

なんだか、もう本当にすみません&100万回のありがとうございます、です。
やる気なくなってましたが、本当、こういう仏心に満ちたありがたい方がいると思うと、ちゃんとやろう、と気がひきしまります。
今から気合入れてがんばりますです!

2013/08/05(Mon) 00:57 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
エジプト
先生ニュース見ましたか?
エジプトの暴動で博物館がやられてましたね。
ホント悲しい事です。
早く収まって、せめて他の博物館なんかが無事であって欲しいものです。
2013/08/22(Thu) 16:21 | URL  | しろ~ #-[ 編集]
こんばんは。お久しぶりです。
手の回復は順調のようで安心しました。
前のコメント拝見しましたが、次はインカなんですね、とても楽しみです。
今日、福岡市博物館のインカ帝国展に行って来たんですが、物足りなさを感じつつ帰ってきました。
インカ版芝崎ワールドを早く覗きたいです。頑張ってください!
2013/08/22(Thu) 23:13 | URL  | サトシ #-[ 編集]
しろ~さまへ
ねーーーーーーーーーー!!!!!

もう、いちばん最初に、そのニュース&写真を見たときは、体から内臓が全部なくなったような、あまりの虚脱感に襲われて、倒れそうになりましたよー!
「国立博物館」ってあったから、完全にカイロの、あの人類の至宝がつまった、あの我々みんなの博物館だ!と思って頬を濡らしていましたら、マラウィというのがわかり、一瞬ものすごく「助かったー」とホッとしました。

ってマラウィには申し訳なさすぎですが(っていうかマラウィだって宝たくさん)、もうあまりにも間違いなく、カイロのあそこがやられたと思って、生きる希望を失ってましたので、つい。

って、でもほんとう、あれだけはやっちゃいかんですよね。
自分で自分の首絞めすぎ。ほんとう悲しすぎますよね。
こっからは本当に死ぬほど厳重に警備してほしーです。
2013/08/23(Fri) 09:08 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
サトシさまへ
サトシさま、こんにちはーー!

手のことなど、ありがとうございます! 順調に正常化していってます。
おっ、今インカ展は福岡なんですね。
インカ展に足を運ぶとは、サトシさん、アクティブ!

その展覧会は私は行けなかったんですが、インカの遺物って、サトシさんのおっしゃるとおりで、どうも物足りないというか、面白みがないのですよね。
インカ以前の遺物は面白いんですけどねぇー。
そんなこともお伝えするべく、しゃっしゃか、スピードアップで頑張りますです!(モチベーション上がりました。ありがとうございます!)
2013/08/23(Fri) 09:13 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
そうそう
私もカイロのかと思って一瞬呆然としました。
あそこはエジプトの全てが詰まった人類の至宝ですからね。
ただ、相変わらずエジプトは滅茶苦茶なんで他の博物館や遺跡なんかに飛び火しないか心配です。
(博物館の中で大きくて運べない物は破壊していったという底意地の悪さですから)
2013/08/23(Fri) 12:00 | URL  | しろ~ #-[ 編集]
しろ~さまへ
やっぱりしろ~さんもそう思った?(カイロのこと)

そんでもって、このお話!
「博物館の中で大きくて運べない物は破壊していったという底意地の悪さですから」

悪すぎる!!! こんなん、何の主張もない! 本当に意味のない、そして自分たちが大損するバカげた行為!

しかも、そうだったーーー。博物館だけじゃなかったーー。遺跡というむきだしのものがあったーーーーー。
もう本当に頼むからどうにかおさまって、いい方向にいかないものか。
やはり人間はダメなのか。
2013/08/23(Fri) 20:55 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
お久し振りです
エジプト、大変なことになってますね…旅行中色々便宜を図ってくれたあのガイドさんはどうしているだろうかと心配です。

インカ展は京都の最終日に駆け込んできました。
あれはあれで面白かったですが、確かにプレインカの方が個性的で味わい深いかも。モチェとかナスカとかの土器が好きです。

芝崎さんのマヤ・アステカ本、ウチのサイトでもいずれ紹介したいと思ってますが、なかなか気の聞いた文が浮かばず…どうすればこの面白さを表現できるのかと……。
好きな本だけに悩んでしまいます。

腕の方はもうだいぶよろしいでしょうか?
暑い日が続きますが、どうぞお大事に。
2013/08/24(Sat) 11:03 | URL  | Johannes #QjzkEOgs[ 編集]
Johannesさまへ
ほんとうに嫌な気持ちにさせられますよね。道中出会った人々とか、「もしやもう……」などと、つい悪い方向に考えたりしちゃいます。

インカ展、行かれたのですね。
しかも京都とは。こちらからすると相当な遠出のように思えます。お疲れ様でございましたねー。

なんか若干、ブツらは、アステカの無機質な感じに似たところがある気がします。
あと、エクアドル方面のブツなどは、メキシコの上の方の文化のとおんなじような顔のがけっこうあって、やはり少しは通じ合ってたのかなーと思いました。

ほんとうナスカはかわいいですよねーーー!!  モチェも!(でもモチェの、ジョー・ペシ顔のおっさんがコップになってるシリーズは、生々しくてイヤ!)

