《頸椎椎間板ヘルニアや筋筋膜性疼痛症候群と診断されたり、後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)という疾患に苦しめられるあれこれを書いてます。左脇のカテゴリー「右腕の激痛と神経麻痺」をクリックすると古いもの順に出てきます》

手術前のダメ押し、3度目の筋電図もまた無残な結果であった。
なんとかいい結果が出て、手術を回避できれば、と願っていたが、そううまくはいかんものだな~~。
いい結果どころか、前回「再支配が始まってる」といい感じに診断された「手首を上げる筋肉」なんて、悪くなってるほどだ。っていうか、麻痺発症後、初めて受けた筋電図の数値より悪い。まったくどういうことかね~。やる気なくなる。

検査を担当してくれた先生(リハビリ科の先生)から、橈骨(とうこつ)神経支配の筋肉を説明してもらった。
指を上げる筋肉、3個くらいが麻痺してる、と思ってたら、あと8個(8本?)が麻痺してることがわかった。

8個……。

1個も回復してないのに、あと8個も甦えさせるなんて、あまりにも長くて遠い道のりに思える。
それにしてもヒジから下の、それも1本の神経が支配してる筋肉だけでもそんなにあるなんて、本当、腕1本に、筋肉がみっしり何本もつまってることがわかりましたよ。

橈骨神経が支配してる筋肉の順番図(カーソルを合わせるとぜんぶ出ます)
kinnniku.jpg
※追記(2013年4月9日)
小さいことですが、こののち、短橈側手根伸筋も麻痺してることがわかりました。
また、ここでは短橈側手根伸筋を後骨間神経に入る手前に書いてますが、個人差があります。このページで解説してます。


字が汚く読めない可能性もあるので、ワープロでも記します。

上から順番に
① 上腕三頭筋
triceps brachii
3つの頭(長頭・外側頭・内側頭)に接続。
橈骨神経麻痺で上腕三頭筋がやられることはあんまりなく、そこがやられるってことはたぶん頸椎から来ているのだろう(私の勝手な推測です)。
② 肘筋(ちゅうきん)
anconeus 
ヒジを伸ばす、など。
③ 腕橈骨筋(わんとうこつきん)
brachioradialis
ヒジを曲げる、など
④ 長橈側手根伸筋(ちょうとうそく・しゅこんしんきん)
extensor carpi radialis longus (医療略語 ECR・L) 
手首を上げる、横(親指側)に曲げる、など。
⑤ 短橈側手根伸筋
extensor carpi radialis brevis(ECR・B)  
(親指側の)手首を上げる、横(親指側に)に曲げる、など。
上の長橈側手根伸筋とペアのよう。筋肉が長橈~より短いようだが、働きの違いは調べてもわからず。
⑥ 回外筋
supinator
前腕を(体側ではなく)外側に回す、など。
⑦ 尺側手根伸筋(しゃくそく・しゅこんしんきん)
flexor carpi ulnaris (FCU)
(小指側の)手首を上げる、横(小指側)に曲げる、モノを持ったときの手首の保持、など。
⑧ 指伸筋(総指伸筋)
extensor digitorum [communis](ED、またはEDC)
人差し指から小指の4指を上に上げる、手首を上げる、など
⑨ 小指伸筋 
extensor digiti minimi (EDM)
小指を伸ばす、手首を上げる、など
⑩ 長母指外転筋
abductor pollicis longus (APL)
親指を外側に回す、など
⑪ 長母指伸筋
extensor pollicis longus (EPL)
親指を上げる、など
⑫ 短母指伸筋
extensor pollicis brevis (EPB)
親指を上げる、など。長母指伸筋とペアのよう。長母指伸筋より短い筋肉。
⑬ 示指伸筋
extensor indicis (EI)
人差し指を上げる、手首を上げる、など

(尺側手根伸筋、総指伸筋、小指伸筋ら辺の順番は資料によって違います。総指伸筋が尺側手根伸筋より上だったり、とか。実際、個人差があるらしい。)

