上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

前回の記事で書いた、ワレガラス先生の診断、そしてそのとき解説してもらったことは、文献によってもすべて確かめられた。
(ここで初めて、以前の記事でも書いた高価な専門書の存在を知り、読みふけったのだった)

MMT検査での自分に不利益な診断のほうもずっと呪文のように心にこびりついてたし、もしかして、ワレガラス先生、患者の心をプラスに向かわせようと、いい風に言ったのかも、などとも思ったし。
でも先生の診断はやはりサービスではなかった。胸をなでおろした。

最初に4本指が上がってから、今、約1か月半が経ったが(手術から5か月)、中指と小指が手の甲より外側に(水平以上に)徐々に反るようにもなった。
まだ確信持つまでにはいかないけど、小指を単独で上げる筋肉(小指伸筋)も活動してる気がする。
この筋肉は4本指を上げる筋肉(総指伸筋)とつながってて、神経からの枝も近く、時間的にも復活していいころだ。

もう毎日、自分の指を上げたさまに惚れ惚れしてしまう。
ナルキッソスのように、ついついジーーっとうっとり見てしまう。
先っぽの関節は硬直し、ちょっと曲がったままで、魔法使いのように醜い指であるにかかわらず。
DSCN0872.jpg


日常生活では、力の面では5歳児レベルにまだまだ非力で、たとえばフライパンを持つくらいのことや、蛇口の開け閉めなんかも恐る恐るゆっくりに、って感じだが、指先の微細な動きは相当復活した。

箸使いが、ほぼ完ぺき! から揚げのような重いものは落とすけど、米とか豆とかの細かいものを難なくつまめる。

そして、何よりも待ちかまえてた筆記力が戻ってる。
指が上がりたてのころはまだまだひどかったのに、今や、絵はおよそ90パーセント、字は85パーセント戻った。
まだ復活してない筋肉の件や、硬さ、力のなさが多少コントロールを狂わせるけど、まぁ、もともと麻痺した手で書いてるような絵と字だったから、他人から見るとほぼ同じ。
それも一生懸命リハビリ的に書いて筋肉を戻した、とかではぜんぜんなく、こないだふと書いたとき、そうなっていたのだ。

そのときの自分の手を見て
「あっ、ペンの持ち方ってこうだった」って、思い出した。
DSCN0844.jpg

これも完璧に失った身体記憶のひとつであった。

それまで(麻痺中)はこう持っていた。
DSCN0845.jpg

指先はこんな感じで。
DSCN0847.jpg

ほかの人の書く姿を見て、「あれ、みんなと違う、私もそういうふうに書いてたっけ?」と、初めて思った。
真似してやってみると、人差し指が震えすぎて無理だった。
ごく自然にこの形を採っていたので、もともと自分はこういう風に人差し指を絡めて書く人間なのか、本当はみんなと同じなのに、できないから体がそうしてるのか、の判別がつかなかった。

でも違った。やっぱりみんなと同じ持ち方だった。
何も考えずにスッと自然にできてたことで、またすべてを思い出した。

改めて、本当記憶ってワンダーです。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/04/07 07:31】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |

身体の思い出
へびねこ
だいぶ元通りの生活を取り戻せたようで、何よりです。
一度身体に覚えたことは、ちょっとやそっとじゃ忘れないものですね。

身体って、素晴らしい。


明日
みつ
明日、後骨間神経麻痺の手術します。
ブログをみて、私も、改善するかもと思いました。

よかったよかった
しろ~
字と絵が描けるようになったのはホントにめでたいですね、よかったよかった。
新ハゲさんのあの海苔のような頭はおそらくスプレー式の粉をふりかけているものと思われます。
(こないだ漆黒の頭をじっと見ていましたが詳細は分からず)
古ハゲさん曰くあの粉は汗をかくと黒くなって流れてくるそうなので今年の夏が山場だと思われます。
ただねー、去年の冬に転職してきたんだけど、その時がカミングアウトする最大のチャンスだったのにねー。
あれは、一度手を付けてしまったら二度と止められない麻薬の様な物だと思いました。

へびねこさまへ
芝崎みゆき
本当に身体って面白いですよねー。
へびねこさんのコメントを見て、他人の心臓だかを移植したら、もともとの持ち主の身体の癖みたいのをやるようになった、とかいう何かで聞いたエピソードを思い出しました。



みつさまへ
芝崎みゆき
こんなもの読んでくださってありがとうございます。
何と今日手術ですか! と、もう今ごろは終わっているか、真っ最中ですね。
きっときっと良くなりますよ!
何でも悪く悪く考える私のような人間でさえ、なんとかなりそうなのですから。
滞りなく手術が済んでることを、きれいに治っていくことを応援しております!!