って、いやいやいや、マヤ・アステカ本、発売直後にすんごいうれしいことたくさん書いてくださって、大宣伝してくださったじゃないですかーーーー!
ほんとう、もう、西には足を向けて寝られませんよ!

腕の方は、完全に元通りとはいきませんが、たぶん原稿書きには支障がないくらいにはなってると思います。
もういろいろその節もあの節もありがとうございます~~~。
2013/08/24(Sat) 18:52 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
良くなられたのですね。
良かった~~v-81一時はどうなるかと本当に心配しました。

ぼくの足首の方も、なぜか全く問題なく治ってしまいました。関節リウマチという診断は一体何だったのでしょう。

ということで、新しい本にも期待していますよ。早く読みたいなあv-221
2013/08/27(Tue) 14:53 | URL  | レオン #-[ 編集]
レオンさまへ
レオンさん、その節は本当にいろいろありがとうございました。
レオンさんのお言葉や情報にどれだけ励まされたことでしょうか。
不安要素はまだまだありますが、なんとかやっていけそうです。

レオンさんの足首こそ、よかったーーーー!!!!
ずっと気にしておりまして、今回書かれた感じですと、完治ということでいいのですよね。
よかったよかった。
レオンさんの先生の診断は本当に不思議ですね。
何か、別個のものだったのか、それとも、レオンさんの超人なみの免疫機能がうまいこと働いて、病気を凌駕したのかもしれませんね。

なんにせよ、本当によかったです。よいお知らせをありがとうございます。
本もなるべく早く送り出せるように楽しみながら張り切ります!
2013/08/28(Wed) 12:36 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
こんにちわ。
初めてコメントします。
みゆきさんの本4冊全て持っています^_^
始めて先生の本に出会ったのは図書館にエジプトうんちく図鑑がおいてあり、借りて読んだのが最初です。(*^^*)
もう私のつぼにばっちりはまってすぐ4冊揃えました( ^ω^ )
仕事と育児で毎日忙しく過ごしてますが寝る前に布団の中で先生の本を読むのがひそかや楽しみです(^。^)もう何回も繰り返し読んでいるんですよ〜(^ν^)
手の具合だいぶよくなりましたか?
新作書く予定はあるのでしょうか?
楽しみにしてます。
2013/09/04(Wed) 12:45 | URL  | にゃんた #-[ 編集]
にゃんたさまへ
ぎゃーーーっ! にゃんたさま! うれしいお言葉ばかりを!
全部持ってくださってるなんて!!!
こんなブログまで行き着いてくださって、それもありがとうございます。

にゃんたさま、仕事と育児の2本柱とは、ハードな日々を送られてますね。
そんなたいへんなさなかにくりかえし読んでいただけるなんて、ホント書いたモン冥利に尽きますですーー。

手は「描く」ことにおいては、ほとんど支障がなくなってきたので、またはりきって新しいののあれやこれや作業をしております。
次はインカとイースターです。
またにゃんたさまに読んでいただけるよう、投げないでちゃんとやろうと思います。

本当に励みになります、とっても幸せな気分にしていただきありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2013/09/04(Wed) 22:18 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
そうですか!新作はインカとイースターなんですねっ(^。^)
出版されるの楽しみにしてます!
ブログチェックしてれば出版日はわかりますか?
予約して買っちゃいます( ^ω^ )
お体大事になさって頑張って下さいね。
ちなみに今回もエキさんは登場するのでしょうか?(≧∇≦)
2013/09/08(Sun) 16:34 | URL  | にゃんた #-[ 編集]
にゃんたさまへ
にゃんたさま、それが、すみません、まだまだ先のことでして……。
1年半から2年はかかると思うのです……。
もう忘れ去られるような、そんな先の話なのです。
なので、しばらくして、「あっっ、そういえば」と思い出していただけたら幸いです。(思い出してくださいますよーに!!)
エキさんもまた出ます。
そんなキャラクターのこともスッと出してくださって、ディテールを読んでいただいて、本当ありがたいです~~。
2013/09/09(Mon) 10:58 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/19(Thu) 19:45 |   |  #[ 編集]
はじめまして。
ブログ興味深く見させていただきました

実は私も橈骨神経麻痺を患っています。
骨折した上腕部にプレートを入れた際にプレートが神経を圧迫したせいです。
プレートを入れてから3ヶ月経過した頃にプレートを抜き、神経剥離手術をしました。
今、術後三週ですが、手首がほんの2センチくらい上がるようになっただけで今後どうなるのかとても不安です・・・。
芝崎さんは、術後明らかに動きが良くなるまでに何週間くらいかかりましたか?
いまでも回復傾向は続いていますか?