とにかく上から順番に治っていくとのことで。
手首は親指側から持ち上げられるようになり、次に小指側の手首も上げられるようになり、4本指、親指とゆっくり治っていく……。

※追記(2013年4月9日)
神経が事故などで完全切断されてない場合は、完全に「上から順番」というわけでもなく、下のほうが早く治ったりすることもある、とのことです。こちらにも書きました。


(神経が損傷してない、ちょっと神経が詰まっちゃったレベルの循環不良の方――1日から2、3カ月以内で治る人々――は、いっきにすべてが治るそうです)

この順番を教えてもらったことで、自分は回外筋というのも麻痺していて、手のひらをきちんと上に向けたり、外側に向けられないことに気づいた。
kaigaikin (2)
こういう風にくるっと外側に向けるのができないのだ。
この絵は『ぜんぶわかる筋肉の名前としくみ事典』成美堂出版 にあるのを真似しました。

なんとなく回し力がおかしいと感じていたが、それは四十肩のせいとか、麻痺した指が開かないから、とずっと思ってた。
まぁ、それほど生活に支障がなかったから、そこにあえて注意を向けてなかったが、いろいろ実は動いてなかったんだな。

※追記(2013年4月9日)
腕をこのように回す力は「上腕二頭筋」が代用してくれてるので、そんなに支障がないのでした。


そして、検査の先生曰く、私の場合は手首を上げる筋肉(長橈&短橈手根伸筋)がいくら動いてても、筋電図で脱神経をあらわしてるのだから、それより上の部分が神経の損傷個所ではないか、と言う。
手根伸筋の上の腕橈骨筋は正常値なので、腕橈骨筋と長橈&短橈手根伸筋の間(下記の図で、2つある好発損傷箇所のうち、上のほうの部分)ではないか、と推理するのだ。
こうはつ

そして、それは後骨間神経より上の部位なので、後骨間神経麻痺ではなく、橈骨神経麻痺と言っていいだろう、と。
なんなんだ、また橈骨神経麻痺に逆戻りって。

でも、整形外科の先生に言わせると、損傷箇所は、その場所より上の部分にも影響をおよぼす、ということだしなー。
また損傷個所がいくつもあるケースも多いそうで。

ってもうわけわから~~ん!
とにかく開けてみないことにはわからない、という話。

……て、まさかこの疾患と関係ない人が、こんな細かいとこ読んでないと思いますが、今一度訴えたいのは、こうやって、バカみたいに細かいこと記すのも、この疾患とかそれに近い病気の人で、かつ情報を求めてる方々の、ちょっとでも参考になれば、というおこがましい願いからなのです。

必要な人って本当に少ないと思いますが、残しておけばいずれ誰かのお役に立つと信じて、終わるまで報告し続けます。いいかげん、同じ展開ばかり書いて飽きてきてるけど。

それはともかく、最後の筋電図、最終オーディション、3度目の正直は来ず、手術は確定したのだった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2012/11/04 18:48】 | 右腕の激痛と神経麻痺
トラックバック(0) |

《頸椎椎間板ヘルニアや筋筋膜性疼痛症候群と診断されたり、後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)という疾患に苦しめられるあれこれを書いてます。左脇のカテゴリー「右腕の激痛と神経麻痺」をクリックすると古いもの順に出てきます》

入院2週間前。
最後に、橈骨神経の周りにガングリオンとか腫瘍などがないかを見るためにMRI検査。
なかなか終わらない前の人が出てきたら、はっ、これは完全にバリバリのバイオレンス職の方では!? ひっさびさに見た、一瞬緊張!
……そうだよなー。いろんな人がいるんだよね。

やっと自分の番。
と、MRIってだいたい15~20分くらいのはずなのに、丁寧なのか、なんなのか、いつまでも終わらない。
腕におもしを載せられ、四十肩であり、腕の筋肉萎え萎えの身にはワリとキツい体勢。
「絶対動かないで下さい」って言われると、うぎゃーーって暴れてすべて台無しにしたくもなってくる。気をそらすために、無理やり別のことに思いをめぐらす。小林幸子の進退、的場浩司の意味、高城剛の無念、セミの一生………………。
ふ~~っ、40分以上かかって、やっと無事に終わった。