しろ~さまへ
芝崎みゆき
ぎゃははーーーっ第4弾! 
って、ダメですって、じっと観察したら!!!
また頂上の目に気づかれてますって!
それにしても今この世は、スプレー粉が主戦力なんですか。
たしかにCMとか見てても魔法のように、ふさふさの毛になって、大したもんだ、と思ってましたが。
でも現実世界では結局まだまだ海苔なんですね。
購入は見合わせようと思います。

新の夏、一体どうなってしまうのか。
新規のブツに乗り換えか。
先の読めない展開にはらはらします。

術後
みつ
無事に、とりあえずは手術おわりました。ブログを拝見して、よかった(^。^)
非常に似てる!
とりあえず、痛みより今は、親指と人差し指にかけての、痺れが気持ち悪いよ。
(ーー;)治ります?これ?
私の、場合、ジグザグに切開してありました。神経の捻れは、一箇所見つかった。まだ、あるんじゃあ、、、と、疑いたくもなる感じ(⌒-⌒; )割りと、上の方だとか。。。発症して、半年、、、回復の兆しなしで手術に至りました。
でも、私、頸椎もかなり痛かったから、ほとんどの医者は、みんな、首からの麻痺だと言って、首も手術したの(T . T)
全く別物の病気やに、、、医者なのに、後骨間神経麻痺と、誰も診断しなかったのが、かなり悔しい。。
四ヶ月の間に、二度も手術するなんて、ありえないけど。散々、病院いったけど!!今は、良い医師に逢えて良かったです。
でも、まだ安心はできません、、神経通ってくれるまではね。。
不安です。(−_−;)

ご快癒お祈りしております。
八島秀二
 一歩一歩 前進していますね、これからも、その歩みが順調に行きますよう祈っております。

みつさまへ
芝崎みゆき
手術お疲れ様でございました~~~!!

その親指と人差し指のシビレは、血管を縛ったことによるものか、ギブスか、だと思いますよ。
1週間以上続くようでしたら、「手術中の神経動かし」が原因で、でも早い人はすぐ落ち着くそうです。
私はもう5か月経ちますが、特に消えず。
最初は嫌だったですけど、今やもうすっかり慣れて、これがあるのが当たり前くらいになりました。
でもいずれ消えますよ、ぜったい、とのことです。

ジグザグだったんですね。ジグザグの方がのちのち、皮膚のひきつれがなくて良いという意見も聞いたことがあります。
こちらの麻痺先輩もジグザグです。
http://ameblo.jp/heavycat/entry-11162249525.html

ねじれは1か所だったんですね。
私も、上の方にもっとあるのでは、見落としがあるんじゃないか、などと疑いましたが、すでにもうどの筋肉が麻痺してるのかは先生たちは把握してるので大丈夫だと思いますよ(健康な筋肉より上にくびれはないという道理で)。

でも疑って当然ですよね。私もそうなんですが、今までの先生たちが本当に適当だったので。
そんな人らのせいで、ちゃんとやってる優秀な方たちも疑ってしまって、まぁ、ちゃんとした人たちには本当迷惑な話で。

みつさん、ほんとうに大変だったですね。自分のことのように思えます。
本当に凡庸な医者はなんでもかんでもヘルニアにしますよね。
後骨間神経麻痺なんて、名前も知らない人もいますし。

でも首もいたかったということですから、ヘルニアはあったことはあったんでしょうね。
それで、麻痺も全部そのせいにしちゃったんでしょうか。
もしそういうことだったらひどいですね。私もすごく悔しいです。
(それでも首の痛みが消えたのでしたら、まだいいのですが)

でも今はいい先生に会えてよかったですよね。

不安な気持ちは痛いほどわかります。1000パーセントわかります!
ねじれがあったなら、きっときっとうまくいきますよ。
先生たちも手術すれば大丈夫って自信あると思います。

ただ待つのって無限の時間のように感じられて本当につらいと思いますが、麻痺した当初の期間より、後に行けば行くほど時間は短く感じると思います。



八島秀二さまへ
芝崎みゆき
八島さんのやさしいお気持ち、大変ありがたく思っております

あっ! 絵が! 字が!
Johannes
お久し振りです。
指がだいぶ動くようになられたんですね。いやぁよかった……おなじみの芝崎さん自画像が見えたとき、「あっ、絵が描けるようになったんだ!」と感激しました。
ペンの持ち方が気付いたら元に戻っていたというのは不思議ですね。
いつか全快されることを祈っております。


ポポ手
Johannesさんも指摘してらっしゃいますが、ほんと、おなじみのイラストが描けるようになって良かったですよね。
ボールペンも可愛らしいです。

それにつけても医者選びの大切さ、こちらを読むにつけ、痛感いたします。

Johannesさまへ
芝崎みゆき
ありがとうございますっ!
そうなのです。だいぶよくなりました。
いろいろまだまだな部分はありますが、何しろ治るのがわかって、精神的に本当に楽になりましたーー。
Johannesさんのアステカネタはさらにヒートアップしていて、読んでてわくわくします。
私もインカネタは、とにかくすべて忘れてしまったので、仕込み直しで頑張りたく思います。


ポポ手さまへ
芝崎みゆき
ボールペンまでほめてくださりありがとうございます。
どうでもいいことですが、旭山動物園の土産ペンです。
最初、変なペンで撮ったのですが、せっかく載せるのだからと体裁を気にしました~。

私の先生は先日もとっても喜んでくださってかわいかったです。
ポポ手さまが次に行く歯医者さんは、ちゃんとわかってて技術もある方でありますように!

はじめまして。
しのぶ
私も、10年前に後骨間神経麻痺やりました。慶應義塾大学病院の先生に診ていただいて、今ではピースはちよっとできないけれど、日常生活には全く問題ないほどに回復しましたよ。

しのぶさまへ
芝崎みゆき
わっ、はじめまして! ご経験を教えくださってありがとうございます。
自分だけじゃない、と思うと、なぜか明るい気持ちになります。
しかも回復のお話はますますうれしいです。
そうですかー、10年前に……。
慶応も神経麻痺の分野が確立されてるそうですね。
私もしのぶさんのように、どんどん「普通」になっていきたいです。


さとこ
こんばんは、
わたしも、つい、1ヶ月ほど後骨間神経麻痺の手術しました。
親指と人差し指付近のしびれが全然とれなく、
腕の腫れがすごいし痛いし。
全然開く気配もなくて、非常に、焦ってたのですが、
まだ1ヶ月だから、そういうものなのですね!
気長に待ってます。
ブログ読ませていただいて、
少し安心することができました。


さとこさまへ
芝崎みゆき
はじめまして、さとこさん。
こんなところをお読みいただきありがとうございます。

手術、先月されたのですね。
自分のパニック状態を思いだすと、さとこさんの心中察するに余りあるものがあります。

手術後のしびれも不愉快極まりないですよね。
今現在の私のしびれは(手術から1年半)、まだあることはあります。歯の麻酔が取れかけのような感じの薄いしびれ感です。
でも最初は布が手に乗るだけでやけどのような痛みを伴うシビれで、でもそれはすぐ終わり、そこからは、ものすごーくゆっくりゆっくり小さくなりました。気づかないくらいのあまりの遅い歩みです。

よくみんなが言うことで「学生の頃、膝を部活で痛めて、それ以来ずっと膝の下しびれてる」とかいう話ありますよね(自分もそう)。
だから、まぁそんなもんで、一生、こう、うっすらしびれてるかも、と思いますが、まったくなじむ感覚だと思います。

と、私は新陳代謝が恐ろしく悪いので、このありさまですが、しびれはすぐ消える人がほとんどですし、さとこさんの不快感、早く減ってほしいです。

きっときっと麻痺も終わりますよ! すぐ指が開く人もいるし、遅い人もいるし、人それぞれのようですが、 よっぽどのことがない限り(あまりの高齢とか)、治らない人は自分が知ってる限りではいないようです。
もうちょっとの我慢です。

不安とか何かありましたら、ご遠慮なさらず言ってくださいね。
さとこさんのお気持ちは痛いほどわかりますから。


教えて下さい
ソフィー
2年前に人差し指があがらなくなり,スイッチのオンオフのように症状がマダラに現れては消え,当惑しつつ病院めぐりをしました.でも,どの病院も病名がはっきりとつかず,様子を見ましょうと.その間に全部の指の筋力が落ち,水平から上に挙がらなくなりました.自分で調べ後骨間神経麻痺では,と考え検索し柴崎さんのブログに行き当たりました.正しい診断と治療をしてくれる病院を探しています.教えていただくことが可能であれば本当に嬉しいです.どうかよろしくお願いします.