もしよかったら教えてください。
2013/09/19(Thu) 19:48 | URL  | あみたやん #-[ 編集]
あみたやんさま
はじめまして、あみたやんさま。
いやはや、それは大変でしたね。
骨折も大変なことなのに、さらにその処置で神経麻痺まで患われるなんて……。

でも3週で2cm上がったなんて、すっごいことだと思います。
私は手術によっての「目に見えるわかりやすい変化」といえば、3カ月経つまで何もなかったので(実際は目立たないところが治っていたのですが)、それは画期的すぎる兆候だと思いました。
そこからは時間はちょっとかかるかもしれませんが、確実にとんとんと行くのではないでしょうか。

私の場合ですと、
①術後 自然治癒で治ったようなところ(患部を通り越して親指という末端にきたので、そう診断されました)がまずあって、それは関係ないとして、

②手首の3本あるうちの1本の神経が、たしか2か月目くらいで来て

③一番わかりやすい4本指が上がるようになったのが3カ月目入らないくらいでした。

それからだいたい3週から1か月ごとに1つずつ、さらに細かい神経が「到達したな(親指を上げる神経や回す神経、小指、人差し指を単独で上げる神経)」というのを実感しました。

麻痺期間が約10か月あったせいか、あと年齢のせいか(わたしは46歳です)、神経到達後の筋肉の戻りは相当遅いです。
現在、術後10カ月(発症後17か月)になりますが、ここ1か月でドリンク1.5Lは確実に持てるようになりましたが、キャップを開けられるとこまでは行ってません。

動き的には、手首をガバッと上げたり、4本の指を同時に上げるのはまったく難なくできますが、1本ずつやろうとすると、きれいに上まであがりません。45度くらいのとこまで行く程度です。ピースをやろうとすると中指がまったく上がりません。
精緻な動きをともなうようなことはまだできず、でも字や絵はまったく以前と変わらず書けます。

また動かすたびに、腱や皮膚や肉がいちいち引っ張られるような、剥がれるような痛みをともないます。
ずっと腕に筋肉痛のような鈍い痛みもデフォルトであります。
でもそれらはぜんぜん我慢できる類のものです。

こういうのがすべて治ってくれて、完全に通常になったと言えるのでしょうが、ここまででも日常生活に全く支障はありません。
4本指が、まだ力がないなりに上がってくれた時点で、がらりと「無の世界」ではなくなりました。

それで、私はこんな具合ですが(←新陳代謝も悪いしダメな人の例)、麻痺期間が短かったり、若いと、まったく何事もなかったかのように治る人がたくさんいる、とのことです。あみたやんさまは、麻痺期間も短いし、ぜんぜん私より回復が早いのではないでしょうか。

あみたやんさんの不安な気持ち、本当に心からわかります~~。
私なんて、本当に死ぬほど落ち込んでて、治った例とかを見たり聞いたりしても、自分に限っては悪いクジを引き当ててしまうだろう、もう完全に自分は治らない、と思って、暗黒の世界にどっぷり浸かりこんでおりました。そのときのネガティブさは世界ランク・ベスト3に入ろうかと思います。
と、こんな異常なマイナス思考の人間でも、ちゃんと治ったのです。

だからあみたやんさん、すでに兆候が見えてますし、きっときっと大丈夫だと思うのです。
「時間」というか「待つこと」が本当に苦しいと思いますが、あれっ、という日が突然来ると思いますので、それまでなんとか気を紛らわしたり、楽しいことをしてくださいね。(ということを私も神経麻痺先輩《この方ですhttp://ameblo.jp/heavycat/》に言われても、そのときは眉唾でした)

本当に心から、ばびっと治ってくださることを祈っております。
また何か聞きたいこと、ご不安なことがあったら、気軽に使ってやってください。
のちに訪れるであろううれしいご報告もしてくださると、大変ありがたいです。

2013/09/20(Fri) 10:06 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
お返事ありがとうございます!

>でも3週で2cm上がったなんて、すっごいことだと思います。


そうなのですか・・・・!?
なんだかものすごく励まされました!!
希望がわいてきました。



>私なんて、本当に死ぬほど落ち込んでて、治った例とかを見たり聞いたりしても、自分に限っては悪いクジを引き当ててしまうだろう、もう完全に自分は治らない、と思って、



本当に不安です。骨折から麻痺発症まで、悪い方へばかり転んできたので、この先もきっとそうなのだという思考が身についてしまいました。医者不信にもなりました。


>「時間」というか「待つこと」が本当に苦しいと思いますが、


はい。本当にこれが苦しいです。
医者は何もしてくれないし、これといった効果のある薬やリハビリがあるわけでもない。
ただ待つだけと言うのが本当に嫌です。
ある日急に動きが戻ってくるものなのですね・・。その日を夢見て地道に頑張っていこうと思います。




柴崎さんのブログは、麻痺発症直後から隅々まで読ませていただいていました!本当に参考になりました。共感できるところが多すぎてちょっと笑えるくらいでした^^

また大きな進展があったら報告させてください。柴崎さんの回復報告も楽しみにしています。本当に、心から!!
2013/09/20(Fri) 20:41 | URL  | あみたやん #-[ 編集]
あみたやんさまへ
お話聞いてるだけで私も腹が立ってきます!!
骨折の処置の圧迫で神経麻痺起こす例はよくあるのだから、よくあるからこそ!医者はそれを肝に銘じて、十二分に気をつけなきゃならんと思います。
ほぼ確実に治るし命に別状はないと、医者側はタカをくくってるかもしれませんが、医者たちは時間を失わないけど、患者側の失う時間は取り戻せないのだから。

