《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

とつぜん来た。

2つの筋肉に神経が達した、と病院で判断されて、10日ほど経ったとき。
マンガ読んでたら、指が伸びてることに気づく。水平になってる。

DSCN0821.jpg

水平になるのはできてたんだっけ? どうだっけ?

??????

あれっ。
ホントどうだっけ!?

ここまでが屈筋(私の健康な筋肉)の力だっけ?

えーと。えーと……、うわーーーっ! いままでのことがぜんっぜんっ思い出せないっ。映像が出てこない。頭真っ白。

いろいろ角度変えてみる。
あっ、立つ。

DSCN0827.jpg

こんな立ったことなかったよね。うん、これはない。
とにかくダラーンとうなだれてたはず。

そうだ、客観材料、写真写真!
キーーーーッ! 気が急きすぎて、ファイルを探せない!
そーだ! モデルになったHPの写真!!(後骨間神経麻痺例が私)
すぐ出る! よかった、モデルになっといて。

おおおおおおっ! やっぱり、このポーズでぜんぜん指が上がってない! やっぱり指上がるようになってる!

……って、人間の記憶ってやつはまったくどうなってるのか。
本当にすっ飛ぶ!
ちょっと前、アメトーークで小峠が「5秒未満で服をたためる」と豪語して、その場に立つと完全にやり方を忘れ、どうやっても思いだせない、ということがあったが、あれ、スゲーわかるーーー、と思って観てたもん。

もう10か月も同じ状態なのに。体が覚えてるはずのことなのに。毎日毎時間毎分毎秒、私の頭を占めてる大問題なのに。5分おきくらいに手をためつすがめつする、自分の手のストーカーと化しているのに。

というのも、あまりに自然に、いつも通りです、って態で指が上がってるもんだから、混乱したのだ。いままでこめかみが飛び出さんばかりに真っ赤になって力こめても上がらなかったというのに。

ここは手ばなしで喜びたいところだが、こっちはこの疾患以来、いや、この世に生を受けて以来いくたびも、ぬか喜びという名の天敵に、煮え湯を飲まされてきたんだ。慎重に検証しなくては。

まず左手とくらべる。

DSCN0808 - コピー

うわぁー、だめだ、やっぱ、ぜんぜん違う。
ガミガミ怒る奥さん、聞いてるふりをする旦那、って感じに勢いが違う。
左は手の甲よりグーンと外側に反るのに、左は水平(0度)以上行かない。
ネットを見ると、手の甲より45度上がる、ってある。


こうやると根っこの関節がまったく上がらない。
DSCN0810 - コピー

0度までは屈筋の力で、0度以上が伸筋(私の麻痺筋)なのか?

そんでもって手首を曲がるともう0度どころかヘナヘナだ。
DSCN0678.jpg

でも前はこうだった。何をしても。
DSCN0812.jpg


それから、日常のことをあれこれやってるうちに記憶を完璧に取り戻す。

まず、メールを打とうとしてパソコンを開いたとき。
うわっ! パソコンのキーボード、打てる! 
指は水平以上に上がらないけど、水平に伸びてるから肘を浮かしながら打てるのだ。装具を付けてたのと同じ要領で!
そーだ、昨日、久々にブログ更新して、コメントのご返事を打ってるときは、装具を付けてた。付ける前、相変わらず、指がクシュっと丸まってた。

それから、顔を洗うとき。
そうそう、ずっと指が丸まってすすぎに邪魔だったのが、完全に水をしっかりホールドして顔をすすげる!

そして化粧水やクリームをちゃんと塗れる、顔を押さえられる!

電灯のスイッチも装具なしでは押せなかった。
初日は、スイッチを押そうとしても、あまりにプルプル震えてできなかったが、2日目にやるともうきちんと押せるようになった。

身体知っていう言葉を実感した。やっぱ、体を動かすと体が覚えてくれたことを思い出せるものだ。

これほどイッキになんでもできるようになったんだ。これはまちがいなく「来た」といっていいでしょう! この神経麻痺の目玉商品である、4本指を上げる筋肉(総指伸筋)が!

……いや、でもやっぱ、0度より行かないこととか気になるなぁ。
指のまっすぐ力とかって、尺骨神経支配の背側骨間筋の力なんじゃなかったっけ?
げっ、簡単に筋肉の働きが書かれた本見たら「パソコンのキーボードを打つ力は背側骨間筋です」ってある!
でも、だとしたら、なんで今までできなくて、突然できるようになったの?
って、もしや尺骨神経も悪かったの?
(そういや、尺骨神経も麻痺してるって診断した先生いた! あのときは、ヤブが!と思ったけど、実は正解だったの?)

それとも、それは麻痺してる筋肉と共同作業する筋肉であって、いつまでも動かないことに業を煮やして、もうオレひとりでやってやらぁーって、独立して頑張るようになったの?
 
もしくは、一番嫌な想像としては、単に指が硬くなりすぎて、上がったように見えるだけ、ってやつ。本当にもう指がガチガチに硬くなっているのだ。拘縮2歩手前レベルに。

それに、腱もうっすらとしか浮き出てないし……。指を伸ばして総指伸筋のありげなところをいくら触っても、まったく動いてないし……。それどころか逆に拮抗する屈筋群(正中神経支配)が活発に動く。
やっぱり、違う筋肉の発達なのかなー。

ダメだ、シロウト考えの堂々巡りがまた始まった。やはりプロに判定してもらわねば。

前回の診察で「じゃあ、次回もMMTテスト(筋肉の動きを見るテスト)の予約入れとくね」と先生に言われたのに、「どうせ、ひと月では何も変わらないでしょうから、いりませーん」と断っていた。
いるっ。その検査、今こそ、すごい必要。

直接電話で作業療法士の先生と話し手配する。

目覚ましい変化があったので、ぜひ診てもらいたいのです、と。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/04/01 08:55】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |


2525
わー!すごい!!
こんなに回復なさってたんですね(嬉)
一枚目と二枚目の写真
一瞬私の手かと思いました(笑)
全く同じ形です!
わたしは手首も自由に動いてますっ

今日病院だったので先生に
みてもらってきました!
するとかなり驚いていて
「実はあなたの神経のくびれ
二カ所のうちの一カ所、切れてるんじゃ
ないかと言うくらいくびれていたんですよ」
と言われてびっくり
それ聞いてたらたぶん
もう治らないと思って
がっくりきてたと思います。
知らぬが仏ですね(笑)



ついに!
へびねこ
ついに来ましたね!