ソフィーさまへ
しばさきみゆき
こんなもんを参考にしてくださって、恐れ入ります。
ソフィーさん、非常におつらい状況でらっしゃいますね。症状が確かに、典型的な神経麻痺とはちがって、とても複雑そうで。

教科書的にわかりやすい症例でさえ、誤診するお医者さんがいるのですから、ソフィーさんのような症例だと、ますます普通のお医者さんだとわからなさそうですね。

自分がかかった先生などをメールにて書きますので、見てやってください。
ソフィー様のメールだと、もしかして初めて来るメールアドレスは迷惑フォルダに入ったり、または送る前にサーバーが勝手に消滅させたりするので、本日中に来なかったらcocospopos★gmail.com
(★を@に変えてください)
にご連絡いただけますか。
ご面倒なことで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

治らなかった例
sugarware
初めまして、sugarwareです。
私も後骨間神経麻痺です。
2014/1に右変形性肘関節症の治療という事で、神奈川県の某病院にて関節鏡手術を行いましたが、手術後に目が醒めると手術した肘とは関係無いはずの手首や指が動かなくなっていました。いわゆるドロップハンドです。担当の先生は、手術による腫れのせいだろうから腫れが引けば動くようになる、と説明しました。ところが腫れが引いても全く症状は変わらず、もう少し、もう少しで待たされ結局10ヶ月のリハビリでも変化はなく、2014/11に別の病院で神経剥離手術を行いました。
その手術で判ったのは、麻痺の原因がよくある神経の癒着ではなく、破断だったという事でした。関節鏡の途中の部分が神経を引っ掛けて引き伸ばした可能性が高いです。
切れた神経が5〜6cm程度離れていたので、治療の候補は、足の神経を移植するか人工神経を移植することでした。健康な足にもなんらかの悪影響が出る事を恐れ、2013年に承認されたナーブリッジと言う人工神経を使った手術を選び、2週間後に手術を行いました。
http://www.toyobo.co.jp/news/2013/release_3886.html

神経の成長速度は1mm/dayとの事で、順調にいっても切れた神経の両端が繋がるまでは2ヶ月以上掛かる計算ですが、手術から21ヶ月経過した2016/9現在でも殆ど改善が見られません。ナーブリッジの注意事項には「神経欠損部長が40mmを超える場合における、本品の有効性及び安全性は確認されていない」との記述がありますし、他の資料では効果があるのは30mmまでとか、指には良いが尺骨神経や橈骨神経はダメ等、色々と制限事項がありそうです。私の場合の50mm以上の橈骨神経(後骨間神経)は難しい部類に入るようです。またこのナーブリッジは約2〜4ヶ月で体内で溶解してしまうので、時間的にも厳しかったかのかもしれません。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai/64/3/64_552/_pdf

本日、これ以上待っても回復は期待できないとのことで、腱移行手術を勧められました。
腱移行は、他の用途の腱を切って、親指や他の4指を伸ばす為の腱に繋ぎ換える事です。数ヶ月のリハビリで基本的な動きが出来る様になりますが、その反面、腱を切られた事で出来なくなる動作がありますし、細々とした障害が予想されます。
つまり、腱移行は完治治療ではなく、妥協の治療という事です。

肘の手術を行った病院は、後に神経破断の診断書を受けて医療事故を認めましたが、私としては変な制限無く以前とほぼ同じに動くように治してもらう事が優先と考えています。

最後に、群馬大学での内視鏡手術の事故が発覚して話題になりましたが、内視鏡や関節鏡での手術は傷が小さく術後の回復も早いので人気なのですが、手術をする立場からは見える範囲が狭く、何かを見落とした操作をする危険が高い手術である事、を手術を受ける人間は知っておかなければなりません。受ける場合は、その医師の手術実績を確認する必要もあるでしょう。


sugarwareさまへ
芝崎みゆき
初めまして、sugarwareさま。
もうあまりのご体験に絶句しまして、なんと申し上げたらいいのか……。
いろいろ感情面でも計り知れないほど大変な思いを抱えておられるでしょうに、科学的にご説明くださって、とても貴重な資料なども提示くださり、ありがとうございます。
いただいたリンク先はすべて読ませていただきました。

破断したのは、そのときは医師も気づかなかったのでしょうが、10か月も自分のミスの可能性に思い至らず、何もしなかったのは、本当に驚くべきことだし、憎きことだと思います。

腱移行術を提示されたということですが、これは、ミスをした病院ではなく、神経剥離やナーブブリッジの手術をしてくれたところで、ということですよね?

ミスを認めたもともとの病院も、手術費用やその他の補償など、最後まで責任をちゃんと取ってくれますよね? そうであってくださいますように。
でも金銭や手術の責任だけでは、まったくまったくもって賄いきれませんが。

私は腱移行をとても簡単に考えてて、神経剥離の段階で「神経戻らない可能性もあるので、2回も手術やだし、いっしょにやっちゃってください」などと言っておりました。

先生の話では、精緻な動き(ピアノを流ちょうに弾くなど)はむずかしいけど、ほかはまぁ大丈夫とか言ってたし。

ちなみに今、神経戻ったとはいえ、ピアノなどは思うように弾けません。また麻痺してる間に、腱や皮膚が縮んでしまって、つねにそれらに引っ張られ、枷をつけられてる感じがあります。
やはりすべて元通りとは、いかないですね。