何か腹に据えかねる思いが大きくなったり、不安で恐ろしくなったら、メールでもなんでもいつでも吐きだしてくださいね。
ずっとプレートで押し込められていた、あみたやんさまの神経が「やったぜ、解放された――」と勢いづいてすさまじく再生してくれることを、本当に願ってます。ほんとにほんとに……。
2013/09/21(Sat) 10:34 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ありがとうございます。

>医者たちは時間を失わないけど、患者側の失う時間は取り戻せないのだから


本当にそう思います!
医者に対して『お前もこうなってみろ!』といつも思っていました。


>ずっとプレートで押し込められていた、あみたやんさまの神経が「やったぜ、解放された――」と勢いづいてすさまじく再生してくれることを、本当に願ってます


この言葉でまた希望が湧いていました!
やっぱり作家さんは言葉の力が違いますね!^^

またそのうちコメントさせてください。
2013/09/21(Sat) 22:53 | URL  | あみたやん #-[ 編集]
明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしく。


ということで、いきなり話変わりますが、この事件、南米旅行の専門家でいらっしゃる先生はどう思われますか?
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG04029_U4A100C1CC1000/

流しのタクシーに乗るのは普通なのか、絶対ダメなのか、お考えをお聞きしたいです。
2014/01/05(Sun) 08:25 | URL  | レオン #-[ 編集]
レオンさまへ
こちらこそよろしくお願いいたします!

これは、痛ましいつらい、あまりにも悲しい話です。他人事ではまったくありません。いつ自分もこうなるかわかりませんし、常にこういうことをよく考えます。
それでもって私は。ベテラン・バックパッカーには鼻で笑われるような失敗多き下手な旅しか打ってません。なので、何にもいえる立場にないのですが、ちょっと思うのは、こういうのは気を付けても気を付けなくても、だれもが被害者になりえることだということでして。気を付けようのない、たまたまのめぐり合わせなのだと思うのです。
たとえば逆に、お前それヤバいだろうっていう、とんでもない冒険的なことしてても、何も怖いことが起こらない人もたんまりいます。
私はエクアドルに行ってないので、どんなところかわかりませんが、ペルーとかボリビアでは流しのタクシーにけっこう乗りまして、その印象としては真面目な方たちばかり、というものでした。これもたまたまのことで、何かのはずみで怖い思いをしてた可能性だってあります。
本当むずかしいです。
と、本当にまったく参考にならない意見で申し訳ないです。
2014/01/06(Mon) 06:47 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
結局は運の強さなんでしょうね。
日本でも歩道を歩いていたのにトラックが突っ込んできて死んだ友人がいました。

先生は長生きされて、これからも立派な業績を挙げてください。
2014/01/10(Fri) 12:02 | URL  | レオン #-[ 編集]
レオン様へ
ほんとう、一寸先は闇というか、誰もがいつ死んでもおかしくないですよねーー。
今生きのびてることが奇跡というか。

本当なるべくせめて病気にならないように、健康管理だけは考えたく思います。
レオン様こそ、健康第一で、素晴らしい仕事をばんばんやり倒してくださいね。
2014/01/12(Sun) 00:10 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ありがとうございます。
お蔭さまで、問題なく普通に歩けています。当たり前のことが出来なくなって初めて健康の大切さに気づきました。

以後、食事や睡眠等に気を遣って生活しています。

先生の新作本、楽しみにしていますよ。
2014/01/16(Thu) 13:09 | URL  | レオン #-[ 編集]
新しいレビューにつきまして
 大変ご無沙汰しております。
 もう何ヵ月もブログを更新なさっていないことに些かの責任を感じておりますので連絡させていただきました。きっと新しい本のご準備にお忙しいためだろうと思います。しかし一方で、ネットという疑似世界の空気がもうイヤになられたのかもしれない、とも想像しております。
 すでにお気づきと思いますが、私のレビューは名前を変えて続いております。相変わらず的外れな嘲弄もみられますし(「コメント」は読みません。例の痰壷のようなサイトで偶然見つけました)一部の人からは目の敵にされているようです。この先も不愉快な思いが続くならいずれ再び、そして永久に退場しようと思っております。しかし昨年、芝崎様から身に余るお言葉をいただきました。モノを書いていて、こんなに嬉しいことはありませんでした。だからもしまだお気づきでなく、私の新しいレビューをご覧いただいていないのでしたら、永久にネット世界から去る前に、連絡だけでもさせていただきたいと思いました。私のサイトをご存知でないなら、別メールでヒントをお教えします。おわかりの場合でも公開しないで下さい。
 熱心な読者になってくれている友人・家族も少数ながら居ます。しかしこれだけ世の中が悪くなり、一生懸命考えて書いた文章を愚弄される経験が続くと、嫌になります。はっきり申し上げて、そんな日本なら、もうどうでもいい。私はもう年ですから、戦争にだって(たぶん)行かなくていいし、どっちみち遠からず居なくなるのです。私の文章が世論形成に些かでも寄与するなどと思い上がった気持ちは毛頭ございません。これは個人的な満足感の問題です。
 昨年のお誕生日に書かれた関順一様のブログは素敵でした。9月に書かれた文章には深く共感しました。こういう連中が世界をどんどん劣化させている。しかしもう止める術はなさそうです。
2014/02/06(Thu) 14:31 | URL  | Κασσανδροσ #-[ 編集]
Κασσανδροσさまへ
Κασσανδροσさま!! お久しぶりでございます。ご記憶に留めていただいて、大変にありがたいです。Κασσανδροσさんの新たなペンネームによるレビューはもちろん拝見しておりました。復活を初めて知った時は、変わらず内容の深い心に沁みる名文章で、こうでなくっちゃっ!とやたらはつらつとしたエネルギーみなぎるような感覚になりました。
頭がしんどくなった時など、チェックして新しいレビュー入ってないかなーと、以前のように楽しみにさせていただいておりました。
それ以前には、こんなしょうもない場で、Κασσανδροσさんレビュー消滅の悲しみを記してしまい、あのことがますますΚασσανδροσさんの気分を害させたのかも、などと、変に自意識過剰になり、あんなもん書かなきゃよかった、と非常にクヨクヨしてまして……。
ですので、レビューの復活は楽しみがまた増えたってことと、上記のことでますます嫌気がさしたとかはないかも、とネガティブ感情も薄れ何百倍もうれしかったのです。
と、それでもまたヒマでヒマでしょうがない人間がくだらぬことを言ってきたのですね……。
私が知ってる限りでは、新しくされてからは、そのようなものが見受けられず、平和に映ってましたが、違ったのですね。
でも私のわがままな気持ちでは、永久には退場してほしくないです。Κασσανδροσさんのレビューに不愉快なことを言ってくる人がいるとしても、絶対1人とか2人のやたら時間が有り余って活動するヤツなだけで、最高でも4人はいないと思います。その人らがヒマでヒマでしょうがないから特に何も考えず、軽くちょっと自分と違う意見だと、上澄みをさらっただけで碌に読みもせず、悪態をついてるだけだと思うのです。
でも私だっていくら頭でそう思っても、実際そういう悪態を見てしまったら、怒りで体から体が出そうになり、動揺し、骨もグダグダになって倒れそうになってしまうので、Κασσανδροσさんのお気持ちもよくわかるのです。

でも、前も申しましたが、レビューで名文に遭うと、心からすごい、と思って、その人の書いたほかの本のレビューを追っかけたりしますし、そういった読み物の楽しみを与えてくれたり、本を読む気にさせてくれたり、などなどの恩恵を授かってる人間のほうが何百倍もいるので、永久にはやめないでほしいです。
そして、びっくりしたのが、あんな、誰に向けて書いてるのかようわからん意味不明な戯言ブログまで見ていただいて、何か本当にすみません。
奴も草葉の陰で喜んでることでしょう。
ここと同様、誰一人訪れることのない読者不在の文章に、Κασσανδροσさんたる、心もある名文家の方に目を通していただいたとは!
とにかくそれを伝えると、ぱーっと顔が明るくなって(本当に人の顔が漫画のように分かりやすくパーッと明るくなるのを見ました)、パソコンにダイブする勢いでガリガリやりだしました。
(しかも! そのほかのことも今知って、それにも飛び上がるほどにびっくりしました)

ところでΚασσανδροσさんがここでおっしゃる「サイト」というのはアマゾン内以外のことでしょうか。文脈からはアマゾン内のレビューのところかと思ったのですが、何か別口で持ってらっしゃるのでしょうか。もしそうでしたら、メールでヒントをお教えいただければありがたく存じます。
ヒマな輩はほっておいて、Κασσανδροσさんは思うままに、誰はばかることなく書きたいことを書いていただきたいです。
『ウェブはバカと暇人のもの』の中川淳一郎氏が言ってるように、ネットでは時間のある人間が声が大きく、繰り返し書きこむことで、あたかもマスのような印象になってるだけだ、と思うのです。

