上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あれよ、あれよと大変なことに……ねぇ……。

11日(金)の地震の日は、たまたま渋谷に出ていて、高校生女子のお友だちと東急本店横のガストでご飯を食べてました(私はいつもファミレス・オンリー)。
進路の話とか芸能人の話とかしてたら、あの第一発目の揺れが。
いつものヤツかと思って、タカをくくってたら、あの長さですよ、いつまでも終わる気配のない……。
周りがガラスだったので、とりあえず、駆け下りて外に出ました。東急本店前の道路はすでに歩行者天国化していて、みんなでビルやら電柱やら看板やらが揺れまくるのを見てました。

DSCN9353 - コピー

この時点では、不条理感を味わいながらも、まだ面白半分っていうか、大笑いしたり、楽しんでました。
でもそのあとの何度も起こる長い余震で、本当に「終わった。死ぬんだな」って腹の底から恐怖を味わったりしました。

帰るにも帰れず。
私はチャリでしたが、連れの友人に埼玉から来てもらっていたので、いっしょに帰宅難民となりました。
でも、夜まで待って、恵比寿の友人の家に無理やり押しかけ、なんとか宿を確保できましたのでラッキーでした。
駅でじっと待ってた人たちや会社に泊まった人たちのことを思うと忍びないです。

友人の会社の同僚なども、その狭い部屋に集まってきていて、そこで知らん者同士やけに仲良くなって、変なコーフンと異常な高揚感でもって、モノポリーとかして一夜をあかし(私は関東モノポリー選手権〈←うろ覚え〉に参加したほど、もとモノポリー・ファンなのです)、次の日の午後すぎに、やっと家に帰り着けました。
家では、上部に置いていたものはガンガン落ちてましたが、そんなに被害もなく。
海外の友人からメールがけっこう来ていて、日本ってそんなに心配されてるのかと、それに一番びっくり。

いやーもうほんとう、都会のあんなパニックは、人生初です。
たしかバブルのときかなんかに、大雨でメトロにも水が滝のように流れ込んだときあって、あれが、私にとって一番の災害と思ってたんですが、それを大きく超えました。

電車はあっという間に完全にストップ。
携帯や電話もつながらず。
携帯メールの送信もおぼつかず。携帯でのネットも滞り。
店はどんどん閉まっていく。西武百貨店などの大きなとこからマクドナルドなどのファーストフードまでどんどん閉まっちゃって、昼なのに深夜状態。
道路や駅にあふれる人、人、人。
バスターミナルの異常なバス待ち人口。
コンビニから、一斉に食べ物が消える。

いろいろな企業方針も見られたわけですが、東急百貨店のホスピタリティには感動しました。
何よりうれしかったのは、本店の1階では、避難してきた私ら客にお茶をふるまってくれたことです。
ただ、建物を利用してるだけの者にたいしてこの優しさ。情報に飢えてる客らに根気よく丁寧に説明してくれてたし。

あと、東横店1階の化粧品売り場にも、私ら含めて、寒さしのぎや携帯で連絡を試みる人々で溢れ返ってたけど(買い物客3パーセントくらい)、店員さん、ずっとにこにこして……。

逆に地震始まって即座に、客を断固として入れないぞって感じに、店員にバリケード組ませたディスカウントストアは、見た目には印象悪かったなー。
客にケガさせちゃいけないとかいろいろ理由はあるのかもしれないけど。
あと、地下鉄など鉄道関係者も、バカな質問にも丁寧に答えてくれる人がいるかと思うと、威張れる時に威張っておこうとばかりに、権力に酔いしれちゃってるような態度の悪い人がいたり、いろんな顔が見られましたね。

と、1日経って、恵比寿も渋谷も近所も町並みはまったくいつも通りで、日常に戻ったと思いきや……さらにすごいことになってきちゃって。

輪番停電、なんと4月末くらいまでって。
停電って、人生でおそらく5,6回しか味わったことないのに、それが日常になるだなんて。
電車もそれを受けて、順番に休止して。