腱移行されるのか、また、そのほかの治療や経過など、うかがわせていただけますとありがたいです。



初めまして
こーのパパ
息子(小学5年生)も上腕骨果上骨折後に後骨幹神経麻痺になっています。今、下垂手ですが動きが出るまで頑張って欲しいです。ブログ読ませて貰い勇気が出ました!ありがとうございますm(__)m

こーのパパさまへ
芝崎みゆき
はじめまして、こーのパパ様。
ブログを見てもらって、ありがとうございます。

それは心配ですよね……。
息子さんも大変ですが、こーのパパさまもつらいですよね。苦労を間近でずっと見ておられて。
子供の治り方は本当に驚異ですので、今少し、復活するまで、なんとかこらえてほしいです。

何かありましたら、どうぞ、お気軽にご連絡くださいね!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
身体の思い出
だいぶ元通りの生活を取り戻せたようで、何よりです。
一度身体に覚えたことは、ちょっとやそっとじゃ忘れないものですね。

身体って、素晴らしい。
2013/04/07(Sun) 13:51 | URL  | へびねこ #-[ 編集]
明日
明日、後骨間神経麻痺の手術します。
ブログをみて、私も、改善するかもと思いました。
2013/04/07(Sun) 22:11 | URL  | みつ #-[ 編集]
よかったよかった
字と絵が描けるようになったのはホントにめでたいですね、よかったよかった。
新ハゲさんのあの海苔のような頭はおそらくスプレー式の粉をふりかけているものと思われます。
(こないだ漆黒の頭をじっと見ていましたが詳細は分からず)
古ハゲさん曰くあの粉は汗をかくと黒くなって流れてくるそうなので今年の夏が山場だと思われます。
ただねー、去年の冬に転職してきたんだけど、その時がカミングアウトする最大のチャンスだったのにねー。
あれは、一度手を付けてしまったら二度と止められない麻薬の様な物だと思いました。
2013/04/08(Mon) 09:21 | URL  | しろ~ #-[ 編集]
へびねこさまへ
本当に身体って面白いですよねー。
へびねこさんのコメントを見て、他人の心臓だかを移植したら、もともとの持ち主の身体の癖みたいのをやるようになった、とかいう何かで聞いたエピソードを思い出しました。

2013/04/08(Mon) 13:53 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
みつさまへ
こんなもの読んでくださってありがとうございます。
何と今日手術ですか! と、もう今ごろは終わっているか、真っ最中ですね。
きっときっと良くなりますよ!
何でも悪く悪く考える私のような人間でさえ、なんとかなりそうなのですから。
滞りなく手術が済んでることを、きれいに治っていくことを応援しております!!
2013/04/08(Mon) 13:56 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
しろ~さまへ
ぎゃははーーーっ第4弾! 
って、ダメですって、じっと観察したら!!!
また頂上の目に気づかれてますって!
それにしても今この世は、スプレー粉が主戦力なんですか。
たしかにCMとか見てても魔法のように、ふさふさの毛になって、大したもんだ、と思ってましたが。
でも現実世界では結局まだまだ海苔なんですね。
購入は見合わせようと思います。

新の夏、一体どうなってしまうのか。
新規のブツに乗り換えか。
先の読めない展開にはらはらします。
2013/04/08(Mon) 14:00 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
術後
無事に、とりあえずは手術おわりました。ブログを拝見して、よかった(^。^)
非常に似てる!
とりあえず、痛みより今は、親指と人差し指にかけての、痺れが気持ち悪いよ。
(ーー;)治ります?これ?
私の、場合、ジグザグに切開してありました。神経の捻れは、一箇所見つかった。まだ、あるんじゃあ、、、と、疑いたくもなる感じ(⌒-⌒; )割りと、上の方だとか。。。発症して、半年、、、回復の兆しなしで手術に至りました。
でも、私、頸椎もかなり痛かったから、ほとんどの医者は、みんな、首からの麻痺だと言って、首も手術したの(T . T)
全く別物の病気やに、、、医者なのに、後骨間神経麻痺と、誰も診断しなかったのが、かなり悔しい。。
四ヶ月の間に、二度も手術するなんて、ありえないけど。散々、病院いったけど!!今は、良い医師に逢えて良かったです。
でも、まだ安心はできません、、神経通ってくれるまではね。。
不安です。(−_−;)
2013/04/11(Thu) 16:50 | URL  | みつ #-[ 編集]
ご快癒お祈りしております。
 一歩一歩 前進していますね、これからも、その歩みが順調に行きますよう祈っております。
2013/04/11(Thu) 17:40 | URL  | 八島秀二 #mQop/nM.[ 編集]
みつさまへ
手術お疲れ様でございました~~~!!

その親指と人差し指のシビレは、血管を縛ったことによるものか、ギブスか、だと思いますよ。
1週間以上続くようでしたら、「手術中の神経動かし」が原因で、でも早い人はすぐ落ち着くそうです。
私はもう5か月経ちますが、特に消えず。
最初は嫌だったですけど、今やもうすっかり慣れて、これがあるのが当たり前くらいになりました。
でもいずれ消えますよ、ぜったい、とのことです。

ジグザグだったんですね。ジグザグの方がのちのち、皮膚のひきつれがなくて良いという意見も聞いたことがあります。
こちらの麻痺先輩もジグザグです。
http://ameblo.jp/heavycat/entry-11162249525.html

ねじれは1か所だったんですね。
私も、上の方にもっとあるのでは、見落としがあるんじゃないか、などと疑いましたが、すでにもうどの筋肉が麻痺してるのかは先生たちは把握してるので大丈夫だと思いますよ(健康な筋肉より上にくびれはないという道理で)。

でも疑って当然ですよね。私もそうなんですが、今までの先生たちが本当に適当だったので。
そんな人らのせいで、ちゃんとやってる優秀な方たちも疑ってしまって、まぁ、ちゃんとした人たちには本当迷惑な話で。

みつさん、ほんとうに大変だったですね。自分のことのように思えます。
本当に凡庸な医者はなんでもかんでもヘルニアにしますよね。
後骨間神経麻痺なんて、名前も知らない人もいますし。

でも首もいたかったということですから、ヘルニアはあったことはあったんでしょうね。
それで、麻痺も全部そのせいにしちゃったんでしょうか。
もしそういうことだったらひどいですね。私もすごく悔しいです。
(それでも首の痛みが消えたのでしたら、まだいいのですが)

でも今はいい先生に会えてよかったですよね。

不安な気持ちは痛いほどわかります。1000パーセントわかります!
ねじれがあったなら、きっときっとうまくいきますよ。
先生たちも手術すれば大丈夫って自信あると思います。

ただ待つのって無限の時間のように感じられて本当につらいと思いますが、麻痺した当初の期間より、後に行けば行くほど時間は短く感じると思います。

2013/04/12(Fri) 12:22 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
八島秀二さまへ
八島さんのやさしいお気持ち、大変ありがたく思っております
2013/04/12(Fri) 12:25 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
あっ! 絵が! 字が!
お久し振りです。
指がだいぶ動くようになられたんですね。いやぁよかった……おなじみの芝崎さん自画像が見えたとき、「あっ、絵が描けるようになったんだ!」と感激しました。
ペンの持ち方が気付いたら元に戻っていたというのは不思議ですね。
いつか全快されることを祈っております。
2013/04/15(Mon) 06:22 | URL  | Johannes #QjzkEOgs[ 編集]
Johannesさんも指摘してらっしゃいますが、ほんと、おなじみのイラストが描けるようになって良かったですよね。
ボールペンも可愛らしいです。

それにつけても医者選びの大切さ、こちらを読むにつけ、痛感いたします。
2013/04/15(Mon) 21:05 | URL  | ポポ手 #J7nTh0B2[ 編集]
Johannesさまへ
ありがとうございますっ!
そうなのです。だいぶよくなりました。
いろいろまだまだな部分はありますが、何しろ治るのがわかって、精神的に本当に楽になりましたーー。
Johannesさんのアステカネタはさらにヒートアップしていて、読んでてわくわくします。
私もインカネタは、とにかくすべて忘れてしまったので、仕込み直しで頑張りたく思います。
2013/04/16(Tue) 13:25 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
ポポ手さまへ
ボールペンまでほめてくださりありがとうございます。
どうでもいいことですが、旭山動物園の土産ペンです。
最初、変なペンで撮ったのですが、せっかく載せるのだからと体裁を気にしました~。

私の先生は先日もとっても喜んでくださってかわいかったです。
ポポ手さまが次に行く歯医者さんは、ちゃんとわかってて技術もある方でありますように!
2013/04/16(Tue) 13:28 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
はじめまして。
私も、10年前に後骨間神経麻痺やりました。慶應義塾大学病院の先生に診ていただいて、今ではピースはちよっとできないけれど、日常生活には全く問題ないほどに回復しましたよ。
2013/05/14(Tue) 22:18 | URL  | しのぶ #-[ 編集]
しのぶさまへ
わっ、はじめまして! ご経験を教えくださってありがとうございます。
自分だけじゃない、と思うと、なぜか明るい気持ちになります。
しかも回復のお話はますますうれしいです。
そうですかー、10年前に……。
慶応も神経麻痺の分野が確立されてるそうですね。
私もしのぶさんのように、どんどん「普通」になっていきたいです。
2013/05/15(Wed) 06:20 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
こんばんは、
わたしも、つい、1ヶ月ほど後骨間神経麻痺の手術しました。
親指と人差し指付近のしびれが全然とれなく、
腕の腫れがすごいし痛いし。
全然開く気配もなくて、非常に、焦ってたのですが、
まだ1ヶ月だから、そういうものなのですね!
気長に待ってます。
ブログ読ませていただいて、
少し安心することができました。
2014/07/02(Wed) 00:11 | URL  | さとこ #-[ 編集]
さとこさまへ
はじめまして、さとこさん。
こんなところをお読みいただきありがとうございます。