私の親指もそうでしたが、
ホント、来る時はなんの前触れもなく、
ふと、気がついたら来てるんですよねー

また、2525さんの手も回復しておられるとのことで、嬉しさ倍増です♪

一安心
mr.goodmusic
これはもう後戻りすることはないのですよね? 心から喜んでもいいんですよね? 気分はthe beatlesの「getting better」という感じです。(ちょっとニュアンスはちがいますが。)でもあまり無理なさらないように気をつけてください。


ポポ手
ほんとに手が上がってますね! 去年は確かにだらんとなっていましたよ。これはとうとう……。


歯科心身症も治る時って突然というか、ある日、気づいてみると、歯の噛み合わせが気にならなくなってた……って感じなんです。
でもそれまでもきっと水面下ではぐんぐんきてて、閾値とでもいうのか、臨界点のようなものを超えた時点で、急に現象としてあらわれるって仕組みなのかもですね。


次のMMTテスト、かぜん楽しみになってきましたね。
それに心がハイになってくると、絶対免疫力もアップしますから、いま、プラスの連鎖で良い方向にいってるんだと思います!


2525さまへ
芝崎みゆき
気にかけていただいて、また見にきてくださってとってもうれしいですし、心強いです、ありがとうございます!
そーですよね! これ治ってるって言っていいのですよね!
私も、もう誰が何と言おうと「治ってる」と自分に言い聞かせてます。

2525さんのは、そんな恐ろしいくびれだったんですか……。
でもそんな切れそうなものも神経剥離だけでこらえて、ちゃんと復活したのですね。
すごい! からだの再生能力には本当びっくりです。

でもものすごいドキドキする話。スリルありすぎます。
本当、すぐ手術に踏み切って大正解でしたね!
先生も腕のある、またナイスジャッジ!なすばらしい方!



へびねこさまへ
芝崎みゆき
先輩、ありがとうございますっ!
まったく普通に来るからたまげました。
へびねこさんのブログでわかってたとはいえ、こうまで自然体で来られると、心の準備が出来てなくてたじろぎます。
本当2525さんも同時でこんなにうれしいことはないです。



mr.goodmusicさまへ
芝崎みゆき
ありがとうございます~。そんな親身なお言葉を……。
そうです、誰が何と言おうと、やはり自分の体感は正しいってことでgetting better です! 今後はさらなるgoodmusicを聞き、心健やかにrecoveryに励もうと思います。



ポポ手さまへ
芝崎みゆき
その「ある日、気づいてみると」っていうの、本当なんなんでしょうね。
ポポ手さんのご考察がまったくそのまんま正解だと思います。
身体、面白すぎ。
今回の事柄のおかげで、いろんなシステムについて知ったり、考えてもみなかったことに思いを巡らすことができて、まぁそれだけは良かったかなー、などと思いました。って無理やりいい風に思おうとしてるだけですねー。
MMTテストめ―。またここで上向いた心が急降下です~~。



お願いします!!!
ふみと
初めまして!
突然のメッセージこちらですみません。
実は骨折の術後に橈骨神経麻痺になってしまい、どうにかよい病院に巡りありたくて、お願いですから病院とその先生の名前を教えて頂けませんか?

ふみとさまへ
芝崎みゆき
大変おつらいですよね。
ふみとさまのメールのほうに病院名や先生のお名前などお送りします。
昨今、フリーメールが届かずじまいで、しかも送信者にfailure noticeメールも来ないときがあります。もし、本日中にメールが届いておられなかったら、迷惑メールフォルダを見ていただき、それでも来てなかったら、お急ぎのところ恐縮ですが、またこちらにお知らせいただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

コメントを閉じる▲

《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

指に著しい変化があってから病院の予約日まで半月ほどあり、その間にどんどんできることが増えた。
こんながっしり開けるようになった。

開き

髪がしばれる!

ハサミが使える!

両方とも、これっぽっちもできなかったことだ。
親指はまだ一番強い筋肉が戻ってないから、完璧ではないが、とにかくできる!

一番これは大丈夫だ!とうれしさで体の芯がジワーッと熱くなったのは、ピアノが弾けたこと。
手術前は鍵盤一つ押すのもダメだった。
って、そりゃー今もおぼつかないし、オクターブ押さえるなんて夢だし、超絶スローモー。
でもちゃんと曲を奏でられる!

そのほんの数日前に、友人が、「ピアノ教室を変えようと思うんだけど、どう思う?」と小5のような相談をしてきて、それに対して私は「いいね、ピアノ弾けて」っていじけたことを言い、「私にはもう関係ない世界だわ……」と遠くのほうに目を見やる『かわいそうな私』をやったばかりだったというのに。

でもここに至っても字や絵はまだまだイマイチだ。

腱もあんまり浮き出ないなぁ。
でもこの疾患になって以来、見たことがない、中指から小指の腱を横につなぐ橋(腱間結合)が浮き出てきて、また初めて、こんなものが手にいたんだ、とその存在を知った。

腱間

どう考えてもすごい変化だ。きっと作業療法士の先生もびっくりしてくれるに違いない。
この先生は本当優しく親身で、いつもいろいろ共感してくれるのだ。

「先生、これなんですよ、これ、これ」
と誇らしげにバーンと上げた指を見せると、
「あぁ……、これ……」
って期待に反した低い温度のリアクション。

私としては歴史的瞬間を味わうくらいのつもりだったのに。
まぁ、いちいちそんな一人ひとりに、わー、すごい、なんて喜んでられないか、と思ったけど、そういうことでもなくて、
「これね……、うーんとねぇ……、これは、ちょっとちがう神経の仕事かな……」
って何とも言いにくそう&申し訳なさそうな顔。

そんなはずはない!