スーパーなどでは、おとといから買い占めが起こっていて(って、東北のほうならわかりますが、東京でなぜ?)、でもって、さっき、スーパー行ったら、入場制限やってて入れず。
で、もう一つのスーパーに行くと、レジ待ちの人が外に出てるくらいの行列なので、やめました。
家には死ぬほどオヤツやチョコレートがありまして、タンパク質が足りない気もしますが、それ以外はぜんぜん平気です。
本当東北の方たちのことを思うと、なんの不自由もありません。

オイル・ショック以上ですね。
まさか、あれ以上のものがあるなんて、そんなこと想像すらしませんでした。
これから先もどうなるか、まったくわかりませんよね。
スポンサーサイト

【2011/03/14 15:33】 | 日常
トラックバック(0) |


ポポ手
芝崎さん、渋谷にいらしたのですか。ご無事で何よりです。大本営発表さながらの度重なる政府の発表とか、灯火制限もかくや?と思わせる節電のお願いとか、なんだか戦時中ってこんな感じ?(きっとこんなもんじゃないのでしょうが)って我が家でも話してたとこでした。
それにしても
>高校生女子のお友だちと
とは、さすが芝崎さん、お友達の年齢層が広いです。

そういえば芝崎さんのアステカのご本、フランス在住の同窓生に送ったら喜ばれました。

ポポ手さまへ
芝崎みゆき
おわっっ! 大塚さん、ありがとうございます!! またもそんなフレンドリーにコメントを入れてくださって。ほんとうに恐れ多いです(でも、じわっとくる多幸感)。
大塚さんも大塚さんの旦那様こそ、大変でしたねーー。駐車場が壊れただなんて……。
朝までお帰りになれなかったなんて、どんなに疲れ果てたのでしょうか。

フランスに住む方にあの本を!? ウレシーーーっ! いや、もうほんとうに、す、すみません、光栄にもほどがあります。
――と、褒め返しだなんておこがましいことするつもりはないのですが――「快楽でよみとく古典文学」、いつもながら極上のエンタメを提供していただき、ありがとうございましたーー。、この新刊も隙間なく隅々まで面白かったです! 大塚さんの地に足がついたところ、圧倒的な知識量、というか知識が身体のすみずみに染みついてて、自由自在にあやつるところが、本当にかっこいいーーー。すべての本がそうなんですが、すごいエピソードがてんこ盛りで、相変わらずのお得感でした。そして、何しろ、大塚さんの本を読むといつもエロい気持ちになって困ります。「快楽~」を読了したあと、ほかのも読み返したくなってしまい、そのあと、「愛とまぐわひの古事記」と「いつから私は『対象外』の女」も続けて読み返しました。「対象外~」は3回目です(ってなんだか客かぜ吹かせてすみません)。大塚さんの本は何回読んでも、いろんなこと気づかされるので本当に飽きません。前も申したような気がしますが、権威あるものや絶対的な評価をされてるものをこともなげに切るところが、男前すぎです(例:「私は『対象外~」ではサリンジャーや谷崎、赤毛のアン、江戸時代などなどをバッサリ。胸がすきました)。またこれからも新刊を楽しみに生きていきます。鶴が自分の羽をもいでハタを織る以上の大変な呻吟があると思いますが、なにとぞお願いいたします。

高校生友だちの件はうっすら自慢入れてしまいました(お恥ずかしい)。ほんとうは友だち自体も少ないのですが……。

無事で何よりでした
のりちゃん
ほんとに、まずは元気でおられたことが嬉しいです。

11日以降、テレビをつければ、今まで見たことのない光景が何度も繰り返され、
「これが本当に起きたことなんだ」
と理解するまで時間がかかったくらい。

こんなときに、いろいろな人がおられるなと感じています。
自分のことばっかり考えて、怒り、疑い、騒ぐ人。
被災者の方たちのことを考えて、自分に何ができるか考える人。

人間なんで、どうしても自分を第一に考えてしまいますが、こんなときだからこそ、できるだけ自分のことは忘れておきたいなと思いつつ、なかなか難しくて(^^ゞ

阪神大震災のときもそうでしたが、こういうときはいわゆる「火事場泥棒」的な犯罪も起きやすくなります。
気をつけながら、なるべく楽しい……と言ったら怒られるかもしれませんが、前向きな気持ちでいてくださいね。

笑える話が不足したら、メールください(笑)

のりちゃんへ
芝崎みゆき
のりちゃんさん、たびたびのお心遣い、ありがとうございます。本当にうれしいよぉーーうっ!

無事、つくばの旦那さまが戻ってこられて、まずはひと安心ですね。
のりちゃんさん、ぜんぜん、他人事にせず、節電とか募金とかいろいろ考えておられていて頭が下がります。私も見習わなくては。
東京はまぁまったく大丈夫です。多少の不便はありますが(まぁ今までが便利すぎた)。あと、買い占めとか、頭悪いなーと思うくらいで、みんな礼儀正しくやってます。
それにくらべて、もう東北の被害の映像を見ますと、言葉になりません。

でものりちゃんブログでホンワカさせてもらってます。とくに、ニョーーーッ、かわいすぎ!シロクマのゴーゴ君。http://noriobachan.blog56.fc2.com/blog-entry-793.html 手がたまりません。
原発に関してそんなに風聞あったなんて、初めて知りました。いろんな人がいるもんですねー。

生きてます
マヤ夫
 何とか命があります。だからまたみゆきさんと会えるかもしれませんね。

 被災して数日後にようやく電気が復旧し見たテレビ。津波に襲われるシーンをBGM付きで流すとんでもないテレビ局。被災者たちをよく考えて欲しい。石原もこの震災を「天罰」だとか。いつもながら不愉快極まりない発言だ。被災者たちはどう感じたか、馬鹿でもわかる。

マヤ夫さまへ
芝崎みゆき
たいへんに心配しておりました。いやー、よかったです!!!ご家族もみなさんご無事で! 仙台も電気が止まっていたのですね。それどころか水道やガスまでいまだ止まってるとは、どんなにご不便でしょうか。

津波にBGMなどという、そんな映像があったとは! ずっとテレビ見てますが、まったくそれも知りませんでした。
しかも石原、よりによって、そんな発言したとは。人づてに聞いて、さっき釈明会見のほうを見ましたが、何の反省もしてないですね。相変わらずエラそーにイバってるし。大変な目に遭ってる人の心情がどんなものかなんてまったくわからないのでしょう。想像するというちょっとした手間をかけることさえしない本物の坊ちゃんなのでしょう。

本当に、これから何か月も不自由な生活をされることを思うと、こちらは何の苦労もなくて、本当にもうしわけない気持ちです。私もできることをきちんと実行していこうと思います。
持って生まれた明るさ、ご指導力で皆さんを支えてくださいね。そして、ご自身も支えられてください。
へっぽこなことしか言えなくてごめんなさい。

御無事で!!
小巻
御無事でなによりです!!
京都でずっとニュースを見てました。
今、日本で買い占めがすごいらしくこちらのほうの乾電池や懐中電灯が買い占めと関東に出荷されて何もないです。
発注しても入荷出来ないようなので結果的に本州はモノ不足になってるみたいですね。
一刻も早い東北の復興を祈ります。

追伸:友達がへっぴり紀行を貸してと言ってたので貸してみたら「これ面白いね。分かりやすいから読みやすい!今度マヤの図鑑も見せて!」と言われました。芝崎さんのおかげで友達もマヤ、アステカに興味を持ってくれてうれしいです!仲間が増えたとニヤニヤしますwww

ありがとうございます(・∀・)

小巻さまへ
芝崎みゆき
小巻さん!! うわー、ありがとうございますーー。
えっ、京都でさえもモノ不足? 飽食&モノの溢れかえるマティリアル・ワールド、ジャパンはいずこへ?