このあとはワレガラス先生の2回目の診察予約が入ってるのだが、時間を大幅にオーバーしていて、すでに閉院5分前。
それなのに看護師さんに「今、先生から司令入りまして、血液検査と尿検査、胸のレントゲン検査、心電図をやってくれ、とのことです」と言われる。
たぶん術前検査なんだろうと思い、指令に従い、小走り移動でひとつひとつこなしていくが、この病院、すでに5時でぜんぜん人いない。
私の検査終わって、それぞれの係りの人は帰れる状態。「すみません」といちいち謝る。

やっとワレガラス先生のとこにたどり着くと、
「はいはい、MRIでもこれらの筋肉が完全に麻痺してるのが見て取れましたーー」と、やけに大あわてで画像をシャッシャッと見せる。
MRIでは筋肉の麻痺してるところが白くなってて、私のは黒と白が顕著に分かれてるそうだけど(黒は健康)、そんなフラッシュでサブリミナルな見せ方、残像も残りませんて。

「じゃあ、入院のことは入院コーディネーターに説明してもらいます。
手術のことは入院時に説明するね。それではまたねーー」
って帰ろうとするから、
「えっ、それだけ!? いや、手術の内容とか聞きたいことあるんですけど」と言うと
「いや、だって、ずっとコーディネーターの人、待たせてて悪いでしょう」とちょい怪訝。
って、私が待たせたの? しかもそんな待ってる人がいる、とか知らんし。

「いや、まさか終業時間まぎわに、こんなたくさん検査あるとか知りませんでしたしー」
とぶつくさ言うと、ちょっと
「ごめんごめん。いやー、ボクも『そうだ、検査入れなきゃ』って思い出して」
ってなってくれて
「でも、とにかくボクは用事があって、もう出なきゃならないから、話聞きたいなら、また来てくれればちゃんと答えるから」
と、まぁ、人の好さを見せてくれてホッとしたけど、時間がないというのだから、もう仕方ない。
また来て、と言われても、この日聞けたはずの、手術のちょっとした質問のために、また遠出をするのもめんどくさい。もういいや、手術前日にいろいろ聞くしかない。
って、まぁそんなレベルの、たいしたことない手術なのであろう。

入院説明の女性はすごく人間味のある親切な人で、ずっと待たせてしまったことを詫びると
「あなたは全然悪くないわ。悪いのは先生よ」
と笑って言ってくれ(はー、溜飲が下がったーー。わかってくれるってことは本当にありがたい)、
「私たちなんて、仕事だから時間なんていいのよ。それより、あなたこそがこれから大変なんだから」
と本当に親身な感じで言ってくれる。
これ、毎日やってる業務なんだろうけど、ぜんぜんルーティンに聞こえない声音。
っていうか、ここ、看護師さんから技師さんから、今まで接した人全員、すごく感じよくて、それは本当にすばらしい。

ひと通り、入院について細かく説明してもらって、質問ある?と聞かれたので、テレビのことばかり質問する私。
なんと、一番感動したのが、今って、大部屋でも一人一台テレビがついてることですよっ。
昔のイメージだと、談話室とかに1台、よくて部屋に1台だけあって、「笑点」とか「ためしてガッテン」とかを見させられるイメージ。
それが一人一台なんてすごい。テレビカード(1000円)を買って、それでテレビも冷蔵庫も洗濯もできるという。

「そのカードを使えば、永久にテレビが見れるのですか? それとも時間制?」
鼻息荒い私に、詳しいことはわからない、という返事だったが、あとでネットで調べると、ちゃんとそういう「重大」なことを記してくれる人がいて、1時間40円ということがわかった。
それにしても入院の質問といえばテレビのことしか浮かばず。真剣味のない患者と映ってしまったかもしれない。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2012/11/04 18:59】 | 右腕の激痛と神経麻痺
トラックバック(0) |