手術、先月されたのですね。
自分のパニック状態を思いだすと、さとこさんの心中察するに余りあるものがあります。

手術後のしびれも不愉快極まりないですよね。
今現在の私のしびれは(手術から1年半)、まだあることはあります。歯の麻酔が取れかけのような感じの薄いしびれ感です。
でも最初は布が手に乗るだけでやけどのような痛みを伴うシビれで、でもそれはすぐ終わり、そこからは、ものすごーくゆっくりゆっくり小さくなりました。気づかないくらいのあまりの遅い歩みです。

よくみんなが言うことで「学生の頃、膝を部活で痛めて、それ以来ずっと膝の下しびれてる」とかいう話ありますよね(自分もそう)。
だから、まぁそんなもんで、一生、こう、うっすらしびれてるかも、と思いますが、まったくなじむ感覚だと思います。

と、私は新陳代謝が恐ろしく悪いので、このありさまですが、しびれはすぐ消える人がほとんどですし、さとこさんの不快感、早く減ってほしいです。

きっときっと麻痺も終わりますよ! すぐ指が開く人もいるし、遅い人もいるし、人それぞれのようですが、 よっぽどのことがない限り(あまりの高齢とか)、治らない人は自分が知ってる限りではいないようです。
もうちょっとの我慢です。

不安とか何かありましたら、ご遠慮なさらず言ってくださいね。
さとこさんのお気持ちは痛いほどわかりますから。
2014/07/02(Wed) 15:15 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
教えて下さい
2年前に人差し指があがらなくなり,スイッチのオンオフのように症状がマダラに現れては消え,当惑しつつ病院めぐりをしました.でも,どの病院も病名がはっきりとつかず,様子を見ましょうと.その間に全部の指の筋力が落ち,水平から上に挙がらなくなりました.自分で調べ後骨間神経麻痺では,と考え検索し柴崎さんのブログに行き当たりました.正しい診断と治療をしてくれる病院を探しています.教えていただくことが可能であれば本当に嬉しいです.どうかよろしくお願いします.
2014/09/15(Mon) 21:59 | URL  | ソフィー #-[ 編集]
ソフィーさまへ
こんなもんを参考にしてくださって、恐れ入ります。
ソフィーさん、非常におつらい状況でらっしゃいますね。症状が確かに、典型的な神経麻痺とはちがって、とても複雑そうで。

教科書的にわかりやすい症例でさえ、誤診するお医者さんがいるのですから、ソフィーさんのような症例だと、ますます普通のお医者さんだとわからなさそうですね。

自分がかかった先生などをメールにて書きますので、見てやってください。
ソフィー様のメールだと、もしかして初めて来るメールアドレスは迷惑フォルダに入ったり、または送る前にサーバーが勝手に消滅させたりするので、本日中に来なかったらcocospopos★gmail.com
(★を@に変えてください)
にご連絡いただけますか。
ご面倒なことで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
2014/09/16(Tue) 05:07 | URL  | しばさきみゆき #tV.v9NK6[ 編集]
治らなかった例
初めまして、sugarwareです。
私も後骨間神経麻痺です。
2014/1に右変形性肘関節症の治療という事で、神奈川県の某病院にて関節鏡手術を行いましたが、手術後に目が醒めると手術した肘とは関係無いはずの手首や指が動かなくなっていました。いわゆるドロップハンドです。担当の先生は、手術による腫れのせいだろうから腫れが引けば動くようになる、と説明しました。ところが腫れが引いても全く症状は変わらず、もう少し、もう少しで待たされ結局10ヶ月のリハビリでも変化はなく、2014/11に別の病院で神経剥離手術を行いました。
その手術で判ったのは、麻痺の原因がよくある神経の癒着ではなく、破断だったという事でした。関節鏡の途中の部分が神経を引っ掛けて引き伸ばした可能性が高いです。
切れた神経が5〜6cm程度離れていたので、治療の候補は、足の神経を移植するか人工神経を移植することでした。健康な足にもなんらかの悪影響が出る事を恐れ、2013年に承認されたナーブリッジと言う人工神経を使った手術を選び、2週間後に手術を行いました。
http://www.toyobo.co.jp/news/2013/release_3886.html