2014/02/07(Fri) 00:03 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
お返事に感謝致します
 お忙しい中早速お返事をいただきましたこと、またしても身に余るお言葉をいただきましたこと、両方に厚く御礼申し上げます。
 「サイト」というのはアマゾンの私のページ、という意味で、ご存知のとおり名前をクリックすると出てくる一覧表のことです。
 「例の痰壷のようなサイト」は、何かを検索していて年に1回くらい、偶然開いてしまうことがあります。今回は非常に不幸なことに、自分のことが書かれているのを見つけてしまいました。レビュー自体は(あれでも)かなり慎重に書いていますので直接攻撃こそ少ないのですが、少し時事的な話題に触れるとたいてい数日後に反対票が入ります。同じ(または少数の)人がずっと追いかけているのだろうと思っています。
 反対票自体は気にしていません。賛成率が極端に低いものもありますが、おおむね想定どおりの結果です。私は、全体として賛成票が6〜7割、という状態が一番健全だろうと思っています。専門書は別として、全員が賛成するようなレビューには、むしろ存在意義に疑問を持ってしまいます。
 一点だけ、書いている本人が言わなければまずわからない特徴をお知らせしますね。私のレビューは、初期に「敵の目を欺く」目的で例外を作りましたが、通常はすべて同一の文字数です。字数制限のある文章を書く機会が多いので、練習をしているのです。できるだけ自然にみえるよう努力していますが、体言止めがあったり、ときどき寸詰まりの文章があったりするのは、字数調整のためとはいえ、修行不足です。
 芝崎様のせっかくのお言葉ですので、もう少しめげずに続けてみます。新著を心待ちにしておりますが、同時に、大切な手を酷使なさらないように、どうぞいたわりながらお仕事をお進め下さい。また、関順一様にどうぞよろしくお伝え下さい。上京するのはせいぜい年10回くらいですし、大崎へ行く機会は少ないと思いますが、もし偶然乗せていただいたら、必ず声をおかけします。
2014/02/07(Fri) 14:43 | URL  | Κασσανδροσ #-[ 編集]
Κασσανδροσさまへ
こちらこそが、ご多忙中のご返事にひたすら感謝しております。
やはりアマゾン内のことだったんですね。こちらの頭の悪い疑問もなおざりにしないでくださって、ありがとうございます。
えぇっ! 字数、同じなのですか!? それこそ心から驚きました。
まったく気づきませんでした。あまりに自然ですから。
自由な筆運びに見せながら、実は足枷がついていたとは……。
すごいっ! 皆を楽しませながら、ご自身の技術向上も兼ねそなえてるだなんて! 理想です!
そしてΚασσανδροσさんのレビューを追っかけてわざわざ反対票を投じてる人間には、なかなかの熱量を感じます。逆にそれだけΚασσανδροσレビューに感情を揺さぶられてるということなんでしょうね。
続けてくださるということで、安堵いたしました。こちらの勝手な希望で申し訳ないのですが、あまり娯楽が少ない生活なので、これ以上、楽しみが減るのは本当さびしいのです。
これからは、(字数の)裏話でまた違った面白さも噛みしめられます。
そしてまさか乗車されるなんて偶然があったら、どんなに面白いでしょうか。偶然、地方の同じ人に何度も乗車いただいたことがあるそうですし、10回もいらっしゃるなら有り得ることで、何かこうワクワクいたします。
それにしても、Κασσανδροσさまの理知的で鋭敏な文章とは真逆の、何が言いたいのかよくわからない、ただただ間延びした長い文章を読んでくださって、(申し訳なさが先に立ちます)本当にありがとうございます。
2014/02/08(Sat) 18:47 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
お久し振りです
ウチのサイトのアステカコーナー内「読書案内」にて『古代マヤ・アステカ不可思議大全』紹介させていただきました。
「他の本の紹介とテンションが違いすぎるとおかしいだろうか」と思い抑え目な感じになってしまいましたが、本当は「んもう大好き!」ぐらいは言いたかったです。
……更新分を夜が明けてから読み返すと、「なんでこんなに荒ぶってるんだ、私」とツッコみたくなりましたが、そのままにしてあります。
お暇なときにでもお読みいただければ幸いです。

腕のお加減はいかがですか?
お体に気をつけてください、新刊も楽しみにしております。
2014/02/27(Thu) 10:27 | URL  | Johannes #QjzkEOgs[ 編集]
Johannesさまへ
ぬぉっーーーー!!
おありがとうございますっ!!
ありがてーです、ありがてーです。
ラインナップに加えてもらって光栄です。っていうかほかの本に申し訳ないです。
そんでもっていつの間にあのようなページをお作りに?
なんたる充実。Johannesさんったら、なんて恐ろしい子。
驚天動地なことがいっぱい書いてあって驚きました。って、本当、学会のことは知らんけど、こんなにアステカ神話について微細に研究してるのってJohannesさんただ一人じゃないですか? ってこんな人があちこちにポコポコいるとしたら、それこそ恐ろしい。
つーかJohannesさんを敵にすると、もう終わりだ。絶対敵にならないでーーー。

私の誤り記述って、あれかな。青とか白のテスカトリポカとか、タタとネネを人類のはじまりとか書いたところかな。って自分でもどう書いたか忘れてて、自分本を探そうにもどこにもない!!

って、それどころじゃない、ですよね、きっと。知り合いのよしみとして、手心加えて緩めに記述してくださったのでしょうね、すみません……。つーか、Johannesさんほどの人がこんな本お勧めにしてくださって本当、それが一番心苦しい。

それにしてもありとあらゆることを忘れてました。サアグンとかチチメカとか、遥か何万光年も彼方へ逝ってしまった単語たち、きっとJohannesさんのホームページを見なければ永遠に思い出すこともなく、生涯を終えてましたよ。
今とりあえず、すごすぎるところ(「神話紹介」や「コラム」)をざざっと読ませていただきましたら、あまりの知識のるつぼに脳がグルングルンひっくり返りまして、これはのちのちじっくり腰をすえて読ませていただき学習させていただこうと思いました。

それから「参照に当たって注意を要する本」の数々のツッコミにはうひゃひゃと笑いました。
johannesさんのクールではあるものの怒り心頭具合がひしひしと伝わってきて。って、笑ってる場合ではないのでした。私の本こそがこっちに上がる本ですよね~~。やはり知り合いだから手心を加えていただいてると反省すべき。
って、まぁ、そもそもそんなステージにも、どのステージにも上がることのない本だった。