いやいやいやいや、だけど、今までずっとできなかったんですよ、これも、それも、あれも、と鳥の求愛ダンスのようにいろんなフォルムを見せびらかすけど、
「その点なんだけど、これは背側骨間筋と虫様筋(尺骨&正中神経支配)の仕事で、だから、それらの神経も悪いんじゃないかと、実はずっと私も着目してて、芝崎さんのは毎回、気になって調べてたのよ。本当不思議なことなのよ」と。

でぇえええええええーーー!
やっぱりちがったの?
くそう! 過信しちゃだめだ、期待しちゃだめだ、と思いつつも、またも抑えきれず、いい方に考えてしまった。

「いや、自分でもそう思ってたんですがね……」とちょっと見栄も張って、大して気にかけない風を何とか装う。

で、握力は13キロ。(手術前3キロ、1か月前9キロ)

「ちょっ! ほら~~、ほらほらーー。1か月で4キロもアップ! これってすごいことですよね。やっぱり総指伸筋、活きてないですか~~」
と捨てきれず言うと
「握力は屈筋(正中神経支配)の力なのよ……。
たぶん今まで痛かったから、力を出し切れてなかったんじゃないかなぁ」

えーーっ? そりゃー物を握る力は屈筋だけど、拮抗する伸筋もあって力は強まるんじゃないの?
しかも、それに影響するほどの痛みは手術前も今もないよーー。

どうもいろいろ納得いかねー。でもにわかな私には何も言う資格も知識もなし。
いちおう「総指伸筋、効いてないことはないかなぁーー」なんて、もそもそと言ってはもらえたけど、とにかく私がこれぞと思った変化は総指伸筋の力ではなかったのだ。

なーんだ、やっぱりこうなるのか。いくら客観的になろうと努めても、どうしたって人間は自分の信じたいように見てしまうものだな。
今度こそはついに行けると確信めいたものがあったのに。
リハビリ室出て、すっかり意気消沈。
でもまぁ、これから治っていくのはたぶん確実だし、気長に待とう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/04/02 09:43】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |

でもまあ、
しろ~
実生活で実感できる改善があったのはすばらしいですね。
こないだは会社で、30年来務めているハゲの人が皆にいじられているのをハラハラしながら見ていました。
(そっちのハゲはオープンだけど、こっちのハゲはオープンじゃないよって)


2525
こんばんは。
度々失礼いたします!

私も芝崎さんの記事をみて
いろいろ調べてみたのですが
この結果?は後骨間神経麻痺とは
あまり関係ないみたいですね…汗

まさか支配する筋肉が別とは。
私の先生はそんなこと全く
言っていなかったのに!

つまり後骨間神経は回復せず
尺骨神経と正中神経の支配下の
神経が回復したということでしょうか??
だとしたら尺骨神経麻痺と
正中神経麻痺も起こっていたと言うこと?
なんだか頭の中がこんがらがって
大変です(泣)

しろ~さまへ
芝崎みゆき
わひゃひゃっ! また連作をありがとうございます!
その古ハゲの人も、最初に誰か恐る恐るでもツッコんでくださったことで、徐々に大丈夫なんだ、と皆の緊張が解け、今のようになじみのいじられキャラになったんでしょうかね。
新ハゲの人も、その人の地位になるときは来るのか。
ところで、その古ハゲの人がいじられてるとき、新ハゲは近くにいたってことでいいのでしょうか。
それゆえのしろ~さんのハラハラなんでしょうか。
非常に重要なことなので確認してみました。



2525さまへ
芝崎みゆき
うわっ、2525さん、ごめんなさい!
今、新しい記事アップしたんですが、ちゃんと主治医の先生が太鼓判を押してくれたので、大丈夫です!
2525さんの先生はちゃんと正解を言ってます!

今まで何回も間違った診断をされて、最後の最後でまたか!っていうのをどうしても記録しておきたかったのですが、変なとこで切ってすみません。
2525さんのせっかくの喜びの気分に水を差す部分になってしまって……。
しかも調べさせる形になってそういう労力やお時間もすみません。

とにかく、まちがいなく後骨間神経支配です!


コメントを閉じる▲

《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

がっくりのMMT検査が終わって、続いて主治医ワレガラス先生の診察。
もうすっかり気力萎えてて、いちおう…って感じで「今はこんな感じで」と見せると
「やっ!どうしたの!すごいじゃない、治ってるじゃない!やったじゃない!!!!」
とすごいテンションで言ってくれる。

えっ!?本当?
やっぱりいいの?

でもさっきの今で、気持ち下がってるし、ほぼ完全に作業療法士の先生の診断が体に入ってしまってるから、「いや、でもこーであーで、背側骨間筋とか虫様筋だかの、とにかく別の神経支配の筋肉の働きなんですよね」と言うと

「ちがーーうーーーっ!
それは、指の一番上と中間の関節の話!
指の付け根の関節(MP関節)を上げるのは、これはもう総指伸筋の仕事なんだよ。
今こうやって指が開くのは確かに背側骨間筋の仕事だけど、これだって、付け根の関節を上げられるようになったことで、初めて開けるんだよ」

と、とにもかくにも、神経が届いた!治ってる!よかったよかった!を連呼。

でも、手の甲から0度以上、外に行かないことや、手首を上げると指が0度よりも下がること、筋肉の収縮が見られない、などの怪しい要因のことも訴えると、

「そんなの、今スイッチ入ったばかりで当たり前だよ。
まだまだちょっとの力しか出せない筋力なんだよ。1年近く眠ってたんだから、そうポンポンできません。
そのうち、なんでもできるようになるから、もう安心して、ただ待ってなさい」

総指伸筋の場所も触診してくれ。
「わずかだけど、ちゃんと収縮してます!」と。

またこのように先っぽと中間の関節を曲げて、根っこの関節だけで動かさせる。
(本当は、この上に先生の手で少し抑えられます)
DSCN0840.jpg

DSCN0841.jpg
ってわかりづらいかなー

それでゆっくりながら、弱い力ながら、なんとかちゃんと上がるのを見て
「ほら! ちゃんと付け根の関節だけの力で上がるでしょ! これは完全に総指伸筋の力なんです」。

そして
「よかったねーー! はいっ、本当お疲れ様でした! 
まぁ、とにかく、どうしても信じられないんだったら、またあの針の痛い検査(筋電図)やってもいいけど、やる必要ないよ。本当に大丈夫なんだから」。


……………………。
やったぜーーーーっ!!!
ついについに大丈夫なんだー、私。

いやーーっ、もうほんとう、先生たち、落として上げてくれるよなーー。
「良い警官、悪い警官」ばりに、なかなかの連係プレーをやってくれたもんだよ。
でもいいどんでん返しは大歓迎だよ!

ふぁーーーーっ! 病院出たときの澄み切った空気と言ったら!
駅までの15分の道のりは、あらゆる感情がこみあげてきて、異常なハイ状態。

悪いことが起こって、異次元空間に放り込まれたような気分になることは何千回とあるけど、いい意味でさっきまでとぜんぜんちがうって空気感に包まれたことはあんまりなくて、これで3度目。

前回のは、初めての本の原稿を印刷所に入れたあとだった。
って通常は、印刷のだいぶ前に原稿は提出してる、っていうのが筋なんだけど、そのときは、印刷する間際まで修正に次ぐ修正、切った貼ったを粘りに粘ってやっていて、加えて編集者との熾烈な戦いもあって、3週間、ほとんど飲まず食わず寝ず、白髪鬼という形相で、神経衰弱ギリギリで作業し、ボロボロの姿のまま、出しに行ったのだ。

印刷会社を出るとき、本当に空気が一変した。
エーテルの世界って感じで澄み切ってキラキラ輝いた。
あまりの終わった感、充足感からくる多幸の心が見せる脳の錯覚なんだけど、本当にあれほどの解放感を味わったときはない。

ってまた話ずれたけど、それとおんなじ空気を味わった、という話。

とにかく、まだすべての筋肉に神経が到達したわけじゃないんだけど(あと5本ある)、この一番生活に支障バリバリのものが復活してくれて、これでやっとこの件に関しては、いったん枕を高くして寝れるのだーー。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/04/03 06:56】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |

やりましたね!
しろ~
野球の野茂やサッカーの中田のように大きな一歩を踏み出しましたね。
めでたいことです。
小さい会社なんで、新ハゲさんも同じフロアにいるんですよ、当然聞こえているんですよ。
古ハゲさんは「娘の結婚式には粉をふって黒くしていくぜい」と公言する人なんで皆から愛されている(いじられている)ですけどね。
だから古ハゲさんに言ったんです、「あなたからしか言えないから、バレてるよって言ってあげたら」って。
でもやっぱり難しそうです。


ポポ手
やった〜!
良かった〜〜!!
ワレガラス先生、名医ですね!!!


医者は治すんじゃなく、患者の治る力を引き出す手伝いをする……歯科心身症の時、小野先生にそう言われましたが、体の症状も似たようなことがいえるんだなぁと、ここ読んで思いました。
患者の心をハイにして、治りのお手伝いをしている、いや、この場合、本当に治ってきているんですが、患者を安心させ、治る速度をさらに早め、
クオリティオブライフを高める……
これこそが医者のあるべき姿であるよなぁと、ちょっと感動しております。

きゃーっ♪
なぎさ
みゆきさんっ!良かったですねーっ♪♪♪
ここに至るまでの道のり、本当に本当にお疲れ様でした。
これからの更なるご回復をお祈りしています!

一安心ですね(^^)v
サトシ
ホント良かったですね!
リハビリで更に出来ることが広がって回復の実感が積み重なっていくんでしょうね。

私の方は、ポポルウブで脳が壊滅的ダメージを受け、ちょっとブレイクタイムです。
不可思議大全を読んでる途中で、ポポルウブを読みかけだった事を思い出し、ポポルウブ→大全→へっぴり紀行でチョイ休憩を繰り返すという無謀なチャレンジをしてしまい、脳がオーバーヒート寸前でようやく、ポポルウブと大全を読み終えました。
芝崎さんがポポルウブの後半に手を付けなかった意味が理解できました。あまりの状況設定のいい加減さに、後半はとりあえず読んだだけで終えました。マインドマップに落としながら読んでも理解できなさそうな難攻不落な本ですね。
大全は、前回コメント貰ったように何の期待もなく読み始め・・・ 冗談ですよ(笑)
最初、人名に脳が拒絶気味でしたが私のアホな脳みそでも分かりやすくGoodです。
余白の取り方とか改行とか、うんちくから進化した感じで読みやすくなってて助かりました。
制作中の熱意が伝わるいい本ですね!

リハビリ頑張ってください(^.^)/~~~

しろ~さまへ
芝崎みゆき
いやはや、本当ありがとうございます!
長期間、お見苦しい姿を本当すみません……。
また大物中の大物を!
私も世界に躍り出るべく、とくにハリウッドへの根回しには、なお一層の精進をつみたいと思います!

そして第3弾!
ありがとうございます。
最重要な疑問にきちんと答えてくださって。良かった、ビジュアルがちゃんと見えました。やはり聞こえていたんだ。居たたまれねーー!
「新」の身になっても、しろ~さんのような新の同僚の立場でも、とにかくその場は。
新は古の楽しそうなさまをどう思ってるのでしょう。
(古はかわいいですね!)

いやぁーー、難しいです!難しすぎます。
いくら古は新の気持ちを一番理解してるはずとはいえ……。

これからも何かあったら、必ず教えてください。重厚な人間ドラマの行く末を見逃したくありません。


ポポ手さまへ
芝崎みゆき
わーい、ありがとうございます!!
私も、ワレガラス先生は本当名医だと思いました!
いつも愛嬌たっぷりで気安くこっちも何でも言いやすいし。
経験豊富で、知識が正確なことも本当すごいと思います。
なんでも科学的に説明してくれるので、ポポ手さんがおっしゃられていた「何をされてるかわからない恐怖」=私の場合「なにがどうなってるのか?」というのが、先生と話すと消えるのが、ありがたいです。

小野先生の謙虚なお言葉は福音です!
本当私も小野先生のような人に会えてよかった! 

しかもーー! ツイッターまでも!
いやもう本当恐縮です! もったいないー。



なぎささまへ
芝崎みゆき
にょーーーっ! 最初の方からずっとありがとうございます!
ほんとうになぎささんのお心遣いには助けていただきました。
正気を保ってられたのもなぎささんのおかげです。
なぎささんのお加減のほうは大丈夫でしょうか。
私のような単純な疾患とは違って、時間がかかると思うんですが、うまい具合にいい方に行ってほしいです。ほんとにほんとに。




まや
すごい、感動です。
みゆき先生の精神力、本当に強いなあ。神様もそういう人は見捨てたりできませんよ。
その前に、もう手を使う仕事はできないのかも…って考えていたってところ読んだ時、今まで何度もそういうことを考えて、その都度、いや絶望しちゃだめだ!って打ち消してきたんだろうな、とか本当に孤独で長い先の見えない戦いだったのだろうと思って涙していたのですが、今日この報告を読めて、ほんと良かったです。
(というわけで、太郎くんはやっぱみゆき先生が可愛がってあげてください(^o^)y
私も毎日うちのおネコにはいやされてますので。)


サトシさまへ
芝崎みゆき
すごいっ! いったいどんな読書脳をおもちなんですか!
あんなめんどくさいものども、3冊同時並行って!

ポポルーー!たしかに壊滅的ダメージを受けます、受けます!
つながりも何もかもめちゃくちゃ。

よくぞ私の気持ちを汲み取ってくださいました~~。
でもやっぱり挑戦したかったですねー。
あのツッコみがいのある難物を……。
でも1行ごとにツッコむことになるから、永遠に終わらないですよね。3000ページくらいになりそうです。

神さまなんて、西洋世界の悪魔そのものですし、人間も「個」がなくて、アリのサイズの小人間が特に感情もなく、ワシャワシャ本能でうごめいてるイメージ。

お褒めのお言葉ももうほんとうウレシーーです!
自分なりに工夫したことをわかっていただけて、溜飲が下がりました。
これからも何の期待もなく(笑)、見てやってくださればありがたいです!
手をさっさと治して、サトシさまのお目汚しをするべく、新たな本づくりに励みます。


まやさまへ
芝崎みゆき
なーんだっ、太郎ダメかーーー! 太郎もうなだれてます。

それはのちのちゆっくり話し合うとして、いやはや、本当闘病ブログみたくなっちゃって、それにお付き合いくださって長いことありがとうございます&すみませんでしたーー。

いや、もうメンタル最弱ですよーーーー。ほぼ完全にあきらめてました。
でもまやさんに、そういう部分拾ってもらって、こちらこそ涙します。
ふたたび、おかしなことにならないように気をつけます。
まやさんもまやさんネコも頼みますから、健康なままでいてくださいね

コメントを閉じる▲

《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

前回の記事で書いた、ワレガラス先生の診断、そしてそのとき解説してもらったことは、文献によってもすべて確かめられた。
(ここで初めて、以前の記事でも書いた高価な専門書の存在を知り、読みふけったのだった)

MMT検査での自分に不利益な診断のほうもずっと呪文のように心にこびりついてたし、もしかして、ワレガラス先生、患者の心をプラスに向かわせようと、いい風に言ったのかも、などとも思ったし。
でも先生の診断はやはりサービスではなかった。胸をなでおろした。

最初に4本指が上がってから、今、約1か月半が経ったが(手術から5か月)、中指と小指が手の甲より外側に(水平以上に)徐々に反るようにもなった。
まだ確信持つまでにはいかないけど、小指を単独で上げる筋肉(小指伸筋)も活動してる気がする。
この筋肉は4本指を上げる筋肉(総指伸筋)とつながってて、神経からの枝も近く、時間的にも復活していいころだ。

もう毎日、自分の指を上げたさまに惚れ惚れしてしまう。
ナルキッソスのように、ついついジーーっとうっとり見てしまう。
先っぽの関節は硬直し、ちょっと曲がったままで、魔法使いのように醜い指であるにかかわらず。
DSCN0872.jpg


日常生活では、力の面では5歳児レベルにまだまだ非力で、たとえばフライパンを持つくらいのことや、蛇口の開け閉めなんかも恐る恐るゆっくりに、って感じだが、指先の微細な動きは相当復活した。

箸使いが、ほぼ完ぺき! から揚げのような重いものは落とすけど、米とか豆とかの細かいものを難なくつまめる。

そして、何よりも待ちかまえてた筆記力が戻ってる。
指が上がりたてのころはまだまだひどかったのに、今や、絵はおよそ90パーセント、字は85パーセント戻った。
まだ復活してない筋肉の件や、硬さ、力のなさが多少コントロールを狂わせるけど、まぁ、もともと麻痺した手で書いてるような絵と字だったから、他人から見るとほぼ同じ。
それも一生懸命リハビリ的に書いて筋肉を戻した、とかではぜんぜんなく、こないだふと書いたとき、そうなっていたのだ。

そのときの自分の手を見て
「あっ、ペンの持ち方ってこうだった」って、思い出した。
DSCN0844.jpg

これも完璧に失った身体記憶のひとつであった。

それまで(麻痺中)はこう持っていた。
DSCN0845.jpg

指先はこんな感じで。
DSCN0847.jpg

ほかの人の書く姿を見て、「あれ、みんなと違う、私もそういうふうに書いてたっけ?」と、初めて思った。
真似してやってみると、人差し指が震えすぎて無理だった。
ごく自然にこの形を採っていたので、もともと自分はこういう風に人差し指を絡めて書く人間なのか、本当はみんなと同じなのに、できないから体がそうしてるのか、の判別がつかなかった。

でも違った。やっぱりみんなと同じ持ち方だった。
何も考えずにスッと自然にできてたことで、またすべてを思い出した。

改めて、本当記憶ってワンダーです。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/04/07 07:31】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |

身体の思い出
へびねこ
だいぶ元通りの生活を取り戻せたようで、何よりです。
一度身体に覚えたことは、ちょっとやそっとじゃ忘れないものですね。

身体って、素晴らしい。


明日
みつ
明日、後骨間神経麻痺の手術します。
ブログをみて、私も、改善するかもと思いました。

よかったよかった
しろ~
字と絵が描けるようになったのはホントにめでたいですね、よかったよかった。
新ハゲさんのあの海苔のような頭はおそらくスプレー式の粉をふりかけているものと思われます。
(こないだ漆黒の頭をじっと見ていましたが詳細は分からず)
古ハゲさん曰くあの粉は汗をかくと黒くなって流れてくるそうなので今年の夏が山場だと思われます。
ただねー、去年の冬に転職してきたんだけど、その時がカミングアウトする最大のチャンスだったのにねー。
あれは、一度手を付けてしまったら二度と止められない麻薬の様な物だと思いました。

へびねこさまへ
芝崎みゆき
本当に身体って面白いですよねー。
へびねこさんのコメントを見て、他人の心臓だかを移植したら、もともとの持ち主の身体の癖みたいのをやるようになった、とかいう何かで聞いたエピソードを思い出しました。



みつさまへ
芝崎みゆき
こんなもの読んでくださってありがとうございます。
何と今日手術ですか! と、もう今ごろは終わっているか、真っ最中ですね。
きっときっと良くなりますよ!
何でも悪く悪く考える私のような人間でさえ、なんとかなりそうなのですから。
滞りなく手術が済んでることを、きれいに治っていくことを応援しております!!


しろ~さまへ
芝崎みゆき
ぎゃははーーーっ第4弾! 
って、ダメですって、じっと観察したら!!!
また頂上の目に気づかれてますって!
それにしても今この世は、スプレー粉が主戦力なんですか。
たしかにCMとか見てても魔法のように、ふさふさの毛になって、大したもんだ、と思ってましたが。
でも現実世界では結局まだまだ海苔なんですね。
購入は見合わせようと思います。

新の夏、一体どうなってしまうのか。
新規のブツに乗り換えか。
先の読めない展開にはらはらします。

術後
みつ
無事に、とりあえずは手術おわりました。ブログを拝見して、よかった(^。^)
非常に似てる!
とりあえず、痛みより今は、親指と人差し指にかけての、痺れが気持ち悪いよ。
(ーー;)治ります?これ?
私の、場合、ジグザグに切開してありました。神経の捻れは、一箇所見つかった。まだ、あるんじゃあ、、、と、疑いたくもなる感じ(⌒-⌒; )割りと、上の方だとか。。。発症して、半年、、、回復の兆しなしで手術に至りました。
でも、私、頸椎もかなり痛かったから、ほとんどの医者は、みんな、首からの麻痺だと言って、首も手術したの(T . T)
全く別物の病気やに、、、医者なのに、後骨間神経麻痺と、誰も診断しなかったのが、かなり悔しい。。
四ヶ月の間に、二度も手術するなんて、ありえないけど。散々、病院いったけど!!今は、良い医師に逢えて良かったです。
でも、まだ安心はできません、、神経通ってくれるまではね。。
不安です。(−_−;)

ご快癒お祈りしております。
八島秀二
 一歩一歩 前進していますね、これからも、その歩みが順調に行きますよう祈っております。

みつさまへ
芝崎みゆき
手術お疲れ様でございました~~~!!

その親指と人差し指のシビレは、血管を縛ったことによるものか、ギブスか、だと思いますよ。
1週間以上続くようでしたら、「手術中の神経動かし」が原因で、でも早い人はすぐ落ち着くそうです。
私はもう5か月経ちますが、特に消えず。
最初は嫌だったですけど、今やもうすっかり慣れて、これがあるのが当たり前くらいになりました。
でもいずれ消えますよ、ぜったい、とのことです。

ジグザグだったんですね。ジグザグの方がのちのち、皮膚のひきつれがなくて良いという意見も聞いたことがあります。
こちらの麻痺先輩もジグザグです。
http://ameblo.jp/heavycat/entry-11162249525.html

ねじれは1か所だったんですね。
私も、上の方にもっとあるのでは、見落としがあるんじゃないか、などと疑いましたが、すでにもうどの筋肉が麻痺してるのかは先生たちは把握してるので大丈夫だと思いますよ(健康な筋肉より上にくびれはないという道理で)。

でも疑って当然ですよね。私もそうなんですが、今までの先生たちが本当に適当だったので。
そんな人らのせいで、ちゃんとやってる優秀な方たちも疑ってしまって、まぁ、ちゃんとした人たちには本当迷惑な話で。

みつさん、ほんとうに大変だったですね。自分のことのように思えます。
本当に凡庸な医者はなんでもかんでもヘルニアにしますよね。
後骨間神経麻痺なんて、名前も知らない人もいますし。

でも首もいたかったということですから、ヘルニアはあったことはあったんでしょうね。
それで、麻痺も全部そのせいにしちゃったんでしょうか。
もしそういうことだったらひどいですね。私もすごく悔しいです。
(それでも首の痛みが消えたのでしたら、まだいいのですが)

でも今はいい先生に会えてよかったですよね。

不安な気持ちは痛いほどわかります。1000パーセントわかります!
ねじれがあったなら、きっときっとうまくいきますよ。
先生たちも手術すれば大丈夫って自信あると思います。

ただ待つのって無限の時間のように感じられて本当につらいと思いますが、麻痺した当初の期間より、後に行けば行くほど時間は短く感じると思います。



八島秀二さまへ
芝崎みゆき
八島さんのやさしいお気持ち、大変ありがたく思っております

コメントを閉じる▲

最近、ジョン・アダムズさんという音楽家にはまりにはまってヘビロテで聞いてます。
そのなかでも一番好きな曲がこれ!


"The Chairman Dances" composed by John Adams

私はクラシックはまぁまぁ好んで聞いてましたが、現代音楽なんて全然知らんくて……、というか、ガラスがガシャーンと割れる音を入れたり、ピアノの弦をパーカッションにして叩いたりとか、なんかようわからん単調で難解な前衛音楽と見なして、敬遠してました。

でも全然違うの! 何しろわかりやすっ! 前衛どころか、なんか懐かしいし。
起伏に富んでて山あり谷あり大波小波、何度聞いても飽きません。
とてもドラマチックなのですが、でも、決してセンチメンタルじゃなくて、そこも琴線に触れるところ。
(最近とみに、「わざとらしいセンチメンタル」への拒否反応が激しくなってきました46歳の春)

って、音楽の素養がちょっとでもある方なら、ジョン・アダムズなんて知ってて当たり前、っていうか、何をいまさらって話でしょうが、私は今ごろノコノコ知りましたよ。

知ったのは、wowowでやってた「ミラノ、愛に生きる」って映画から。
ティルダ・スウィントン主演の、オバンが年若の男と不倫するっていう、もうまったく興味ない話で、かつ映画も陳腐っていうか、だらだらと面白くないやつで(私にとっては)、早送りしたくらいなんだけど、音楽だけが夢のようにすばらしく。
(ほんと、陳腐な映画も音楽のおかげで、とても高尚な芸術映画っぽくなったりしますよね。例「ベニスに死す」「戦場のメリークリスマス」)
冒頭で上の音楽が流れたときから心わしづかまれました。

なんじゃこりゃーって、調べたら、映画のための曲ではなく、もともとあった曲を映画に使ったということで、で、それがぜんぶこのアダムズさんの曲ってことで、とりあえずこれを買いました。

B000UYWG9EAdams: Harmonielehre
John Adams
Recommends 2007-09-07

by G-Tools

注文してからは「CD早く来ないかなー」と、1日に何度もポストを確かめるほどで……。物を買ってこんなにワクワクして待ちわびるって小学生以来のことです。
で、聴くと期待にたがわずすべての曲が心にカッチリとはまって、それからは1枚1枚ゆっくり買って聞いてます。

上の「The Chairman Dances (議長or主席は踊る)」は、変な踊りを踊りたくなるようなとてもテンポの早い曲で、この早さがまた自分の心臓には心地よく……(音楽でも映画でもテンポの早いものを良しとするタチなのです)。
この曲を知ったときの自分は、神経の手術をして以来ぜんぜん神経再生の兆候がなく、心が荒れに荒れてた時期にあったのですが、これを聴くと、神経がどこまでもグングンと伸びるようなイメージが湧き、すんごく浮かれて楽しい気分になったのでした。

アダムズさん作のオペラ「中国のニクソン」ってやつで使う予定だったらしく(でもやめた)、だから、チャイナ風なとこもあるんだな、と納得。
毛沢東のヨメが、招かれてもいない晩餐会に来て急に踊り始めて、そしたら、そこにあった毛沢東の肖像画から「オレもオレも!」と本人が3D化し飛び出てきて踊る、っていうようなシーンの音楽ってことで、とてもユーモラスなのです。

と、ついでに映画の話に戻りますが。
それにしてもティルダ・スウィントンはともかく、ジュリエット・ビノシュとか、最近はあんまり出ないけどエマ・トンプソンとかのなんかモッタリした人たちを、勝手にオバンたちの共感を得やすい女優として、おばさんヒロイン映画に起用するけど、ぜんぜんちがうんだよねー。そろいもそろって、女が嫌う女だと思うんだけど。

レナ・オリンとか、キャサリン・キーナー、エレン・バーキン、ジュディ・ディヴィスとか、魅力あふれるオバンたちが映画界にはまだまだいるのに、この方たちは政治力がないのか、老け込んでしまったのか、最近はわき役でさえも出てこない。

と、話がおかしな方向に行きましたが、交響曲が好きな方ならジョン・アダムズさんの音楽をば、ぜひぜひ聴いてみてくださいね。


FC2blog テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

【2013/04/16 13:48】 | 音楽
トラックバック(0) |


ポポ手
久しぶりに手以外の話題! 手が良くなってきた証拠な気がして、嬉しいです。

ジョン・アダムズさん、初めて知りました。
的外れかもですが、ところどころ冨田勲の新日本紀行を思わせるような、雄大でいて、どこか懐かしい感じがします。
ほんと、聞いていると、何かが修復される感じがしてきますね。


のりちゃん
私も音楽は全然わからないので、”Chairman Dances”も、「アップテンポなところが好き」ぐらいの感想しか出ないんですが、記事の中の、「男が勝手に女好みと決めつける問題」にやたらと共感しました(^^ゞ

私の守備範囲で言えば、日本酒。
甘ったるくて水臭いだけの日本酒を「軽くて女性好みでしょ?」って言われても、酔えんわってな話なんですが、男性たちは「女性は度数が低くて甘いお酒が好き」と、なんの工夫もないものを取り出して得意げにしてはる。
女だって「うまいもの」が好きなんだよ!!と声を大にして言いたいのですが。

話は音楽に戻りますが、この音楽がお好きなら、例えば、スラウェシのコリンタンなんかいかがですか?
http://ningmp3.com/kolintang-mp3-download.html
打楽器なのでテンポが速いものが多いし、音が優しいので、「女性好み」かもしれません(#^.^#)

ホント
しろ~
手の話題以外というのは平和な感じで良いですね。
私もハゲ以外の話をすると、今週末は姪っ子と京都に行ってきます。
誕生日なのでどっか連れて行ってやるぞといったら「京都のお寺に行きたい」と言われました。
ここで、「京都は遠い(お金が掛かる)から駄目だ」とは言えず(叔父さんにも面子があるので)、週末は京都のお寺巡りです。
小学生の姪っ子に御朱印集めの趣味を植え付けてきたいと思います。
そして、先生の手の全快祈願もしてきます。

ポポ手さまへ
芝崎みゆき
お忙しいなか、聴いてくださってありがとうございます!!(ってアダムズ関係者発言)

ヒーーッ、新日本紀行! まさに雄大!
新日本紀行までの重厚さには及ばないと思うのですが、そーかーー! 子供時代から、勲ミュージック、リボンの騎士(ポポ手さま似)とかジャングル大帝などの音が身体に染み入ってるから、アダムズ曲を懐かしーと思うのかも、と思い当たりました。
それで、youtubeで上の曲たちを漁り、大変に懐かしい気分に浸ってます。
新日本紀行。は~~、あらためて名曲中の名曲ですね。泣きそうにさえなります。
いろいろ思い起こさせていただいて、大変ありがたいです!


のりちゃんさんへ
芝崎みゆき
コリンタンという音楽のご紹介、ありがとうございます!!
私はモノ知らずなので、もちろんまったく知りませんでした。

インドネシアの音楽なのですね。
(スラウェシという場所も初めて聞いた)
のりちゃんさんは、旅行とかで生で実際聞いたのでしょうか。
なんかこの楽しい音を聞くと南国に行きたくなってきます。

と、最初、ipod touchでコメントを見たものですから、そのままリンク先に飛んだのです。
そして「play」をクリックすると、たくさん新規ページが出て(カジノとかの)、その中の動画に勝手に(機械が)行きつき、でもって、その動画は白人のデブ(男)がソファーにセクシーに横たわり、延々、おならをブーブー放つ、というもので……。
まさか、これがコリンタンっていうミュージックなの!?とびっくりしまして。
いくらなんでも斬新すぎる!何と感想を言えばいいのかと、悩んだのですが、一応念のため、スラウェシ、コリンタンで検索しなおしますと、ちゃんとそれらの打楽器動画がたくさん出てきて、ほっとしました。

しかも、パソコンでこのリンク先にリンクし、「play」を押すと、ちゃんとまっとうに音楽だけ出てきて、変なとこには飛びませんでした。
きっと私のipod touchが古いからこんなことになったのでしょう。

と、そんな自分事情はいいとして、私が今のところ聞いたのは平和でのどか~~な感じのミディアムテンポのものばかりでして、でもまだまだたくさんあるようで、いろいろこれから聴き漁りたいと思います。

男たちの「女はどうせこういうものが好き」偏見には、本当に参ります。
おそらく代理店の、上の方のおっさんたちが決めたあれこれが、一般にも浸透してるんだと思います。

でも実際、そんなおっさんたちの仕掛けにおめおめと乗る女も案外多くて、結局やっぱりな、となるのが悔しいところ。
せめて、のりちゃんさんの主張で、周りの方々が偏見を取り払ってくれますように。



しろ~さまへ
芝崎みゆき
なんかいろいろスゴいっす。
姪御さん、とてつもなくクレバーというか大人で、物の価値がわかるチャイルドじゃないですか。
小学生で京都に行きたい、という発想、自分には一ミリもなかったです。
ふつうはデズニーとかユニバーとかですよね? あとは動物系。
それが京都とは!
しろ~一門、文化度高すぎます。
いったいどんな環境にあるのでしょう。

それはそれはかなりな出費と思いますが、そんな将来性のある姪御さんには、どしどしお金かけてやってくださいね。
手の祈願もしてくださるということで、いつもながらもったいないです。
勝手にお二人の珍道中を想像して、ニヤニヤしてようと思います。






松本留吉
そうそう私も先生の手以外の話題で ほっ として、どんな音楽やろと図書館でネット検索すると「アメリカン・エレジー」「魂の転生」というのがありまして、即、予約して現在、取置中でまだ聴いてません。
それと話題に出てた京都では、今、ゴッホ展とインカ帝国展が開催されてまして、今週末に行く予定してます。これも楽しみ!
こういうコメントできて、ほんとによかった(^^)/

松本留吉さまへ
芝崎みゆき
うれしーーー! わざわざ予約までしてくださって、ありがとうございます!!(アダムズ関係者発言)

わっ、「アメリカン・エレジー」!! 
初心者の私も持ってるヤツです!
その名の通り、エレジーなもので、せつせつと胸に来ます。

でも、そのアルバム、アダムズさんのオリジナル曲は1曲のみなんです。
だけど、タクト振ってるし、収録曲のほとんどをオーケストラ用に編曲していて、アダムズ節がなんとなくわかるのではないか、と思います。
中盤くらいの曲、「fog tropes」はディカプリオの変な映画『シャッター・アイランド』で使われて、そのシーンが目に浮かぶようで(霧の港、霧笛、船、海、灯台)何とも言えない不気味な味わいがあり、このアルバムでは一番ヘビロテしてます(この曲があったから買ったようなものです。でもこの曲は、アダムズさん、編曲も特にしておらず、オリジナルそのままなようです)。

でも残念なところもあって……。
5曲、歌付きなのです!!
と、どうも私はこういうオーケストラ音楽で歌が入ってるのは好きではなくて(オペラとか合唱とか、どうも苦手でして)、5曲ともいい曲なので、歌が消えてくれればいいのに、と思ってしまうほどなのでした。(だから、それら5曲はいつも抜かして聴いてます)
って、私が苦手なのであり、ふつうはみなさん喜ばれるのでしょう。

それから、その『魂の転生』は、CDだと2000円くらいなのに、itunesではたったの150円で、買おうかと思ったんですが、これまた人間の声が入ってるんです。それも9.11の追悼ということで……。
とても音楽として繰り返して聞く自信がない、と思って、やめてるんです。
松本さんがぜんぜん大丈夫だよーってことでしたら、購入します。

ってなんか、1おっしゃってくださったことを唾飛ばしながら百返して、って感じで、おはずかしい。

インカ展のご感想などぜひ教えてくださいね。私は、行こうと思った矢先に腕の激痛が始まって、行けませんでした。図録は買ってもらったので、だいたいどんなのかはわかるんですが。3Dとか観たかったなー。



知りませんでした
mr.goodmusic
john adamsさん、知りませんでした。で、youtubeで聞いてみました。結構好みの曲ばかりで、中でもthe dhama at big surという曲が気に入ったのでアマゾンで手に入れました。現代音楽と言えば、私はバルトークとかメシアンとかいかにも現代音楽らしい作曲家ばかり聞いていました。ところで、私は「わざとらしいセンチメンタル」が嫌いでないというより、むしろ好きなんです。どれぐらいセンチメンタルかというと例えばmainhorseのmore tea vicarとかskyのdance of the little fairiesなどなど。ダメでしょうか?

mr.goodmusicさまへ
芝崎みゆき
ひぇっ! ご購入まで! ありがとうございます!!(関係者発言)
私は古いのとか、値段の手頃なのばかりを買っていて、まだ Dharma at Big Sur には行きついていないのです。
Dharma~は、itunes で視聴して、ほかの収録曲も好みで、これも絶対買い!と心に決めてるのですが。
でもよかったーー! mr.good music さんに気に入ってもらえたようで。

いや、ちがうんですよ。
「わざとらしいセンチメンタル」とは、《マーケティング化されたセンチメンタル》ってことで、昨今のなんでも「泣けるいい話」に持っていくような、そういう風潮のことです。ペラッペラッに薄っぺらいくせに、泣ける映画とか泣ける音楽、泣ける本などと言われると、ゾワッとするのです。……ということなのです。

と、でもmore tea vicarは……。たしかにこの曲はまさに「センチメンタルど真ん中」すぎて、自分の好きなものではないかも……。す、すみません……。
skyはいいですね!! センチメンタルっていうか、メロウな感じですね。West Wayとか、ほかの曲もかっこいい。
またいいものをご紹介くださってありがとうございます! 
sky のギターつながりで、思い出したんですが、良かったらこのセンチメンタルな曲も聞いてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=NHZ4SAZ9D8w

映画『バベル』のエンディングロールの曲で、ドはまりしてサントラ買って、今もくりかえし聴いてるマイ・フェイバリト・センチメンタルです!!
(上のyoutubeのURLはパソコン以外では見れないようです。Gustavo Santaolalla さんの Endless Flight という曲です)



コメントを閉じる▲