《頸椎椎間板ヘルニアや筋筋膜性疼痛症候群と診断されたり、後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)という疾患に苦しめられるあれこれを書いてます。左脇のカテゴリー「右腕の激痛と神経麻痺」をクリックすると古いもの順に出てきます》

あ~~~~、ついに、よくあることですが、私も明日から入院&手術なのであります(発症後、半年と半月を経て)。
この期におよんでも、今日だって、たった今だって、どっかしら動くなどの「兆し」が表われてくれて、手術免れられるんじゃないか、と夢見る私。
どうして人間って、こうおめでたく出来ているのか。

3日くらいで帰れる、と思いきや、なぜか1週間の予定になってて、げんなり。
悲壮感漂わせてたら、「ププーーっ! 1週間なんて入院って言わないよっ! いまどき検査入院だってそれくらいかかるって」と知り合い(エキという、人の温かみを知らない男)にバカにされた。

ただ唯一うれしいのは、首席(?)執刀医は、ワレガラス病院に紹介状を書いてくれた、細かいところに目配りの利く、かわいい顔の先生が、出張してやってくれる、ということ。すごーーく心強い!
その場かぎりの関係で、もう会うことはない、と思っていたのに、敗者復活戦に出れるようなうれしさ。あのときは、無駄足だったと思っていたが、行った甲斐はあったのだ。

ということで、これから、たぶんちょっとの間、右手が完全に使えなくなるみたいなんで、ここで愚痴をこぼしたり、などのキーボード作業ができなくなると思います。
また動かせるようになったら復活します。よろしくお願いしますっ。

手術内容はすでに何回も記しててしつこいのですが、①橈骨神経(後骨間神経)の神経剥離術と②腱移行術というやつ。

以前聞いた以上に詳しく知りたかったが、何しろワレガラス先生とは話し合うヒマもなかったのでまた書物やネットに頼る。
前もちょっと書いたけど、術内容をもう何ミリかくわしく書きます。

・神経剥離術
『標準整形外科学』という本によると、橈骨神経そのもの本体を、まわりの圧迫してる筋肉やらなんやらから剥離する「神経外剥離」ってのと、神経の内部にまで入り込み、神経内のたくさんある束をどうにかする(勝手なイメージではくっついてひしゃげちゃってるソーメンをひとつひとつ剥がす、とか、ほどく、というようなことかと)「神経内剥離」があるそうで。
「神経外剥離」はとりあえずやるけど、「神経内剥離」は必要に応じてやったりやらなかったり、だそう。
そうやって、せまくなった神経の通り道を広げて、再生にいそしむ神経を通りやすくするようなもの。

・腱移行術
図にするとこういうことらしい。
IMG_0021.jpg
『標準整形外科学(これは第7版の図。11版が一番新しいけど、図は同じ)by医学書院』より
この本は教科書らしいが、基本中の基本をゆっくりじっくり人間味のある言葉で教えてくれて本当に素晴らしい。

私の場合の腱移行術はどうやら2つの筋肉――1、4本指を上げる筋肉(総指伸筋)と、2、親指を上げる筋肉(長母指伸筋)――を使えるようにするもので、まぁそれだけでも、今のダラ~~ンとしてる状態より何十倍もマシになるのであるが、それにしても、それ以外の6つの筋肉は眠ってるままであって、やっぱり、2つの筋肉だけじゃ、手首のスナップとかイマイチな気がするし、スムーズに絵や字が書けるか、すんごく不安である。
たぶんパフォーマンスより握力を重視した術だと思うんだよねー。

だからやっぱり、腱移行術はあくまでも橈骨神経が再生し、筋肉が甦るまでのつなぎであって、とにかく神経剥離術とやらで、ぜったい、なんとか神経の再生が促されてほしい。

また、このページにも詳しく載ってます。
http://www.msdlatinamerica.com/ebooks/HandSurgery/sid707352.html
英語でつらいけど、図や写真だけでもだいぶどんなもんかわかると思います
(腱移行術の図と写真はずいぶんスクロールして下の方にあります。
また上の方には、神経の筋肉に到達する日数の図があったりして、ありがたい)