とまれ本当、いろいろ反省しきりではあるものの、私は誰かの本の記述の間違いとかを見ると「あっ、間違うのってぜんぜん大丈夫なんだー」と逆に都合良く考えちゃって、間違うことを恐れずにやろう、とかの方向に行っちゃいまして。まぁ、だからあーいう感じになっちゃうんですが……。

とにかくいろいろ目や頭がバシッと起きました!
これからもどうぞ、いろいろ教えてやってくださいね。本当にありがとーーーーございます!!!!
2014/02/28(Fri) 09:46 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
(ココロが) お元気そうで何よりです。
芝崎みゆき 様  メリークリスマス、それから謹賀新年、そして祝春節等々 大変にご無沙汰しておりました。 、、というのも、何度も、ここには来ていたのですが 「またまた消えた、、」という看板に、どうしたのかなあ~と引き返していたのです。 たぶん、そんな人、他にもいるのでは? 何でも良いので「雪が降った」「春風が吹いた」 だけでも芝崎さん いるじゃん、、もう、、遊ぼうよ! って思ってる遠おりすがりが大勢いると思います。 まだ全部をコメントに追いついていないのですが、Κασσανδροσさんのレスも拝読して、あー 良かったと思いました。 アマゾンのレビュー Κασσανδροσさんの文章に感心する者です。 そんな声なきの賛同者 大勢います。 私の最近のお気に入り画人が山口晃さんですが、氏の言葉に 「面白きなき世を面白く」というのがあり、安倍暴走内閣の治世にて、これを念仏しながら、毎日 面白きものを捜しています。 好奇心こそが第二の心臓 これが枯れないように、あちこち出没してますが、まだまだ面白いもんが、私のの知らないとこに隠れています。 どうぞ痰壺のムジナなどに、「アホ!」の一言でバッサリと切って、どんどんΚασσανδροσさんの「タノシイーーー!」を発してください。 芝崎さんへのHelloのついでに言っちゃいました。  ではでは 寒い週末の次には春がやってきます。 芝崎さんの心身にもその光をたくさん降りかからんことを祈っております。
2014/03/02(Sun) 17:26 | URL  | 八島秀二 #mQop/nM.[ 編集]
八島秀二さまへ
八島さま、いやはや、記憶に留めてくださって、しかもこのようなところをチェックしてくださってるようで恐れ入ります。
変わらず、太陽のプロミネンスのようなエネルギーの塊で、圧されました。
その崇高なエネルギーをここでも使ってくださって申し訳ないです。

東京中を、日本中を、世界中にあちこち出没されるだけでは飽き足らず、サイバー空間にも縦横無尽に行きかってるお姿が想像されます。

Κασσανδροσさんも八島さんのこのエネルギーあふれるコメント見てくださって、賛同者がいる、ということをぜひ知ってくださればいいのですが。

あまりにもの知らずの身ゆえ、山口晃さんの画、初めて知りまして……。今知ったばかりで、何を言っても空々しいのですが、面白いですねーーー。
すごい世界を教えてくださってありがとうございます。

安倍政権も何もかも、道理が通らないことこの上なく、茶番に見えてバカバカしい思いです〈まぁすべての政治の世界が、そうなんですが)。
最近とみに思うのは、「人間、だいたい全員小学生」ってことです。ころもだけは老人のぬいぐるみを纏ってるけど。

八島さまに限ってはこれからも、ぜひその並外れた好奇心を保たれつつ、お体も大事にしてくださいね。
いや、その気概、好奇心で、きっとものすごい免疫力と体力があると想像しておりますが。
2014/03/04(Tue) 08:31 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
八島様へのお詫びと御礼
 芝崎様のブログをお借りして八島秀二様にお詫びと御礼とを申し上げます。八島様が私の再出発にいち早くお気付きになり、そしてそれを暗示に留め公開なさらなかったこと(たぶん、芝崎様に極秘でお伝え下さったこと)に深く感謝申し上げます。お心遣いをいただき、まことにありがとうございました。また、当時私が八島様から頂戴したご連絡について「知らないふり」をせざるを得ませんでしたことを、心からお詫び申し上げます。
 唯我独尊、と言われかねないのですが、当時私のレビューへ続けざまに入ったコメントの腐臭が余りに強かったため、それ以後私は現在まで、コメント欄を「臭いモノ」と考えてひたすら蓋をしています。それでしばらく八島様の信号に気付きませんでした。一方で芝崎様のブログを時々開いて拝見しておりました。たまたま両方を同じ日に見つけ、びっくりしてしまったのでした。芝崎様が八島様のお言葉を全否定されていたので、どうしたものかと、当時悩みました。いずれお詫びする機会もあろうかと思っておりましたら、本日ようやくその日が訪れ、うれしく存じております。
 この場をお借りして八島様に深い感謝とお詫びとを申し上げます。また芝崎様にはいつも元気の出るお返事をいただき、とても感謝しております。それから当時の力一杯の全否定は、私にとってはとてもありがたいご対応でした。
 芝崎様。ここへ来るととても明るい気持ちになれます。これからもときどき書き込ませていただきたいと思います。きっとお忙しいでしょうから、お返事はご無理のないときだけで結構ですよ。どうぞお手をいたわりながら、大切なお仕事を、ごゆっくりお続けください。新しいご著書を一日も早く拝見したいのですが、気長にお待ちしております。
2014/03/04(Tue) 13:13 | URL  | Κασσανδροσ #-[ 編集]
Κασσανδροσさま、八島さまへ
八島さんっ! 申し訳ありませんでした――。すみません。本当に申し訳ありませんっ。
本当に固定観念はだめですね! 身に沁みました。私は最悪のトンチンカン野郎です。
もう完全消去されてしまったのだから、一生わかりようがない、と完全に決めつけてしまってました。
ネット界のこともデジタル世界のことも、ろくに知らない私が、よくもそう思い込めたものか!
八島さまの電脳世界への比類なきご能力(本当にすごすぎます。実はその世界では超有名なハッカーでは?とさえ想像してしまいます。って電脳世界だけの才能じゃないですけど)には、もう本当頭を垂れるしかありません。
本当にすみません。本当にすみません。
Κασσανδροσさんにも本当申し訳ありません。私が、森羅万象を知り尽くした者のごとくあんな自信満々に否定するもんだから、そのことに触れるわけにもいかず……。いろんな部分で、ミリ単位でご配慮してくださったことが想像できて、深く感じ入ります。
自分の思い込みや早とちり癖は、もはやこの歳になると直しようがないかもしれませんが、自分に都合よく言えば、私はいつも失敗からしか学びませんゆえに、このことを肝に銘じて、あらゆることに慎重に、いろんな可能性を常に考えていこうと思っております。
八島さんには、このことに気づかせてくださったことに本当に頭を上げられない気持ちと同時に感謝でございます。
Κασσανδροσさんには、張り巡らされたご配慮にやはり申し訳ないのと同時に、このような方がいてくださって、まだ人類は大丈夫かも、という安堵の心です。
本当にお二方にはあらゆる角度から「ごめんなさい」です! あまりに未熟者ですが、これからも「しょうがないなー」というお気持ちで、どうぞよろしくお願いいたしますっ!!!!
2014/03/05(Wed) 13:05 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
あっ、なんかすごく褒めてくださってる!
いやいや、私なんて所詮ただの好事家ですから。研究者の方々のようには行きませんよ。
しょっちゅう間違いますしね。「しまった、名前間違えてた!」とか「ギャーッ誤訳!」とか、何度も何度もやらかしては悶絶してます……っていうか、今日も書きかけの文章内に間違いを見つけて慌てて直したところです。発表前でよかった。

そんな奴のくせに、いやそんな奴だからこそ、間違った情報が訂正されない状況に腹が立つんです。素人でもちょっと調べれば分かるようなことをちゃんとしてない研究者とかおかしいだろ、と。
考古学関係はともかく、神話とかの話題はなかなか新しい本も出ませんし……研究者の皆さん、いくら素人でもちょっと調べれば分かるとはいえ、わざわざ調べない人の方が多いんですから、その辺のフォローをですね……などと思いつつ資料を漁っています。

そんなことより、私はもう本当に芝崎さんの本が好きなんですよ。
「あ、このたとえは解りやすい」「その発想はなかった!」などと感心しきりで、「こんな風に興味を引く本なんて私には無理だ……」と勝手に挫折していたり。
専門家ではない人間が一から調べることの大変さも分かりますし。その上でちゃんと自分の表現がされているので素晴らしいです。
私はマリオ関係以外はあまりやらないので詳しくはないんですが、ゲームとかでアステカ神話に興味を持つ人も多いようだし、そういう人たちが神話・歴史その他を一通り知るのにもいい本だろうとも思います。堅苦しくなくて楽しく読めるので。
なので、全然卑下される必要なんてありませんよ。もっと堂々となさってください。
2014/03/05(Wed) 16:58 | URL  | Johannes #QjzkEOgs[ 編集]
Johannesさまへ
フォローをありがとうございます~~。
たしかにちょっとしたひと手間(=ちょっと確かめたり調べること)を横着する人って「ちっ」って思いますよね。あと全然関係ないけど、ちょっとも本を読んだり、ネットですら調べることなしに、すぐ人に聞いて済ませようとする人を、うっかり目にしてしまうと(知恵袋とかに普通にいますけど)、なんか「いいなー、このメンタル」の思いが。(そして親切な人いっぱい。なんで? あっ、でも自分も道とかすぐ人に聞いちゃうし、そういう感覚なのか)

自分も不安神経症のように、異常に何度も些細なことを確かめる反面、投げやりなとこが多分にあって、横着もやらかしまくるので、本当気を付けようと思います。
JohannesさんのHP(ブログ含め)、本当いろいろ気づかせていただき、かつ笑えるので、本当楽しいです。神経すり減りそうな調査力で、はたから見ても大変なのは重々察せられますが、これからもアステカファンのためにJohannesファンのために、文献取材&そのアウトプットをどうぞよろしくお願いいたします。
2014/03/06(Thu) 10:51 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。