《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

退院して、2週間過ぎたころ、また異変! 手首に硬いしこりのようなものが現れる。手を握るなど力を入れると、そのしこりがツノのようにゴリッと浮き出る。場所は親指側の手首のとこで、前の記事にも書いたが、ずっとヤな感じに痛かったところ。
こわいっ。なんか恐ろしい腫瘍でもできたのか。だから痛かったのか。

そしたらそのしこりがじょじょに長くなる。
病院予約日までとりあえず我慢しようとほっておくと、そのうちそれが骨っぽくなり、「あれ、これって?」、見覚えのある形になってきた。腱?
DSCN0795 - コピー


そんなこんなのうちに親指がうっすら上がるのに気が付いた。5ミリくらい。角度にして10度ほど。
DSCN0797 - コピー

あまりにも微細であるけど、今までどんなことをしても上がらなかったので、ちょっと「もしや」と、ドキドキする。

でもたったこんだけだし……。
指が固くなりすぎて曲がらないから上がったように見えたり、ちょっとしたトリックモーション(知らずとも違う筋肉を使って、ちゃんと機能してるように見えるごまかし動作)をやっちゃってるんじゃないか、と思う、こんな誤差レベルの上がりは。

病院の日になり、ワレガラス先生に見せると
「あっ、短母指伸筋(親指を上げる筋肉の一つ)の腱ができてる!
短母指伸筋が効いてるよ!」
って、テンション高めで喜びの声。

えっ! マジで? 本当? うれしーーーーー!

…………ってでもおかしい。
短母指伸筋って、治る過程の最後の方じゃん。最後から2,3番目とかがいきなり治るってどういうこと?
神経が治っていく順番って上からじゃないの?

いちおう以前の使い回し。
kinnniku - コピー


――――と、ずっとそう思ってて、前にもそう書いてたんだけど、それは外傷とかで神経が完全に切断されたなどの場合であって、私のように神経炎のくびれなどでなったやつは、順番通りではなく、「まだら」に治るのだという。

というのは。
まず神経の中はこのように何本かの神経束が入っていて、
神経束
どの神経束がどの筋肉にスイッチオンしに行くかが決まっている。

細かい話を言えば、さらにこの一本一本の神経束にはミクロの神経が入ってて
IMG_0001 - コピー

その中の芯が、くびれとか何かの原因でいったん崩壊しちゃったんだけど(それが麻痺)、
軸索
それが再生され、どんどん伸びて筋肉のスイッチに、ある程度の本数がたどり着いてくれれば、再び筋肉が動くようになる、というシステム。

で、くびれの圧で、神経束がギュッとつぶれたりしてんだけど、そんなにつぶされてなくて、神経線維の通り道が広い束があったり、また、かなりつぶれて、つっかえたままの神経束もある、

――――ということだからだそう。
(神経束の太さは筋肉の大きさに比例するとのこと)

そうそう、思い出した。
以前目にした症例レポートで、後骨間神経麻痺の人の写真があり、なぜか親指だけピーンと上がってて、なんでなんだろう、ってずっと不思議に思ってたのだ(ここの4ページ目、左上の写真)。この方は親指への神経束は無傷だったのだな。

それで、まぁとにかく、私の場合、一番最初に大量ゴールしたのは短母指伸筋への神経束(内の軸索たち)であったということのようだ。

しかもそれは手術のたまものというわけでもなく、自然に治った分、ということ。
手術の成果が出るのは、最短の人で3カ月くらいだからだって(だいたいは半年ですと)。

発症から7か月半くらいで、やっとこの小さなうごめき。
7か月もかかって自分の力だけで治ったのは9本のうちの1本かー。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/03/26 21:54】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |


サトシ
こんばんは(^-^)
昨日から、古代エジプトうんちく図鑑を読んでます。
まだ半分くらいしか読んでませんが、他に読んだ本とは違いイメージを膨らませやすいです。
著者はどんな人かと思って検索したら、このブログにヒットしました。
大事な右手がそんな大変な状況だったとは・・・
残り3冊も今注文入れました、読ませてもらいますね!

サトシさまへ
芝崎みゆき
おありがとうーーーーございますーーーーーーーっ!!!!
なんという太っ腹で快男児なことをっ!

というか、だ…大丈夫なんでしょうか。まだ全部読まれてないのに、そんな豪快な買い方をされて……。
サトシさまがどうか後悔しませんように、後悔して怒ったりしませんように、少しは楽しんでもらえますように、とそればかりを、いま、一心不乱に祈っております。
何しろ、本当にありがとうございます! すんごぉおおおくうれしいです!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは(^-^)
昨日から、古代エジプトうんちく図鑑を読んでます。
まだ半分くらいしか読んでませんが、他に読んだ本とは違いイメージを膨らませやすいです。
著者はどんな人かと思って検索したら、このブログにヒットしました。
大事な右手がそんな大変な状況だったとは・・・
残り3冊も今注文入れました、読ませてもらいますね!
2013/03/27(Wed) 21:26 | URL  | サトシ #-[ 編集]
サトシさまへ
おありがとうーーーーございますーーーーーーーっ!!!!
なんという太っ腹で快男児なことをっ!

というか、だ…大丈夫なんでしょうか。まだ全部読まれてないのに、そんな豪快な買い方をされて……。
サトシさまがどうか後悔しませんように、後悔して怒ったりしませんように、少しは楽しんでもらえますように、とそればかりを、いま、一心不乱に祈っております。
何しろ、本当にありがとうございます! すんごぉおおおくうれしいです!
2013/03/27(Wed) 23:15 | URL  | 芝崎みゆき #tV.v9NK6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック