上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっと前のことですが、4か月前の手術から現在までの経過を(なるべくシャッシャと)綴っていこうと思います。

11月初旬の月曜日、午後2時から入院。

部屋のあまりの豪華さに驚く。手違いで特別料金の部屋に案内されたんじゃないか、と少しそわそわ。
5人部屋だけど、一人一人のスペース広いし、テレビ、冷蔵庫、棚、引き出しなど、人間が生活するのに必要なもんはすべて備えられていて、不便なし。幾重ものカーテンで、プライバシーも守られてる。りっぱな基地。

手術前日なんてヒマでヒマでしょうがないだろうとのんびり構えてたら、説明に次ぐ説明。
消灯1時間前まで自分の時間なし。

まず事務の方から入院マニュアル説明、看護師さんたちの紹介、看護師さんからの説明、血圧やら体温計り。
血圧 最高90 最低54 体温36.7度

それから麻酔科医からの麻酔説明。
前日に『麻酔科医ハナ』を読んでたおかげですんなり理解できる(そのほか前日までに読み返してた本は、ブラックジャック&ブラックジャックによろしく)。

今の麻酔ってすごい発達してるらしく、注入して3秒で意識を失い、薬を入れるのをやめたら、5秒だか50秒だか5分だか(どれだったか忘れました)ですぐ覚醒できるようになってるそうだ。私の子供のときは薬入れたあと、100まで数えてって言われて、かなり数えてた気がする。

全身麻酔の薬を注入して意識を失わせたあと、さらに体を動かなくさせるために薬を入れるそうで、2種類の方法《①筋弛緩剤か、②腕神経叢(わんしんけいそう)ブロック》のどちらかを採択するんだそう。

筋弛緩剤は呼吸の筋肉も止めるので、自発呼吸ができなくなる。ドラマのERとかでよく見る、口にグイって入れ込む鍬みたいな器具入れて(挿管)、呼吸器で管理するってことらしく、非常に恐ろしげ。

腕神経叢ブロックは、呼吸は止まらず挿管なし。腕だけを麻痺させる。
ただ麻痺の持続時間が長いので、先生が術後すぐ、手の動きを確かめたいときには選ばないという。

執刀医の好み次第であり、明日にならないとわからないということだが、筋弛緩剤はなんか事件もあったし、名前も怖いし、避けてほしいーー、と強く願った。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/03/14 15:23】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |

おおっ
しろ〜
入院話解禁ですか。
ムリせず書いてくださいね。
三寒四温とはよく言ったもので、今日はホントに寒かったです。
先生風邪ひかないでね。

しろ~さまへ
芝崎みゆき
三寒四温なんて、初めて聞きましたよ。
(朝三暮四に似てますね。……似てないか)
って、辞書で調べました。
しろ~さん、本当、教養が深い!
って、私がモノを知らなさすぎなのか。
しろ~さんも風邪やPM2.5とかいうものに気を付けてね。


コメントを閉じる▲

《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

麻酔の説明のあとは、リハビリ科で作業療法士の先生に今の筋肉状態の測定をしてもらう。
まずは握力。
左手19キロに対して、右手3キロ。

これは想像してた通りで別にいいんだけど、腕回りの太さを計ってもらったら、前腕の太さが左より2cmも小さかったことに、若干ショックを受けた(計った場所は、肘から5cm下)。
ウエストとかの2cmは誤差レベルだけど、腕の2cmってすごくデカいような……。ダメージの大きさを突き付けられた感。この先の回復がまた不安。

あと親指と人差し指で機械をつかむピンチテストってのもやって、数値忘れたけど、ほとんど出なかったと思う。

それからMMT検査(徒手筋力検査)。
これは手を曲げたり開いたりして、筋肉の収縮や腱を触診してもらい、点数をつけられるもの。
後骨間神経支配の筋肉8本は、すべて0点(5が最高点で、5になってやっと「普通」となる)。
それに加えて、後骨間神経の手前にあるはずの短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)も0点。これより上の筋肉は5点で完全ノーマル。
短の場所

よって8本の筋肉が休眠してると思ってたが、9本だったとわかる。

橈側手根伸筋は長いの(長橈側手根伸筋)と短いの(短橈側手根伸筋)があって、特定が難しいという理由で、筋電図では「長」も「短」もいっしょにして計ってた。
この数値が毎回「異常な数字」と「健康な数字」がいっしょに出るという不思議なことが起きていたのだが、ここで初めて理由がわかった。
「長」が健康な数字を出していて、「短」の麻痺が異常値を出していたんだな(たぶん)。

これらのテストは、先生がすごい熱心にやってくれて、1時間以上かかって、ちょっと疲弊。

※追記(2013年4月9日)
ここで短橈側手根伸筋を後骨間神経に入る手前としてますが、個人差があり、後骨間神経領域の場合も多々あることが、あとからわかりました。このページで解説しました。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/03/14 16:00】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |

メキシコ
しろ~
来月のGWに予定していたメキシコ旅行がダメになりました、、、、、、
ツアーを申し込んでいたんですが私以外誰も申し込まなかったらしい、、、、不催行です。
GWで不催行なんてあるんですね。
日本でのマヤ・アステカに対する関心の低さに悲しくなります。
なんて日だ!!(byバイきんぐ)

しろ~さまへ
芝崎みゆき
ほんとに、なんて日だ!!!!!

ってなんでーーー!!??
ひどすぎる!!
そんなに売れないの遺跡ツアー?
そんなに興味ないの?みんな遺跡に。
そりゃー、私の本も売れないはずだ(ってそのせいじゃないけど)。

ええーー!でもどうしてもしろ~さんにはメキシコ行ってほしいーーー!
頼みますから、何かちがうツアーか、日を改めてか、はたまたツアーじゃなくて個人でか、どうにか行ってください。お願いします。

コメントを閉じる▲

《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

それから最後に主治医であるワレガラス先生と若い先生による手術説明。
(執刀医の先生は手術のときだけ来るので、このときはいない)

前回の診察では、先生にないがしろにされた気がしてちょっとガックリしていたが、この日は、その前回のバタバタした感じを謝ってくれたうえで、この上なくきっちり説明してくれて、不信感がいっさいなくなった。

手術は『神経剥離』と『腱移行術』をいちおう予定に入れているのだが、腕を開けて、神経に麻痺のわかりやすい〝理由(=神経のくびれ)″があった場合は、腱移行術はやらない、という。
「くびれ」がある場合は、神経剥離で治る確率が高いので、腱移行術は「しないでいい」手術になるからって。
それに腱移行はいつでもできて、手遅れってことがないんだって。

私としては、腱移行をすれば、手術後すぐ動かせるし、固まりつつある指の拘縮防止になるし、それより、イヤなものはいっぺんに済ませたいっていうのがあって、いっしょにやってほしかったのだが、なによりも「腱移行だと細かい動作が難しいのだよ。ぎこちなさや違和感が残るんだよ。ほら、このようにきつねのポーズができなくなるんだよ!!」ってきつねのポーズ維持で話をし続ける先生のかわいさにやられて「じゃあ、お任せします」となった。

きつね
きつねのポーズ

神経のくびれの原因はたとえば神経が腫れるなどの炎症を起こし(神経炎)、なにかの衝撃でクルッとねじれこんでしまって、それがくびれになるんじゃないかって(説の一つ)。
神経を、膨張した長い水風船にたとえてわかりやすく説明してくれた
(でも水風船をねじれさせるってすごい外的圧力かかるよなー。そんなことがどうやって腕の内部で起こるのだろう)。

くびれ

15年前までは神経剥離といっても、神経を周りの組織と離してやることが主なことで、神経の表面しか見なかったので、くびれが原因とはわかってなかった、とのこと。
神経の上っかわを剥がすことで初めてくびれが見つかって、だんだん光明が見えてきたとか。
でも神経が炎症する理由はまだまだ未解明、って。
ここにも詳しく書かれてます)

また先生の診た限りでは、手術してまったく変化なしの人はいなかったということ。
一番治りが悪かった例で、MMTの数値が2までしか戻らなかった例があったそう(2という数値はわずかな力が見られるというレベル)。まぁ0よりはまし。
手術をしない人では、1割完全に治らなかった人を診たそう(この1割説はどのお医者さんも言うなー)。
私のようにあまりにひどすぎる例は手術すれば神経剥離で、案外、劇的に治るもんだよ、と自信満々で言う。劇的に治るかは半信半疑だけど、やっぱりこういうこと言ってもらえると頼もしさを感じて大丈夫かも、と思えてくる。でも、たくさん症例を診てきただろう先生の目から見ても、これは「ひどすぎる」部類なのか……。

また、くびれがなくても圧迫を取るため、神経の上っかわはいちおう剥ぐとのこと(プラス腱移行)。

「傷はいくらでも大きくていいので、見落としがないようにじっくり見てやってください」とお願いして終了。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/03/16 17:45】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |

《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

朝から絶食で、次の朝まで丸一日食べられないのがちょっと不安(あっ!!っていうか、前日21時からだから総計35時間だ!!)。
私はちょっとした外出でもおやつの持参を忘れたことはないほど、おなかが空くことにがまん弱いというのに……。

大も出なくて不安。
前日に麻酔科医の先生から、ごくまれに手術中に脱糞がある、と聞いて震えた。
それだけは何としても避けたい。
朝から浣腸などで出し切らせてもらえると思いきや、そういうのは内臓プラス内臓まわりの器官の人にだけ処置することで、手の人はほとんど確実に起きないから大丈夫という。

手術はだいぶ遅れて午後3時スタート。
まだ先生たちは来ておらず、麻酔科医の先生たちや看護師さんたちにあいさつ。
よかった。筋弛緩剤は使わず、腕神経叢(わんしんけいそう)ブロックでやるという。

すべてを見たいから手術台に乗るまでメガネはつけさせてもらう。
台の上でまっぱになる。男子らはいちおう後ろを向く、などの配慮をしてくれる。
(すぐシーツもかけられる)

点滴に麻酔を入れてもらって、ほんとう3秒で「あ、きた」と言って暗転。マンガのように脳にふわふわ~~ってもんが来て、それをちゃんと把握して気を失う。

それから「はい、芝崎さん終わりましたよ」で目を覚ます。
ちゃんと2,3時間経ってる感覚がある。

ワレガラス先生、開口一番に「くびれあったよ~~!」って。
ということで腱移行術はなかった。やたらホッとした。

すかさず、「どこにあったのか」「いくつあったのか」「上部のほうも見てくれたのか」などなど質問攻め。
メガネがなく目が見えず、色だけの世界になってしまってるので、若干酒に酔ったような感はあるけど、意識はこの上なくはっきりしてる。
ひとしきり聞きたいことを聞くと、手術台からガラガラ車に乗せられ病室に運ばれる。

吐き気はどうかと聞かれ、“無理やり思えばあるかも”レベルだったけど、麻酔後の吐き気に苦しんだという骨間神経麻痺先輩のへびねこさんという方のブログ文を胸に刻んでいたので、「なんとなくします。薬ください」と打ってもらったので、以後まったく吐き気なし。
挿管してないんだから、もとより吐き気なんて生まれなかったのかもしれないが。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/03/17 16:21】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |


ポポ手
大変だったのですね〜。
私は出産時、子どもと一緒に大もしでかしましたが、
手の手術で脱糞は……たしかにおびえるかも!
でも、読む限り、脱糞なかった感じで、何よりです。



また突然連載が始まりましたが・・・
レオン
大丈夫なの?

凄く苦労して打ち込んでいるなら、もっと後でいいなんて思っちゃいます。

先輩です。
へびねこ
どうも、骨間神経麻痺の先輩です(笑)
入院・手術体験記お待ちしていました!

手術・麻酔に関して事前に細かく説明があったんですねー。

私の時(前骨間神経麻痺)は、
・手術に関しては「神経剥離術を行う。以上!」
・麻酔に関しては「点滴で行う。ほぼ大丈夫だが、稀に後遺症が出る。同意書にサインして!」
程度の、あっさりとした説明でした。。。

「大」に関しては、
・前骨間神経麻痺の時は、おむつをされた。(手術の時にもよおしたかは、不明)
・背中の脂肪腫の摘出手術の時は、前日の夜に浣腸された。(おむつはなし)
と、同じ病院ながら、全く違う処置でした。
科によって方針が違うんですね。

吐き気がなくて、なによりでした。




2525
ご無沙汰しております!
手術大変だったんですね…
私は部分麻酔だったので鎖骨から
注射して麻酔をかけました。
全身麻酔の経験はあるのですが
部分麻酔は初めてでビリリと電気が走り
少し恐かったです(泣)

ちなみに私も神経に二カ所くびれが
できていました
あとねじれているところもあったそうで。
原因は一カ所だけだと勝手に
思いこんでいたのでびっくりです(笑)
術後4ヶ月ほど経ちますがまだ
変化はみられません。
4ヶ月くらいから変化がみられると
聞いていたので少し不安ですが
耐えながら地道にがんばります!

芝崎さんもがんばってくださいっ

ポポ手さまへ
芝崎みゆき
ポポ手さまへ
うひゃひゃっ~~♪ しでかした、って!!!!
しかもそんな高級なネタをこんなところで発表してくださって、その出し惜しみのなさには参りました。

そうかーーー、出産ともなると、そういう原始世界というか神話の世界みたいなことが当たり前に起こるんですねー。

そんでもって、いつもシモの話になると電光石火で飛びついてくださって、まことにありがとうございます!!
書いてるもん冥利に尽きます!

レオンさまへ
芝崎みゆき
そうです!連載(笑!!!!)
今回はバカみたいにたくさん書かないよう、ゆっくり少しずつやっていくようにします。
ご心配、ありがとうございます!




芝崎みゆき
あっ、先輩!!(←ってこの言葉もどうかと思ったんですが、使いました)
見てくださってありがとうございますーー。

ひょえええぇぇええーーー!おむつって!
衝撃です!!

手の手術でもやっぱりそこまで警戒する病院もあるんだーーー。
まだ背中のほうは内臓に近いからわかるんですけどねぇ。
(それにしても本当に科って州みたいにルールちがうんですね)

その先生のパンパーンとした感じもキャラが立ってていいですね。
私の行った病院は、なんかとてもシステマティックで一連の行事がアトラクションのようでした。

吐き気のことは事前に知っておいて本当に助かりました!
知り合いにも、へびねこさんクラスに1日中苦しんだ人がいました。
たまたまの相性なのか、処置の違いなのか、なんなのか……。

2525さまへ
芝崎みゆき
書けない間、手術などのご報告ありがとうございました!
(いちおうコメントへのご返信をさせてもらってますので、ご覧いただいてなかったら見てやってくださいね)

2525さんの部分麻酔ってたぶん腕神経叢ブロックってやつですよね?
私も終わってみて、部分麻酔だけでよかったんじゃあ?って思います。
でも横で切られてるのとかわかるのって、すごく怖かったでしょうね。
ほんとうに心身ともにおつかれさまでございました。

くびれのほかにねじれまで?
また新たな単語が。
くびれの前段階なのか、ちょっとした「よれ」なのか。
謎ですねーーー。

私もくびれ2個でした!
症例レポート見ると2個とか多くて、2個がもっともポピュラーなのでしょうかねぇ。

私の方もこれぞ!と大きな声で言える変化はないのですが、それでもなんとなく心持ち、わずかな変化を感じるようになってきました。
それを希望の芽に何とかしがみついてるって感じです。

私の先生は早い人で3カ月、平均して6か月、って言ってました。
2525さんは発症して、すぐに正確な診断をいただいたし、迅速に手術にも踏み切られたし、発症したことだけは残念なことだけど、それ以降は、すべて恵まれたすばらしい環境にいますよ、まちがいなく!
筋肉の衰えがあまりないから、きっと神経が到達したらすぐに回復すると思います!!

これからも情報交換をぜひともお願いしますです~~。



コメントを閉じる▲

《後骨間神経麻痺(橈骨神経の低位麻痺)という疾患に悩まされ、手術をしました。入院以後のことを書いてます。入院までのうだうだした日々は〝右腕の激痛と神経麻痺″というカテゴリーに》

※閲覧ご注意!!!!
3枚目以降に腕内部の写真が出ます。
ミニミニにしてるけど、カーソルを写真に合わせたりクリックすると大きくなります。
血とか内臓が苦手な方は大きくしたらダメ!!!!!


手術台に乗せられた手
(まぁこれと次のは平気だと思うんで普通のサイズです)
はじまり


切開箇所のあたりをつけるためをマーキング。
マーカー


つづいて皮切→神経露出。
(下のミニ写真。カーソルとクリックにお気を付けて)
神経露出
まだ、皮を剥がす前の神経。神経って白濁色なのですねー。
この時点で目に見える、ちょっとのへこみ=くびれが見えます。
上(というか右)に青いプラスチックのヒモで引っ張られてるのは感覚神経。
ってことで、場所は橈骨(とうこつ)神経が、感覚神経と運動神経(後骨間神経)に分かれてすぐのところ。


上の皮を剥がされた神経。くびれが完全に姿を現す。
(これも同じくご用心もの)
くびれ

だいぶ右端にすごくわかりやすいギューーッと細くなってる「くびれ」わかりますか?
そりゃー、こんなに道がせばまってたら再生した神経、通れないよなーー。

そのくびれの左側は腫れあがってて(偽神経種というそうです)、その腫れのすぐ左にもう一つ、ちょっと細くなってるのもあって、それもくびれだそうです。
この「腫れ」は、再生し伸びようとしてる神経の軸たちが、くびれによって通れなくなって、渋滞を起こしている様子とかなのかなー。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/03/18 15:29】 | 後骨間神経麻痺
トラックバック(0) |


へびねこ
おお!これが神経のくびれですか!!
こんなにクビレたら、そりゃ痛くてのた打ち回りますよねー。

私は写真をもらわなかったし、見せてももらえなかったので、
自分の(前骨間)神経がどうなっていたのか、先生から聞かされた程度なんですよ。

写真って、言えばもらえるんですかね?
ブログのネタに欲しいんですが。。。

創も小さくてよかったですね。

へびねこさまへ
芝崎みゆき
リアクションありがとうございます!

そうなんです、とても小っちゃい創で……。
とても手術したとかわかんないくらいの。

へびねこさんの「腫れ」というやつも見たい!
写真撮ってれば、見せてくれるとは思うんですが、説明のときに口だけだったということは、撮ってない可能性もありますよねー。
ぜひぜひ聞いてみてください。

写真見るのが一番わかりやすいし、かつ、実感できました。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。