神経の成長速度は1mm/dayとの事で、順調にいっても切れた神経の両端が繋がるまでは2ヶ月以上掛かる計算ですが、手術から21ヶ月経過した2016/9現在でも殆ど改善が見られません。ナーブリッジの注意事項には「神経欠損部長が40mmを超える場合における、本品の有効性及び安全性は確認されていない」との記述がありますし、他の資料では効果があるのは30mmまでとか、指には良いが尺骨神経や橈骨神経はダメ等、色々と制限事項がありそうです。私の場合の50mm以上の橈骨神経(後骨間神経)は難しい部類に入るようです。またこのナーブリッジは約2〜4ヶ月で体内で溶解してしまうので、時間的にも厳しかったかのかもしれません。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai/64/3/64_552/_pdf

本日、これ以上待っても回復は期待できないとのことで、腱移行手術を勧められました。
腱移行は、他の用途の腱を切って、親指や他の4指を伸ばす為の腱に繋ぎ換える事です。数ヶ月のリハビリで基本的な動きが出来る様になりますが、その反面、腱を切られた事で出来なくなる動作がありますし、細々とした障害が予想されます。
つまり、腱移行は完治治療ではなく、妥協の治療という事です。

肘の手術を行った病院は、後に神経破断の診断書を受けて医療事故を認めましたが、私としては変な制限無く以前とほぼ同じに動くように治してもらう事が優先と考えています。

最後に、群馬大学での内視鏡手術の事故が発覚して話題になりましたが、内視鏡や関節鏡での手術は傷が小さく術後の回復も早いので人気なのですが、手術をする立場からは見える範囲が狭く、何かを見落とした操作をする危険が高い手術である事、を手術を受ける人間は知っておかなければなりません。受ける場合は、その医師の手術実績を確認する必要もあるでしょう。
2016/09/08(Thu) 11:45 | URL  | sugarware #lzvTScq2[ 編集]
sugarwareさまへ
初めまして、sugarwareさま。
もうあまりのご体験に絶句しまして、なんと申し上げたらいいのか……。
いろいろ感情面でも計り知れないほど大変な思いを抱えておられるでしょうに、科学的にご説明くださって、とても貴重な資料なども提示くださり、ありがとうございます。
いただいたリンク先はすべて読ませていただきました。

破断したのは、そのときは医師も気づかなかったのでしょうが、10か月も自分のミスの可能性に思い至らず、何もしなかったのは、本当に驚くべきことだし、憎きことだと思います。

腱移行術を提示されたということですが、これは、ミスをした病院ではなく、神経剥離やナーブブリッジの手術をしてくれたところで、ということですよね?

ミスを認めたもともとの病院も、手術費用やその他の補償など、最後まで責任をちゃんと取ってくれますよね? そうであってくださいますように。
でも金銭や手術の責任だけでは、まったくまったくもって賄いきれませんが。

私は腱移行をとても簡単に考えてて、神経剥離の段階で「神経戻らない可能性もあるので、2回も手術やだし、いっしょにやっちゃってください」などと言っておりました。

先生の話では、精緻な動き(ピアノを流ちょうに弾くなど)はむずかしいけど、ほかはまぁ大丈夫とか言ってたし。

ちなみに今、神経戻ったとはいえ、ピアノなどは思うように弾けません。また麻痺してる間に、腱や皮膚が縮んでしまって、つねにそれらに引っ張られ、枷をつけられてる感じがあります。
やはりすべて元通りとは、いかないですね。

腱移行されるのか、また、そのほかの治療や経過など、うかがわせていただけますとありがたいです。

2016/09/08(Thu) 20:54 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
初めまして
息子(小学5年生)も上腕骨果上骨折後に後骨幹神経麻痺になっています。今、下垂手ですが動きが出るまで頑張って欲しいです。ブログ読ませて貰い勇気が出ました!ありがとうございますm(__)m
2016/11/15(Tue) 02:45 | URL  | こーのパパ #tnsv/9RI[ 編集]
こーのパパさまへ
はじめまして、こーのパパ様。
ブログを見てもらって、ありがとうございます。

それは心配ですよね……。
息子さんも大変ですが、こーのパパさまもつらいですよね。苦労を間近でずっと見ておられて。
子供の治り方は本当に驚異ですので、今少し、復活するまで、なんとかこらえてほしいです。

何かありましたら、どうぞ、お気軽にご連絡くださいね!
2016/11/15(Tue) 09:40 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。