さきほど仙台市内の方と連絡ついたんですけど、朝から4時間も生協に並んでやっと10個の商品を購入できたそうです(ひとり10個制限になってるんですって)。
そしてモノがなくなったら終了ーーーだそうで……。

東京ごときのスーパーも、完全にすべてのモノが消え失せてました。
どこの国にいるのかわからなくなります。
とくに謎なのはペーパー類の買い占め。生理用品ですら、ペーパーと名のつくものは消えてました。いったいなぜ?

本当に、まずはガソリンのことをどうにかして、東北方面の方々に物資がまんべんなく届くようになってほしいですよねー。

ぬぉっ! 多大なる布教活動をありがとうぅーーーーーございますーーー。小巻さんの評判が悪くなりませんように。
マヤ・アステカ文明のことが、一般的にもっとなじみのいいものになって、ふつうに人々の話題として口に上るようになってくれるのが夢です。
(あと100年は無理そう……)

いやーもう、いろいろ大変だと思いますが、小巻さんの楽しいご旅行に支障が一ミリもないことを祈ってますですー。

うわっ、なんか、東京、今夜、大規模停電スタートか!とかテレビで言ってます。とりあえず、ロウソクとか近くに置いて待機してようと思います。

小巻さん、本当にありがとうーございますーー。



大丈夫
mr.goodmusic
私のことなど気にかけてくださりありがとうございます。ぜんぜん大丈夫なのですが、しかし、情緒が不安定で、あがったりさがったり忙しいです。昨日などもあがりすぎてしまい、人生で初めての献血なんかしてしまいました。今日は落ち気味で何もする気になりません。頭の中では映画「ジュラシックパーク」の中のせりふのlife will find a wayという言葉が響きっぱなしです。芝崎さんにも何かお気に入りの言葉はありますか?もしあれば教えてください。また最近聞いてる曲はthe beatlesの「hey jude」やcamelの「never let go」,yesの「love will find a way」などです。ようやくテレビも通常のタイムテーブルになってきて落ち着きがでてきたように思えますが、原発への不安がぬぐいされません。いい年をして未熟なmr.goodmusicでした。それではまた。

mr.goodmusicさまへ
芝崎みゆき
献血お疲れさまでございます。
mr.goodmusicさんの情緒アップダウンのあわただしさ、きっと心が体から飛び出しちゃうような、いてもたってもいられない状態なのでしょうね。
そのお気持ちよりずっとニブいモノだと思いますが、私も少し似たような感じになってます。

「ジュラ~パーク」のそのセリフはハエ男のセリフですよね? 私もそれはよく覚えてます! シリーズ全体のテーマって感じですよね。ハエ男博士はけっこう「フム―」となること言ってましたよね。バタフライ・エフェクトの話とか。サム・ニール博士の終始不機嫌キャラよりハエのほうが好きです。説明うまいし。
チャラけたシニカル男を気取りながらも、案外ヒューマンなところがグッときます。

と、私自身の好きな言葉はまったく思いつきません。今ぱっと思いついたのは「Tomorrow is
another day」(by風と共に~)とか「Life is like a box of
chocolates」(フォレスト・ガンプ)くらいで、しかもとくに好きでもなんでもなく(とくに「Tomorrow~」は「へっ?これで終わり?アメリカ人って明るーい&大ざっぱ」とびっくりし、フォレスト・ガンプは映画自体も好きじゃないし、この言葉もなんかわざとらしくて痒くなってきます)。
と、どうして、こういうどうでもいい言葉ばかりが思い浮かんで、好きな言葉は出てこないのでしょう。脳の引き出し能力が本当に退化していて困ります。

ただ、この前、日記を読み返してたら、若かりしころからなにかとあれば「Life Sucks!」のフレーズを殴り書いていて、本当に自分は怒れるいじけた者であるなーと再認識しました。……と、お話、違う方向にいきました。

「never let go」、初めて聴きました。メロウでいい曲ですね。またまたご紹介ありがとうございます。
mr.goodmusicさんの悲しい気持ちや落ちた気分がmusicで癒やされるといいのですが……。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。