あと、体験ブログを書いてる方もおられた。
http://gotthard.blog.so-net.ne.jp/2012-02-28

それにしても腱って骨にくっついてるってことも今頃知ったが、そんなもん引っぺがすって、骨まで深く入り込まれるって、やっぱりこわすぎる。

神経剥離にしたって、イメージとして、ちょっとでも触れると死ぬほど痛そうな、っていうか、痛み発生の大元器官である神経そのものを、動かしたり裂いたり開いたりして、とんでもない痛みがこないのか、とか、もう心配は一生終わらない。

以前も書いてるが、そもそも神経剥離術って「やったら効果があるかもしれない」レベルのもので、自然治癒を補助するものでしかないのだ。
だから、開け損、痛み損になる可能性だって十分高い。

たけしの『顔面麻痺』も読んだが、本当に神経損傷って厄介なものだと再認識した。

4877284397顔面麻痺 (幻冬舎文庫)
ビートたけし
幻冬舎 1997-04

by G-Tools

たけしも、あのすべてを手に入れた男も、こんなにジリジリしてたとは。

たけしが、顔面の骨の整復手術はしたけど、神経剥離術は拒否したなんて知らなかった。
たけしの場合、脳側からメスを入れるという、恐ろしすぎる手術ってこともあるけど、何より、自分がしでかしたことなんだから、それに責任を持つというか、障害を受け入れてそれとともに生きると決めた、ってことで。
そういうのを知ると、やすやすと手術していいのか、って気もしてくる。なんか手術ってズルなような……。

で、たけしって、あれ、結局麻痺、自然治癒で治ったのかな、それとも別の筋肉で補って今の感じなのだろうか。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2012/11/04 19:09】 | 右腕の激痛と神経麻痺
トラックバック(0) |

がんばれー
しろ〜
そうですか、一週間も入院ですか。
今は大部屋でも各人にテレビだし(イヤホンが面倒臭いですが)カーテンで仕切れるから昔と違ってプライバシーもあっていいですよね。
病院内の人間模様など、いずれ出るエッセイ本のネタにしてください。
頑張ってきてくださいねー。


ポポ手
手術前日、不安は尽きないですよね。
>細かいところに目配りの利く、かわいい顔の先生が、出張し>てやってくれる
のが救いです。

そして、しろ〜さんの言うように、入院生活は絶対ネタの宝庫だと思います。

グッドラック! です。

行ってらっしゃいませ!
へびねこ
いよいよですね。
手術の成功をお祈りしています。

皆さんがコメントされているように、
入院生活ネタを楽しみにしています。

いよいよですね!
のりちゃん
ここが山ですもん。
手術が終われば、いろいろなことが良い方向に向かうと思います。
乗り切りましょう!!

私も、手術が成功するよう、芝崎さんにとって苦痛が少なく終わるよう、祈ってますね(#^.^#)
帰ってこられたら、入院中のあれやこれや、聞かせてください!

芝崎さまへ
なぎさ
手術の成功とご回復を祈っております☆


いよいよですね
Johannes
いよいよ手術ですか。うまくいくことを願っております。
入院といえば、私が腹膜炎の手術で入院していたときには芝崎さんの『古代エジプトうんちく図鑑』を病床で読みふけっておりました。
無事に退院・快復された暁には、芝崎さんの入院生活について語っていただきたいです。

いってらっしゃい
くるつ
早くよくなることを祈っております!


大阪のコヨトル
芝崎先生!

無事手術が終わりますように、お祈りしています!
術後のリハビリも頑張ってくださいね(o^-')b


2525
手術、無事に終わることを
願っております!

私も今月中に手術になりそうです…

この間は保険のリンクとか
神経麻痺の資料とかありがとうございました!

どうやら私の手術は
日帰りになりそうです。

とにかくいい報告待ってます!


呉姫
お久しぶりです、以前コメントを投稿した北海道のN.S.こと「アスターティ」改め「呉姫(ごき)」です。
無事に手術が成功して復帰いただける事を祈っております。

コメントを閉じる▲